魔宮殿の地下E

Last-modified: 2019-08-02 (金) 16:20:04
パンデモニウムの地下施設。
調査に侵入した冒険者たちがそこで見たものは…
通常魔性宿った伝説恐ろしい壊れた
推奨LvLv90Lv144Lv193Lv???LvLv
攻略LvLv90Lv145Lv193Lv???LvLv
階層数2
進行(踏破前)
進行(踏破後)
探索時間(踏破前)時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒
探索時間(踏破後)時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒

※進行時間・探索時間は探索時間1.00倍での数値


道中出現モンスター

名称 (種族)職業/LvHPExp
エルダー(忍) (不死)忍者マスター LvHP
エルダー(賢) (不死)賢者マスター LvHP
エルダー(秘) (不死)秘法剣士マスター LvHP
人魂 (不死)僧侶 LvHP
防衛システム (人型)秘法剣士マスター LvHP
魔性
魔性のエルダー(忍) (不死)忍者マスター LvHP
魔性のエルダー(賢) (不死)賢者マスター LvHP
魔性のエルダー(秘) (不死)秘法剣士マスター LvHP
魔性の人魂 (不死)僧侶 LvHP
魔性の防衛システム (人型)秘法剣士マスター LvHP
宿った
宿ったエルダー(忍) (不死)忍者マスター LvHP
宿ったエルダー(賢) (不死)賢者マスター LvHP
宿ったエルダー(秘) (不死)秘法剣士マスター LvHP
宿った人魂 (不死)僧侶 LvHP
宿った防衛システム (人型)秘法剣士マスター LvHP
伝説
伝説のエルダー(忍) (不死)忍者マスター LvHP
伝説のエルダー(賢) (不死)賢者マスター LvHP
伝説のエルダー(秘) (不死)秘法剣士マスター LvHP
伝説の人魂 (不死)僧侶 LvHP
伝説の防衛システム (人型)秘法剣士マスター LvHP
恐ろしい
恐ろしいエルダー(忍) (不死)忍者マスター LvHP
恐ろしいエルダー(賢) (不死)賢者マスター LvHP
恐ろしいエルダー(秘) (不死)秘法剣士マスター LvHP
恐ろしい人魂 (不死)僧侶 LvHP
恐ろしい防衛システム (人型)秘法剣士マスター LvHP
壊れた
壊れたエルダー(忍) (不死)忍者マスター LvHP
壊れたエルダー(賢) (不死)賢者マスター LvHP
壊れたエルダー(秘) (不死)秘法剣士マスター LvHP
壊れた人魂 (不死)僧侶 LvHP
壊れた防衛システム (人型)秘法剣士マスター LvHP

◆ダンジョンボス

『魔性の冒険者ギルド物語2』以上限定
一部の称号にのみ出現する。

『魔性の冒険者ギルド物語2』

名称 (種族)職業/LvHPExp
魔性
ルシファー・クローン (神魔)LvHP
恐ろしい
魔性のルシファー・クローン (神魔)

レアアイテム

名称罠難易度ドロップモンスター
鉄拳制裁-~-エルダー(忍)
とんがり帽子-~-エルダー(賢)
黒マスク-~-エルダー(秘)
ヒールロッド-~-人魂
★女神の剣-~-防衛システム
★ワイヤーフレーム-~-
魔王の爪-~-ルシファー・クローン
魔性
アダマントシールド-~-魔性のエルダー(忍)
アダマントローブ-~-魔性のエルダー(賢)
アダマントサーベル-~-魔性のエルダー(秘)
忘却の書『炎氷』-~-魔性の人魂
闘神の盾-~-魔性の防衛システム
★クローン細胞-~-魔性のルシファー・クローン
宿った
なし
伝説
不死者の剣-~-伝説のエルダー(忍)
ブーストワンド-~-伝説のエルダー(賢)
★秘法剣士の守護剣-~-伝説のエルダー(秘)
癒しの指輪-~-伝説の人魂
武神の小手-~-伝説の防衛システム

ダンジョン内イベント

入り口

パンデモニウムから続く地下通路を進むと新しいフロアに出た。

先へ続く通路に一つのプレートが掲げられている。

『隔離・地区・・・注意』

文字が欠けていて読めない。

冒険者たちは更なる地下へと慎重に足を進めた。

2F

冒険者たちは明かりの灯った部屋を見つけた。

部屋には光る板があり、そこには映像が写っていた。

鉄の壁に囲われた何も無い部屋に鎖で縛られた悪魔が写っていた。

悪魔は目を閉じて動かない。

その悪魔の姿を見ているだけで体が震えて畏怖が湧き上がってくる…

部屋には他には何も無かった。

冒険者たちは他に調査を進めるべく部屋を後にした。

出口:クローンがいない場合のみ

冒険者たちが遺跡の奥で見つけたものは巨大な扉であった。

見上げるほどの大きさの鉄製の扉だ。

黄色と赤の縞模様のプレートに何か書いてある。

『クローン培養室:ルシ・ァー』

文字が欠けていて読めない。


扉は開きそうにない……

もうここには何も無いだろう。

冒険者たちは扉を放置して来た道を戻った。


冒険の手記(全6)

文字の浮き出る板1

奴らは狂ってる。

こんな性能の魔王を造りやがって

神が負けたらどうする気だ……

文字の浮き出る板2

本物より劣るクローンでさえこれほどの力だ。

上位神魔が本気で戦争を始めたら世界は滅ぶだろう。

だからこそ駆け引きが重要になる。

文字の浮き出る板3

上位神魔は知性や理性においても人間を凌駕している。

人間からすれば神と仰ぐような素晴らしい精神性を持っている。

人々を制御する神となる存在として作られているのだから当然だろう。

文字の浮き出る板4

上位神魔たちは自らの力を振るえば地球がどうなるか分かっているため滅多に力を振るわない。

だが、クローン神魔の精神は動物並みだ。

危険すぎる。

こいつを外に出すようなことは絶対にあってはならない。

文字の浮き出る板5

…昨夜、夢を見た。

そこは文明が滅んだ世界。

上位神魔の死に絶えた世界。

旧西暦の中世時代にまで戻ったかのような世界。

ドラゴン程度が生物の頂点とされる世界。

その時代に地下からクローンが這い出てきた。

クローンを止められる者の居ない世界。

不死身のクローンは絶望的な実力差で世界を蹂躙していった。

その姿はまさに魔王そのものだ。

文字の浮き出る板6

ただの夢だ。

気にすることはない。

そんなことは起きやしない。

手記コンプリート報酬

宿った神聖教典Lv6『女神の法』
物語の進行に必要