アマゾネス領

Last-modified: 2018-07-09 (月) 18:12:26
大森林の東部にはアマゾネス族が住んでいる。
アマゾネスは少人数ながらも地の利と個々の戦闘能力の高さから、他種族の侵略を防いでいる。
※[魔女の噂]後に行けるエクストラ・ダンジョンです。
通常魔性宿った伝説恐ろしい壊れた
推奨LvLv70Lv113Lv151Lv198LvLv
攻略LvLv99Lv158Lv212Lv279LvLv
階層数4
進行(踏破前)
進行(踏破後)224秒248秒278秒316秒
探索時間(踏破前)時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒
探索時間(踏破後)時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒

※進行時間・探索時間は探索時間1.00倍での数値


道中出現モンスター

名称 (種族)職業/LvHPExp
アマゾネス戦士 (人型)戦士マスター Lv70HP 28,000332
レディナイト (人型)君主(僧) Lv75HP 17,000427
ヴァルキリー (人型)侍(聖) Lv80HP 24,000454
魔性
魔性のアマゾネス戦士 (人型)戦士マスター Lv111HP 70,024524
魔性のレディナイト (人型)君主(僧) Lv119HP 42,563674
魔性のヴァルキリー (人型)侍(聖) Lv127HP 60,038717
宿った
宿ったアマゾネス戦士 (人型)戦士マスター Lv150HP 123,921697
宿ったレディナイト (人型)君主(僧) Lv160HP 75,411895
宿ったヴァルキリー (人型)侍(聖) Lv171HP 106,281953
伝説
伝説のアマゾネス戦士 (人型)戦士マスター Lv198HP 213,565913
伝説のレディナイト (人型)君主(僧) Lv212HP 130,3771,174
伝説のヴァルキリー (人型)侍(聖) Lv226HP 183,3151,248
恐ろしい
恐ろしいアマゾネス戦士 (人型)戦士マスター LvHP
恐ろしいレディナイト (人型)君主(僧) LvHP
恐ろしいヴァルキリー (人型)侍(聖) LvHP
壊れた
壊れたアマゾネス戦士 (人型)戦士マスター LvHP
壊れたレディナイト (人型)君主(僧) LvHP
壊れたヴァルキリー (人型)侍(聖) LvHP

◆ダンジョンボス

名称 (種族)職業/LvHPExp
アマゾネス戦士 (人型) x 3戦士マスター Lv70HP 28,000332
アリアンロッド (神魔)剣士(狩) Lv180HP 55,3106,596
レディナイト (人型) x 3君主(僧) Lv75HP 17,000427
ヴァルキリー (人型) x 3侍(聖) Lv80HP 24,000454
アルジュナ (神魔)狩人マスター Lv170HP 39,0006,361
魔性
魔性のアマゾネス戦士 (人型) x 3戦士マスター Lv111HP 70,024524
魔性のアリアンロッド (神魔)剣士(狩) Lv285HP 138,20010,421
魔性のレディナイト (人型) x 3君主(僧) Lv119HP 42,563674
魔性のヴァルキリー (人型) x 3侍(聖) Lv127HP 60,038717
魔性のアルジュナ (神魔)狩人マスター Lv269HP 97,48410,050
宿った
宿ったアマゾネス戦士 (人型) x 3戦士マスター Lv150HP 123,921697
宿ったアリアンロッド (神魔)剣士(狩) Lv381HP 244,35813,851
宿ったレディナイト (人型) x 3君主(僧) Lv160HP 75,411895
宿ったヴァルキリー (人型) x 3侍(聖) Lv171HP 106,281953
宿ったアルジュナ (神魔)狩人マスター Lv360HP 172,43113,358
伝説
伝説のアマゾネス戦士 (人型) x 3戦士マスター Lv198HP 213,565913
伝説のアリアンロッド (神魔)剣士(狩) Lv501HP 420,09618,139
伝説のレディナイト (人型) x 3君主(僧) Lv212HP 130,3771,174
伝説のヴァルキリー (人型) x 3侍(聖) Lv226HP 183,3151,248
伝説のアルジュナ (神魔)狩人マスター Lv473HP 296,75217,492
恐ろしい
恐ろしいアマゾネス戦士 (人型)戦士マスター LvHP
恐ろしいアリアンロッド (神魔)剣士(狩) LvHP
恐ろしいレディナイト (人型)君主(僧) LvHP
恐ろしいヴァルキリー (人型)侍(聖) LvHP
恐ろしいアルジュナ (神魔)狩人マスター LvHP
壊れた
壊れたアマゾネス戦士 (人型)戦士マスター LvHP
壊れたアリアンロッド (神魔)剣士(狩) LvHP
壊れたレディナイト (人型)君主(僧) LvHP
壊れたヴァルキリー (人型)侍(聖) LvHP
壊れたアルジュナ (神魔)狩人マスター LvHP

レアアイテム

名称罠難易度ドロップモンスター
パワードギブス-~-アマゾネス戦士
連弩662レディナイト
剣と弓術-~-ヴァルキリー
ヴァルキリーソード757~アリアンロッド
ギルティランス889~
勝利の盾679~
★銀の車輪460
ガーンデーヴァ772アルジュナ
ミラクルソード765
ナイトガントレット~-
★執行者の証539~571
魔性
ガーディアンプレート-~-魔性のアマゾネス戦士
ナイトクローク-~-魔性のレディナイト
水鏡の盾-~-魔性のヴァルキリー
アルテミスの弓~-魔性のアリアンロッド
偽りのローブ~-魔性のアルジュナ
宿った
なし
伝説
ブレイブブレイド-~-伝説のアマゾネス戦士
キルソード-~-伝説のレディナイト
クイーンボウ-~-伝説のヴァルキリー
マースの杖-~-伝説のアリアンロッド
天駆ける戦車-~1135~-伝説のアルジュナ

ダンジョン内イベント

入り口

大森林の東部にはアマゾネス族が住んでいる。

アマゾネスは少人数ながらも地の利と個々の戦闘能力の高さから、他種族の侵略を許さず生き続けている戦闘種族である。

2F

アマゾネスの女は全員が戦いの訓練を受けており、一族の危機に対しては全員が武器を持って戦いを挑んでくる。

その戦闘力は高く、誰もが一流の戦士であった。

3F

狩猟を糧とするアマゾネスは剣と弓を扱い、勇敢で冒険者としても優秀である。

先陣に立ち切り込む姿は味方を鼓舞して敵を震え上がらせた。

4F

アマゾネス族の象徴は女王である。

至高の存在として在り続け、村からは滅多に出ないためその姿は知られていない。

冒険者たちが目指すのは女王の間である。

ダンジョンボス戦前

冒険者たちは村の最奥にある女王の間に飛び込んだ。

アマゾネスの象徴たる女王の間。

そこは権力を象徴するように豪華な飾り立てられた部屋ではなかった。

壁に飾られているものは、武器。

力と戦いを信望するアマゾネス族を現すかのような弓。


部屋の中央には鎧に身を包んだ女がいた。

一目見た瞬間、この者が女王である、と察する事が出来た。

『戦乙女』という言葉を一身に受けて恥じる事のない姿。

若き乙女のような容姿を持ちながらもその瞳は力強く、射抜くように冒険者たちを貫いた。

女王:
「一日に二度も侵入者と相見えるとは…」

女王は冒険者たちに対峙した。


弓を持つ者:
「…手を貸そう。」

冒険者たちはその言葉を聞いて初めてその者の存在に気付いた。

同じ部屋に、弓を手に持つ人物が立っていた。


弓を持つ者:
「この者たちは敵か、味方か。
 その見極めは先なれど…
 力を見ておく価値はある。」

ダンジョンボス撃破後

冒険者たちはアマゾネス族の猛攻を退けた。

しかし、アリアンロッドとアルジュナは引かなかった。

アリアンロッド:
「見事だ。
 だが、私は人に負けて良い身
 ではない!」

アルジュナ:
「…見定めよう。」

二人は体勢を整え、再び戦いの姿勢を見せている。

外からは大勢の足音が聞こえる。

ここはアマゾネスの本拠地である。

間もなく大勢のアマゾネスたちが駆けつけて来るだろう。

増援はいくらでも来る。

これ以上は不利と見た冒険者たちは撤退を選んだ。


冒険の手記(全7)

アマゾネスの手記1

アマゾネスの女は力において男に劣るなど決して思わない!

アマゾネスは男に勝利した一族。

女に足りない力を男から奪い、完成した種族なのよ。

…でも、一度だけ例外があった。

忌々しき、あの男…!

アマゾネスの手記2

あの男は突然、村にやってきた。

人を凌駕する体躯を持つ巨人族…

アマゾネスの戦士は冒険者として世界を巡ったことのある人も多いから巨人族のことも十分に知っている。

強靭な体躯を持つ恐るべき相手だけど、動きも鈍いし戦いようはある。巨人族が相手でもアマゾネスは決して怯みはしない。

でもヘラクレスと名乗ったその巨人は、体躯からは信じられないほど俊敏だった。

武器を持つ数十人のアマゾネスを相手に、素手で圧倒した……

戦えば戦う程、怒れば怒るほど強くなっていった。

あんなの反則よ。

アマゾネスの手記3

ヘラクレスはアマゾネス族と巨人族との交友を求めてきた。

巨人族の里は西の砂漠を越えた遥か遠くにあって、この大陸で友好を結ぶ相手を捜している、と。

そしてアマゾネスの力と誇りを認めてやってきた、と言った。

アマゾネスの手記4

女王様はヘラクレスの力を認めて巨人族との交友を約束した。

それ以来、アマゾネスの村には巨人族が訪れるようになった。

アマゾネスは気性が激しいけれど、巨人族は皆、温厚だった。

正反対の性格をもっていたけれど、不思議と良好な関係を築けたのよね。

アマゾネスの手記5

それなのにヘラクレスは裏切った!

ある日、村に現れたヘラクレスは怒りの形相で大暴れした。

十数人のアマゾネスをなぎ倒し、女王様の間に乗り込んでいった。

そしてあろうことか女王様の……を盗んで逃げた!

アマゾネスの手記6

アマゾネスの皆は激怒してヘラクレスを追いかけた。

ヘラクレスは逃げながら言った。

「ヘビ女に騙された!」と。

そんなことは信じられないし、絶対に許せない。

だからそれ以来、ヘラクレスはアマゾネスの仇敵よ。

アマゾネスの手記7

後に冷静になった女王様は言っていた。

あれは巨人族とアマゾネス族の仲を裂くための何者かの策略だったのではないか、って。

でも、もう引っ込みつかないのよね。

だって激怒して先頭に立ってヘラクレスを追いかけていたのは女王様ですから…

手記コンプリート報酬

恐ろしいボウガン