【ドラゴンソウルズ】

Last-modified: 2020-05-26 (火) 21:19:01

DQ8

【モンスター・バトルロード】Bランク1回戦の相手チーム。オーナーは【盗賊】【ミセー】?
「見世物」が名前の由来なのだろうか?
 
メンバーは【ドラゴンソルジャー】【ドラゴンブッシュ】【ドラゴンバゲージ】と全員【ドラゴン系】で、名前にも【ドラゴン】が入っている正統派。
見た目も強さもそれまでとは桁違いであり、Cランクまで順調に駒を進めていたプレイヤーのほぼ全員がここでバトルロードの洗礼を受ける事になる。
【モリー】曰く【ランクDの壁】という言葉があるらしいが、バトルロード最大の難関はむしろこちらと呼んでも良いだろう。
 
どのモンスターも攻撃力が非常に高めで、全てのモンスターが【炎系】の攻撃を多用してくる。
【はげしいほのお】に加え回復能力を持つドラゴンバゲージ、
同じくはげしいほのおと【痛恨の一撃】を繰り出すドラゴンソルジャー、
2回行動して【メラゾーマ】を多用する他、絡み付いて動きを封じるドラゴンブッシュと、厄介且つ強力なモンスターが揃っている。
総じてHPも非常に高く、こちらのダメージが蓄積する前に早急に蹴散らすという手も使用できない。
難易度が高い事で知られるBランク戦、実はこの1回戦が最大の壁と言っても過言では無い。
この1回戦で敗北するか、余力をごっそり削られて2回戦、3回戦でちからつきるとパターンが非常に多い。逆に余裕を持って1回戦を突破できれば、2回戦・3回戦は比較的余裕だろう。
 
勝利には回復要員が必須で【リブルアーチ地方】に出現する【ベホップ】をスカウトすると大幅に勝率が上昇する。
また【雪山地方】でスカウトできる【ロビン】【キラーマ】といった攻撃特化の【仲間モンスター】を使用するのも良い。
合体モンスターも合体後にHPが回復していると言う点では有利に戦える。
いずれにせよ、基本的にクリアできるのは【ドルマゲス】戦以降になるだろう。
 
ドルマゲス戦前にクリアする事も一応可能だが、最低でも【主人公】【レベル】が30を超えていないと勝てる見込みは極めて少ないと言って良いだろう。
早期クリアを目指すのならば、
【聖地ゴルド地方】に出現する攻守共に高い【アポロン】
【トラペッタ地方】に出現する、主人公のレベル上昇で強くなりやすく、はげしいほのおのダメージを半減できる【ドランゴ】
【サザンビーク国領東】に出現する【バイキルト】【呪文】を使用できる【だんきち】
その他には使用頻度は低いが【ベホマラー】を唱える事がある【モヒカン】【ゆうぼん】をお勧めする。
ただしここまで駒を揃えても残りは運次第であり、これでも勝率は極めて低い。無理そうならば諦めてストーリーを進めた方が早い。
しかしドルマゲス攻略に際して【チーム呼び】2回が重要となる【低レベルクリア】ではそうも言ってられない。
バトルロードの攻略には戦術で介入する余地が全く無い理由で【妖魔ゲモン】【暗黒神ラプソーン】をも軽く上回るクリアにおける最強の壁となる。
低レベルプレイヤーはあまりに低い勝率に賭け、今日も地獄のBランクに挑む事になる……。
 
手段を選ばないならば【船落ち】の裏技で【リブルアーチ】【関所】を突破してベホップを仲間に加えると良い。
ただしリメイク版ではできないので低い勝率に賭けて地獄のBランクに挑まなくてはならない。
どの道Sランクは【モリー】の加入条件を満たさないと挑戦できないので、無理強いをする必要性が無い。
運にもよるが低レベルかつベホップなしだと200回、300回以上勝てない事も珍しくない。
連射パッドや連射コントローラー等で放置プレイするのも一考だが、忘れたり間違えるとご褒美の2チーム目のチーム名が「あああああああああ」になるので注意しよう。

3DS版

一戦ごとに状態異常がリセットされてしまうため、すなわちバイキルトの効果が切れてしまう。
ドルマゲス戦前の頼みの綱であったバイキルトに、この仕様は相当な痛手。
よっぽど【だんきち】がピンポイントでバイキルトをばらまき、相手の攻撃の手が緩く、
【ベホマラー】が運よく発動するという奇跡が重ならない限り勝利が難しくなってしまった。
 
バイキルトに頼らない場合はあまり関係無い仕様だが。