DLC:エイリアン・ハンターズ

Last-modified: 2019-10-30 (水) 06:14:43

全て一点物。
装備しているユニットが死亡した場合、遺体を回収しないとロストする。
武器はゲーム開始後しばらくして表示される地点をスキャンする事でまとめて手に入る。

  • アップグレードには対応技術のほか、DLCミッションをクリアする必要がある。

データ中の括弧内値は難易度レジェンド、DLCミッション非統合時のもの

メイン武器

ボルトキャスター

部類 アサルトライフル
装備可能兵科:新兵、技術兵、遊撃兵、サイキック兵
命中率ボーナス+15%
装填数1

名称攻撃力クリティカルボーナス補給物資合金エレリウム結晶その他
ボルトキャスター6-8+2---回避無効
スタン効果(20%)
磁力ボルトキャスター8-10+260()5()-回避無効
スタン効果(20%)
プラズマ・ボルトキャスター10-12+3125()15()5()回避無効
スタン効果(20%)
WotC
ボルトキャスター6-8+235()--回避無効
スタン効果(20%)
磁力ボルトキャスター8-10+260(90)5(10)-回避無効
スタン効果(20%)
プラズマ・ボルトキャスター10-12+3125(180)15(25)5(10)回避無効
スタン効果(20%)
  • 武器アップグレード利用不可
  • 単発式のため発射毎にリロードが必要
  • アサルトライフルと同様の距離補正(接射で20%増加)がある
  • スタンの効果時間は他と同じ2ターン。支配種相手にはスタン確率が50%となる。
    • アーコンキングはスタン耐性25%を持っている為、この武器でなければスタンを取れない。リロードする度にルーラーアクションを起こされるが…
      • (WotC)リロードではルーラーアクションが発生しなくなる修正が入り、DLC統合ONでは支配種出現を予め知る事ができるようになった。以前より使い勝手は増したと考えていいだろう。

備考

火力不足に陥りやすい技術兵の序盤装備としては悪くない。
始めから最高性能スコープ付と考えれば、他のパーツが付けられないのも道理である。
命中率補正がアサルトライフルと同じなので、遊撃兵に装備させるのは少々もったいないか。
どうせ技術兵を2人も3人も同時にミッションに出すことはほとんどないので、磁力武器の開発以降は
ライフルのアップグレードの代わりにこの武器だけをアップグレードするという選択肢もあり。
サイキック兵の武器とするのも良いだろう。

  • (WotC)単発式である特徴が、ロストが出現するMAPとの相性を最悪にしている。ロスト出現が事前に予測されている場合は持たせないでおこう。
    また、選ばれし者ウォーロックの討伐報酬として「ディスラプターライフル」が追加されている。
    あちらはプラズマライフルをベースに、サイキック特攻と最高性能のスコープ・拡張弾倉・ヘアトリガー・ストックを盛った武器である。弾数では劣るが、瞬間火力高いので単体の強力な敵に効果あり。アーマー持ちでもまとまったダメージが出るので、削りに有効。

サブ武器

シャドーキーパー

部類 ピストル
装備可能兵科:狙撃兵

接射時命中率ボーナス+40%
装填数∞

名称攻撃力クリティカルボーナス補給物資合金エレリウム結晶その他
シャドーキーパー2-315%,+1---命中率ボーナス10%
エンハンスド・シャドーキーパー3-415%,+145()5()-命中率ボーナス10%
パワード・シャドーキーパー3-615%,+2100()5()10()命中率ボーナス10%
WotC
シャドーキーパー2-315%,+125()--命中率ボーナス10%
エンハンスド・シャドーキーパー3-415%,+145(60)5(10)-命中率ボーナス10%
パワード・シャドーキーパー3-615%,+2100(100)5(10)10(20)命中率ボーナス10%

特殊アビリティ:シャドーフォールが使用可能になる(1回/1ミッション)。
必中+敵を倒すと潜伏状態に移行

備考

ロングウォッチやキルゾーンといった監視アビリティの存在を考えるとスナイパービルドではあまり潜伏がありがたくないのでピストルビルド向けだろうか。とはいえ通常のピストルより性能が高いのでとりあえずで持たせておいても問題はないだろう。
マップ運が絡むものの、敵の目をかいくぐりながら有利な高台を見つけられれば、序盤や時間制限の有るミッションでもスナイパーライフルの使い勝手がぐっと上がる。
マップ中央や目的地付近の高台などが狙い目となるが、くれぐれも他の分隊を起こさないよう気をつけたい。

  • (WotC)対ロストにおいて有効であるピストルに命中ボーナスが備わる事で、より安定性が高まる。優先して強化したい。

アックス

部類 ブレード
装備可能兵科:遊撃兵

無条件で+20%の命中率ボーナスが乗っているが、これは通常のブレードと同じ数値である。
同じTierのブレードより威力が1高い。 (WotC)Tier3の素のブレードの威力が上がったのでそこの差はなくなった。

名称攻撃力クリティカルボーナス補給物資合金エレリウム結晶その他
ハンターズ・アックス4-610%,+2---命中率ボーナス20%
イオン・アックス5-715%,+265()5()-命中率ボーナス20%
スタン効果(25%)
フュージョン・アックス6-820%,+3130()10()5()命中率ボーナス20%
炎上効果
WotC
ハンターズ・アックス4-610%,+230()--命中率ボーナス20%
イオン・アックス5-715%,+265(80)5(10)-命中率ボーナス20%
フュージョン・アックス6-820%,+3130(160)10(20)5(10)命中率ボーナス20%

特殊アビリティ:アックス投てきが使用可能になる(1回/1ミッション)。
アックスを使用した射撃攻撃。この攻撃は行動ポイントを消費しない。

  • 射撃攻撃であるため、側面攻撃ボーナス・狩人の本能による威力上昇が乗る。
    • (WotC)ただし、選ばれし者の特性の近接ダメージ無効が存在する場合、投てきでもダメージが通らない。

備考

遊撃兵のダメ押し強化。狙撃兵が息をしていない。
1ミッション1回とはいえ、威力2倍、命中率20%補正のライトニングハンドは反則と言うほかない。
長らく日の目を見なかったブレード系スキルもようやく活躍の目が出てくるか。

  • (WotC)アサシンのカタナが通常のブレードを完全に食ってしまったWotCにおいても、フリーアクションで攻撃できる斧は依然として強力である。
    ブレード特化ではない遊撃兵にとっては、むしろこちらの方が使いやすいのではないか。

防具

  • (WotC)EXOスーツ等の例に漏れず、レジスタンス兵には装備させる事ができない。
    名称追加体力アーマー移動回避その他素材
    サーペントスーツ5-135フック
    フロストバイト
    ヴァイパー・キング
    サーペントアーマー7-240フック
    フロストバイト
    サーペントスーツ
    (研)パワードアーマー
    R.A.G.E.スーツ611-重火器装備可能
    レイジストライク
    バーサーカー・クイーン
    R.A.G.E.アーマー721-重火器装備可能
    レイジストライク
    R.A.G.E.スーツ
    (研)パワードアーマー
    イカロスアーマー711-跳躍
    イカロス・ジャンプ
    アーコン・キング
名称補給物資合金エレリウム結晶エレリウム核
サーペントスーツ010101
R.A.G.E.スーツ010101
イカロスアーマー12520301

イカロスアーマーのみアイテム装備枠2。 他は1。

  • フロストバイト:対象を凍結させる、ヒューマノイドタイプの場合は凍結させた後引き寄せる(行動消費無し)
    • 必中では無いので注意。1ミッションにつき1回。
  • レイジストライク:移動範囲内に居る敵1体に大ダメージの近接攻撃を行う(行動消費無し)
    • 必中攻撃(ダメージ5-7、破砕2)。1ミッション1回。
    • 火力だけ見ると微妙だが、このスキルの真価は行動消費なしでダッシュ移動範囲内の好きな敵の隣まで移動できるという点にある。 遊撃兵に装備させればショットガン接射につなげることも可能。
    • 発動後は対象に隣接するが、移動力を残して使用すれば自爆する敵に対しても安全に使用できる。
    • 通常の近接攻撃と違い、使用者の視界に対象が入っていないと発動できない。仲間が視認しているだけではダメ。
  • 跳躍:段差や構造物の上部への移動がよじ登りからジャンプに変わる
  • イカロス・ジャンプ:視界内の別の場所に瞬時にジャンプする(行動消費なし)。この行動は監視射撃や反撃を受けない。
    • 屋内で使用した場合、頭上の障害物を全て破壊する。真上に自軍を配置しないよう注意。1ミッション2回。

備考

サーペントアーマーとR.A.G.E.アーマーは(研)パワードスーツ完了後に各々のスーツからアップグレード出来る
アーマーの元になった支配種の同族下位エイリアンが視界に入るとパニック状態になる場合がある
・サーペントスーツ対象エイリアン:ヴァイパー
・R.A.G.E.スーツ対象エイリアン:ミュートン、バーサーカー
・イカロスアーマー対象エイリアン:アーコン

ユーティリティ・アイテム

投擲物

名称威力装甲範囲射程効果
フロストボム00210範囲内のターゲットを凍結状態にする

フラググレネードよりも爆破範囲が狭い
通常の敵の場合は2ターン、支配種の場合は行動を1~3回分阻害する。
凍結中は防御力-10%。
命中時になぜか毒・炎上・酸熱傷を解除してしまう。 命中後に氷結状態のままかけ直すことは可能

  • セクトポッドとゲートキーパーに使用すると「次のターンの行動ポイントを1減少」という効果になる。
    行動ポイントが1減るだけなのでこの2体は凍結だけでは無力化することはできない。

備考

誰でも装備可能だが、爆発半径の関係上ほぼグレネード兵の専用装備。
「重武装」のスキルを取得すれば2回投射が可能になる。

これは言い換えれば「敵2小隊分なら完封できる」という事と同義であり、
上手く使えばミッションを進める上で非常に心強い兵器となり得る。

アーコンやアンドロメドンなど耐久力の高い相手を初め、コーデックスやアヴァターなど
ダメージを与えるとワープしてしまう厄介な相手にまで、その有用性は計り知れない。
長丁場のミッションではできるだけ最後まで温存しておきたい。

ヴォラタイルミックスの弱体化はぶっちゃけこのアイテムに合わせた調整と思われる。
よほどのマゾヒストで無ければ、支配種が出るミッションには必ず持って行こう。

  • (WotC)選ばれし者にも有効だが、こちらも凍結だけで無力化する事はできない。
    また、フロストボムの爆発はロストを引き寄せる効果を持つ。