黄金宮殿

Last-modified: 2018-07-09 (月) 18:20:04
ドワーフの地下帝国には黄金の宮殿がある。
ドワーフたちの力と繁栄の象徴として知られているその黄金宮殿には神魔が住んでいるという情報を得た。
※[黄山]クリア後に行けるエクストラ・ダンジョンです。
通常魔性宿った伝説恐ろしい壊れた
推奨LvLv75Lv121Lv161Lv211LvLv
攻略LvLv85Lv136Lv182Lv241LvLv
階層数4
進行(踏破前)280秒320秒
進行(踏破後)188秒210秒240秒278秒
探索時間(踏破前)時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒
探索時間(踏破後)時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒

※進行時間・探索時間は探索時間1.00倍での数値


道中出現モンスター

名称 (種族)職業/LvHPExp
地底戦士 (人型)戦士(ロ) Lv70HP 20,000332
ドワーフ僧侶 (人型)僧侶(戦) Lv80HP 18,000454
ゴールドナイト (人型)剣士(ロ) Lv90HP 20,000614
グリーンドラゴン (竜族)賢者 Lv78HP 125,0002,383
魔性
魔性の地底戦士 (人型)戦士(ロ) Lv111HP 50,052524
魔性のドワーフ僧侶 (人型)僧侶(戦) Lv127HP 45,060717
魔性のゴールドナイト (人型)剣士(ロ) Lv143HP 50,052970
魔性のグリーンドラゴン (竜族)賢者 Lv124HP 312,1743,765
宿った
宿った地底戦士 (人型)戦士(ロ) Lv150HP 88,641697
宿ったドワーフ僧侶 (人型)僧侶(戦) Lv171HP 79,821953
宿ったゴールドナイト (人型)剣士(ロ) Lv192HP 88,6411,289
宿ったグリーンドラゴン (竜族)賢者 Lv166HP 551,6915,004
伝説
伝説の地底戦士 (人型)戦士(ロ) Lv198HP 153,065913
伝説のドワーフ僧侶 (人型)僧侶(戦) Lv226HP 137,9401,248
伝説のゴールドナイト (人型)剣士(ロ) Lv253HP 153,0651,688
伝説のグリーンドラゴン (竜族)賢者 Lv220HP 947,1276,553
恐ろしい
恐ろしい地底戦士 (人型)戦士(ロ) LvHP
恐ろしいドワーフ僧侶 (人型)僧侶(戦) LvHP
恐ろしいゴールドナイト (人型)剣士(ロ) LvHP
恐ろしいグリーンドラゴン (竜族)賢者 LvHP
壊れた
壊れた地底戦士 (人型)戦士(ロ) LvHP
壊れたドワーフ僧侶 (人型)僧侶(戦) LvHP
壊れたゴールドナイト (人型)剣士(ロ) LvHP
壊れたグリーンドラゴン (竜族)賢者 LvHP

◆ダンジョンボス前

無称号のみダンジョンボス戦直前に前座戦あり

名称 (種族)職業/LvHPExp
ジュエルビースト (魔物)秘法剣士(侍) Lv120HP 99,999986
地底戦士 (人型)戦士(ロ) Lv70HP 20,000332
ゴールドナイト (人型)剣士(ロ) Lv90HP 20,000614
ドワーフ僧侶 (人型)僧侶(戦) Lv80HP 18,000454

◆ダンジョンボス

名称 (種族)職業/LvHPExp
ギルガメッシュ (神魔)君主(ロ) Lv320HP 84,0009,900
魔性
魔性の地底戦士 (人型) x 3戦士(ロ) Lv111HP 50,052524
魔性のジュエルビースト (魔物)秘法剣士(侍) Lv190HP 249,7621,557
魔性のグリーンドラゴン (竜族) x 3賢者 Lv124HP 312,1743,765
魔性のギルガメッシュ (神魔)君主(ロ) Lv506HP 209,82215,642
魔性のゴールドナイト (人型) x 3剣士(ロ) Lv143HP 50,052970
魔性のドワーフ僧侶 (人型) x 3僧侶(戦) Lv127HP 45,060717
宿った
宿った地底戦士 (人型) x 3戦士(ロ) Lv150HP 88,641697
宿ったジュエルビースト (魔物)秘法剣士(侍) Lv255HP 441,4362,070
宿ったグリーンドラゴン (竜族) x 3賢者 Lv166HP 551,6915,004
宿ったギルガメッシュ (神魔)君主(ロ) Lv675HP 370,88120,790
宿ったゴールドナイト (人型) x 3剣士(ロ) Lv192HP 88,6411,289
宿ったドワーフ僧侶 (人型) x 3僧侶(戦) Lv171HP 79,821953
伝説
伝説の地底戦士 (人型) x 3戦士(ロ) Lv198HP 153,065913
伝説のジュエルビースト (魔物)秘法剣士(侍) Lv336HP 758,0572,711
伝説のグリーンドラゴン (竜族) x 3賢者 Lv220HP 947,1276,553
伝説のギルガメッシュ (神魔)君主(ロ) Lv886HP 637,06527,224
伝説のゴールドナイト (人型) x 3剣士(ロ) Lv253HP 153,0651,688
伝説のドワーフ僧侶 (人型) x 3僧侶(戦) Lv226HP 137,9401,248
恐ろしい
恐ろしい地底戦士 (人型)戦士(ロ) LvHP
恐ろしいジュエルビースト (魔物)秘法剣士(侍) LvHP
恐ろしいグリーンドラゴン (竜族)賢者 LvHP
恐ろしいギルガメッシュ (神魔)君主(ロ) LvHP
恐ろしいゴールドナイト (人型)剣士(ロ) LvHP
恐ろしいドワーフ僧侶 (人型)僧侶(戦) LvHP
壊れた
壊れた地底戦士 (人型)戦士(ロ) LvHP
壊れたジュエルビースト (魔物)秘法剣士(侍) LvHP
壊れたグリーンドラゴン (竜族)賢者 LvHP
壊れたギルガメッシュ (神魔)君主(ロ) LvHP
壊れたゴールドナイト (人型)剣士(ロ) LvHP
壊れたドワーフ僧侶 (人型)僧侶(戦) LvHP

レアアイテム

名称罠難易度ドロップモンスター
ギガントブレイド629地底戦士
スターロッド629~633ドワーフ僧侶
ブレイブブレイド632ゴールドナイト
★忠義の兜485~535
★賢者の守護剣310~-グリーンドラゴン
魔神の小手529~-
神聖教典Lv4『回復の法』-~-
★緑竜の鱗628~-
黄金の弓692~-ジュエルビースト
★首輪-~-
覇者の剣647~ギルガメッシュ
黄金の鎧659~
屈せぬ心653~
★金の鍵465~485
魔性
★軍神の剣-~-魔性の地底戦士
天狗の陣羽織-~-魔性のドワーフ僧侶
ゴッドハンター-~-魔性のゴールドナイト
クイーンボウ-~-魔性のグリーンドラゴン
神竜の牙杖-~-魔性のジュエルビースト
天罰の書~-魔性のギルガメッシュ
宿った
なし
伝説
魔神の小手-~-伝説の地底戦士
白い盾-~-伝説のドワーフ僧侶
王家の小剣-~-伝説のゴールドナイト
王家の鎧-~-伝説のグリーンドラゴン
王家の鎧-~-伝説のジュエルビースト
冥界の指輪-~-伝説のギルガメッシュ

ダンジョン内イベント

入り口

ドワーフの地下帝国には黄金の宮殿がある。

ドワーフたちの力と繁栄の象徴として知られているその黄金宮殿には神魔が住んでいるという情報を得た。

冒険者たちは黄金宮殿へ向けて坑道を進んだ。

坑道にはいつも居る陽気なドワーフたちは、見当たらなかった。

2F

ドワーフたちはその誰もが武器を持てば立派な戦士であり、専用の軍隊は必要ないと言われていた。

しかし、宮殿に近づくにつれて現れるのは本格的に武装したドワーフ兵であった。

3F

坑道の脇にある谷、その底に辿り着いた。

そこは財宝で埋め尽くされていた。

足を踏み入って良いのか躊躇いが生じる、黄金の大地だ。


前方に黄金の宮殿が見える。

4F

黄金宮殿は地下にあるとは思えないほど明るく輝いていた。

周囲には赤や青の宝石の煌びやかな輝きも見える。

一体どれほどの宝石が使われているのか。

帝国の王であろうとこれほどの贅沢を尽くせば国が傾くだろう。

黄金宮殿はまさにドワーフたちの繁栄の象徴と言える。

遠巻きに見るだけでも圧倒されるその黄金宮殿に、冒険者たちは足を踏み入れようと近づいた。

ダンジョンボス戦前

眼の眩むような黄金の輝きにようやく慣れた頃、冒険者たちは宮殿の前に辿り着いた。

そこに居たのは体中に宝石が埋め込まれた一匹の怪物。

そしてその怪物を足下に伏せさせている、黄金の鎧に身を包んだ男がいた。

黄金宮殿よりも更に目立つ輝きを放つその鎧は、ただ美しいだけの鎧では無いだろう。

宝石の怪物はこちらに宝石の瞳を向けて警戒を示している。

しかし男はこちらを見ていない。

黄金の鎧を着た男は、冒険者たちなどまるで意に介さぬかのように、黄金の杯を投げ捨てて叫んだ。

ギルガメッシュ:
「ドワーフどもよ、地下を掘れ!

 地の底が黄泉へ通じているなら
 そこまで攻め込んでみせろ!

 征すべきは地上ではない!黄泉の国よ!」

ギルガメッシュはドワーフたちに命令を下していた。

坑道にドワーフたちが居なかったのはこのためだろうか。


そこでようやくギルガメッシュは冒険者たちの方を向いた。


ギルガメッシュ:
「…お前たちは何をしに来た?
 黄金に目がくらんだ欲の亡者か?

 もはやこんな財宝に興味は無い。

 だが、貴様らの死が
 黄泉への道しるべとなるかもしれん!」

ギルガメッシュは咆哮のように叫びを上げて襲いかかって来た。


冒険の手記(全9)

ほら吹きドゥガン1

『銃』という遠距離武器を知っているだろうか。

遠距離から侍のような強力な一撃を加える事が出来るという。

そんな『銃』を追い求めた、一人のドワーフ技士が居た。

彼の名はドゥガン・バズゥ。

ほら吹きドゥガン2

古代史には『銃』が幾度も登場する。

ドゥガンは遺跡より発掘される残骸を集めて、銃を作り出した。

出来上がった銃は爆発力で鉄のつぶてを飛ばす武器であった。

それは後に『短銃』と呼ばれるようになった。

ほら吹きドゥガン3

古代史に載っている『銃』は脅威の兵器として怖れられていた。

『短銃』は確かに一撃の威力は高いが、弓とは違い、重く、連射が効かなかった。

そんな不自由なものを一丁もっていても、一発射った後に動けず、モンスターの餌食となるだけであった。

多くのドワーフたちは笑った。

「銃など古い、おとぎ話の玩具だ!」

しかし、ドゥガンは銃の力はこんなものではないと、諦めず研究を続けた。

ほら吹きドゥガン4

ドゥガンは遺跡の残骸の中に、細長い筒状の金属が多々ある事に気がついた。

彼は砲身の長さが銃の威力に関わるのではないかと考えた。

そして短銃を改良して『長銃』を造り出した。

それを見た周りのドワーフたちはドゥガンを笑った。

「ドゥガンが鉄の棍棒を作った!あれで殴ったら痛そうだ!ワッハッハッ!」

そんなドワーフたちにドゥガンは言い返した。

「この銃でドラゴンを狩ってみせよう!」

憤慨したドゥガンは仲間のドワーフたちの制止を振り切り、長銃を持って一人、レッドドラゴンに戦いを挑んだ。

ほら吹きドゥガン5

ドゥガンは小柄で力も弱く、戦闘が苦手なドワーフだった。

仲間のドワーフたちは、ドゥガンはレッドドラゴンに喰われるだろうと考えた。



しかし、ドゥガンは帰ってきた。

ドワーフたちは言った。

「おお、勇士ドゥガンよ!レッドドラゴンを倒したのか!」


ドゥガンはそれを否定した。

長銃はレッドドラゴンに喰われてしまい、ドゥガンは命からがら逃げ帰ってきたのだ。

ドワーフたちは笑った。

「銃とは棍棒ではなく、竜のエサだったのか!」

ほら吹きドゥガン6

ドゥガンは諦めなかった。

長銃でレッドドラゴンを一撃で倒す事は出来なかった。

その後、動きの鈍ったところを襲われた。

古代史の銃は向けられるだけで必殺の恐怖を与える兵器として描かれていた。

ドゥガンはもっと銃の威力を上げる方法を探し、世界中の古代遺跡を巡った。

そしてある古代遺跡で銃を持つ機械兵に遭遇した。

機械兵の持つ銃は、ドゥガンの作った長銃よりも長かった。

それでいながら速く、威力も高かった。

ドゥガンは確信した。

銃にはまだ可能性がある、と。

ほら吹きドゥガン7

ドゥガンは銃の爆発力を高める方法を考えた。

それは魔法を利用する方法、魔法使い最高位の呪文『ニュークリア』の爆発を利用できないか、と。

その形は長銃からは大きく変わり、爆発に耐える為に砲身は分厚く大きくなり、巨大な筒状のものとなった。

抱えるような太い筒を見て、ドワーフたちは目を丸くして笑った。

「ドゥガンが竜のエサを太巻きにした!あれは喰いでがありそうだ!ワッハハハッ!」

ドゥガンはそんな声を無視して、太い筒を抱えながら再びレッドドラゴンに戦いを挑んだ。


そしてレッドドラゴンを一撃で倒してしまった。

ほら吹きドゥガン8

ドワーフたちはその威力に驚いた。

しかし、誰よりも驚いたのはドゥガン自身であった。

ドゥガンが『短銃』を改良して作り上げた『恐ろしいバズーカ砲』はとてつもない威力であった。


ドゥガンは恐怖した。

「これが量産されたら世界に恐ろしい争いが起こる……!」


ドゥガンはその技術を残すことなく姿を消してしまった。

ほら吹きドゥガン9

ドワーフたちはドゥガンを探したが結局、見つけることは出来なかった。

ドワーフたちは言った。

「赤竜を一撃で倒したなど嘘だ!ドゥガンは嘘がバレないように逃げたのだ!」

そして多くのドワーフはドゥガンを「ほら吹きドゥガン」と呼び、いつしかこの話は忘れ去られていった。


しかし、この話を信じて『短銃』を研究しているドワーフはまだ少数ながら居る。

手記コンプリート報酬

魔性の短銃