Top > コタロウ


コタロウ

Last-modified: 2019-09-14 (土) 14:16:59

 

通常バージョン Edit

イラスト Edit

☆3
2017_12_14_IMG_2424.jpg

別スキン

☆5
2017_12_14_IMG_2425.jpg

ステータス Edit

名前風間(カザマ)コタロウ( )
二つ名【少年忍者】【大蛇の口寄せ】
レア度☆3☆5
コスト824
HP398 (LV1)
3299 (LV30)
4300 (LV40)
5300 (LV50)
6300 (LV60)
1597 (LV1)
5021 (LV40)
5899 (LV50)
6777 (LV60)
7655 (LV70)
8533 (LV80)
Atk200 (LV1)
1857 (LV30)
2429 (LV40)
3000 (LV50)
3571 (LV60)
803 (LV1)
3189 (LV40)
3801 (LV50)
4413 (LV60)
5025 (LV70)
5637 (LV80)
属性
武器射撃射撃
攻撃範囲■■■■
■■■■
■■■■
■■■■
■■■■■
■■■■
■■■■
■■■■
■■■■
■■■■■
基本スキル[1]忍びの者
[移動後]
 自身に回避付与/18%
基本スキル[2]竜を継ぐ者
[攻撃時]
 自身にクリティカル付与/20%
基本スキル[3]嵐に舞う者
[ダメージ後]
 自身に回避付与/34%
基本スキル[4]姿を変える者
[フェーズ開始時]
 自身に攻撃強化付与/50%
分身の大忍者
[フェーズ開始時]
 隣接1マスに攻撃強化付与/50%
チャージスキル奉祀長蛇(カミクチ・サンチラ)
 敵に自属性・魔法ダメージ+敵に火傷付与
チャージスキル範囲■■■■
■■■
■■■■
■■■■
■■■■■
イラスト大地巧太
ボイス樹元オリエ
実装verv1.0.0
LV毎のパラメータ

セリフ Edit

クリックするとセリフ一覧が開きます

調査ファイル Edit

調査ファイル1 (ネタバレ注意)

...

調査ファイル2 (ネタバレ注意)

...

運用面 Edit

ダメージ量の目安

共通

  • 通常攻撃は射撃タイプだが、チャージスキルの範囲は魔法タイプ。
  • 二つの回避スキルを持つ忍者少年。発動さえしてしまえばそれ以降はほぼ無傷でいられる。流石忍者、汚い。
    しかし強力なためか、発動率はかなり控えめに抑えられている。また「嵐に舞う者」はダメージ後という事にも注意。流石忍者、一筋縄ではいかない。
  • 竜を継ぐ者」によりクリティカルを手に。長い射程を活かし大ダメージを遠距離から入れる事が出来る。ただしCSには発動しないのでその点は注意すること。
  • どのスキルも発動率が心許ない水準のためスキルレベル上げはとても重要。現実的な確率で回避と火力を両立した非常に強いキャラになる。
  • スキル[4]が解放されたのだが、全キャラ中でも珍しく「レア度によって効果範囲が全く逆」となる。
    このスキル[4]は、コタロウの存在意義の大半を締めてしまう程の強力なスキルである為、レア度によって使い方が全く変わるという珍しい例に。

☆3

  • 能力は☆3平均レベル。
  • スキル[4]は「自身」に攻撃強化を付与するスキル。安定した火力上昇を見込めるスキルであり、発動率も優秀。
  • 殆どアテにならないスキル[1]を除けば、移動不要のスキルで構成されている。
    一発目を受け止められれば回避で後続を誤魔化しやすく、運次第で大火力も見込めるので
    固定砲台として非常に優秀な働きをしてくれるだろう。

☆5

  • ☆5の平均水準と言っていい能力値。半減等が無しでなら☆5ジェドより攻撃力が少し上という所。
  • ☆3とは打って変わって、スキル[4]が自身にはかからず、周囲にかかるようになった。これにより、自分が固定砲台になるのではなく、周りの味方を指揮して戦う、まさに首領のような扱い方になる。
  • 隣接1マスに100%の攻撃強化を撒けるというのはかなり破格であり、パーティの火力を大幅に引き上げてくれる。
    • 反面、自身の火力を上げられるスキルが「竜を継ぐ者」のみである為、本人の火力は安定しない。
    • フェーズ開始時という関係上、フェーズ1では最悪、誰にもかからないという状況にもなり得る。
  • バフの被らない「鬼道の衆」等を持つキャラを周りに集めてフェーズを開始すれば、敵は一瞬で消し飛ぶだろう。
  • ☆3と同じく、実力を発揮するのに移動は不要。優秀な移動時スキルを持つキャラを側近に付けてやろう。
  • 上述の鬼道の衆キャラ、移動時スキルでHP回復を行うキャラ、壁キャラ…等、☆3とはまた違った方面で編成は幅広い。

敵対時

  • 敵として登場する場合、味方時とは違うステータス及びスキルになっている可能性があります
  • 回避クリティカルと、事故の切欠になる気マンマンな能力を持っている。不利属性なら一瞬で溶かされる可能性も。
  • 出来る限り、速攻で一撃で落とすのが一番の対処法。有利属性でしかければ、クリティカルが発動しても致命傷は抑えられる。また、即時発動するスキル依存の強さなので、スキル封じ系の状態変化もいいだろう。
  • 忍者らしく大量に登場するクエストもある。その場合☆3の相手は低HPで倒しやすい。某ニャルのようなカウンタースキルは無いので、気にせず倒そう。

ガチ儲け!海の家と黄金洞窟(アンドヴァラフォルス)バージョン (期間限定出現) Edit

復刻履歴

イラスト Edit

☆4
Kotaro-andvarafors2019-1.jpg

別スキン

ステータス Edit

名前

風間(カザマ)コタロウ( )

二つ名【ニンジャダイバー】
レア度☆4
コスト16
HP890 (LV1)
4144 (LV35)
5101 (LV45)
6059 (LV55)
7016 (LV65)
Atk310 (LV1)
2364 (LV35)
2968 (LV45)
3572 (LV55)
4176 (LV65)
属性
武器
攻撃範囲■■■■■
■■■■■
■■■■■
■■■■
■■■■■
基本スキル[1]流水をいなす者
[移動後]
 自身に回避付与/15%
[空振り時]
 自身にCP増加(+10~20)/45%
基本スキル[2]回遊する者
[登場時]
 自身にCP激増(+30~60)/50%
 自身に全方向移動力増加付与/50%
[退場時]
 味方全体に全方向移動力増加付与/50%
基本スキル[3]頭領たる者
[移動後]
 周囲1マスに頑強付与/45%
 前1マスに回避付与/40%
基本スキル[4]遁術の忍者
[移動後]
 前3マスの敵に幻惑付与/42%
[状態異常時]
 自身に束縛無効/50%
チャージスキル水天放沸(カミクチ・サンチラ?)
 自属性・全域ダメージ+自身にクリティカル+付与+自身に弱体単体解除+回避に貫通
チャージスキル範囲■■■■■
■■■■■
■■■■■
■■■■■
■■■■
イラスト大地巧太
ボイス樹元オリエ
実装verv4.1.3
LV毎のパラメータ

セリフ Edit

クリックするとセリフ一覧が開きます

調査ファイル Edit

調査ファイル3 (ネタバレ注意)

...

運用面 Edit

ダメージ量の目安

☆4

  • ニート支配者に続いて登場した武器範囲が「無」の水着頭領。無タイプでは珍しく移動スキルが主体となる。
  • スキル[2]によって全方向移動力増加状態で登場する整地役。仲間が散らばっていても即座に招集をかけることが出来る。
    • 霊体」スキルとは異なりあくまでも強化状態なので、整地役として活動出来るのは2ターンのみ。強化解除を受けても消えてしまう点に注意。霊体にない利点としてスキル封印を受けても整地だけは行える。
    • この移動力増加は[登場時]は自身に、[退場時]は味方全体に付与される。
      元々横/縦移動力増加スキルを持つ味方に付与された場合は移動力が更に加算される形となり、横/縦3マス移動が可能となる。
  • 移動後スキルには豊富な防御バフ・攻撃デバフを持つため、整地を終えた後の移動枠を任せても良い。特に被弾が多くなりやすい前方の味方へ最大80%の確率で回避を付与出来るのは大きな強みであり、デメリットの大きい暴走持ちアタッカーでも前線に出しやすくなる。
    • ただし自身の守りは手薄。幻惑と低確率の回避である程度は軽減出来るが、長期戦には向かないためコタロウを移動枠とする場合はなるべく早めに敵を殲滅したい。
  • CSがクリティカル+の全域攻撃。神器レベルが高ければ高火力を出せる。また1ヒットごとに弱体が解除されるため、エネミーが多ければ、呪い幻惑を次々と剥がしながらダメージを出していける。スキル[1]の空振り時CP増加により、味方からのCP支援が無くても初回3ターン・以降は最大でも6ターン周期で自動的に発動。
  • 無タイプの宿命として行動阻害系の弱体には非常に弱い。束縛が無効・CSによる弱体解除が可能な分マシな方だが、恐怖を受けるだけで完全な置物と化してしまう。シロウエビルを見かけたら後方に避難させよう。

備考 Edit

登場シナリオ一覧 Edit

※ネタバレ注意※

役割と権能 Edit

...

相関 Edit

※初期状態

関係相手から自分から
好意ハヌマンkotarou.jpgゴエモン
苦手ジライヤミネアキ

元ネタ・モチーフ Edit

...

小ネタ Edit

外国語表記

コメント Edit

情報提供・使用感等を書いてください。雑談は雑談掲示板


旧コメント欄