【故郷の石】

Last-modified: 2020-11-07 (土) 22:25:42

概要

クエスト【最後の神話の戦い】の初回報酬。
主人公(正確には転生した種族の体の持ち主)の故郷=【初期村】に帰るための【ルーラストーン】で、行き先を変える事はできない。
故郷というと【エテーネの村】に帰れる石を期待した人もいるであろうが、(さすがに石ではないが)後に実現した。
 
近くに【ラギ雪原】があって有用な【オーガ】、近場に強敵ゾーンの有る【ウェディ】【ドワーフ】、転生モンスターを狙えたり、解放クエリプレイがしやすい【エルフ】、そして何もない【プクリポ】と種族によってその価値は様々であった。

初期村は宿屋が最も安い5Gである為、【名声】レベルを上げるときにでも訪れるといいだろう。

Ver.2.2

2番目の町の入口に初期村へ行ける馬車が追加。
これによって、必要性が低下。無いよりマシ程度の物になってしまった。

Ver.2.3前期

野良ヒューザの初期村周辺への出現によって俄かに需要を得る。

Ver.3.5前期

上位互換の【メガルーラストーン】が登場。
大半のプレイヤーにとってこの石の存在価値が消失することで、故郷の石の格差問題も解消された。

備考

転生した体の持ち主にとって、初期村は生まれ故郷ではない
このことは【主人公(ドワーフ)】以外は初期村のストーリーで明言されている。
もっとも、生まれた所は出身地で、育った所が故郷と考えるなら問題ない。
 
【主人公(ウェディ)】【主人公(エルフ)】【主人公(プクリポ)】は、幼い頃あるいは赤ん坊の頃に捨てられたところを、初期村の住人に拾われて育ったと説明されているので、初期村が故郷で間違いない。
しかし【主人公(オーガ)】は2年前にランガーオ村を出たアロルドと初対面なので、村で過ごすようになって2年も経っていないことになる。第二の故郷と呼べるのかも少々疑問である。
【主人公(ドワーフ)】は、もとはアグラニの生まれではない孤児で、いつからアグラニで働いているかは不明だが、そもそも身寄りがないので故郷とよべる場所はアグラニしか無いだろう。