ビンゴチャレンジ

Last-modified: 2022-01-25 (火) 15:29:22

概要

2021年11月17日稼働の「6RR」(現行作)で「全国街道チャレンジ」と入れ替わる形で登場したモード。
分身と対戦・勝利する事で手に入るビンゴ玉でビンゴを狙い、報酬を得る事が目的となる。

 

ルール

モード開始時、その日の初回プレイである場合はまず本日のビンゴカードが配られる。

配られるビンゴカードについて

配られるビンゴカードは5×5マス分。本物と同じように中心は最初から空いている(FREE)。また、内側の8マスは青、外側16マスは黄色で色分けされている。

 
 

2回目以降(ビンゴカードが既に配られた後)のプレイの場合は現在のビンゴカードの進行状況が表示される。

 

プレイヤーと同レベルの分身10台が表示されるのでその中から最大3台まで選んで対戦する。*1
この時走行エリアはランダムで決定されるが、一番右端にある「走行エリアを変更する」を選択すればプレイヤーの任意で走行エリアを選ぶ事ができる。

 

対戦後、撃破した分身が持っているビンゴ玉の数字が表示され、ビンゴカードの同じ数字のマスが埋まる。
撃破に失敗した分身が持っているビンゴ玉は、数字は表示されずそのまま破棄される。
これを繰り返してカードのマスを埋めていく。

 

ビンゴカードのマスを1列埋める(縦、横、斜めのいずれでもマスを5個埋める)とビンゴとなり、アイテムを獲得できる。
アイテムは3ライン分まで存在し、3ラインをビンゴするとその日のビンゴチャレンジはクリアとなる。
その日のビンゴチャレンジをクリアした場合、翌日までビンゴチャレンジは遊べなくなるので注意。

 

獲得できるアイテム

前述の通り3種類(ライン分)。内容は以下の通り。

 
ビンゴした
ライン数
獲得アイテム備考
1ビンゴ用日付称号
2日付ナンバープレート*2一年で一巡する
3カスタムネームフレーム半年で一巡する
 

獲得したアイテムは、湾岸ターミナルの「ビンゴチャレンジ」モードの「アイテム受取り」から受け取る事ができる。
ただし称号ナンバープレート受け取ると上書きされ、以前の物は消えてしまうので注意が必要。

 

ビンゴ用日付称号

日付称号の項目を参照の事。

 

カスタムネームフレーム

記載が長くなる為、月ごとに格納としています。
画像は公式Twitterより。

1月

入手できるネームフレーム画像
1ファイアー1
2アニマル1
3ネオン1
4メタル1
5デンジャラス1
6レリーフ1
7カジュアル1
8花柄1
9ペンキスプラッシュ1
10グラフィティ1
11和柄1
12シルバークラフト1
13宇宙1
14メカニカル1
15カモフラージュ1
16デジタル1
17ウォール1
18トロピカル1
19ピンスト1
20レザー1
21鬼瓦1
22スタッズ1
23スチール1
24ウッド1
25ステッカー1
26[添付]
27[添付]
28[添付]
29[添付]
30[添付]
31[添付]

2月

入手できるネームフレーム画像
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

11月

入手できるネームフレーム画像
17シルバークラフト5
18オルテガ4
19スプリンターカモ4
20ファイアー5
21ファイアー6
22アニマル5
23アニマル6
24ネオン5
25ネオン6
26メタル5
27デンジャラス5
28カジュアル5
29ペンキスプラッシュ5
30和柄5

12月

入手できるネームフレーム画像
1
2
3カジュアル6
4ペンキスプラッシュ6
5和柄6
6シルバークラフト6
7シルバークラフト7
8アニマル7
9ネオン7
10メタル7
11デンジャラス7
12カジュアル7
13ペンキスプラッシュ7
14和柄7
15アニマル8
16ネオン8
17カジュアル8
18ペンキスプラッシュ8
19和柄8
20アニマル9
21ネオン9
22アニマル10
23ネオン10
24ネオン11
25ネオン12
26ネオン13
27ネオン14
28ネオン15
29ネオン16
30ネオン17
31ネオン18
 

ビンゴカードの「合体」

湾岸ターミナルにおいて「ビンゴチャレンジ」モード内の「友達とビンゴカードを合体する」の項目を選び、
別の(友達の)バナパスポートカードをリーダーで読み込ませると、各々のビンゴカードの進行状況(埋めたマス)を
合体させた全員で共有する事ができる。

 

ビンゴカードの合体例

2人のビンゴカードを合体させる場合(黒色が埋めたマスとする)

  • 1人目のビンゴカード
     
  • 2人目のビンゴカード
     
  • 合体後(縦2列、斜め1列の計3列がビンゴできる)
     
 

これを行う事で、複数人で協力してビンゴカードを埋めていく事ができる。
1人あたりのクレジットの負担も少なくできる。

 

また、合体させる場合は以下の点に注意する必要がある。

 
  • 合体するにはビンゴチャレンジを1回プレイして、その日のビンゴカードを受け取っておく必要がある。その日のビンゴカードを持っていない状態での合体はできない。
     
  • 1度に合体できるのは9人まで。10人以上と合体させたい場合は一旦合体を終了させて再度合体を選ぶ必要がある。*3
     
  • 一度合体した後にプレイを進めても埋めたマスは自動的に共有はされない。共有したい場合は再度合体させる必要がある。
     

ドレスアップポイント

通常の分身対戦と同様。

条件獲得ポイント
1台撃破100pt
2台撃破200pt
3台撃破300pt
ビリ(0台撃破)50pt
 

効率よく進めるためには

公式サイトにもある通り、複数人で協力・合体させると効率が良くなる。
ただし、一部の例外を除いて手に入る数字はランダムで決まるため、狙った数字が手に入らない・数字が被ってしまうという事態はどうしても起こりうる。
その為効率よく進めやすくする方法を以下に記述する。

 
  • (2人以上で協力する場合)担当する色を分担する
    ビンゴカードは前述の通り、内側の青色8マスと外側の黄色16マスで構成されている。分身選択時は相手が持っているビンゴ玉の色は最初から判別可能なので、青色を担当する人と黄色を担当する人を分ける事で合体時の数字の被りをある程度防止できる。
    とはいえマスの少なさから余程の事がない限り青色が先に全て埋まる可能性は高い為、青色が全て埋まった後はどうしても運が絡んでしまう。
     
  • ラッキーチャンスを利用する
    ビンゴチャレンジを複数回プレイすると、(最低3台、運が良ければ全ての)分身が持っているビンゴ玉の数字が初めから表示されるラッキーチャンスが発動する事がある。見えるようになった数字の中で狙いの数字が運よく見つかればその分身を撃破する事で効率よく進められる。
     
  • コースを湾岸線にする
    スタンプリターン時と同じく湾岸線を選ぶことで負けるリスクを減らせる。
    但しこのモードではスタートランプは選べない*5ので東行き空港中央ランプや西行き空港中央ランプといった不利なコース*6になることもあるため注意。
     

余談


*1 選べる台数はそのバナパスポートで撃破した分身の台数で決まる。6R以降導入された分身撃破数に応じて選べる台数が解禁される仕様と同じである。
*2 プレートの4桁の番号は日付に準じた物となる。例えば11月17日の場合ナンバーは11-17、12月1日の場合は12-01、となる。
*3 ただし、合体回数に制限は無いため、「その日」のうちであれば何人・何度でも合体は可能。
*4 例.C1エリアで840馬力、など。
*5 通常はコース選択画面→車選択画面→コース選択画面という流れを好きなランプになるまで繰り返すことによって選択できる。
*6 最後が急なコーナーになっているため。セッティングはいくつかハンドリングに振るのがお勧め。