オトモ/落とし穴のお面

Last-modified: 2020-01-16 (木) 16:34:35

MH3Gに登場するチャチャ・カヤンバのお面。
村☆8「最高のお面を取り戻せ!」クリアで納品依頼が出現する。

概要

  • その名の通り落とし穴を設置してくれるお面。
    素材にハプルボッカの皮を使うためか、軍人のような口調になる。
    このお面をかぶるとハンターの事をチャチャは「隊長」、カヤンバは「サー」と呼ぶようになる。
    • チャチャ達は普段プレイヤーを「子分」もしくは「弟子」と呼んでいるので、
      地味に上下関係が逆転している。
    • 尚、これは軍事ネタでも突っ込まれる定番だが「サー(卿の意)」は男性名詞であり、
      女性の上官の場合は「マム(嬢、奥方の意)」と呼びかけるのが正しい。
      女ハンターで軍事好きの方には少し奥歯に引っかかるものもあろうか。
    • 力尽きた時のセリフもミリタリー風となっており、
      チャチャは「名誉の戦死」、カヤンバは「階級2クラス昇進」と言う。
      チャチャブーにそんな細かい階級があるかどうかはともかく
      実際に死ぬわけではなく、しばらくするかベースキャンプで休めば
      いつも通り復活するのでご安心を。
      • チャチャはストレートに戦死と言うが、
        カヤンバの言う二階級特進は主に殉職者が受ける制度である。
        なので一般的にはチャチャの言う名誉の戦死と変わらなかったりする。
        相方に大砲のお面を装備させて階級を一気に特進させることもできるが実用的ではない。

性能

  • サインを出すと落とし穴を設置。設置に多少時間は掛かるが、設置後は普通の落とし穴と同じで捕獲も可能。
    設置中はチャチャ/カヤンバは大型モンスターが引っ掛かるまで出てこなくなる。
    そしてもう一度サインを出すと落とし穴を回収してまたすぐ使える。ハンターの落とし穴と同時設置も可能。
    捕獲しようとして別マップに逃げられてもすぐまた使えるのでかなり便利。
    ただし、地中から破壊された場合は体力が0になって撤退してしまう。
    ディアブロスやアグナコトルに使う際は要注意。
    • ただし、地中から破壊された場合は単に力尽きた(=不発)扱いだからか、
      復活後は即座に再設置可能。
      ソロの場合、自身の状態によっては開き直ってベースキャンプに戻る手もある。
      (二人プレイだと戻るよりも粉塵を使って復活を早めたほうがいいが)
      むしろ、本当に気を付けるべきはナルガクルガであり、
      こちらは非怒り状態だと「有効時間ゼロ」として発動されるのか、
      すぐには再設置ができなくなってしまう。
      怒り状態にさせるための音爆弾も用意しておくなり、怒り状態の残り時間を考慮するなり、工夫が必要となる。
  • 熟練度を上げると再設置までのウェイトタイムが短くなっていき、最短で15分間隔で使えるようになる。
    モガの森での捕獲にもうってつけで、通常ハンターは最大で4つまでしか罠を持っていけないが、
    このお面を利用することで一回に登場する5匹とも捕獲が可能になる。
    何度も使える落とし穴という破格のスペック故か、代償として残念なことに熟練度5でもスロットは0のまま。
    全く採集をしないわけではないが、採取率もかなり低く、採取強化もつけられない。
  • ただし、地面が石畳でできているでは、ハンター同様設置することができない。
    塔のクエストに行く際は注意しよう。
  • 罠としての役割を持つ関係上、罠の上で囮となるケロロフェイクとは相性が良い。
    しかもこちらも軍人口調なのである意味お似合いの組み合わせである。
    どうせならハンターも軍人っぽい装備ということでハプル装備で行きたい所。
    落とし穴のお面にもハプル素材を使うのでお似合いである。
    ただ、より雰囲気が出るであろうスネーク装備が3Gに登場していないのが残念なところである。

関連項目

アイテム/落とし穴