Top > 【ドメディ】


【ドメディ】

Last-modified: 2019-06-28 (金) 13:33:02

概要 Edit

DQ7、10、CHに登場するキャラクター。
赤い肌で、四本の腕を持ち、マントを着ている神官風の男である。
台湾版のDQMスーパーライトには新春イベント「財神到」という期間限定で登場した、財神風の格好をした「財神麥狄」が、星ドラではアラビア模様のターバンとマントを身につけた「願いの化身」がいる。
【カカロン】【バルバルー】【クシャラミ】に、ドメディ自身を加えた幻魔四天王の頂点に位置する存在。
更に上に上司の幻魔王【マガルギ】がいる。
7は本辞典の、10はDQ10大辞典の【げんま召喚】項を参照。

DQMCH Edit

かつて【ハーゴンの神殿】があった場所に住んでいる。
彼の住処にはドメディの城という名前があるが、内部構造はハーゴンの神殿とほとんど変わらない。
訪れた当初はオーブを渡すのを渋っていた彼だが、幻魔王【マガルギ】の説得を受け【ちしきのオーブ】を授けてくれる。
明らかに態度が不審であり自分の意思でオーブを渡していないのは明白だが、この時点ではどうにもできない。
キーファらが立ち去ったあと何者かに消されてしまうが、キーファに助けられた後は再びちしきのオーブを託し、【ギスヴァーグ】のいるダンジョンの扉を開く。
 
その後はドメディの城で戦闘することが可能。8ターン以内で倒すとドメディの心がもらえる。
お供として出てくる【ちんもくのひつじ】2匹はほぼ無害だが、ドメディはザオリクで羊たちを復活させる他、マジックバリアとフバーハで防御をかためてくる。
羊は放っておいて、ドメディを集中攻撃したいところだが、【におうだち】で壁になるので一筋縄ではいかない。
 
転身で作ることも可能で、バルバルーに【グリフィンクス】の心と【デュラン】の心を与えると作れる。
エレメント系のAランクであり、覚える特技は【バギ】【ルカニ】【せいしんとういつ】
ステータスは全ての能力が終始バランスよく伸びていくが、その代償か耐性は同ランクのエレメント系と比べて弱めで、会心率も普通。
こいつ自身は【ドラゴンマシン】【ワルぼう】の心を与えることでギスヴァーグの転身元となるが、ドメディの心を使う特殊転身はない。

テリワン3D Edit

???系のSランクで2枠モンスター。
Wi-Fi通信での配信限定で配合や【他国マスター】からの入手は不可。しかし、Wi-Fi環境さえあれば自宅でも受け取れるので、入手自体はさほど難しくはない。
特性はメガボディ、みかわしアップ、AI2回行動、イオブレイク。
プラス値25でベタンブレイク、50でときどきスカラが追加される。
全体的に整ったステータスだが攻撃力の上限だけは究極込みで460と可哀想なほど低く、4本もある腕は飾りみたいなことになっている。
高い賢さと二種類のブレイクを活かし、イオ系の呪文やがんせきおとしで攻撃しよう。
岩石お年はマホカンタ対策にピッタリだが、可能ならてんぺんちいがベスト。
【皇帝ガナサダイ】との配合で【名をうばわれし王】が生み出せる。
また基本的に♂しか生まれない。所持スキルは【MPかいふく】
 
他の幻魔とは違ってドメディ自身は4体の魔戦士の素材にはなれないが、皇帝ガナサダイとの配合で名をうばわれし王ができるので、それを【魔戦士ルギウス】と配合する事で【魔戦士メイザー】が生み出せる。
結果として魔戦士作成に貢献してはいるものの、名をうばわれし王を作るには【黒騎士レオコーン】【妖女イシュダル】で事足りるうえ、名をうばわれし王自身もタマゴから出てきたり他国マスターからスカウトできたりする。
他の幻魔は配合で魔戦士を作るのに必須だが、こいつだけは必須ではない。

イルルカ Edit

ランクや系統などは前作と変わらず。
今作ではタマゴから生まれることがある他、カギ報酬で入手できる。これは他の幻魔も同様。
【新生配合】【大賢者】【ギガボディ】化で【まれにマジックバリア】を習得。

DQMSL Edit

【???系】Sランクの討伐モンスター。
常設クエスト「ドメディの居城」にボスとして出現する。
特性は【AI1~2回行動】【ときどきマインドバリア】。リーダー特性は魔獣系の防御力を20%攻撃力を10%上げる「ドメディの導き」。
習得特技は【ディバインスペル】【マダンテ】
マダンテがあるためか、最大MPは低めに設定されている。