最終戦

Last-modified: 2019-08-02 (金) 16:20:04
クローン神魔が解き放たれ地上へ這い出ようとしている。
冒険者たちはそれを阻止するべく中位神魔に匹敵するというクローン神魔へと戦いを挑んだ。
※この戦闘ではファウストやゲオルグのパーティアタックが発生しません。
通常魔性宿った伝説恐ろしい壊れた
推奨LvLv110Lv176Lv???Lv???LvLv
攻略LvLv120Lv192Lv???Lv???LvLv
階層数1
進行(踏破前)
進行(踏破後)
探索時間(踏破前)時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒
探索時間(踏破後)時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒

※進行時間・探索時間は探索時間1.00倍での数値


道中出現モンスター

名称 (種族)職業/LvHPExp
ヒーリングスフィア (魔物)修道者 Lv96HP3,333
ダークスフィア (不死)修道者 Lv97HP3,333
ウィルオウィスプ (魔物)魔法使い Lv77HP 9,9993,000
魔性
魔性のヒーリングスフィア (魔物)修道者 Lv152HP8,445
魔性のダークスフィア (不死)修道者 Lv154HP8,445
魔性のウィルオウィスプ (魔物)魔法使い Lv122HP 25,0864,740
宿った
宿ったヒーリングスフィア (魔物)修道者 Lv204HP15,139
宿ったダークスフィア (不死)修道者 Lv206HP15,139
宿ったウィルオウィスプ (魔物)魔法使い Lv164HP 44,5366,300
伝説
伝説のヒーリングスフィア (魔物)修道者 Lv270HP27,020
伝説のダークスフィア (不死)修道者 Lv272HP27,020
伝説のウィルオウィスプ (魔物)魔法使い Lv217HP 77,4328,250
恐ろしい
恐ろしいヒーリングスフィア (魔物)修道者 LvHP
恐ろしいダークスフィア (不死)修道者 LvHP
恐ろしいウィルオウィスプ (魔物)魔法使い LvHP
壊れた
壊れたヒーリングスフィア (魔物)修道者 LvHP
壊れたダークスフィア (不死)修道者 LvHP
壊れたウィルオウィスプ (魔物)魔法使い LvHP

◆ダンジョンボス1

名称 (種族)職業/LvHPExp
ハデス・クローン (神魔)秘法剣士(侍) Lv821HP8,300,00021,712
魔性
魔性のハデス・クローン (神魔)秘法剣士(侍) Lv1298HP20,720,24434,304
宿った
宿ったハデス・クローン (神魔)秘法剣士(侍) Lv1727HP36,603,44145,595
伝説
伝説のハデス・クローン (神魔)秘法剣士(侍) Lv2263HP62,770,56559,708
恐ろしい
恐ろしいハデス・クローン (神魔)秘法剣士(侍) LvHP
壊れた
壊れたハデス・クローン (神魔)秘法剣士(侍) LvHP

◆ダンジョンボス2

名称 (種族)職業/LvHPExp
ハデス・クローン (神魔)秘法剣士(侍) LvHP
ヒーリングスフィア (魔物) x 9修道者 LvHP
ダークスフィア (不死) x 9修道者 LvHP
魔性
魔性のハデス・クローン (神魔)秘法剣士(侍) LvHP
魔性のヒーリングスフィア (魔物) x 9修道者 LvHP
魔性のダークスフィア (不死) x 9修道者 LvHP
宿った
宿ったハデス・クローン (神魔)秘法剣士(侍) LvHP
宿ったヒーリングスフィア (魔物) x 9修道者 LvHP
宿ったダークスフィア (不死) x 9修道者 LvHP
伝説
伝説のハデス・クローン (神魔)秘法剣士(侍) LvHP
伝説のヒーリングスフィア (魔物) x 9修道者 LvHP
伝説のダークスフィア (不死) x 9修道者 LvHP
恐ろしい
恐ろしいハデス・クローン (神魔)秘法剣士(侍) LvHP
恐ろしいヒーリングスフィア (魔物)修道者 LvHP
恐ろしいダークスフィア (不死)修道者 LvHP
壊れた
壊れたハデス・クローン (神魔)秘法剣士(侍) LvHP
壊れたヒーリングスフィア (魔物)修道者 LvHP
壊れたダークスフィア (不死)修道者 LvHP

レアアイテム

名称罠難易度ドロップモンスター
癒しの指輪-~-ヒーリングスフィア
悪魔の指輪-~-ダークスフィア
精霊の杖-~-ウィルオウィスプ
死神の鎌-~-ハデス・クローン
断罪の黒衣-~-
レイズロッド-~-
★冥界の王-~-
魔性
緑の薬-~-魔性のヒーリングスフィア
ハイランダーソード-~-魔性のダークスフィア
亡霊の小手-~-魔性のウィルオウィスプ
☆イザナミ-~-魔性のハデス・クローン
宿った
なし
伝説
魔女の杖-~-伝説のヒーリングスフィア
神殺しの剣-~-伝説のダークスフィア
エーテルマント-~-伝説のウィルオウィスプ
反魂香-~-伝説のハデス・クローン

ダンジョン内イベント

入り口

冒険者たちは大穴の中へ飛び込んだ。

それは無理矢理堀り広げられたような穴になっていた。

おそらくは元々あった洞窟をクローン神魔が通れる大きさまで押し広げて地上へ出てきたのだろう。

穴は地中深くまで続いている。

クローン神魔は見える範囲には居ない。

回復のために奥へ逃げ込んだのだろうか。

しかしクローンの不死性が外気に触れることが条件であるならそれほど奥へは行かないはずだ。

回復する前に追わなければならない。

穴の途中には空気の渦から球体の何かが生まれている。

それらゴーストのような存在がこちらに敵意を向けている。

クローン神魔が生み出した障害だろうか。

時間を稼がせる訳にはいかない。

冒険者たちは武器を構えて穴の中を駆け下りていった。

ダンジョンボス1戦前

冒険者たちは広い場所に飛び込んだ。

そこは広い空洞になっておりおそらくは火山活動により出来た自然の洞窟だろう。

そして奥には巨大な鉄の扉が見える。

鉄の扉は開いており奥に通路が見える。

おそらくこの洞窟とドワーフの坑道を繋ぐ扉であろう。

洞窟側は自然にできた火山の空洞の形をしており、扉の向こうは精巧にくり抜かれたような人工的な洞窟が続いている。



冒険者たちは周囲の構造を把握すると中央の存在に意識を集中した。

そこには巨大な鎌を持った怪物が居る。

クローン神魔だ。



まだ回復しきっていないのか動く様子がない。

この場所には風の流れを感じる。

地上の空気が流れ込んでいるのだろう。

時間を与えるほど回復していくだけだ。

すぐに討ち倒すべきだろう。

しかし相手は不死身であり、倒しても蘇り続けるだろう。

それではいずれこちらが力尽きるだけだ。

不死性を止めるには空気を遮断する必要がある。

冒険者たちは奥にある巨大な鉄の扉を見た。

あの通路に押し込み扉を閉じれば外気を遮断できるかもしれない。

少なくとも新鮮な地上の空気とは切り離せるだろう。





冒険者たちはかつての雷神の戦いを思い出した。

それは下位神魔が徒党を組んでようやく倒した中位神魔タケミカヅチとの戦いである。

その中位神魔に匹敵するという怪物と今、冒険者たちだけで戦うことになる。

仲間と視線だけをかわして頷いた。

持てる力の全てをぶつけて戦う。

それしかない。

冒険者たちは愛用の武器を手に持った。

そしてこれまで激戦を共に戦い抜いた仲間たちと共に並んだ。

ダンジョンボス2戦前

「グォォオオオオオオ!!」

冒険者たちの猛攻を受けて死神が吠え声を上げた。

最後の断末魔だ。

普段ならばそう思うところだが相手は普通の敵ではない。

クローン神魔の体が弾けるように周囲に広がった。

その破片は見る見るうちに球体をなしてそれぞれが独立した存在となった。

無数の球体が周囲に漂っている。

冒険者たちは完全に取り囲まれていた。

ここへ来て死神は本気を出してきたのか、それとも苦し紛れなのか分からない。

そして死神の体も元の姿に戻っていた。

先ほどの戦いのダメージが残っているのか、それともこちらの攻撃に意味は無かったのか…



こちらの攻撃が効いているのか分からない。

先ほどの戦いの負傷も疲労もまだ残っている。

常識が通用しない敵、そして終わりの見えない戦いは精神を摩耗させる。

冒険者たちは肉体的にも精神的にも追いつめられていた。



「グォォオオオオオオ!!」



死神は再び恐怖の鎌を振りかざした。


冒険の手記(全7)

小さな鍵1

指輪よ。

指輪よ。

常に肌身に触れ続け

常に主と共にある指輪よ。

小さな鍵2

汗に触れ

血に触れて

主の力、宿りし指輪よ。

小さな鍵3

その力、如何なるものか。

善なるものか

悪なるものか

ただただ主を映しだす指輪よ。

小さな鍵4

堕天使の指輪よ。

狂信の指輪よ。

不和の指輪よ。

神獣の指輪よ。

嫉妬の指輪よ。

冥界の指輪よ。

どれも稀有なる力の具現。

小さな鍵5

されど現世の力に過ぎず。

求める力には遠く。

比類なきはあの力。

かの支配者の力宿りし指輪。

小さな鍵6

全ての財を奪われても

全ての力を失っても

全ての名誉を失っても

全ての仲間を見捨てても

全ての宝を捨て去っても

欲しい。

欲しい。

かの指輪よ。

小さな鍵7

ああ、ああ、ソロモンよ。

その力、我が手にも!

手記コンプリート報酬

伝説の隠者の杖