Top > 松輪

松輪

Last-modified: 2019-02-21 (木) 21:10:06
No.335
海防艦、松輪です。松輪(まつわ)択捉型 2番艦 海防艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久9火力4 / 19
装甲4 / 16雷装0
回避39 / 81対空7 / 28
搭載0対潜35 / 72
速力低速索敵3 / 15
射程7 / 49
最大消費量
燃料10弾薬10
装備
12cm単装砲
25mm連装機銃
装備不可
装備不可
改造チャート
松輪松輪改(Lv37)
図鑑説明
海防艦、松輪です…。占守型海防艦の改良型として建造され、
佐世保鎮守府の部隊に配属されました……。船団護衛や、対潜掃蕩部隊として働きます。
船団の被害を減らすため……敵潜水艦と戦いました……。
でも……。潜水艦は……怖い……。

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:首藤志奈、イラストレーター:赤坂ゆづ (クリックするとセリフ一覧が開きます)




ゲームにおいて Edit

  • 2017年8月12日、夏イベント「西方再打通!欧州救援作戦」の後段作戦開放と共に実装。E-5のボスでドロップする。
  • 姉である択捉のお買い物mode(三越の描き下ろしイラスト)の左腕に提げていたカゴに彼女のぬいぐるみが描かれていたため、実装が示唆されていた。
  • 姉と同様Lv3で対潜値36となり、四式水中聴音機×2で先制対潜可能。
  • 姉の択捉と同様に幼い容姿であり、気弱な性格も相まって父性や母性を刺激される提督が増えつつある模様。
    • そばかすがある。第1期ではわかりにくかったが、第2期で解像度が上がったことにより、わかりやすくなった。
  • 肩をパフスリーブ状に膨らませており、もこもこの前で袖が絞っているなど制服にお嬢様っぽいアレンジがされている。
    また、袖のもこもこと同色のリストバンド付き手袋を着けているのが中破時の左手首で判る。この手袋は択捉型の標準装備のようだ。

限定グラフィック Edit

  • 2017年9月12日のアップデートで、浴衣modeが実装された。
    • 中破絵は谷風および、Z1Z3Libeccioの水着modeを超える危険ぶり。憲兵出動案件である。
    限定イラスト:浴衣mode
  • 2018年7月12日のアップデートで、かき氷modeが実装された。
    • 限定セリフとのギャップが激しい。衣替えしてかき氷食べてもやっぱりダメなものはダメなのだろうか…。
    限定イラスト:かき氷mode
  • 2018年12月7日のアップデートで、Xmasmodeが実装された。
    • 通常グラフィック以上にもこもこなのがキュート。そして中破時は大泣き。憲兵出動(ry
    限定イラスト:Xmasmode

小ネタ Edit

艦歴
艦長
  • 艦名は千島列島の中部にある松輪島にちなむ。戦前及び戦後に同名の艦はいないため現在1代限りである。
    • 松輪島は火山島で、戦時中は海軍の飛行場があり、最大で8000名ほどの兵が駐留していた。
      彼らは1944年6月、松輪島大和湾に侵入し、停泊する輸送船を次々と攻撃した米潜水艦「ヘリング」を陸上砲台で砲撃し撃沈している。命名元の島も対潜攻撃で戦果を挙げていた?
      なお、島の火山である「芙蓉山(ロシア名:サリチェフ山)」は、「千島富士」と呼ばれる程山体が美しい山として知られているが、近年は噴火活動が活発となっており、2009年の噴火では噴煙の影響で航空路が一時閉鎖になっている。
  • 松輪は現在一般的には「択捉型2番艦」として認知されているが、当時の海軍の艦艇類別等級では「占守型6番艦」であり、択捉型という類別自体存在していない*4
    まあ千歳型も龍鳳型も類別上は「瑞鳳型」としていた海軍では、択捉型と占守型の差など些細なものだったのかもしれないが……。
  • 竣役後は三日月と入れ替わる形で第一海上護衛隊に所属し、台湾やフィリピン方面で海上輸送護衛に従事する。
  • 完成後、彼女は酒保物品を呉で満杯に詰め込んだ。
    ところが事務の手違いだろうか、佐世保に行くとそこでも「予定していたから持っていけ」と1隻分の酒保物品が支給された。
    丸々2隻分の酒保物品を満載した彼女は、南方前線基地にとってはまさに宝船。松輪は行く先々で大歓迎を受けたという。
    • なんせ小さな艦なので酒保倉庫も小さい。溢れた物資は近くの兵員居住区の床に山積みとなった。
      下士官兵たちはハンモックを使わず、白鹿や千福といった銘酒の大箱、あるいは虎屋の羊羹や各種お菓子の大箱の上で寝ている始末だったという。
  • 実は彼女も騒動を巻き起こしている。それも子日国後の敬礼問答とは逆の形で。
    • 竣工後はじめての海上護衛任務で、門司から無事に台湾・高雄港へ入港したときのこと。
      港には大型の特設軍艦や輸送船、颯爽とした駆逐艦たちが目白押しに停泊しているなか、小さな彼女はその隅っこへ遠慮がちにもぐり込んだ。
    • 翌朝、松輪主計長の部屋に信号下士官が慌てて飛び込んできた。「本艦が港内の最先任艦のようです!軍艦旗揚げ方の指揮艦になれと他の艦がしきりに催促しています!」
      驚いて見回せば、港内全艦船が手旗信号や発光信号を総動員、「貴艦ノ小田原中佐ガ最先任ナリ指揮ヲ執ラレタシ」と大騒ぎで松輪へ呼びかけていた。
      朝の軍艦旗掲揚はその場の最先任の艦長が指揮を執る決まりである。各種大型艦船がズラリと居並ぶ中で、なんと一番小さな松輪が最先任だったのである。
      時すでに掲揚5分前、もはや迷ったり調べているヒマはなかった。とっさの決断で「本艦、指揮を執れ!」の命一下、なんとかギリギリで五秒前の信号旗掲揚に間に合った。
      • なぜこんなことが起きたか。松輪も最初は御紋章を付けた軍艦になる予定だったところ、建造工事中に海防艦は軍艦籍から外された。
        しかしすでに「軍艦」に見合った艦長の予定者として、大佐昇進の間近い小田原中佐が松輪艤装員長に内定していた。
        一旦決まった人事異動はポストの兼ね合いでそう簡単には変更できない。やむなくそのまま、小艦艇には不釣り合いな艦長をいただいていたのである。そんな艦が「これだけ艦船がいれば誰か上級者がいるだろう」とノンビリしていた結果、軍艦旗が揚がらないという帝国海軍始まって以来の大椿事を起こしかけたのだった。
  • 1944年5月、松輪は妹で旗艦の「壱岐」と「第九号海防艦」「第十五号海防艦」と組み、本土からマニラ経由でシンガポールへ向かう輸送船団「ヒ63」を護衛する。
    マニラに無事寄港し、シンガポールへ向かったが、5月24日に米潜水艦「レイトン」の攻撃を受ける。
    船団を守る事は出来たが妹の「壱岐」は真っ先に攻撃を受け沈没、松輪も損傷しシンガポールで応急修理の上佐世保に帰還、ドック入りする事になる。
    • 尚、壱岐沈没時に座乗していた第一護衛船団司令官の伊集院松治少将も戦死する。
      父は海軍元帥で伊集院信管を発明した「伊集院五郎」、弟は鈴谷大和の艦長を歴任した「大野竹ニ」少将という海軍一家の出身で、自身も開戦時は第二艦隊旗艦の愛宕艦長として第三次ソロモン海戦等に参戦、その後第三水雷戦隊司令官としてブーゲンビル島沖海戦を戦い、旗艦川内沈没後も漂流中を潜水艦に救助され生還するなど、殆どを前線で戦っていた人物であった。
  • 最期は1944年8月22日午前5時頃、バシー海峡での対潜掃蕩を打ち切り、マニラ港に向かう最中のことだった。
    『駆逐艦殺し』の異名を持つ米潜水艦「ハーダー」とその僚艦「ハッド」という、ベテラン中のベテランの群狼チームに捕捉されてしまったのである。
    「ハーダー」の発射した魚雷は松輪の前部へ命中、松輪は艦橋より前方の艦首部をもぎ取られ航行不能に陥った。
    またこのとき、ほぼ同時に日振へも「ハーダー」の魚雷が、さらに佐渡には「ハッド」の魚雷が命中、3隻が一瞬にして航行不能に陥ってしまったのだった。
    次第に明るくなる夜明けの海上で、松輪は残った艦後部が海に逆立ちし三番砲が虚空を向いた哀れな姿となり、日振に至っては後甲板のみがわずかに浮いているだけだったという。
    • しかし、松輪は諦めなかった。その残った三番砲で砲戦用意をかけ、あくまで敵潜水艦に対抗するかまえを見せた。
      だが午前7時30分、「ハーダー」「ハッド」の攻撃が再び3隻を襲った。動けない半死半生の3隻は、もはや俎上の鯉に等しかった。
      松輪は凄まじい轟音とともに大爆発を起こし轟沈。日振も瞬時にして轟沈。
      佐渡は迫りくる魚雷へ主砲、機銃、さらには小銃までも必死に撃ちまくったが効果なく、同じく轟沈の運命をたどった。
      • 投げ出され漂流する3隻の乗員たちの眼の前で、敵潜水艦は堂々浮上して盛んに写真を撮り、悠々充電して去っていったという。
  • 最後の戦闘となったヒ71船団およびマニラ沖での戦闘では、護衛していた多数のタンカーや輸送船だけでなく、多数の護衛艦艇が沈没している。
    • ヒ71船団では護衛空母大鷹、給油艦速吸、陸軍特殊船玉津丸、海防艦日振、海防艦松輪、海防艦佐渡
      さらには、ほぼ同時にマニラに接近していたタマ24A船団の駆逐艦朝風、駆逐艦夕凪。
      なお、これらに攻撃を行い大戦果を上げていた米潜水艦「ハーダー」もまた、反撃で沈没している。
    • アメリカ軍がとった複数の潜水艦による「群狼戦術」を前に、日本の護衛艦艇の能力では全くの無力で、逆にほぼ一方的に狩られることになってしまい、以降の海上護衛体制の見直しを迫られることとなってしまった。

この艦娘についてのコメント Edit

過去ログ

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • じじ「運営殿!松輪クリスマスモードで薄い本を描きたいのですがかまいませんね!」 -- 2018-12-19 (水) 14:23:35
  • 良い子の松輪ちゃんには、クリスマスプレゼントにおじさんのきんのたまをあげよう -- 2018-12-24 (月) 11:12:03
    • 憲兵「そんなおじさんには鉄の腕輪をあげよう」 -- 2018-12-24 (月) 14:43:40
  • 松輪ちゃんはお酒が飲める年齢… 松輪ちゃんはお酒が飲める年齢… -- 2018-12-25 (火) 21:12:01
    • 昭和19年の20歳は現在の94歳 -- 2018-12-25 (火) 21:32:58
  • 今日のメンテで松輪ちゃんドロ終わりますかね~ -- 2018-12-26 (水) 11:27:16
  • 憲兵「この項の変提の変態力は・・・バカな!メーターを振り切った、だと!?」 -- 2018-12-26 (水) 23:14:46
  • 7-2まだ松輪ちゃん落ちる? -- 2018-12-27 (木) 15:02:02
  • ここに載せてある松輪のクリスマスグラにポインタを乗せたら、表示されたセリフが翔鶴姉になっているもんだから変な笑い声が出てしまった。 -- 2018-12-27 (木) 23:33:44
  • 7-2-Gで松輪ドロップ確認、まだ出てるもよう。 -- 2018-12-31 (月) 14:45:30
  • 年明けから7-2でEVの戦利品の海防艦達4隻のレベル上げやってたら…最後の4隻目練成に入って初めてGマスでマツワチャンが出てしまった。 -- 2019-01-08 (火) 00:54:48
    • 更に今日二人目です…マジか牧場片付かねえ -- 2019-01-08 (火) 19:15:10
  • 7-2-Jで松輪が出て来てビックリした、期間限定ドロップとは関係無いマスだから元から設定されてたんかな?私しか報告ないみたいだし謎。 -- 2019-01-28 (月) 14:59:01
  • 7-2Gでお出迎えしました。まだ出るみたいですね。次は佐渡様待っててな→ -- 2019-02-19 (火) 18:59:35
  • おもらし松輪ちゃん -- 2019-02-20 (水) 12:13:53
  • 「艦歴」内の日振に記事日振へのリンクを設定しました。 -- 2019-02-21 (木) 21:11:13
  • クオータリー任務で7-2久々に行ったら第一ボスマスでドロップ。まだ期間みたい。 -- 2019-03-07 (木) 20:55:55
  • 本当に7-2-Gで松輪落ちるのか?500Sしたけど一人もでねえ。ドロップ無しもあるから仕方ないのかなあ -- 2019-03-14 (木) 12:03:35
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 御蔵型海防艦8番艦
*2 門司港~シンガポール間の輸送船団
*3 ハーダー(USS Harder、SS-257)・ハッド(USS Haddo、SS-255)
*4 但し計画番号自体はE19で登録されており、E15である占守型とは異なっている