【むっつりスケベ】

Last-modified: 2021-09-25 (土) 00:26:38

概要

【性格】の一つ。初出はリメイク版DQ3。
 
むっつりとは「口数が少なく寡黙なこと」、
スケベとは「すけべえ(助平)」の略で、「(主に男性が)異性に対して強い(性的)好奇心を示すこと」である。
その2つが組み合わさった語が「むっつりスケベ」であり、つまりは「普段はクールで情事や色事に対して無関心を装うが、本性はそういうことに興味津々な人物」の事。
しかしながら「むっつりスケベ」という言葉が独り歩きした結果か、「むっつり」という単語自体を「スケベ」の意味で使う人を目にすることも少なくない。
携帯電話を「携帯」と略すのと似たようなものとも言えるが、本来の単語の意味としては完全に誤用なので注意しよう。
 
あくまでも「それらしい素振りが表に出ない」から「むっつり」なので、単なるスケベとはまた別(それでもスケベであることに変わりはないが・・・)。
DQのキャラクターで言えば、真面目そうに見えて実はエロに興味津々な【グレイグ】あたりが該当するだろう。
 
逆に隠す気もない堂々たるスケベのことは「オープンスケベ」という。(むっつりスケベをもじって「がっつりスケベ」と呼ばれたりもする)
こちらは【ククール】のようなタイプが該当する。
好き好んでひけらかすようなことはしてはいないものの、キャンプ中に堂々とエロ本を読むロウもオープンスケベな方である。
 
DQ11ではついにこの肩書きが登場してしまった。

DQ3(リメイク版)

能力補正

ステータス補正順位
【ちから】+5%13/46
【すばやさ】-5%24/46
【たいりょく】+20%3/46
【かしこさ】+5%17/46
【うんのよさ】-10%23/46

解説

やはりというべきか男性専用の性格。
海外版では「Lewd」。そのまんま「スケベ」のこと。単語だけで「むっつりスケベ」を表現するのは難しかったようだ。
【勇者】であれば最初の【性格診断】において、城の場面で【大臣】に話しかけ、「【王】の命令は絶対であり、それほどまでに王の命令は重い」と答えるとこの性格になる(質問全てに「はい」と答えればOK)。
 
いかにも堅物そうな性格になると思いきや、待っていたのはまさかの精霊からの「エッチ」の連呼である。
何故にこの展開で「あなたはエッチですね」と言われてしまうのかはよくわからないが、図らずもエッチ認定されてしまった男子は手を挙げなさい。
 
「王様ゲームの王様の命令は絶対=王様の下す命令はエッチなもの」というのはエロ漫画の定番ネタの1つではあるが……。
寧ろ王妃の話を盗み聞きして逃げる展開(【しあわせもの】ルート)の方がエッチな気がする。
こちらの考えを見透かしたような精霊の態度からして、「むっつり」なだけにエッチな事を隠そうとするあまり極端な選択を取っていると判定されているのだろうか?
ちなみに女勇者が同じ答えを選ぶと【セクシーギャル】になり、同じく「あなたはエッチ」と決めつけられる。
 
なお、この性格で【アリアハン王】の右の【兵士】に話しかけるとセクシーギャル同様に「エッチは ほどほどに たのみますぞ」と言われる。
兵士が言うエッチが「行為」を表すのかどうか気になるところだが、ガラケー版では「ほどほどに たのみますぞ」と微妙に変更されている。
【バラモス】打倒後はこの兵士自体がいなくなるので聞けなくなる。
 
後天的には、男性がアイテム【エッチなほん】を使うことによりこの性格になる。
また【装飾品】【きんのネックレス】を装備している間も、強制的にこの性格になる。
 
女性専用性格であるセクシーギャルの対となる性格だが、能力的にはセクシーギャルとは別物で、体力のみセクシーギャルに勝る。
体力が高いのは精力絶倫という事の表れか……?
 
他の力・体力が上がりやすい性格はマイナス補正が厳しい場合が多いため、正真正銘の万能型と言える。
【タフガイ】【てつじん】などは素早さ、賢さ、運が揃って低いし、【いっぴきおおかみ】は運の良さがかなり低い。
【ひっこみじあん】は素早さがあまりにも低く、【なまけもの】はそれに加えて賢さも低い。
【ごうけつ】【ちからじまん】も名前の響きこそ良いものの、蓋を開けると力以外のステータスが総じて悲惨なことになる。
そんな中で、体力が高めで、マイナス補正がユルめのこの性格は、多くの【職業】に適用させやすい。
ただし体力以外のプラス補正はそれぞれ+5%とないよりマシ程度なので過信は禁物。特化型の性格とどちらが良いかは職業による。
特に【戦士】【武闘家】にとっては賢さのプラス補正が無意味となるので、それらには特化型の方が相性が良い。むっつりスケベは勇者などの万能職に向いている。
【おせっかい】【がんばりや】【がんこもの】の上位互換でもある。
 
なおセクシーギャルと違い、どの職業でも初期登録の際になることができる。
セクシーギャルより性能が劣る代わりになり易くされているのか、それとも男は誰でもスケベだという開発側のメッセージなのかは不明。
【僧侶】【魔法使い】の初期性格をこれにしようとすると、かなりの【スタミナのたね】を投入することになり、序盤からかなり打たれ強いキャラになる。
体力補正のない性格の勇者なら、中盤ぐらいまで【HP】の数値で上回ることもしばしばである。
他の体力自慢と違って成長率も後衛として悪くないため、初心者にもオススメの性格と言える。
素早さにわずかなマイナス補正があるが、後衛職では実用上はほとんど影響しない。
特に序盤~中盤は武闘家と盗賊以外は素早さが伸びにくいため、素早さにプラス補正のある【きれもの】と比べても全くと言ってよいほど差が出ない。一方のHPは上述の初期補正の影響もあって雲泥の差となる。
 
SFC版【Vジャンプブックス】攻略本に掲載された【かねこ統】による漫画版には、この性格の「ソーリョ」という名の男僧侶が登場する。
同漫画でのパーティ4人の中では最も優秀な性格だが、13歳の女魔法使いのスカートをめくるだけで活躍シーンは無い。

DQ11

他の性格と同様に、【すれちがい通信】用のプレイヤーのプロフィールで設定可能。
また、今回は肩書きとしても登場する。詳細はこちら

モンパレ

性格の一つ。やはり今作でもオス限定…ではない。
旧ログインボーナスで入手できる【キメラ】の「トビー」が、メスでむっつりスケベという大変珍しい個体なのだ。
他の方法ではメスのむっつりスケベは入手できないので、なぜトビーだけがメスのむっつりスケベだったのかは不明。

能力の補正は、低レベル時では守備力と賢さ、高レベルになるとHPと守備力に優れるようになりなかなか優秀。
終始一貫して守備力の補正はかなり良い方なので、壁役向きの性格と言える。

DQMBS

すばやさが1.15倍上がる。