Top > 【マムー】


【マムー】

Last-modified: 2018-11-08 (木) 16:45:24

概要 Edit

緑色の巨獣のモンスター。
上位種に【グレイトマムー】【カイザーマムー】、ボスに【ムンババ】、星ドラにはムムガーがいる。
顔がデカく、頭から背筋にそってモヒカンのように体毛が生えており、あとは地肌。ちなみにモンスター物語にはマムーという名前の【よるのていおう】が出てくる。

DQ5 Edit

青年時代前半は、【セントベレス山】のある中央の大陸(リメイク版では【名産博物館】の周辺)のほか、SFC版のみ【デモンズタワー】での固定エンカウントでも出現する。
青年期後半では【封印のほこら】周辺、【古代の遺跡】周辺や【ルラフェン】西などに移住している。
なおSFC版の公式ガイドブックでは青年期後半の封印のほこら周辺の敵として紹介されており、上位種のグレイトマムーよりも掲載順が後。「何でこんなところに!?」と思った人もいるだろう。
 
攻撃力が高く、足を大きく上げて蹴飛ばしてくる他、【ベホマスライム】を呼ぶ。

 
落とすアイテムは【すばやさのたね】

リメイク版では混乱したときの「へんてこなおどり」でゴリラのように胸を叩く。
でも顔がデカ過ぎるせいで叩いているのがアゴとも胸とも区別しがたい。

DQ11 Edit

外伝作品にも出演機会がなく忘れ去られようとしていたが見事に復活。DQ11にはこういった久々の登用を得たモンスターが多い。30周年を意識したスタッフの計らいに感謝したい。
 
【メダチャット地方・西の島】【始祖の森】に出現。
メダチャット地方・西の島は【白の入り江】に近いので外海に出た直後から割と簡単に会えてしまうが、この時点では桁違いの強さを誇る。
攻撃力は同時期に戦うボス版の【クラーゴン】をも上回り、HPに至っては周りの敵の多くが100以下という中でまさかの400超え。
やはり大きく足を上げて蹴飛ばす他、今回は【ベホイミスライム】を呼ぶ。今作の蹴飛ばしは素の【命中率】が100%ではなく、1割程の確率でミスになる。
 
一度に大量に出てこないのが救いで、絡め手も交えれば十分に戦える相手だが、その強さは場違いである。
もっとも南方の島に向かうともっと強いヤツがいるのだが……
 
ドロップアイテムは通常枠が【まじゅうのツノ】、レア枠が【まほうの樹木】だが、まじゅうのツノは同じ島に出現する【アルミラージ】からでも盗めるし、まほうの樹木を使うレシピはしばらく出てこないので後でいい。

邪ver Edit

過ぎ去りし時を求めた後、邪神復活後の【始祖の森】に出現する。3DS版では【名もなき地】【メダチャット西の島】の東)にも出現する。
どちらももうあえて来る必要性もないところなのでわざわざ会いに行かないと会わずに終わるが。
ドロップアイテムのレア枠が【たそがれの樹木】に変わっている。