Top > 名古屋


名古屋

Last-modified: 2019-03-03 (日) 20:28:25

名古屋.png 名古屋名古屋高速都心環状線)

 

TA開始地点 Edit

分身・乱入対戦スタートランプ一覧 Edit

  • 丸の内ランプ
    分身対戦では12kmと設定されていて、スタートが1箇所しかなく
    かつ途中分岐等が無いので必ずゴール場所が同じ。
     
    しかも、一周7.4kmでループ出来るためスタートランプが一つしかない。
     

雑記 Edit

  • 3DXから登場するコース。
    4でいったん削除されたが、メジャーアップデート★1.5で復活。
  • 実際の道路では、山王カーブは山王JCTとなっておりコーナー出口の外側が若干広くなっている。
    (3DXに収録後の2010年9月に4号東海線が開通し山王カーブに接続したため)
  • 路面のうねりやバンクなどといった要素はあるものの、
    コースレイアウトはゲーム中最も単調である。
    そのため、分身や乱入対戦でこのコースを毛嫌いするプレイヤーも多い。
    名古屋厨の項目も参照)
  • ただ、短めな周回コースであることとコースが単調であることからか、
    周回遅れにされた初期馬力の車は恐ろしいスピードで走り
    フルチューン車とタメを張れる(いわゆる鬼ブースト)という現象があり、
    身内対戦や動画のネタなどに用いられることがちらほらある。

コースマップ及びガイド Edit

名古屋高速環状 Edit

nagoya_img01.jpg
全長:14.9km(2周走行)
(地図の番号は下記のコースガイドの番号と対応しています)

  • 特徴
    庁舎や高層ビルといった名古屋市街の中心部を、アップダウンしながら走る右回りの周回コース。
    見通しの良い直線が多く、スピード域も高い。
  • コースレイアウト
    コース図上では長方形のオーバルコースに見えるものの、コーナーは随所にあり、路面のうねりやバンク、
    高低差などで、高スピード域でのマシンコントロールが要求される。
    長い直線に合わせてセッティングをパワーに振りたいところだが、半面、コーナー脱出速度が直線区間の
    タイムに響くため、バランスの良いハンドリングも同時に必要となる。

コースガイド Edit

1.明道町JCT
nagoya_01.jpg
コース上で最も急なコーナー。ただし出口の道幅は広いので、その幅を利用して脱出スピードを乗せよう。

2.新洲崎JCT付近
nagoya_02.jpg
ロングストレートの途中でクランク上になっているが、ラインが的確ならフルスピードで通過できる。
道幅が一時的に狭まるため、対戦時には勝負が動きやすいポイントになる。

3-1.山王橋付近
nagoya_03-1.jpg
3車線の高速コーナー。
イン側の路面のへこみで一瞬姿勢が乱れるが、臆さずに抜けよう。

3-2.山王橋付近
nagoya_03-2.jpg
コーナーの出口にもジャンプ地点があるので、油断禁物。

4.東別院出入り口付近
nagoya_04.jpg
鋭角的なコーナーが2連続する区間。コーナー間をつなぐラインが重要となる。

5.鶴舞南JCT
nagoya_05.jpg
急なコーナーに見えるが、バンクが強いため、ほとんど全開で抜けれる。
ただしスピード域に対して道幅が狭いので注意。

6.南行きロングストレート
nagoya_06.jpg
3~4車線の、広大なロングストレート。
この長い直線で、スピードを乗せられるかどうかがタイム短縮の鍵となる。

7-1.東片端JCT
nagoya_07-1.jpg
深く回り込むドリフトコーナー。コーナー入り口は路面が荒れているので足を取られないように。

7-2.東片端JCT
nagoya_07-2.jpg
コーナー脱出時は、東新町出口に少しハミ出して出ると最短距離を走れる。

8.丸の内付近
nagoya_08.jpg
官庁街やタワーなど、名古屋の特徴的な建造物を見ながら走る直線。
夜間は、コースを照らすイルミネーションのオレンジが映え、超高速の気分を味わえるはずだ。

詳細説明 Edit

(参考画像、補足、修正等求む)
スタート直後の黄色カーブは、
ハーフアクセルブースト1.5 で、センターラインに右の前輪を乗せるように曲がると失速を抑えられる。

 

二個目は、矢印の壁にギリギリついてから内側の壁につきます。
この区間は路面が平らではないので、ハンドルが持っていかれます。しっかり内側についてから外側に
流していきましょう。アクセルはフルでOK。

 

三個目は、 ブースト 1.5 で一番左の車線から内側の壁につきます。そんなにコーナーはきつくないので
曲げすぎるとぶつかります。外側に流すタイミングは、少し曲がったくらいで流していきます。

 

四個目の赤コーナーは、四車線の右から二番目の車線につき、矢印の壁が通過する瞬間に
ハンドルを思い切り曲げます。赤点滅7回目が目安。そしてアクセルを徐々に入れていき、外側に流します。
アクセルは一度離し、ブーストを 1.0~1.5くらいにしてください。