Top > 【ノアニール西の洞窟】


【ノアニール西の洞窟】

Last-modified: 2019-08-25 (日) 14:34:05

DQ3 Edit

その名の通り【ノアニール】の西にある【洞窟】で、これは【公式ガイドブック】に準じた名称。
この洞窟の北側付近にある【エルフの隠れ里】の女王は「ちていのみずうみ」と呼んでいる。
 
駆け落ちしたというエルフの【アン】とその恋人、そして2人が持ち去ったというエルフに伝わる宝、【ゆめみるルビー】を探すことになった主人公たち。
この洞窟内に特に何があると言われるわけでもないが、エルフの隠れ里と目と鼻の先にあるので、とりあえず探索することになるだろう。
そして、この洞窟の深部にたどり着いたプレイヤーは、ゆめみるルビーとそれにまつわる悲劇を目の当たりにすることになる(後述)。
ちなみに、「ノアニールの西にエルフの里がある」という情報を聞いてこの付近に来たものの、エルフの隠れ里の方が見つけづらく、洞窟の入口の方が明らかに目立っているので、エルフの里と間違えてここに入ったプレイヤーもいるかもしれない。
 
「眠り」に関するイベントに関係あるのかどうか不明だが、この洞窟には本作一の寝かしつけの名手【マタンゴ】が登場する。
その他は【バンパイア】【バリイドドッグ】【ひとくいが】と、全部で四種類の魔物しかいない。
しかし、どれも曲者ぞろいで、普通に到達するレベルではかなりの強敵。
特にマタンゴの【あまいいき】が脅威で、こいつに寝かしつけられて永眠パターンは【いざないの洞窟】の恐怖の再来である。
攻略の可否はマタンゴに遭遇する頻度に依存する、まさに運ゲー。
ただし、ボス戦が控えているわけではないので、敵との遭遇率などの運次第では、意外なほどあっさりとクリアできることもある。
人によってかなり印象の異なるダンジョンだろう。
 
四層構造のダンジョンで、B2Fにはシリーズ初となる【回復の泉】があることで有名。
最深部のB4Fは大きな湖になっており、その中央の祭壇のような場所に宝箱があり、中には夢見るルビーが入っている。
なぜ、こんなところに置いてあるのかは、ルビーに添えられた置き手紙を読むことでわかる。
彼らは駆け落ちの末、ここで入水自殺してしまったのである。
というか、これほど危険な洞窟の最深部まで、アンと恋人がどうやって潜り込んだのか謎である。
入水自殺以前にモンスターに殺されそうだが…
 
ちなみに、【魔法使い】は必ず【リレミト】のMPは残しておき、やばくなったら即撤退した方がいい。
上述の通り、ここの道中は運ゲーなので歩いて帰るのは非常に危険。
パーティに(この時点でリレミトを覚えている可能性のある)魔法使いがいないなら、そもそもこの洞窟には来ない方がいい。
レベル上げ目的なら、次の【アッサラーム】の方がまだ安全である。
このダンジョンはクリアだけなら別に攻略しなくてもいい任意ダンジョンであるため、このイベントをスルーすることも可能なのだ。
どうしてもクリアしたいなら、後回しにして装備を整えてから改めて訪れたらいい。
関連イベント終了後にノアニールの道具屋で【みかわしのふく】を購入できるようになるが、FC版ではこのすぐ次辺りに向かう事になるであろう【イシス】でも買えてしまう。
みかわしの服の早期入手の恩恵が大きいのは魔法使いのみなので、その魔法使いがいないなら、運要素の強いこのダンジョンにわざわざ突入するリスクに見合うとは言いがたい。
また、魔法使いがいる場合でも、ここに挑戦するよりイシスに行ってしまう方が楽。
 
この洞窟内の宝箱には【せいなるナイフ】【いのちのきのみ】が入っている。
 
また、ストーリー上は【シャンパーニの塔】の後に訪れるはずだが、FC版の公式ガイドブックに記載された到達レベルは、ノアニールと共になぜかシャンパーニの塔より低い数値となっている。
シャンパーニの塔がLv14なのに対し、ノアニールがLv12、この洞窟がLv13である。
先にこっちに来いということか。
ちなみに、Lv13もあればさすがにそこまで苦戦することもなく攻略できる。
むしろこの付近の経験値でここまでレベルを上げることの方が苦行である。
 
余談だが、この洞窟からまっすぐ南に進んだ突き当りの左(西)2マスにはエジンベア周辺の敵が出てくるので気をつけよう。
出現モンスターは【まじょ】【バーナバス】【じごくのよろい】などで、この時期に会ったら死人がでる可能性大。
普通はこんな何もない場所でウロウロすることもないだろうが。

リメイク版 Edit

ゲーム内名称は「ちていのみずうみ」で、【フローミ】を使うとこの名が表示される。
SFC版・GBC版の公式ガイドでは到達レベルがLv14に変更された。
が、敵から貰える経験値はFC版とほぼ変わらないので、さすがにそんなに上げてられないだろう。
また、SFC版の頃は一度甘い息の命中率が下げられていたが、GBC版ではFC版と同じに戻されており、またもや理不尽な運ゲーになっている。
 
最初のフロアにいる【神父】の台詞が変更され、この洞窟の深部に何があるのかのヒントになっている。
回復の泉のある階層のマップチップは後に【謎の洞窟】の一部にも流用されて組み込まれており、泉の効果もそのまま使うことができる。
 
殆どの宝箱の中身がFC版よりグレードアップしているが、いのちのきのみは【ちいさなメダル】に差し替わっており、ここでは入手できなくなった。
宝箱の中身はせいなるナイフが【てつのやり】に、【せいすい】【かわのドレス】に、またSFC・GBC版では48Gが【すごろくけん】になっている。
てつのやりは僧侶に装備させるもよし、売って金にするのもよし。
かわのドレスも現時点での女魔法使いの最強防具なのでありがたくもらっておこう。
一応すぐにみかわしのふくがノアニールで買えるようになるが2900Gと高額なので【ピラミッド】くらいまでかわのドレスで行った人も多いのではないだろうか。
ピラミッドの宝箱に【きぬのローブ】が入っているためそのころには使い物にならない。
 
キメラのつばさも拾えなくなったため、乗り込む前に予め用意しておいた方が良い。
また、みかわしのふくがイシスで買えなくなり、ノアニールを解放しないと最速でも【ムオル】または船入手後に【ランシール】まで行かないと買えなくなったため、この洞窟を早めにクリアするメリットができた。
 
ちなみに、上記の【エンカウントエリア】はSFC版ではそのままだったが、GBC版では修正されている。
 
なお、GBC版では、【岩山の洞窟】の特定エリアで【リレミト】を唱えると、このノアニール西の洞窟の入り口に移動するというバグがあるため、ラスボスの【ゾーマ】撃破後に岩山の洞窟の特定エリアでリレミトを唱えた場合にも、【上の世界】に戻ることができるようになっている。