Top > Nelson

Nelson

Last-modified: 2018-09-19 (水) 14:55:41
No.371
余がNelsonだ。貴様が余のAdmiralという訳か。フッ……。なるほどな。Nelson(ネルソン)Nelson級 1番艦 戦艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久82火力72 / 102
装甲74 / 92雷装0
回避22 / 44対空24 / 82
搭載5対潜0
速力低速索敵12 / 42
射程24 / --
最大消費量
燃料95弾薬145
搭載装備
116inch Mk.I三連装砲
116inch Mk.I三連装砲
1未装備
2未装備
改造チャート
NelsonNelson改(Lv50)
図鑑説明
余がNelson級戦艦一番艦、Nelsonだ。
そうだ、三連装主砲三基九門を全て艦前方に集中配置したこの独創的なデザイン、
ビックセブンの一角として、そして我が本国艦隊の旗艦として存在感を放ったものだ。
何?この主砲配置には課題がある…だと?
ブリティッシュジョークも休み休み言え。今回だけは許してやろう。

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、改造直後の値とは異なります。
最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:野水伊織、イラストレーター:未発表 (クリックするとセリフ一覧が開きます)




ゲームにおいて Edit

特殊攻撃【Nelson Touch】 Edit

  • ある条件から、T字不利に関連する史実に因んだ特殊能力が実装予定であることを運営から発表されていたが、2018年9月15日21:00より、【Nelson Touch】と呼ばれる専用の特殊攻撃が先行実験実装された。
  • 公式Twitterの発表にもある通り、一定の発動条件が揃った時に特殊カットイン攻撃が発動する。
    現段階では実験実装のため、今後仕様や発動条件が変更される可能性がある点に留意されたし。
  • 【Nelson Touch】発動時は、Nelsonの専用グラフィックが表示されるようになる。この専用グラフィックは夜戦カットインでも見る事ができる。

キャラクター設定について Edit

  • 実装に先駆け、『コンプティーク』2018年10月号において腰周りのイラスト(残りの部分はシルエット)が公開。
    更に、野水伊織氏がCVを担当する事も、同号掲載の本人インタビューの中で明かされていた。野水氏が戦艦、そして海外艦のボイスを担当するのは初。
  • これも同インタビューの中で明かされていたが、一人称は艦これでは初の「」。
    • 昨今の創作でよく耳にするようになった一人称だが、基本的には王族・貴族が自身を指して使うもの。
      • 王族の場合、より厳密には【朕(ちん)】(英語では“we”が該当)を使う。
      • Nelsonは後述するネルソン子爵(貴族階級で男爵の上・伯爵の下)の名を授かっているので、そこまで不自然でもない。
      • ちなみに現在の王族・貴族の人々は、普通に「私( I )」と一人称する。

小ネタ Edit

略歴

前段-ポスト・ジュットランド Edit

  • 第一次大戦最大の艦隊決戦・ジュットランド海戦。戦闘そのものは消化不良気味に終わった英独の大決戦だが、戦艦の進化論的には極めて大きな影響を及ぼしていた。端的に言って「紙装甲とノロマは役に立たない」である。
    • フィッシャーの提唱した「速度は最大の防御である」はここに霧散した。どれほど高速であっても敵弾に当たれば最終的にモノを言うのはやはり分厚い鎧であり、そしてその鎧は戦闘距離の延伸によって水平装甲に大きな死角が顕在化していたのだ。
    • そして鈍足艦は戦闘そのものに参加できなかった。どれほど強力な戦艦であっても戦いに加わらなければ意味がない。
    • 結局、主力艦の最適解は、少し前に登場した高速戦艦すなわち「走・攻・防」三拍子全てが高い次元でバランスしている艦こそベストと改めて知らしめられたのだ。高速戦艦の始祖たるクイーン・エリザベス級の活躍がそれを証明していた。

大戦後の新戦艦 Edit

  • 激烈な世界大戦によって国力を疲弊させたイギリスは、大量の余剰戦艦を抱え込んでいたためもあって更なる増強には否定的だった。しかし極東では戦争特需の恩恵を受けた新興大国が大きく戦力を伸張させようとしていた。ご存じ日本の八八艦隊と、アメリカのダニエルズ艦隊である。参戦によってやや停滞していた両国の建艦は再びスパートをかけつつあり、太平洋に激烈な建艦競争が再開されていた。
  • 極東にシンガポールや香港をはじめとした小さからざる権益を持つイギリスとしてもこれを座視するわけにはいかず、さしあたり戦艦・巡洋戦艦各4隻の新造が決定された。大戦の戦訓をふんだんに盛り込まれた彼女らは、戦後第一世代の主役となるにふさわしい性能を与えられるはずだった。
  • 結局ワシントン条約の締結によりキャンセルされたが、彼女らの設計・思想は後にネルソン級へと繋がる源流となったのである。

G3型巡洋戦艦 Edit

  • 8隻の内、一回り小型で攻防性能が控えめな代わりに高速の4隻がG3型である。
  • 外観は、艦橋を挟んで前2・後1の三基の三連装主砲塔を置き、艦後部は副武装のみとした思い切った設計となった。
  • 主砲はネルソンと同じ16インチ砲である。

N3型戦艦 Edit

  • より強力な艦として、N3型も建造が決定された。とはいえ、当時すでに軍縮会議の機運は高まっており、交渉を有利に進めるための、多分に当て馬的要素が強かったとも言われる。
  • 主砲は当時世界最大の18インチ砲が採用された。

軍縮条約-そしてビッグ7へ Edit

  • ワシントン海軍軍縮条約は、戦艦(主力艦)の性能に強い枷をはめることになった。基準排水量3万5千トン、主砲最大16インチ。今後建造されるべき戦艦は全てこの制限に従わねばならなくなった。とはいえ、条約締結時点ではごく僅かな例外(すでに完成していたため制限を逃れた超巨大艦フッドや、厳密には16インチを超える41cm砲を積んだ長門*2等)を除いて、列強各国ほとんど全ての戦艦がこの制限以下の性能しかなかった。あくまでも「これから建造される」戦艦のための制限だったのである。
  • だが大きな問題が会議中に発生した。98%完成とされ、日本が就役を主張した「陸奥」保有に関する議論である。
    • 詳細は省くが、結論として曲折の果て、「陸奥」保有は認められた。しかしその代償に、米英はそれぞれ対抗し得る戦力の整備が認められた。
    • アメリカは建造を中断していたメリーランド級の内2隻を完成させることとした。しかしイギリスにはそのような艦はなく、新たに2隻を新造することが例外的に認められた。
    • そう、すなわち、条約の制限に従いつつ、まったくのゼロから設計された新造戦艦を海軍の本家本元・ロイヤルネイビーが造る。これが各国の注目を集めないわけがなかった。大戦の貴重な教訓を反映させつつ条約制限に適合させるにはどのような戦艦が良いのか? その命題に最初の回答をイギリスが示すことになったのだから。

誕生-O3型戦艦Nelson Edit

  • こうして、1922年度計画で2隻の戦艦が承認された。N3型の次の戦艦として「O」3型の名が与えられたこれが、後のNelson級(1番艦Nelson、2番艦Rodney)である。ちなみに「3」は三連装砲塔の「三」。
  • サー・ダインコートの最後の仕事となったNelson級の基本コンセプトは「G3型巡洋戦艦をワシントン条約の制限に適合させる」ものだった。
    • 元々が4万8千トンの巨艦であるG3型の性能をそのまま詰め込むには、どう設計をいじっても4万3千トンが限界であり、当初イギリスは条約制限の特例等の道を探っていた(数少ない特例艦の1隻に4万トン超のフッドがあり、実現性がまったくなかったわけではない)。しかし3万5千トンの数字が確定し、この方針は諦めざるを得なかった。
    • 苦慮の結果、イギリスが選んだのは「走」を捨てることだった。日米の同級艦に対抗する攻防性能に妥協が許されない以上、残るは「走」しかなかったのだ。

外観 Edit

  • 設計思想の根底は、バイタルパートの徹底的な縮小と、それによって浮いたリソース配分による攻防の強化である。
    • その結果取られたのが、有名な主砲前方集中配置である。N3型では艦橋を挟んで三番砲塔は後方指向としたが、Nelsonはそこも割り切り、三砲塔全てを艦橋の前に集中し、前方指向とした。後部の死角は上構の工夫で旋回範囲を広く取ることでできるだけなくすこととした。
    • 爆風の影響低減も兼ね、艦橋は新コンセプトの塔状構造とした。あまり触れられないがこの塔状艦橋も世界初で、以後の戦艦設計に大きな影響を与えている。しかし16インチ砲の衝撃は想定を超えており、三番砲塔の後方への発砲は上構に甚大なダメージを与える厄介者となってしまった。
    • 前方に主砲を集中すれば、当然後方が手薄となる。このため、副砲は全て艦尾配置とした。この「艦首主砲、艦尾副砲」配置は前方集中艦の基本となり、以後フランスのダンケルク級やリシュリュー級、さらには日米の新設計案などでも踏襲されていく。
    • 機関出力が抑えられたため、煙突も細い一本だけである。

Edit

  • 攻防を突き詰めた結果、火力は世界初となる16インチ砲3連装3基9門を実現した。
  • コロラド級や長門型より砲門は1門多いが、砲塔を1基減らした事で船体の軽量化に成功し、以後の16インチ砲以上の戦艦は全て3連装になった程の影響を与えた。

Edit

  • 徹底的な集中防御は、設計思想を従来から大きく変革させ、第一次大戦型構造からの脱却を果たした。簡単に言えば、「二段防御の廃止」である。
    • つまり、従来は一枚目の装甲で敵弾を防ぎつつ、それを貫通された場合、裏に控えた二枚目の装甲の弾片防御で被害の拡大を防ぐのが基本思想だったが、この「二枚目の装甲」のリソースを全て一枚目に回して「分厚い装甲で全て防ぐ、それでも貫かれたら仕方ない」という思い切った割り切りが選択されたのである。
    • この方式は、艦内スペースに余裕を生むことにもなった。つまりは機関スペースを広く確保できるということで、高速発揮に必要な大出力機関の収容が可能となったのである。
    • 「走」を捨てたNelsonには機関スペースを広く取る必要はないのでは? との疑問も湧くだろう。それはもっともだが、広い機関スペースを取れる設計ということは、裏返せば機関スペースを削れば艦全体を小さくできるということでもある。つまり攻防性能をより強化することにも繋がるからNelsonにとっても十分に利のある設計なのだ。

Edit

  • 開発と設計に一番苦心したのは、実は機関部であった。
  • 最高速度は度外視されていたとは言え、それでも一定以上の速度が無ければ戦闘に参加すらできないからだ。
  • 要求性能はかなり厳しく、機関出力45000馬力を発揮しつつ2000トン以下の重量に抑える事が求められた。
  • この要求に答える為に新設計の高温高圧缶の導入が図られたが、いつもの英国面らしく無理な軽量化が祟って信頼性と耐久性の低下を招いてしまう。
    • 特にタービン部は高圧缶の蒸気圧に耐えられず、タービン翼と羽根の亀裂に終始悩まされる事になる。

完成後の評価 Edit

  • こうして完成したネルソンだが、軍縮条約の制限下での建造という事もあり色々と新機軸を導入して建造されたが、走・攻・守の全てに問題を抱えた英国面戦艦となってしまった。
    • 攻撃力に関しては、やはり主砲を甲板前面にのみ配置した事で後方への攻撃力不足がやり玉に挙がった。当初は主砲塔をなるべく後方に旋回し、船体も針路を少し斜めにする事て射界を確保し対処できるとしていたのだが、それをすると艦橋などの上部構造物や甲板を破壊する危険がある事が判明し、後方の敵を撃つには艦自身を旋回させないといけなくなり、運用に大きく悪影響が出てしまった。
      • 結局、ネルソン級やフランス海軍で建造されたRichelieu級やダンゲルク級のような前甲板への主砲塔の集中配置は運用の困難さから他国で採用される事は無く、日本でも大和型などで計画案の中に前甲板に集中配置する案もあったが採用されず、運用した国でもイギリスでは続くキングジョージ5世級やライオン級(計画のみ)、フランスのガスコーニュ級*3(計画のみ)では再び前後に主砲等を配置する形に戻している。
    • また、主砲はそれまで最大の重量を誇った巡洋戦艦「フッド」の1基1080㌧を優に超す1基1470㌧となり、ネルソンではそれまでの蒸気駆動式の水圧ポンプから油圧式とし、従来艦よりも旋回速度が速くなる筈であった。しかし蓋を開けてみると予定の計画値がでず、結局斉射速度が従来艦の毎分2発が毎分1~1.5発まで落ちてしまった。
    • 主砲以外の武装も問題だらけで、例えば副砲として採用された15.2cmMk.XXII連装砲は、名目こそ両用砲となっているが砲弾の装填ごとに砲身を水平にしなければならないなど対空性能は皆無であり、対空戦闘は機銃などで対処した。そして、機銃以外の対空兵器はポンポン壊れる事で定評のあるQF2ポンド砲であった。なんだ、この英国面博覧会
  • 防御に関しては、傾斜装甲の採用などで良好ではあったが、バイタルパートを縮小しすぎてしまって防御範囲が狭く、バイタルパート以外の区画は水中防御も満足に採用されていなかったので、それらの区画に浸水が起こると簡単に能力低下を招いた。
  • また、主砲を前甲板に集中させたことで機関や副砲は後甲板に配置せざるを得なかったのだが、これらも防御する必要があることから結局従来艦よりもかなり後方にもバイタルパートに準じた防御設備を設定することになり、この配置による重量削減の恩恵はあまりなかったともいわれている。
  • しかも、副砲の砲弾を非装甲区画に収納するという非常にデンジャラスな構造となっており、実はユトランド沖海戦の戦訓は全く生かされていなかったりする。
    • この構造が危険である事は、後にデンマーク海峡海戦で「フッド」が爆沈した事で改めて認識されるが、改善される事は無かった。
  • 他にも日本やアメリカ両国の海軍では注目されていた着水した主砲弾が50mほど水中を直進して水線下に打撃を与える「水中弾効果」に対する認識が甘く、結果両国よりも水線下防御が弱くなっている。
  • 機動性に関しては、その特殊な構造により重量配分が既存の艦と異なる事もあって運動性が悪く、特に低速時は劣悪であった。
    • その運動性の悪さは関係者曰く「タンカーと同程度」と言われ、海軍所属のタンカー名をもじって「ネルソル」「ロドル」の名で陰口を言われるありさまだった。実際ネルソン級の入港時は衝突事故などを避けるために順番はいつも最後にされている。
  • この他、煙突からの煤煙が艦橋を覆って指揮所がたびたび高温になることが多かった。
  • 結局の所、35000トンの制限を二枚舌外交のスペシャリストなのに律儀に守ろうとした弊害がモロに出てしまう事となり、失敗作との烙印が押されてしまう。
    • 同時に、35000トンでは16インチ砲を搭載するのが困難である事を証明することになり、以後の16インチ砲以上の戦艦は全て40000トン以上のサイズとなる。

第二次大戦-酷使されたビッグ7 Edit

  • 竣役後は本国艦隊の旗艦となるが、第二次世界大戦が始まるまでは実戦経験はなく、任務を帯びて出動する機会もないまま第二次世界大戦を迎えた。
    • 但し1931年に発生した英国海軍水兵によるストライキ「インヴァーゴードン反乱」にネルソンと妹のロドニーの水兵が参加している。
      • 世界恐慌の最中、英国海軍では経費削減の一環として給与削減が計画されたが、士官と上級兵士(下士官)が削減率10%だったのに対し、下級兵士(兵)は25%とされ、ただでさえ最低限の給与しかもらっていなかった下級兵士達に見たら死活問題となる計画だった。
      • 9月12日に艦隊司令部にこの計画が正式通知されると、水兵たちは動揺し、やがてそれは反乱へと進んでいくことになる。
      • 15日、この日は艦隊演習が計画されていたが、ネルソンとロドニーを含む計4隻の戦艦の水兵が演習参加を拒否、士官たちが幾ら説得しても耳を貸さず、事態収拾は不可能だった。更にこの事は他の艦艇にも伝わり、その水兵たちもストライキを実施、艦隊の多くの水兵がストライキを実施する大騒ぎとなった。
      • 結局大西洋艦隊司令部が海軍省に働きかけ、翌16日には件の給与削減計画は階級に拘わらず一律10%減とする事に変更され、ストライキは中止され混乱は収拾した。更にこの事件はイギリス経済にポンド危機を起こし、21日にはそれまで金本位制だったのを管理通貨制に移行。以後欧米や日本もこれに倣い、現在まで続いている。
      • 尚、叛乱に参加した約400名の水兵は除隊処分となったが、首謀者はイギリス共産党員となってソ連に亡命している。
  • 1939年9月、第二次世界大戦が始まるとネルソンはロドニーらを従えてスカパブローに移動、その後は幾度となく出撃するも大きな戦闘は発生せず、逆にドイツ潜水艦U47がスカパブローに潜入し戦艦「ロイヤル・オーク」を撃沈。同港は危険と判断した本国艦隊はクライド湾に移動するが、そこでもドイツのUボートは機雷施設などを実施。12月に入港しようとしたネルソンは蝕雷し損傷、ポーツマスに戻って約7か月もの間ドック入りする羽目になる。
    • ネルソンのドック入りの間、本国艦隊旗艦はWarspiteが引き継いでいる。
  • 1940年8月、ネルソンは復帰し本国艦隊旗艦に返り咲く。この頃英独空軍がイギリス本土上空で所謂「バトル・オブ・ブリテン」と呼ばれる大空戦を展開中で、ドイツ陸海軍もイギリス本土上陸作戦「アシカ作戦」を準備中であり、イギリスは窮地に立たされていた。復帰したネルソンはドイツ海軍侵攻に備えてイギリス南部に移動。ドイツ海軍侵攻に備えた。だが、バトル・オブ・ブリテンはイギリス空軍の勝利に終わり、アシカ作戦も中止され、ドイツ海軍の侵攻は無かった。その後は本国艦隊旗艦を新鋭のキングジョージ5世に譲り、ロドニーと共に船団護衛任務に就くことになる。
  • 1941年5月、フリータウンに在泊していたネルソンに急報が届く。ドイツ海軍新鋭戦艦Bismarckの大西洋進出を知らせるものだった。
    • しかしネルソンはビスマルク迎撃に召集される事は無く、替わりにジブラルタル海峡の警戒を命じられて出動している。一方、妹のロドニーは護衛任務を帯びてカナダへ移動中にそのまま本国艦隊合流を命じられ
      ビスマルク追撃戦に参加。5月27日の朝、Ark Royal所属のSwordfish雷撃機の攻撃で舵を破壊され行動の自由を失ったビスマルクを発見。ロドニーはキングジョージ5世と共にこれを砲撃しロドニーの主砲弾が最初の命中弾となりビスマルクの前部主砲群が沈黙。これ以後ビスマルクは満足に反撃できぬままイギリス本国艦隊に滅多打ちにされ沈没する。
  • ビスマルク撃沈の功を挙げた妹に対し、ネルソンは武功を挙げれぬままジブラルタルを拠点とするH部隊に所属。マルタへの船団護衛作戦「サブスタン作戦」に参加したのを皮切りに「ステイタスII作戦」などの船団護衛作戦に参加。イタリア海軍の侵攻に備えたが、タラント港に籠るイタリア海軍と交戦する機会を得ぬまま月日を過ごす事になる。尚この間の7月29日にはH部隊旗艦となりサマヴィル中将の将旗を掲げる事になる。
  • ハルバート作戦では妹のロドニーも加わり姉妹での出撃となるが、進撃中にイタリア空軍機による雷撃を受け1本が命中。旗艦をマレーヤに引継ぎ本国に帰還する羽目となる。ロドニーも11月には本国に帰還している。
  • 1942年8月、修理のなったネルソンはロドニーと共にF部隊に配属され旗艦となる。ペデスタル作戦に参加後はH部隊に復帰し再び旗艦となる。11月にはアメリカ軍の欧州での初陣となるトーチ作戦(アルジェリア、モロッコへの上陸作戦)に参加。以後一時期訓練任務の為本国に帰還したが、1943年7月のハスキー作戦(シチリア島上陸作戦)、9月のアヴァランチ作戦(サレルノ上陸作戦)に参加し、上陸地点への艦砲射撃などを実施した。9月29日のイタリア降伏調印式はネルソンの艦上で行われている。
  • イタリアの降伏により地中海の戦いは終結し、ネルソンは10月末には本国に帰還する。修理やオーバーホールを実施したうえで、オーバーロード作戦、所謂「史上最大の作戦」に参加する。ここでネルソンは主砲弾224発をドイツ軍陣地に叩きこみ上陸部隊の支援に活躍するが、1944年6月18日にドイツ軍の機雷2発に接触し損傷、戦線離脱を余儀なくされる。
    • 尚、妹のロドニーは9月以降、JW60船団によるムルマンスク航路の護衛任務に従事するが船体の損耗が激しく、10月に帰還後は実戦投入も危ぶまれる程だった。11月には永らく北海に鎮座して脅威を与え続けていたドイツ戦艦ティルピッツ*4も無力化されたこともあり、ネルソンよりも早く予備役となり、乗員は新造艦艇に振り分けられることになる。
  • 修理のなったネルソンは今度は太平洋に派遣される事になり、インド洋艦隊所属としてセイロン島に向かう。しかし到着した7月7日の時点では日本海軍には健在な戦艦は長門のみという状況であり、まともに相手できる艦艇は既にない状態だった。
  • そんな中、ネルソンは第63任務部隊を編成しその旗艦となる。シンガポール奪還を目指すイギリス海軍だったが、その前にセレタ―軍港に在泊する高雄妙高が目障りだった。そこでネルソンの支援の下掃海部隊が突入して2隻を沈める強行掃海作戦「リプリー作戦」が実施されるのだが、既に稼働できない状態だった高雄と妙高は出撃することなく、7月末に豆潜潜水艦「XE艇」による攻撃が実施され高雄が大破、ネルソンは会敵せぬまま作戦を終える。
  • そしてこれがネルソン最後の実戦となった。7月29日にセイロン島に帰還したネルソンはそこで終戦の報を受ける事になる。その後11月には本国艦隊旗艦に復帰するも、既に戦艦の時代ではなく、維持費もかさむことから翌1946年7月には練習戦艦、1947年には除籍となり、1949年に売却され解体となった。
  • ネルソンはロドニーと異なり敵主力艦と刃を交える事もなく、主要な海戦に参加する事もないまま一生を終えた。しかし多くの船団護衛任務やトーチ作戦やオーバーロード作戦などの連合軍の反攻作戦に参加し艦砲射撃による支援という戦艦としては地味な任務をこなし続け、「縁の下の力持ち」として連合軍の勝利を支えた。戦艦を殆ど活用せずに遊弋させ、劣勢になった終盤に半ばヤケクソの様に前線に投入した日本海軍とは異なり、空母機動部隊の支援、上陸部隊の対地砲撃支援に従事したアメリカ海軍の戦艦のように第二次世界大戦の全期間を通して当初の戦艦の目的とは外れてはいるが船団護衛や上陸作戦支援などで活躍し続けたネルソンらは、十分武勲を挙げたと言えるだろう。

余談 Edit

  • 本艦の命名元であるホレイショ・ネルソン提督の上官には後に海軍大臣を務めたジョン・ジャーヴィス提督がいるが、彼の名を冠した艦がJ級駆逐艦ジャーヴィスである。上官が駆逐艦で部下が戦艦、そしてその双方が艦これに実装されている。
  • 「HMSネルソン」の名前を持つ艦は一等戦列艦の初代ネルソン(1814年進水)、二代目の装甲巡洋艦ネルソン(1876年進水)、そして今回実装された三代目の戦艦ネルソンが存在する。現在ネルソンの名前はポーツマス海軍基地の施設に冠されている。
    • ネルソン提督の名前を冠した艦は他に「HMSロード・ネルソン」(ネルソン卿)もあり、1800年の倉庫船と1906年の前弩級戦艦の二代存在した。
  • 建造を受け持ったのはアームストロング・ホイットワース社。
    1927年にアームストロング社はヴィッカース社と合併したため、ネルソンは同社が建造した最後の戦艦となったのである。

艦名-海軍史上最も有名な提督 Edit

  • ホレイショ・ネルソン。イギリス海軍最大の英雄にして、世界三大提督の一角。海軍を志してネルソンを知らぬ者などいない(残り二人はアメリカのジョン・ポール・ジョーンズと、日本の東郷平八郎)。
    • ナポレオン戦争における救国の英雄。強大なフランスに王立海軍を率いて立ち塞がり数々の苦渋を舐めさせ、トラファルガー海戦で自らの命と引き換えにフランス・スペイン連合艦隊を完膚なきまでに壊滅させナポレオンにイギリス侵略を諦めさせた。
  • ネルソンの名を轟かせたのは、そのトラファルガー海戦において彼が率いるイギリス艦隊が意図的に複縦陣からT字不利で突入して大勝利を挙げた「ネルソン・タッチ」である。
    • この戦法の妙味は、極めてシンプルで意図が分かりやすい上、効果が絶大なことだった。
    • 仕組みは単純である。二列で敵縦陣に突っ込み、艦列を三つに分断する。後はそのまま乱戦で戦うだけだ。
      • だがそれによってフランス艦隊は、前方3分の1が遊兵化してしまった。帆船で隊列を組むのは想像を遙かに超えて手間がかかり、数十隻の艦を並べるだけで半日かかることすらある。その3分の1が戦えなくなってしまったのだ。そう、ネルソン・タッチの本当の意味は、帆船の海戦常識を遙かに覆す極端な短期戦だった。海戦が始まる前、この態勢をとった時点ですでに勝敗は決していたのだ。
      • 前方部隊は風を捉えて大きくぐるりと回らないと戦場に戻ってこれなくなった。これで何時間もの貴重な時間を稼いだイギリス艦隊は、その間に数の優勢を確保し残り3分の2を鏖殺してのけたのだ。当時の大砲の射程ではT字不利など関係なく、むしろ懐に飛びこんだイギリスの方が数隻で一隻に砲火を集中する形になって最初の一撃で数隻をほとんどボロクズに変えてしまった。これでさらに優劣は拡大した。
  • また、この海戦の際にネルソン提督は"England expects that every man will do his duty"(英国は各員がその責務を尽くすことを期待する)という有名な信号文を掲揚した。後に東郷平八郎はこの例に倣い、日本海海戦でZ旗「皇国ノ興廃此ノ一戦ニ在リ、各員一層奮励努力セヨ」を掲揚することとなった。この信号文はネルソン(艦娘)の母港セリフにも反映されている。
  • 海戦の結果はなんとイギリス艦隊に沈没艦なし、フランス・スペイン連合艦隊は実に6割もの艦が沈没・捕獲され完全に壊滅した。
  • 彼と共に海を駆けた戦列艦ヴィクトリーは今なお現役の帆船(世界最古)としてポーツマスに在り、膨大な数の乗員が登録されるイギリス海軍の象徴となっている。
    • 実はイギリスには「全ての海軍軍人は艦船=HMSに登録されていなければならない」という決まりがあるため、艦船で働かない地上勤務の軍人等は記念艦ヴィクトリーの乗員として登録されるのである。
  • なお、世界三大提督の名を冠した艦としては、ジョン・ポール・ジョーンズも戦後ではあるが存在し、現在は2代目(USS John Paul Jones, DDG-53)が現役である。一方東郷平八郎は、日本が人名を採用しない方針なので(略

設計図-日英の友情の残滓 Edit

  • 新戦艦の設計図。それは海軍にとって最高レベルの軍事機密である。その機密の塊を、かつてのイギリスは割と大らかに同盟国に開示した。それは先達者の自信であり、ともに戦う同盟国の実力を底上げする思惑もあった。日本はアメリカと共にそも恩恵を最も受けた国であり、八八艦隊の設計はイギリスの無形の援助なくしては不可能だったろう。
  • しかし大戦も終わり、日英同盟も解消されかつてのように気軽に扱われるものではなくなった。というより本来当然の扱いに立ち戻ったと言うべきだろう。
    • だが日英の友情はまだ生きていた。留学した平賀がなんとか新戦艦の話を聞こうと模索していた際の有名なエピソードがある。
    • 頼み込む平賀に対して担当官は設計図の在処を指し示し「自分は所用でしばらく留守にする。だがこれは機密文書だから絶対に見ないように」と言い残して部屋を空けたのだ。なんだこの三文芝居。
    • 与えられた貴重な時間を使って平賀は設計図を必死にメモる。帰国した後Nelsonのノウハウは昇華され、新戦艦の設計に存分に活かされていくのである。金剛代艦も、そして勿論大和にも、Nelsonの血脈はしっかりと受け継がれたのだ。

この艦娘についてのコメント Edit

最新の30件を表示しています。 コメントページを参照

  • 某カスタマイズメカアクションに【LN02-SEALION】というフロート型脚部があっだね・・・元ワタリガラスの提督はネルソンタッチを見たら脳内ガレージでアセンしてみてはいかがだろうか。重コアとかってどうかな?いける? -- 2018-09-18 (火) 15:55:51 New
  • ネルソンタッチ見て超重力砲を思い出したのは私だけか? -- 2018-09-18 (火) 15:59:32 New
  • ビッグ7だし41cmフィットするよね(適当 -- 2018-09-18 (火) 16:38:37 New
    • E5レベリングのついでに試製41★max載せたけどポコスカ外れた感じはなかった。持参の16インチが過重砲ということもないだろう。 -- 2018-09-18 (火) 16:54:47 New
      • ありがとう。装備ボーナスを考慮しても、それなりに改修してるなら試製41とかのが良さそうね。 -- 2018-09-18 (火) 17:05:12 New
  • 敵の時の見た目がFF4の竜騎士みたいな感じだったらから武人肌の低めの声かと思ったら昔のテンプレ的な女王様チックな声だったでござる -- 2018-09-18 (火) 17:43:59 New
    • ジョオウサマトオヨビナサーイ ウゥー!ヨンデクダサーイー! -- 2018-09-18 (火) 17:51:01 New
    • 山ちゃんはとてつもない芸達者だから深海棲艦もできるだろうきっと・・・・ -- 2018-09-18 (火) 18:38:11 New
      • 三ツ矢雄二さん辺りでも楽しいかもしれない -- 2018-09-18 (火) 18:47:48 New
  • そのうち七面鳥と合体したネルソンが描かれたりするんだろうな -- 2018-09-18 (火) 18:21:22 New
    • イギリス艦隊はネタ枠 -- 2018-09-18 (火) 18:24:46 New
      • ああ…次はフューリアスだ -- 2018-09-18 (火) 18:36:01 New
      • 役に立つのかなあ? -- ? 2018-09-18 (火) 19:13:50 New
      • 元祖フルフラット空母ことアーガスとか、フルフラット化に英国面的技術が無駄に使われており、アーガスの排煙システム参考にしたら加賀さんが焼き鳥製造機になったりとか…(無論アーガス艦内もサウナ状態であった)エレベーター式艦橋とかロマン溢れる空母。 -- 2018-09-18 (火) 20:06:20 New
    • しかし何度聞いても「ネルソンタッチ」のエコー感がじわるw -- ? 2018-09-18 (火) 20:53:46 New!
  • おいリシュリュー!トラファルガーごっこしようぜ! -- 2018-09-18 (火) 18:24:13 New
    • それ、フランス艦にとって最大級のトラウマなんじゃ……何しろ200年いじょう過ぎた今でも、フランスの人ってネルソンとかトラファルガーって聞くと嫌な顔するみたいだし -- 2018-09-18 (火) 19:01:43 New
      • トラファルガー広場(トラファルガー海戦の戦勝を記念して作られた)のネルソン像は今もパリの方向を向いて監視しているからなぁ… -- 2018-09-18 (火) 19:54:23 New
    • リシュ子「主砲前面配置は良いけど二基までよね。三基はタンカーみたいで不細工よね。」(´∀`*)ウフフ -- 2018-09-19 (水) 01:47:09 New!
      • 全くじゃな!前方主砲群は8門に限るのじゃ! -- 2018-09-19 (水) 15:44:32 New!
  • ビスマルク追撃戦に参加出来なかったぐぬぬ感から(個人の妄想です)あんな所で深海化し、自分の名前の元になった名提督に近付こうとして(?)一人称が余になったり、彼の戦法を再現しようと張り切ったら在りし日の自分のダサ…個性的な艦容が基で笑え…インパクトのある姿になったり、このいまいち決まらないけどとても愛着が持てる感じが実にネルソン級って感じでとても良い。使ってみても強いし。 -- 2018-09-18 (火) 19:05:59 New
    • なんていうか人間臭くていい -- 2018-09-18 (火) 19:13:22 New
      • なんだかんだで人望ありそうだよね彼女。突飛な事言いだしても「まあいっかこの人だし」で付き合う人多そう。 -- 2018-09-18 (火) 19:21:55 New
  • 格下の日向(しかも主砲塔が1基少ない)と撃ち合って取り逃がしたあげく、大量の甲標的に包囲されて20本を超える魚雷の命中で艦底が脱落して缶切り轟沈したり、祥鳳雷撃隊にただでさえ遅い脚を止められ、日向より更に格下の金剛に最大の弱点である後方に回り込まれてどうしようもなく撃沈されそうな顔してる(すっとぼけ) -- 2018-09-18 (火) 19:30:49 New
  • 某迷軍艦動画で知ったから幸運ガン振りして40オーバーとかやるもんだと思ったわ -- 2018-09-18 (火) 19:33:17 New
  • 妄想だが余とか言ってるけど実は普通の一軒家に住んでる既婚の姐さんな感じ。毎晩旦那とオセロするのが楽しみ。負けた方が明日の皿洗い当番。 -- 2018-09-18 (火) 19:33:58 New
  • E5-3甲 ゴトランド掘りをネルソンタッチ編成でやってるけど、同航戦以上を引くと姫級があっさり吹き飛ぶのでなかなか楽しいw ところで長門改二対地特化仕様を連れて、陸上艦にネルソンタッチかましたらどうなるんだろ。普通にダメージ増加するならごつい数値が出そうw -- 2018-09-18 (火) 19:36:36 New
    • E5-3甲クリア後掘りにて初手ネルソンタッチ。ネルソンとビスマルクの攻撃が欧州水姫に集中してまさかの初手撃沈w こんなん笑うしかないわ -- 2018-09-18 (火) 20:32:44 New
    • かと思えばMマスで初手タッチ→戦艦2隻撃沈!どうだ参ったか!からのフラルカウンターで大破撤退というコントも発生する。色々と素敵。 -- 2018-09-18 (火) 20:41:44 New!
    • 流石はイギリス艦、色んな意味でネタに困らんな。 -- 2018-09-18 (火) 21:36:55 New!
  • Android版で東方任務ついでにネルソン連れてるが、4-2、ネルソン正空1駆逐4、ボスで複縦陣選択し、昼戦でネルソンタッチ発動、なおかつ昼S勝利できなかった場合、夜戦突入選択画面で操作を受け付けなる。左上の歯車アイコンはぐるぐるしているのでフリーズはしていない。とりあえず2回やって2回発生。帰ったら運営に報告のつもりだがおま環なのだろうか?バグならかなり致命的だと思うんだか… -- 2018-09-18 (火) 20:18:05 New
    • 受け付けなる→受け付けなくなる です -- ? 2018-09-18 (火) 20:19:29 New
    • 色々見た感じだとandroid版限定やね。直るまでは他の陣形かPCでやるかにした方がよさげ -- 2018-09-18 (火) 20:38:17 New
  • ネルソンタッチってスマホ限定なの?PCではならないってこと?てか条件はなに? -- 2018-09-18 (火) 22:00:25 New!
    • ネルソン旗艦・複縦陣・3番5番に砲撃可能艦 これでネルソンの砲撃ターン時にランダム発生。ネルソン中破時は発動しないが、同時に砲撃する艦は中破していても可。運やレベルの影響度や必要装備は検証してる人が居るんじゃないかな。 -- 2018-09-18 (火) 22:08:49 New!
  • 「そして、機銃以外の対空兵器はポンポン壊れる事で定評のあるQF2ポンド砲であった。」<これ、ネルソンは4.7インチ高角砲6門も装備しているけど無視された?あと一応1941年の被雷は魚雷庫に命中されたから24.5インチ酸素魚雷のことも一応言及すべきと思う -- 2018-09-18 (火) 22:04:55 New!
  • ネルソンタッチ発動狙うなら、主砲1本はパスタ砲改にした方がいいな。せっかくの先制砲撃で複数艦狙えるのを他の長射程艦に邪魔されずにすむ -- 2018-09-18 (火) 22:25:26 New!
    • ナガモンタッチで駆逐吹き飛ばしてから敵主力にネルソンタッチもありではないか? -- 2018-09-19 (水) 05:16:40 New!
  • なんかネルソンには3連装系主砲を3つ積みたくなるのは私だけ? -- 2018-09-18 (火) 22:28:59 New!
    • 夜戦CIでもアレ見れるから俺は主主主偵を積んでるぞw -- 2018-09-18 (火) 23:35:18 New!
  • ネルソンタッチ、演習だと発動しないのかなぁ。3,5番艦に注意してるのに20戦して1回も発動しない -- 2018-09-18 (火) 22:52:37 New!
    • その書き方だとちゃんと「複縦陣」を選んでる?単縦陣だと出ないはず……。そうでないなら、制空権とかが取れてない可能性? -- 2018-09-18 (火) 23:15:11 New!
      • あー、制空権取ってないとダメなのか。道理で。ありがとう -- 2018-09-18 (火) 23:25:48 New!
    • 演習での発動は確認されてないみたい -- 2018-09-19 (水) 01:35:13 New!
  • ネルソンタッチ見た当初MAD動画だと思ってしまった・・・お許しください -- 2018-09-18 (火) 23:09:30 New!
  • 些細なことだけど、「サー・ダインコート」って表記はおかしくないかい? -- 2018-09-19 (水) 00:04:10 New!
  • もうちょっと艤装どうにかならんかったのかこれ -- 2018-09-19 (水) 01:11:43 New!
  • 射程超長にして初手NT発動を狙う。となると381/50改か。試46じゃアンフィットだろうし・・・ -- 2018-09-19 (水) 01:50:28 New!
    • ネルソンの角が2つになっているのはデストロイモードのせいだった・・・? -- 2018-09-19 (水) 06:42:22 New!
  • ネルソンタッチ、効果はいいんだがグラはコラとしか思えんw。もう少しなんとかならんかったんかw -- 2018-09-19 (水) 07:16:11 New!
    • 使えるがカッコ悪いならそれはネルソンだ。  ………と言う事で俺は大歓迎寧ろこうでなかったらネルソンでないって気持ちだYO? -- 2018-09-19 (水) 07:31:11 New!
    • デパートの屋上にある感じで家具に欲しい。100円入れたら今日から君もネルソンだ! -- 2018-09-19 (水) 08:21:02 New!
    • いやさぁ、ダサいなんて馬鹿にしてたさ。がねぇ、いやあ味わい深かったって感動したぁ。(堀でダイソンのケツに叩き込みながら) -- 2018-09-19 (水) 12:41:03 New!
    • あの変形に意味が見いだせない。後ろにバーニアがあるわけでもなし、空気抵抗?・・・うーん。 -- 2018-09-19 (水) 13:22:47 New!
      • 重心とか、考えていらっしゃらないんですか? -- 2018-09-19 (水) 18:59:12 New!
  • ウォースパイトは姫だったけど、ネルソンは女騎士かな。誰だくっころ要員とか言った奴 -- 2018-09-19 (水) 07:34:21 New!
  • さて今回取り損ねると次回の泥機会はいつになるのだろう -- 2018-09-19 (水) 07:34:40 New!
    • Iowaコース、グラーフコース、プリンツコース、好きのを予想するがいいサッ(ネルソン風) -- 木主? 2018-09-19 (水) 07:37:43 New!
  • 自分をネルソンだと思っている不審船 -- 2018-09-19 (水) 09:14:46 New!
  • ネルソンタッチってフラ○デーで公開されたひき逃げみたいなもん? -- 2018-09-19 (水) 09:24:25 New!
  • ネルソンタッチの絵ばかり言われてるけど発動後のネルソンショットだか何だか言ってる時のエコーも普通にダサいと思うの -- 2018-09-19 (水) 09:43:19 New!
    • 元ネタたる戦艦Nelsonの艦形のダサさ...もといユニークさを表現したんだろ(推測) -- 2018-09-19 (水) 11:28:57 New!
      • お、じゃあ扶桑型のあのデザインを元にクッソダサくて使い道がない擬人化をされても提督は許すんだよな? -- 2018-09-19 (水) 11:46:15 New!
      • ネルソンタッチは凄い使える。 -- 2018-09-19 (水) 12:24:02 New!
      • 扶桑はnelsonより幾分かマシなデザインだと思う(私見です) まあnelsonの方が遥かに活躍した上に生還できたから戦歴では比べものにならないけど -- 2018-09-19 (水) 13:54:53 New!
      • 扶桑にしろガン子にしろ改装前のコンテディカヴールにしろ、同時代の弩級戦艦のあれこれ見てると「ああ、なるほど…」ってなるけど、ネルソン級だけは「……」ってなる -- 2018-09-19 (水) 15:48:24 New!
      • 葉1が言いたいのは実艦のネルソン級と扶桑型のどっちがマシかじゃなくて、実艦のデザインが良くないからってそれを擬人化に還元した結果ダサい格好させてネタキャラ扱い誘発する事が扶桑型含め変わった艦形の軍艦であればやって良いのかって事じゃないの?実艦がダサいから擬人化もダサくて良いと枝1は思ってる様だけど、それなら高雄型に「甲状腺の肥大化したカバ」属性を擬人化につけられても笑って許せるのだろうか。 -- 2018-09-19 (水) 18:35:16 New!
    • ダサいっていうか、未来感あって浮いてしまっている。いや、未来に云々ってセリフがあったからいいのか・・・? -- 2018-09-19 (水) 13:19:43 New!
  • ネルソンタッチって連合でも使えるの?使えるならE-5-3丁掘りで便利なんだが…… -- 2018-09-19 (水) 12:39:04 New!
    • 第二警戒航行序列選んで条件満たしておけば出る -- 2018-09-19 (水) 14:01:45 New!
      • さっきMマスにてネルソンタッチ発動したけどボスマスでは一回も発動しない。もしかして海域1回だけとかないよね? -- 2018-09-19 (水) 15:32:00 New!
      • 確か出撃1回につき1回限りじゃなかったかな?あとレベルが上がるにつれて発動率が上がった感じがした(データはとってない個人の感想) -- 2018-09-19 (水) 15:57:12 New!
      • それならMマスは戦闘陣形で越えた方が良いですね -- 2018-09-19 (水) 16:30:10 New!
      • ただ発動しない場合のことも考えて先にMマスで第二を選択→発動したらボスで第四。というようにすればネルソンチャンスは一番増える。Mマス戦艦狙いで第二、火力1番でボス第四、温存開幕タッチでボス打尽、考え方は色々だ。 -- 2018-09-19 (水) 16:53:33 New!
      • 丁ボスで第二陣形でネルソンタッチでダメージでかくても、その後の攻撃が弱くてSが安定せんなぁ -- 2018-09-19 (水) 18:22:17 New!
      • ボスで火力不足になるならMマスで使い切ってしまう方がいいと思う。タッチは瞬間火力が魅力だけど他を犠牲にするからね。 -- 2018-09-19 (水) 18:40:07 New!
  • タッチ絵は足が微妙だよね…重い物持って踏ん張ってるように見える。移動しながら撃ってる様に見えればもっと見栄えが良かったのではなかろうか -- 2018-09-19 (水) 14:32:59 New!
    • 前に全砲塔あるし実際耐衝撃の姿勢なのでは -- 2018-09-19 (水) 15:53:16 New!
    • ベクターキャノンだと思えば妥当な姿勢だと思う 《ネルソンタッチモードへ移行》 -- 2018-09-19 (水) 16:00:42 New!
    • 変形・姿勢はいいと思うんだけど、あの角度から見るとなんかダサいんだよなぁ -- 2018-09-19 (水) 16:08:13 New!
      • 艦アケなら皆テノヒラクルーだろうに -- 2018-09-19 (水) 18:59:59 New!
    • 昭和のDJっぽい「ネルソンタッチ」とあのおもしr…かっこいい絵をセットで使うとか絶対わざとやってるから仕方ないね。台詞のしゃべり方もきっとわざとあんな感じにしてもらってるはず。俺は最初からネタキャラ枠で作られてると思ってる。 -- 2018-09-19 (水) 18:28:38 New!
  • 元ネタからして英語面丸出しのネタ艦だが、一方で攻防スペックは改時点で長門改二やアイオワ改と互角と明らかに優遇されてる。 -- 2018-09-19 (水) 18:44:47 New!
    • 生きて戦い抜いて役に立った分このくらい評価されても不思議ではない -- 2018-09-19 (水) 19:01:55 New!
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 CVやイラストレーター加筆時はそれぞれCV・イラストレーターに出典を記載
*2 就役当初は41cm砲を堂々と公言していたため、各国とも察知していた可能性は高い。だが16inch=406mmと比べてごく僅かな差であり、その後日本が40cm砲に呼称を改めたこともあって紳士的に見なかったことにしたと推定される。
*3 リシュリュー級の4番艦のの予定だったが、主砲配置を前甲板に2基を前後甲板に1基ずつに戻したうえで4隻の建造が計画された。
*4 ビスマルクの姉妹艦。完成後はドイツ占領下のノルウェーのフィヨルドに留まり、ソ連への輸送船団に脅威を与え続けていた。イギリス海軍はビスマルクの活躍の影響から妹であるティルピッツを必要以上に脅威と感じ、ロドニーなど一部の艦艇を終始ティルピッツへの備えとして残したり、頻繁に空襲を仕掛けるなど対策をとっており、イギリスに要らぬ労力を強いる事に成功する。この事は「現存艦隊主義」の成功例として見なされる場合が多い