お試し乱入機能

Last-modified: 2020-02-10 (月) 21:23:42

カード一枚で、ほかのカード無しプレイヤーともカードの車と対等に乱入対戦が楽しめる機能。
・やり方

  • 1.コインを投入する前にカードをタッチ。(これを忘れると普通のプレイになるので注意
  • 2.ほかの人の筐体にもタッチして回る。
    248AE070-A666-4DD9-8027-CBAF75FC10CE.png
  • 3.各自コインを投入。
  • 4.全員がコインを投入したら、アクセルを長押ししてエントリーを締め切る。
    nokink
  • 5.カードを持っているプレイヤーはカードの車から、持っていないプレイヤーは新規登録時の車種から選択。
    F326842E-9F74-4397-85F7-764E02BC5B4E.png 6A865E45-2AEF-4A36-B8CD-7DD04FC22DB8.png

セッティングは600馬力固定でプレイヤーのチューニング具合分全てハンドリングセッティングでATのみとなり、階級はN級となる。このため600馬力対戦だと丁度いい感じになる。
1E8FD498-5D91-425B-A8D8-00672AF505FD.jpeg

 

この対戦のメリットは勧誘のしやすさと言っても良いだろう。新規プレイヤーがフルチューンして対戦まで持っていくには相当な時間とお金が絡んでくる。が、この方法だと、カードがなくてもマキシプレイヤーと同じように遊べる。ゲーム終了後にはご丁寧に湾岸マキシの宣伝画面になるので、この経験を踏まえての「湾岸はじめました」ができる。
更に、マキシプレイヤー側の利点としては、ちゃんと称号撃墜星が獲得出来ること。
湾岸マキシ未プレイの友達に湾岸マキシの世界を教えつつ、終わりには撃墜星称号が確保可能と考えると悪くない100円とも言える。

 

賛否両論だが、実はコンティニューができない。
普通の乱入対戦と違い、勝っても負けても1プレイで完結する。このため、コンティニュー画面や対戦勝者特典の「もう一度プレイ可能」というのが無い。マキシプレイヤーとしては勝ってもあまり美味しくないだろう。

だが、未プレイヤー側からすれば1度で完結する。という利点がある。実際、友達同士で~という未プレイヤー対戦あるあるだが、「放置筐体」という問題を解決している。
対戦が終わり別の場所に移動するためコンティニュー画面でそのままどこかに行く~なんて話はよくある話。だが、この場合だと勝者はそのままプレイ画面に移動し、誰もプレイしていないのにゲームが続く。言わゆる「放置」が出来てしまうので後続のプレイヤーにとって迷惑でもある。
「気づいていないのが悪いから~」とその筐体に乱入をしかけるプレイヤーも多いが、これは傍から見ると自演と捉えられかねない。最悪要注意人物の仲間入りとなる。

この問題をこのお試し乱入対戦はクリアしている。放置してもゲームはちゃんと終わるからである。
筆者的にはなかなか良い事だろうと思うが、これをどう捉えるか はプレイヤー次第とする。