副都心(渋谷・新宿)

Last-modified: 2021-09-06 (月) 05:34:25

副都心(渋谷・新宿)

 

TA開始地点

渋谷ランプ
全長16.2km 適正馬力 P:14H:20(680馬力)

分身・乱入対戦スタートランプ一覧

  • 外苑ランプ
    分身では高樹町出口を過ぎた辺りがゴール。
  • 渋谷ランプ
    分身でのゴールは山手トンネル内にある。
    分身対戦では福岡神戸などと同じくいずれも途中分岐が無いためゴールは同じ。
     

雑記

  • 3号渋谷線・4号新宿線に加え、C2山手トンネルの南側、C1の霞が関区間を走る環状線である。
  • 初登場の5では、副都心(池袋)・山手トンネルともども「副都心エリア」として一体化されており、「副都心3号・4号」と呼ばれていた。
    • 現在のルート(内回り)のほかに逆向きの4号線上り→C1内回り→3号線下り→C2外回りというルート(外回り)もあり、乱入対戦では三宅坂JCTや西新宿JCTで自由にルートを決められた。
      5DXより副都心エリアの分割と同時に、外回り及び自由分岐のシステムが廃され現在の姿になった。
  • 実際の道路では、4号線下りから中央環状線方面に行くことは不可能。

コースマップ及びガイド

渋谷線・新宿線


全長:16.2km

  • 特徴
    C1区間から3号・4号線で、「新宿」や「渋谷」「六本木」といった繁華街につながる経路。
    高層ビル・繁華街・官公庁といった様々な景観と、それとはうらはらなトンネル区間といった、バラエティ織り交ぜた風景が楽しめる。
  • コースレイアウト
    最も特徴的なのは大橋JCTの大ループ。らせん状に何週も回る。
    また4号線ではタイトな区間が続き、こういった場所ではハンドリングが効いてくるが、対して3号線の超ロングストレートのようなパワーが効いてくる区間も少なくない。
    どこに重点を置いて攻めるかで、セッティングも異なってくる。

コースガイド

1.大橋JCT前 S字空間

大ループに突入する前のS字空間。
独特のリズムで曲がりくねっているため、コースを覚えて慣れよう。

2.高樹町付近

3号線を特徴づけるロングストレート。
六本木を縦貫する直線、とにかくパワーで走りぬこう。

3.赤坂見附付近

4号線開始直後の難所、テクニカルS字。
2つのコーナーの曲率が異なるので、強弱にメリハリをつけて攻略しよう。

4.西新宿JCT

とにかくコースが狭い。
狭い道幅からさらに直角に分岐するので、スピードを巧みに殺して抜けよう。

  • ちなみに湾岸マキシでの西新宿JCT、コースをループ化させる為に実際の西新宿JCT(4号線上り→C2・中央環状線)を無理やり反転・連結*1させたはいいものの、残念なことに標識などの細部はおざなりになってしまっている。
  • 実際の西新宿JCTだが、当然このまま3号線・渋谷方面に向かっても常磐道・大宮方面に行くわけがない
    実際の道路で大宮方面に行きたければ素直に左レーン(5号線方面)を通りましょう。

5.山手トンネル・3号線方面

トンネルが長い間延々と続く区間。
圧迫感のある壁からのプレッシャーに負けず、堂々と走りぬこう。

関連動画


*1 箱根裏でお得意の工程だったりする。