連コ

Last-modified: 2019-12-30 (月) 20:23:32

「連続コイン」、「連続コンティニュー」の略。
クレジットを消費し終えた後に、席を離れずそのまま硬貨を投入してプレイを続行すること。また、クレジットを増やすために連続で硬貨を投入すること。待っている人が誰もいない場合は、仲間同士で連続で乱入対戦をする連コ対戦と呼ばれるものを行うこともあり大して問題にはならないが、待っている人が一人でもいる時の連コはマナー違反なのでやめましょう。店によっては連コを禁止にしている場合があるので、連コをしてクレジットを増やしたい場合はその店のルールを確認すること。

 

かつて、5のころには「分身連勝チャレンジ」という連コを推奨しているとも言えるモードがあったが不評が多かったためか、5DXの時点で削除(廃止)された。(分身連勝チャレンジでは最大10連勝することができるが、分身10回分の連コとなれば、確実に30分以上筐体を占拠されることになるので、対戦したい人などには大変不評だったと思われる)

 

後ろに立って順番を待っていなくても、湾岸ターミナルを操作してたり、あなたが終わるまで店内を歩いてたり、少し離れた他のゲーム機の椅子に座ってスマホをいじるなりして待っている人がいる場合が多い。あきらかに店内に他にお客さんがいないならともかく、湾岸に限らず、人気ゲームで他の席が全部埋まっているのであれば、終わったら後ろに人がいなくても一度は席を立ち、最短でも1分ぐらいは筐体から少し離れて他のプレイヤーが来ないかどうか待つのがゲームセンターの最低限のマナー。

 

とくに2台しかないお店の場合は、友人同士で対戦したがっている人がいないかも気を配ろう。(勝ち抜き設定ONかOFFかでここは少し変わる事もあるが)とにかく後ろの様子すらも全く見ないで、さも当然のごとく連コする者にゲームセンターで遊ぶ資格は無いのだ。コンティニュー無料チケットを使う場合は使用期限がある事を理解しているプレイヤーが多いのでトラブルになる事は少ないがそれでも混雑時に使う時には一応の配慮をしたほうがいい。

 

ことゲームセンターとなると人気ゲームでは順番の譲り合い・周辺への気配りができなくなる人が少なくないが、人気ゲームでの連コ回しプレイというのはマナーが悪いどころか実は一番危険な自殺行為である。ゲームセンターがまだ魔窟と呼ばれ、格闘ゲーム全盛期の90年代はそれでリアルファイトに発展する事も少なくなかった。(ネットが発達した現代、たかがゲームの順番の事で喧嘩して警察沙汰になってヤフートップのニュースにでもなろうものなら無数にあるニュースまとめブログの恰好のネタにされて半永久的に全国的な笑い者されるのがオチ。)