Top > 戦術の評価・習得方法

戦術の評価・習得方法

Last-modified: 2018-08-03 (金) 03:28:09

概要 Edit

  • このページではVer3.3より実装された学院にて習得可能な「戦術」の評価やオススメの習得艦船、修行場などをまとめる。
  • 大前提として、戦術の習得はエンドコンテンツの1つである。急いで習得するのは難しいし、かといってなければ攻略に差し支えるほど必須のものでもない。
  • しかし、漫然と学習させていても習得が難しいのは事実。また、どの艦にどの戦術を習得させるべきかわからない人も多いだろう。
    そうした提督諸兄はぜひ参考にしてほしい。もちろん追記・修正も大歓迎である。

  • 同時学習可能なキャラは初期状態で2人、最大で6人。この学習者全員が何らかの戦術を学習しながら戦えるのが理想である。
    もちろん、いちいち学習者を変更していては学費(改造コア)がいくらあっても足りないので、ある程度の妥協は必要。
  • 必然的にメンバーが固定されやすい、固定編成での周回で習得するのがオススメ。
    幸いほとんどの掘りレア艦は学習可能な5章以降(2-5、2-6含む)で手に入るので、レア掘りや戦利品集めと併行するのがいいだろう。
    むしろ「掘りのついでに戦術を覚える」や、逆に「戦術を覚えるついでに掘る」程度に行った方が精神的な負担が軽くて済む。
  • 目的を達成して狩り場を変えた場合や編成を変えた場合、条件次第でいつまで経っても経験値が稼げないキャラ・戦術が出てくることはある。
    手持ちの改造コアと相談しつつ、時には思い切った変更も視野に入れよう。

攻撃戦術(Lv90以上の艦船が習得可能) Edit

  • 特定の攻撃を強化する戦術。
  • 習得条件に「特定の敵艦種を攻撃する」ものが多い。

雷撃熟練(教官:アイラ) Edit

  • 概要
    • 空母への雷撃ダメージをアップする戦術。必然的に雷撃が主体の駆逐艦、潜水艦が習得対象になる。
      なお、先制雷撃はスキル効果および経験値獲得の対象外となる。
    • 空母を昼間の雷撃戦で撃沈しやすくなるため、その分夜戦火力を他の敵に集中出来る。
      しかし駆逐艦や潜水艦は他の攻撃戦術も魅力的なので、どちらを優先するかは悩みどころ。
    • 「雁行雷撃」を習得済みの場合、雁行雷撃が発動して魚雷が2本になる+両方が空母に命中すると1戦で経験値を2獲得できる。
      当然だが「雷撃熟練」の方が習得可能になるのが速いため、あくまでLV110に到達済みの艦船に新規習得させる場合のみ有効。
      効力については要検証だが、経験値が入っている以上は乗っていると考える方が妥当か。
  • オススメの習得艦船・艦種
  • オススメの修行場
    • 6-1Aレベリング
      • 小型艦の定番レベリングスポット。
      • 普段は空母編成を避けて潜水艦編成か雷巡編成を狙うのが定石だが、この戦術を習得する場合敢えて空母編成を狙うことになる。
        この編成なら水上艦が空母2隻のみなので、雷撃戦にさえ入れば確定で空母を狙えるからだ。
      • あくまで「雷撃戦」で空母に命中させてはじめて経験値になることに注意。開幕の航空攻撃や先制雷撃、昼砲戦で空母を沈めきってしまっては意味が無い。
        また、せっかく雷撃戦まで引っ張っても外してしまうと徒労に終わるため、装備で命中はできるだけあげておこう。
      • 敵の航空攻撃は戦闘機ガン積みの空母系艦船で護衛するか、ボフォースや近接信管砲弾でムリヤリ凌ぐかになる。
        なお制空権確保の目安は対空+9の戦闘機を4枠以上。軽空母の場合1人では厳しい。正規空母なら搭載数の少ないベアルン烈風ガン積みでも1人で確保可能。所持している&運用できるだけ資材に余裕があるならば航空ダメージを減らせる信濃が理想。
        ある程度安定した周回には少なくとも3隻の先制対潜艦、1隻以上の制空用空母系艦船が必要。1隻低速艦を含む正規空母+対潜艦5なら潜水艦編成を相手にしたレベリングも不可能ではない。
        いずれにせよ雷巡編成は回避推奨。
        軽空母に戦闘機+偵察機だけの場合、砲撃戦時の対潜攻撃は可能+ボーキが減らないが、先制対潜は出来ない。潜水艦編成の相手は注意。
      • 空母系を使う場合、ここで習得可能なアイラの攻撃・防御戦術に空母系向けのものが少ないので並行習得は難しい。
        非対潜枠に空きがある場合に重巡洋艦を1人入れて、軽空母に「前衛援助」を覚えさせるくらいか。
        逆に言えば、戦術習得を考えていない艦や低レベル艦でも気にせず使えるわけだが。
      • Ver3.8.0にて教室の拡張が可能になったため、拡張していればヴィクトリーの戦術が同時に習得可能。
        「防空弾幕」や「予備弾薬」などが狙い目。
      • ラフィー改をスキルLv3にして中破状態で編成に加えておくと航空戦時の弾除けになる。自身も習得できるのでちょうどよい。
      • 潜水艦は安全に習得可能だが、潜水艦編成だけでは索敵が安定しにくく、また潜水艦を増やしすぎると開幕雷撃だけで落としてしまい経験値が稼げなくなる目が増えるので要調整。
        また敵が潜水艦のみの編成を相手すると必ず敗北になるので、戦歴を気にする場合は注意。
    • 空母戦役・困難
      • 駆逐艦限定。
        空母2隻確定+高確率で雷撃戦までは行くため狙いやすい(味方空母の攻撃で敵空母が落ちる目はあるが)。

砲撃訓練(教官:アイラ) Edit

  • 概要
    • 艦隊内の巡洋戦艦の火力をアップする。小型艦(駆逐艦、ミサイル駆逐艦、潜水艦、潜水砲艦、砲艦、補給艦)のみ習得可能。
    • 巡洋戦艦を艦隊に1隻入れて戦うだけでいいので、習得難易度は低い。
      逆に巡洋戦艦が入らない編成で戦闘していると絶対に経験値が入らないので、状況次第では思い切った切り替えも必要。
      (これは特定艦種を同行させるタイプの全ての戦術に言えるが)
    • このタイプの戦術は艦隊内に複数の習得者がいても効果が重複しない
      習得後は状況に応じて付け替えも考慮しよう。
  • オススメの習得艦船・艦種
    • 駆逐艦全般
      • 汎用性が高い上に習得しやすいため、主力の駆逐艦には何人か持たせておくといい。
    • 長春
      • 駆逐艦や潜水艦なら誰でもオススメだが、迂回要員としての需要が大きい=必然的にフッド改と組むことが多い長春は特にオススメ。
  • オススメの修行場
    • 攻略・掘り周回全般
      • 巡洋戦艦は後半マップでも戦力やスキル要員として需要が大きいので、普段使いにしているだけで自然と習得出来るはず。
        もちろんレベリングのついでに覚えさせてもいい。

弾幕射撃(教官:アイラ) Edit

  • 概要
    • 砲撃戦フェイズ時のみ、駆逐艦へのダメージをアップする。
    • 昼間の砲撃戦にしか効果がないので、駆逐艦自身が習得しても(一部を除いて)イマイチ。
      一方で基本的にオーバーキルになる戦艦系にもほぼ無意味。一応防衛戦イベントなら高耐久の駆逐艦も出るが、優先度は低い。
    • 空母系も砲撃戦で攻撃すれば習得は可能だが、そもそも開幕航空戦で消し飛ぶことが多い上にそちら向きの「ジャンプ攻撃」があるので、敢えてこちらを覚える必要はないだろう。
    • 当然の話だが、この戦術に限らず砲撃戦時にダメージを与えることが条件の戦術は潜水艦では習得できない
      間違えてコアを無駄にしないように気をつけよう。
    • これも当然だが、砲撃戦で特定艦種を攻撃するタイプの戦術は攻撃順が先のキャラ・次回砲撃に参加出来るキャラほど習得が早い
      逆に言えばスキルと配置の関係上どう足掻いても攻撃順が遅くなる奇襲赤城大鳳改は習得自体が大変になる。
      習得時には射程や攻撃順も意識しよう。
  • オススメの習得艦船・艦種
    • 軽巡洋艦、重巡洋艦全般
      • 特性上、必然的に「昼戦で駆逐艦を撃ち落とせるが撃ち漏らしもあり得る」巡洋艦向けになる。
        巡洋艦は他に特段覚えたい攻撃戦術も少ないので、これを覚えて撃ち漏らしを減らすのがいいだろう。
  • オススメの修行場
    • 2-5A、5-5B
      • 攻略や掘り周回では空母を編成することが多く、開幕で駆逐艦が沈みやすいので経験値が稼ぎにくくなる。
        開幕で駆逐艦が出てきて、かつ航空戦力が出てこないマップでひたすら砲撃戦を挑むのがオススメ。
      • とりあえず2か所を挙げたが、ぶっちゃけ「味方の空母がいなくても楽勝+駆逐艦が出てくる」マスならどこでもいい。

効力射(教官:ヴィクトリー) Edit

  • 概要
    • 砲撃戦時に戦艦へのダメージをアップする。
    • やはり砲撃戦のみなので、雷撃戦などがメインで昼戦火力の寂しい駆逐艦に積んでもほとんど無駄。
      逆に戦艦との殴り合いが重要な戦艦系には最有力候補の攻撃戦術となる。
      • 巡洋艦も基本的に不向きだが、パワー全開持ちのウィチタ改等、スキルの効果でクリティカルが期待できる艦船には習得させてもいいかもしれない。
    • 空母系でも砲撃戦で戦艦を攻撃すれば習得可能で適用される。
      前述した「弾幕射撃」と同様に、攻撃順が遅くなりやすい奇襲持ちの「赤城改」及び「大鳳改」に習得させる際には注意。
  • オススメの習得艦船・艦種
    • ミズーリ
      • 戦艦を優先して狙うスキルなので極めて好相性。
        他艦と比べて段違いに覚えやすく強力なので、習得可能レベルになったらすぐに学院入りさせてもよい。
    • 戦艦系全般
      • そもそも戦艦系で他の戦術は習得不可か、習得出来ても微妙な効果なので、戦艦・巡洋戦艦・航空戦艦はこれ一択で考えていいだろう。
    • 深雪改
      • 一般には駆逐艦に不向きな戦術であるが深雪だけは事情が違う。
        確率で魚雷戦フェーズの魚雷攻撃を放棄する代わりに砲撃戦フェーズで強力な魚雷攻撃を行うスキルであるため、スキルには砲撃戦フェーズが効果対象の戦術が有効かつスキル発動時は魚雷戦フェーズが効果対象の戦術が機能しない。
        安定はしないが砲撃戦で戦艦すら沈める可能性があるため、深雪の攻撃戦術にはこの効力射を一考してみたい。
  • オススメの修行場
    • 攻略・掘り周回全般
      • 5章以降なら大半のマップで道中・ボスともに戦艦とは呆れるほど遭遇するはず。
        普段使いにしてコツコツ稼ごう。
    • 巡洋戦役
      • 普通・困難どちらも戦艦3隻確定なので狙い目。
    • 7-2F
      • スタート後すぐ左のマス。カッシング掘りの通過点。
      • ルート固定が容易な上、戦艦2隻が確定で出現する上に空母系は絶対に出てこない。
        潜水艦が0-2隻いるので、駆逐艦の「データ共有」との併行も容易。
      • 戦艦系を相手にする戦術はここを修行場に出来るので、抑えておくといい。

データ共有(教官:ヴィクトリー) Edit

  • 概要
    • 艦隊内の戦艦の火力をアップする。小型艦(駆逐艦、ミサイル駆逐艦、潜水艦、潜水砲艦、砲艦、補給艦)のみ習得可能。
      要するに「砲撃訓練」の戦艦バージョン。
    • 評価および習得方法は「砲撃訓練」に準じる。
  • オススメの習得艦船・艦種
    • 綾波改
      • ご存じ対ボス最終兵器。必然的に戦艦と出撃することが多いため、優先して習得しよう。
  • オススメの修行場
    • 攻略・掘り周回全般
      • 戦艦は攻略や掘りにも主力で出すことが多く、普段使いにしているだけで自然と習得出来る。
        目的達成前に習得完了しても泣かない。

ジャンプ攻撃(教官:ヴィクトリー) Edit

  • 概要
    • 開幕航空戦で駆逐艦へのダメージをアップする。条件の都合上、必然的に空母系と航空戦艦のみ習得可能。
    • エフェクト上で敵艦が沈んでも、航空戦で攻撃対象に選択+攻撃判定が命中していれば、内部的には攻撃を行ったとみなされる。
      このため、1隻の空母が1隻の駆逐艦相手に最大で+4の経験値を獲得可能。理論上は空母6隻で最大24の経験値を一気に稼げる。
    • 開幕航空戦で駆逐艦にミリ残りされ、戦艦の砲撃が吸われる…といった事故を防ぎやすくなる。
    • 当然だが、攻撃機・爆撃機を多く積んだ艦ほど経験値が稼ぎやすい。
  • オススメの習得艦船・艦種
    • 空母系全般
      • 比較的習得条件が緩い割に効果が見込めるので、レベル90を越えた空母系ならとりあえず習得して損はない。
  • オススメの修行場
    • 攻略・掘り周回全般
      • 駆逐艦は割とどこにでも出てくるので、普段使いにしていても習得はそれなりに出来てくる。
    • 5-5Bレベリング
      • 爆撃機ガン積みで圧殺が基本の定番レベリングポイント。
        駆逐艦が必ず1-3隻出てくるので稼ぎやすい。レベリング艦も編成次第で「データ共有」や「艦隊援助」が習得できる。
      • 6-4Aレベリングでも駆逐艦のいる編成自体はあるが確実ではなく、空母が必ずいるので制空も必要になりやや効率は悪い。
        ただしこちらの方が経験値が多く、艦種・速度不問でレベリング可能というメリットもある。
        「予備弾薬」を学習中の空母に戦闘機ガン積みで制空を任せ、他の空母に爆撃機ガン積みで学習+レベリングという手もある。
    • 駆逐戦役・簡単
      • 編成自由+水上艦が低レベル駆逐艦オンリーなので、爆撃機ガン積みの空母系6隻でほぼ確実に理論最大値を稼げる。
      • 潜水艦が1隻混じっているので、軽空母が1人以上いないとS勝利が取れない点を忘れずに。
        逆に言えば、この戦術の学習が出来ない6-1Aでレベルが上がりがちな軽空母にとっても優秀な修行場と言える。
      • 回数制限と、資源や改造コアの入手量と引換になってしまうのがネック。

防御戦術(Lv100以上の艦船が習得可能) Edit

  • 特定の攻撃からのダメージを軽減する戦術。
  • 習得のしやすさが戦術によって極端。
  • 被弾することで経験値を得られる防御戦術は味方を庇って攻撃を無効化(軽減は可)するスキルや、
    ビスマルク改の「沈まぬ戦艦」等、ダメージ軽減スキルでダメージ0にすると、
    エフェクトが発生せず経験値が獲得できないので注意。
    また、大破状態だと軽減効果が発揮されず戦術経験値が獲得できないので注意。

海上警戒(教官:アイラ) Edit

  • 概要
    • 駆逐艦からの雷撃ダメージを減少させる戦術。
    • 「敵駆逐艦が雷撃戦まで生きている」「その駆逐艦から雷撃を受ける」という2条件のため、習得が非常に厳しい上に修理コストも嵩む。
      優先度は正直低い。
  • オススメの習得艦船・艦種
    • (編集中)
      • (編集中)
  • オススメの修行場
    • (編集中)
      • (編集中)

前衛援助(教官:アイラ) Edit

  • 概要
    • 重巡洋艦の装甲をアップする。中型艦(軽巡、重巡、軽空母)のみ習得可能。
      重巡洋艦なら自前で条件を満たせる。
    • 周回に重巡洋艦を使うこと自体が少ないが、クエストや防衛戦では有効になるかもしれない。
      一番活かせるのは巡洋戦役・困難か。
    • 1戦闘で経験値が3入るので、習得自体は非常に容易。
  • オススメの習得艦船・艦種
  • オススメの修行場
    • 5-5Bレベリング、6-4Aレベリング
      • レベリングついでに他の戦術と同時習得するくらいでいいだろう。

貫通(教官:アイラ) Edit

  • 概要
    • 砲撃戦時、戦艦からのダメージを減らす戦術。
    • 1発中大破確実の小型艦にはあまり意味がない。大型艦に習得させたい戦術。
    • 修理コストを含め、習得自体が結構大変。他の戦術を習得してからの方がいいかもしれない。
  • オススメの習得艦船・艦種
    • フッド改レナウン改
      • 後述の「艦隊援助」が非常に習得しやすいため、巡洋戦艦自身はこれか「硬化装甲」を取ってさらに底上げするといいだろう。
    • 空母・装甲空母全般
      • 戦艦の砲撃は空母系の中大破による無力化の大きな原因の1つ。この戦術があればギリギリ中破のダメージでも持ちこたえてくれる目が増えるため、手数の減少を防ぎやすくなる。
  • オススメの修行場
    • 攻略・掘り周回全般
      • 5章以降なら大半のマップで道中・ボスともに戦艦とは呆れるほど遭遇するはず。
    • 巡洋戦役
      • 難易度問わず戦艦3隻確定。後述する大角度回避同様にかなりの荒行となる。
    • 7-2F
      • 固定が容易で2隻確定。

硬化装甲(教官:ヴィクトリー) Edit

  • 概要
    • 砲撃戦時、巡洋戦艦からのダメージを減らす戦術。「貫通」の巡洋戦艦バージョン。
    • 習得方法や有効性は「貫通」に準じる。
  • オススメの習得艦船・艦種
    • フッド改レナウン改
      • 理由は「貫通」と同じ。周回するマップの敵編成や、他のキャラが学習したい戦術なども考慮して習得して行こう。
    • 空母系全般
      • こちらも理由は「貫通」と同じ。巡洋戦艦はダメージ自体が戦艦より小さいので、高耐久の軽空母でも活かせるかもしれない。
  • オススメの修行場
    • 5-3
      • 高速艦限定。
      • 7-2など、マップによっては意外と巡洋戦艦がおらず遭遇に手間取る。
        低レベル含め出現数が多く、ホーネット掘りと鋼材稼ぎを兼ねられる5-3がオススメ。

艦隊援助(教官:ヴィクトリー) Edit

  • 概要
    • 艦隊内の巡洋戦艦の装甲をアップする。
    • この戦術のみ、特定艦種と同行するタイプの中で艦種・サイズの制限がない
    • 条件も巡洋戦艦と同行するだけで1戦+3=300戦でコンプリート出来るため、防御戦術の中では突出して習得しやすい。
    • 重複はしないので艦隊で1人つけておけばいいが、主力には何人か習得させておいていいだろう。
    • ちなみにアイラとヴィクトリーの防御戦術で唯一、潜水艦が習得可能な戦術である。
  • オススメの習得艦船・艦種
    • 全般
      • 身も蓋もないが、防御戦術の中では習得が超容易な上に効果が見込みやすい。
        とりあえずこれを習得し、他の戦術は余裕が出来てから覚える形でもいいだろう。
  • オススメの修行場
    • 攻略・掘り周回全般
      • 巡洋戦艦を入れた掘り周回で何人かまとめて習得しておくといい。

防空弾幕(教官:ヴィクトリー) Edit

  • 概要
    • 敵空母の開幕航空戦のダメージを減らせる戦術。
    • 経験値はダメージや被弾回数ではなく、「攻撃を命中させた敵空母の数」に依存している模様(1隻ごとに+3)。
    • 制空権がしっかり取れていれば大型艦はほぼカスダメにしかならないので、この戦術でダメージを減らしても効果は薄い。
      どちらかと言えば制空権を取っていても痛手を受けやすい小型・中型艦向けか。
  • オススメの習得艦船・艦種
    • (編集中)
      • (編集中)
  • オススメの修行場
    • 7-2
      • ボス周回・カッシング掘りともに軽空母がほとんどおらず、空母の出現数が多い。
      • 7-2Lに潜水艦5隻と一緒に出撃してタコ殴りにしてもらう手もある。
        対潜艦、特にラフィー改などのスキル持ちなら対潜装備をフルに積んで単横陣にすれば敵潜水艦を潰してのS勝利も狙えなくはないので、カッシング掘りとの併行も可能。
    • 6-1A
      • 空母編成のみを狙う。1戦あたり空母2隻確定。
      • 潜水艦を何隻か入れて、砲撃戦時までに敵空母を無力化するとよい。
      • 対潜艦がいないと、敵潜水艦からのダメージがけっこうあるので注意。
      • 第2教室を開放している場合はアイラの「雷撃熟練」との同時習得もオススメ。

特殊戦術(Lv110の艦船が習得可能) Edit

  • レベルカンストでしか習得できないだけあって強力。

大角度回避(教官:アイラ) Edit

  • 概要
    • 砲撃戦時、ダメージを確率で無効化する戦術。
      砲撃戦限定のル・ファンタスク改のスキルと同種のものと思われる。
    • 習得条件には「敵戦艦からの攻撃を」となっているが、実際は全艦種で習得可能な模様。
      このため潜水艦でも習得できないことはない。
    • ちなみに効果発動時は普通の「MISS!」ではなく「戦術アイコン+MISS!」の表記になる。
  • オススメの習得艦船・艦種
    • 駆逐艦全般
      • もともと回避力の高い駆逐艦の生存性をさらにアップできる。
    • 空母系全般
      • 被弾を減らせるのは無力化されやすい空母系には魅力的。
        とはいえ4戦目の昼戦火力を上げられる「予備弾薬」も魅力的なので悩ましい。
  • オススメの修行場
    • 攻略・掘り周回全般
      • とにかく敵からの攻撃を回避するチャンス自体を増やさないと話にならない。
        普段使いにしてコツコツ稼ぐしかないだろう。
      • 水上艦なら対潜艦の少ない場所に潜水艦5人と一緒に出撃し、敢えて集中攻撃してもらうのも一手かもしれない。
        7-2Lあたりなら潜水艦の「雷撃熟練」「雁行雷撃」などが並行習得可能。
    • 巡洋戦役・簡単
      • 水上艦限定。負け覚悟の荒行。敗北回数の増加は自己責任でお願いします。
        複数機種でのログインをすれば敗北回数カウントはされなくなるが、こちらも自己責任でお願いします
      • 戦役簡単は編成自由なので、敢えて単艦で突っ込み集中砲火してもらう。
        どこでもOKなのだが、戦艦3隻がいて敵側の手数が多い巡洋がオススメ。
      • ボススナイプしない限り負ける目が大きいが、戦役は敗北時には回数消費がないので、この場合は逆に負けた方が回数を稼げる。
        空母系艦船の場合は装備枠を全て偵察機or付加装甲ので攻撃できなくなるので、確実に習得可能。
      • ちなみに潜水艦系の場合は駆逐戦役・簡単で同様の荒行が可能。

雁行雷撃(教官:アイラ) Edit

  • 概要
    • 雷撃戦時、レベルに応じた確率で魚雷を2発同時発射する戦術。
      必然的に雷撃を主力とする駆逐艦、潜水艦向け。
    • 確定ではないため安定性は難があるものの、強力な魚雷を2発発射できるのは非常に強力。
    • 特に低レベル時は発動率が低いため、習得には苦労する。
      レベルが上がるほど必要経験値は増えるが、発動率も上がるため精神的な負担は同等以下という妙な印象も…
    • Ver3.3.3以前は同じ雷撃計戦術の「雷撃熟練」と違い、こちらは先制雷撃も効果発動および経験値獲得の対象となっていたが、ver3.3.3のアップデートで修正された。
  • 水上艦のみの敵編成で挑む場合、「雷撃熟練」同様に雷撃戦前に敵の水上艦を全滅させないように注意。
    • ただし、敵の潜水艦混合編成で水上艦を全滅させ敵潜水艦が残っている状態で夜戦選択画面に入ると、こちら側の雷撃戦で攻撃を行わなくても、各艦船の「雁行雷撃」のLvに応じて一定確率で経験値が入る模様。
  • オススメの習得艦船・艦種
    • 駆逐艦全般
      • ボス夜戦火力を求められる綾波改のような一部例外を除けば、駆逐艦には「予備弾薬」があまりいらないため、最適となる特殊戦術の1つ。
        生存能力をアップする「大角度回避」とどちらを選ぶかは悩ましい問題。
    • 潜水艦全般
      • 対潜艦の少ない7-2F等の海域が存在するため、駆逐艦と比べて習得しやすい。
  • オススメの修行場
    • 5-3
      • 高速艦限定。
        駆逐艦と旗艦軽巡洋艦のみでも現実的に周回可能。鋼材稼ぎとホーネット掘りも兼ねる。
        編成により「砲撃訓練」や「前衛援助」などの同時習得が狙える。
    • 6-1A
      • 空母編成のみを狙い、同じく雷撃戦必須の「雷撃熟練」の学習&レベリングと併行するパターン。
    • 7-2F-(L)
      • 潜水艦5隻以上限定。
        対潜艦の出現数が0~2隻までであり、一度の戦闘で被害が少なく済む。
        残り1枠を駆逐艦等の対潜艦に変えれば7-2Lでカッシングの掘りと「大角度回避」の平行が可能。
    • 戦役困難
      • いずれも駆逐艦の枠があり、雷撃戦まで行くことが多い。

反撃(教官:ヴィクトリー) Edit

  • 概要
    • 砲撃戦で被弾した際、レベルに応じた確率で反撃を行う戦術。
      ヴァルキューレ作戦Bismarckが使用してきたスキルを使えるようになる。
      ただしBismarckと違い必中や固定ダメージはなく、ミスやクリティカルが発生することから、通常の砲撃と同様の攻撃を行う模様。
    • 1回の戦闘で複数回発動し、中大破時も発動可能。
    • 挙動にバグがあるらしく、次回砲撃に対する反撃が初回砲撃終了後に行われる(Bismarckでも起きていたバグ)。
      このため、反撃で撃沈すると次回砲撃時に味方が死体撃ちを起こしたり、撃沈したはずの敵が砲撃してくるなどの奇妙な現象が発生する。
  • オススメの習得艦船・艦種
    • 戦艦系
      • 発動条件が被弾時+通常砲撃と同様の効果ということで、低回避+高耐久+高砲撃火力の戦艦系につけるのがベストだろう。
  • オススメの修行場
    • 巡洋戦役
      • 難易度問わず戦艦が3隻出現するため、単機で挑むと反撃を発生させやすい。
        他の戦術同様にかなりの荒行となるので、資源消耗は覚悟しておきたい。

硬被帽(教官:ヴィクトリー) Edit

  • 概要
    • 砲撃戦フェイズでの砲撃にて、艦隊内の戦艦の攻撃に徹甲効果が乗るようになる戦術。
      91式徹甲弾などの徹甲効果とは加算するため、重装甲の敵艦にダメージが通りやすくなる。
    • 特殊戦術としては「予備弾薬」の次に習得しやすいが、
      後述するとおり「予備弾薬」は艦種を選ばない汎用性の高さもあって、優先度は低くなりがち。
      こちらは3戦以内で収まる短期決戦向けの戦術とも言える。
    • 耐久が高いが装甲値が0のPachina等の要塞には有効ではないのが難点。
    • Ver3.8.0? にて、効果範囲が艦隊内の戦艦に、経験値獲得条件が戦艦と一緒に出撃するように変更された。
      艦隊内で1人習得しておけばよくなった反面、巡洋戦艦など戦艦以外の艦種は効果対象外となった。
      (なお巡洋戦艦はアヴローラの戦術に同効果の巡洋戦艦バージョンが存在する。航空戦艦などは現状諦めるしかない)
  • オススメの習得艦船・艦種
    • 戦艦系
      • 91式徹甲弾との徹甲効果が加算される。「予備弾薬」とのほぼ2択となるため余裕があれば習得しておくとよいだろう。
  • オススメの修行場
    • 攻略・掘り周回全般
      • とりあえず戦艦と一緒に出撃さえすれば戦術経験値は得られるため、第5章以降のどの海域及び戦役でも習得可能。

予備弾薬(教官:ヴィクトリー) Edit

  • 概要
    • ヴィクトリーの目玉戦術の1つ。
    • この戦術のみ特殊な上昇量になっており、レベル0~2では10%、レベル3完了すると20%弾薬量がアップする。
      このため、習得は経験値100でレベル1止めか、経験値900でレベル3完了の二択になる。
      レベル3完了は非常に手間がかかるので、レベル1止めも考えておこう。
    • 10%の段階でも(間に夜戦を行わない限り)4戦目の昼まで攻撃力が減衰しなくなるため、非常に強力。
      レベル3完了すれば単純に1戦分の弾薬が増えるため、迂回失敗しても踏み潰してそのまま進行できるなど、ルート関連での運用能力が劇的に向上する。
      もちろん、補給回数が限られる防衛戦でも非常に頼もしい。
    • 強力な戦術には間違いないが、3戦目までは何のバフもかからないのと同じな上、習得条件が曲者。
      補給1回につき+1の経験値が入るが、補給量が1戦分でも5戦分でも変わらず+1なので、数戦前提の掘り周回中に習得するのは無駄が多い。
      なら1戦撤退型のレベリングで…と言いたいが、そもそも予備弾薬が習得可能=レベルカンスト済なのでレベリング枠が潰れる問題が浮上する。
    • ちなみに、7-3C等1マス目の戦術迂回マスで燃料だけ消費した場合とボーキサイトだけ補給しても経験値は入らず、戦闘後の弾薬の補給が必須。
      このため、7-3C等で1マス目の戦術迂回後に撤退をくりかえしたり、装備変更を駆使してボーキだけ補給しても意味がない。
      従ってレベル3完了にはどう頑張っても最低900の戦闘が必須
    • 以上のように習得は厄介だが、手間をかける価値はある。
  • オススメの習得艦船・艦種
    • 全て
      • どの艦に習得させてもまず腐らない。全員にレベル1を習得させるくらいでもいい。
  • オススメの修行場
    • 1-1A
      • この項目にあるまじきマップだが、この戦術に限れば最適解。
        戦闘して燃料・弾薬さえ消費すればマップ自体は不問なので、敵が確定で雑魚1体=マッハで戦闘が終わり、損害の目もまずないという最良の条件が整っている。
      • 「予備弾薬」の学習者を6人集め、ハムスターの如くひたすら周回するのが最も手っ取り早い。
        空母は偵察機に全部積み替えておくと演出時間が減り周回が捗る。
      • 高確率で飽きるか眠くなるので、副業を用意しながら片手間にこなそう。
      • 当然だが、戦利品イベントや1.5倍期間にやるのは勿体なさすぎる。
        これらの間の周回・レベリングでカンストした艦を集め、平時に回すべし。
    • 4-3B
      • 開幕ランダム分岐だが1戦で資源(ボーキ)を拾って帰れるマップ。
        編成条件がないのが売りだが、第四章までの海域のため他の戦術と兼ねることができないのが難点。
        Lv90未満の戦術を習得できない艦船とのレベリングと兼ねるのが良いだろう。
      • 特に空母系艦船が習得する場合、上記のレベリングに加え確実にボーキが回収可能なため、非常におススメである。
    • 5-3B
      • 高速艦限定。5章以降では貴重な、1戦で資源(鋼材)を拾って帰れるマップ。
        Bマスだけなら空母系も出てこないし、旗艦軽巡洋艦に拘る必要もない。
      • 編成制限が緩く、他の戦術との同時学習も容易。
        同行系の「データ共有」「艦隊援助」はもちろん、巡洋戦艦が多いので「硬化装甲」も狙い目。
        同行させる戦艦・巡洋戦艦は習得したいキャラ・戦術がない場合、バイト艦を利用する手もある(戦艦は速度に注意)。
    • 6-4A
      • 空母系限定。
      • レベリングの定番スポットだが、敵に空母が必ず出てくるためある程度の制空能力が必要。
        そのため「予備弾薬」を学習する空母に戦闘機をガン積みして制空し、他の空母に爆撃機ガン積みでレベリング(+「ジャンプ攻撃」の習得)させる手がある。
        ついでにこの方法だと、カンスト艦にMVPを持っていかれないで済むメリットもある。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 学院ページにて反撃について書いた者です 反映お疲れ様ですm(__)m 反撃ダメージは固定ではなくミスもクリティカルもあるため恐らく砲撃戦の攻撃と同じ扱いだと思われます -- 2017-11-19 (日) 22:12:22
    • 情報感謝です。その辺も追記しました -- 2017-11-20 (月) 19:55:37
  • 予備弾薬、潜水艦&砲潜限定で1-5もありだと思うなぁ。(1戦後即帰投だし敵から攻撃受けないし) -- 2017-11-21 (火) 03:33:54
    • 4回目以降は航空戦艦仕様だから潜水艦も攻撃受けるんじゃなかったっけ? -- 2017-11-21 (火) 22:27:28
      • そういやそうだったーー; -- 2017-11-22 (水) 05:09:26
  • 『反撃』戦術にスキルの特殊攻撃は発動するんだろうか もし発動するんならビッグセブン勢やグローウォーム・初雪に習得させるって手もありそうだけど -- 2017-11-23 (木) 17:39:38
    • これはわかんない。是非に一度実証をお願いできないかな -- 2017-11-24 (金) 21:04:27
  • 防空弾幕、多分おすすめは枢軸系駆逐/軽巡/重巡になるんじゃないかなと思ったり。 要は対空の低さからのダメージを軽減して中大破のリスクを減らすってことになるから。 あ、でも綾波は除いていいかな。(中破でもダメージ減少ないし) -- 2017-11-24 (金) 21:06:31
  • オススメの修行場に戦役とか書いてるのあるが戦役・限定海域では経験値習得できないぞ。アイコンは出るが経験値は積まれないと公式に聞いて返事来た -- 2017-12-03 (日) 16:49:16
    • 限定海域で入らなかったのは間違いないけど、現時点で戦役では入るのは何度も試しまくってデータ取ってるから間違いない。簡単でも困難でも実際に経験値は獲得できるから試してみて -- 2017-12-03 (日) 19:58:02
    • え、もしかして戦役で経験値増えるのバグなんか?  -- 2017-12-04 (月) 11:21:45
      • 経験値がもらえるのは確実&公式から正式な不具合のアナウンスがあったわけでもないので、少なくとも現時点では仕様と見做して問題ないと思う -- 2017-12-04 (月) 17:23:59
  • 予備弾薬が便利すぎる、今回のイベを見る限り、予備弾薬があるかないかでギミックを一個飛ばせるか飛ばせないか、4戦目ボスを倒しやすいかどうかが変わってくる。しかし、他の特殊の使い道もあり迷う。特に徹甲効果のある硬被帽に、手数を増やせる可能性がある反撃、雁行魚雷。(ところで雁行魚雷は雷撃戦のみで、開幕雷撃には関係ないのだろうか?)更に最後まで行けば決して無視できない確率で攻撃を無効化する大角度回避と、全てが有用な為に、一体どれを付けて行っていいのか分からん。とりあえずまよったら予備弾薬を選ぶので間違いないとは思うが… -- 2017-12-27 (水) 22:14:28
  • 戦役では戦闘開始と同時にタスクキルで回数減少無しでも戦術の経験値はしっかり入ると言う裏技があるよ(当然受ける筈だったダメージや資源はそのまま) 特に燃費安め&回避高めの駆逐~軽巡辺りの複数艦に手っ取り早く戦術習得をさせるには重要 -- 2017-12-29 (金) 14:04:07
  • 潜水艦達に雁行魚雷を大量習得させると凄く強くなりそうだ。 と思ったのだがヴィクトリーの方の戦術ならってる時はアイラの戦術習えないのね。一回中断したらどうなるんやろ -- 2017-12-30 (土) 18:19:57
    • ヴィクトリーからアイラに変えようとしたら現在学習中の艦がいるので不可と出たので、変えるには一度全員の学習を中断させる必要がありそうですね。同時に学べたら一番良いのですが..... -- 2018-01-04 (木) 11:05:55
      • 同時にできれば6-1-aで雷撃熟練と防空弾幕が並行して習得できるんですけどねぇ… -- 2018-01-07 (日) 16:38:54
  • 雁行雷撃って習得したら、元々撃てない戦艦とかも撃てるようになるのかな・・・ -- 2018-01-14 (日) 11:20:50
  • 雁行雷撃なんだけど、今でも先制雷撃でポイント貯まるのは自分だけではないはず… -- 2018-01-19 (金) 21:30:25
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White