Top > Trapアサシン
HTML convert time to 0.027 sec.


Trapアサシン

Last-modified: 2017-02-01 (水) 21:31:10

LoDで追加になったキャラクターアサシンの特徴的なスキル、「Trap」を使用するビルド。
各種サポートスキルも揃っているため、0から構築する場合でも十分戦える殲滅力を持つが、
徹底的に装備にこだわれば罠の威力も強力になる。

構想 Edit

Lightning Sentryをメインとし、各種サポートスキルを取得。苦手な相手へのサブスキルを選択する。

戦い方 Edit

とりあえずLightning Sentryを設置する。
属性は雷なので、雷無効の相手に対してはその他サポートスキル・キャラクターを使用する。
死体を作成したら今度はDeath Sentryを設置、誘爆で殲滅力をさらに強化する。

パーティープレイ Edit

 パーティーの先頭をガンガン進み、罠を設置する事により敵を察知、引き寄せる、といったRPGのシーフ的役割を担うことになる。と言ってもほぼいつも通りの立ち回りで良い。
 ただし、Death Sentryの使用には一考を要する。
 Death Sentryは死体を使うため、死体利用ビルド(Necromancer, Paladin)と死体を残さないビルド(氷スキルを使うAmazon, Sorceress)との相性が若干悪い。自身とメンバー、どちらがスキルを使った方がより効率が良くなるかを常に考えて行動しよう。


Cloak of ShadowsMind BlastShadow Masterについては後述。

良い点 Edit

  • 安く仕上げる事が可能。しかし装備に資産を費やせば、8pplゲームでの一人トレハンも自在なほどの破壊力を発揮。目標はRW Infinity
  • 万能性。LI相手でも死体が一つ出来ればDSの爆破で片がつく。兄貴の支援やサブスキルの手段も多く、超級装備がなくても戦えないエリアというのが少ない。
  • 多彩なサポートスキルを有しており、同じ「罠アサシン」でもある程度のバリエーションが存在する。そのため個性を出しやすい。
  • 罠の置き逃げで一方的な制圧も可能。

欠点 Edit

  • 罠は間接的な攻撃なため、使用感覚に慣れるまでが大変。逆にこれに慣れてしまうと、他のビルドやキャラクターが使えなくなるかも。
  • パーティープレイでは死体使用スキルや、Cloak of Shadowsの使用がNecromancerと被るため、しばしば論争に。
  • キャスター系に共通の悩みとして、スキルの威力を尖らせれば尖らせるほど本体は脆くなる。格闘系スキルを取らない分、敵に罠設置エリアを突破され接近戦を強いられると大ピンチに。

スキル配分 Edit

Traps
Shadow Disciplines

スキルオプション Edit

上述したスキル配分で50pt弱。そしてLightning Sentryの威力不足を解消するため、シナジーであるCharged Bolt Sentry or Shock Webのどちらかに20振ることもほぼ確定。
その上で…

  • Fire Blast 20
    単独では頼りないダメージですがすべての雷系trapからシナジーを受けるため、LIの一体目の死体を作るだけの威力にはなります。死体が出来たら後はDeath Sentryにお任せ(DSの爆破回数も増えてお得)。ソロでHELL進行したい際のスタンダードなtrapperのチョイスはこれ。ただしAct Boss戦は少々時間がかかる。
  • Charged Bolt SentryShock Web を両方20
    Lightning Sentryの威力に全てを賭けるビルド。RWInfinity持ちの場合のほか、「LI対策なんざアニキと1+boostの手裏剣で十分よ!」と強気な姉御に。主戦場が8pplの人向け。
  • Dragon Talon & Fade
    自分で蹴り殺したい姉御向け。武器の選択肢が幅広くかつ入手が容易で、ActBoss戦に強い。ただ防御に不安があるアサシンなので、装備が整うまでFadeにある程度ptを振ることになるだろう。詳しくは別ページ。
    Trap-Talonアサシン

PvP用オプション Edit

対人特化と割り切る場合、スタン時間延長のためMind Blastに20振るという選択肢もあります。

  1. Mind Blast20の場合、Lightning Sentryのシナジーが全てMAXにできない。
    スタン時間が長く、攻撃が低め。
  2. Mind Blast1の場合、Lightning Sentryのシナジーを全てMAXにできる。
    スタン時間が短めで、攻撃は高い。

ソロ用オプション Edit

ソロ用に特化するなら、Shadow Masterに20振る手もあります。
Mind Blastでの危険回避や、肉壁としても非常に役立つでしょう。ただし火力はHell後半ではほとんど通用しません。

ステータス配分 Edit

  • Str: Bartuc's Cut-Throat合わせの79~Natalya's Markを装備できる118あたりを目標に、装備に合わせて出来るだけ最低値で。
  • Dex: 爪装備に関してはSTRと同じ。盾を装備する場合はブロック率を考慮して、適度に
  • Vit: 残りを全部。 *2
  • Ene: 基本として振らないが、どうしてもと言うのなら止めはしません。

装備 Edit

基本はスキルブーストを重視しましょう。特にLightning Sentry, Death Sentryあたりを大幅に強化できる装備(主に爪)がある場合はそれを装備することから考えると良いでしょう。


また、設置型の罠はMana After Each Kill、-Enemy Resistance/+**% Skill Damageの効果が適用されないので、これらを考慮する必要性はほぼありません。(→質問集/各クラス/AssassinのTrapにアイテムのダメージ修正効果は効きますか?
ただし前者と関連して、罠設置による大量のマナコストをどうやって補うかがポイント。本体は息切れせぬようマナ最大値のブーストにも気を遣いましょう。Act2傭兵RW Insightを持たせるのも良い選択です。


装備だけではレジストが不足する場合は、スキルFadeを常時使用する事によりある程度の解決を図ることができます。


罠設置速度はIAS依存*3、Shadow Disciplines系スキル使用速度はFCR依存なので、両者のバランスをどのように取るかも鍵。爪系はIASに優れ、キャスター向けルーンワードはFCRに秀でていますが、その逆は弱点です。
特に装備が極まってきてRW Enigmaを視野に入れると、AssassinはCast Rateが遅めのクラスなのでTeleport速度の確保に苦労するかもしれません。(参照:各種アクションのフレーム数

装備例 Edit

装備オプション Edit

極めるまではAssassin専用セットであるNatalya's Odiumが使い勝手が良い。片方の爪がNatalya's Markになるので、もう片方にBartuc's Cut-Throatを装備する事により、Weapon Blockによるブロック効果*7と、Bartuc's Cut-Throatによるスキルブーストがバランス良く発揮できる。


装備にRainbow Facetを埋めてもLightning Sentryの威力は実際には上がりません
ステータス画面のダメージ表記だけでなく本当に効果があるのはFire BlastShock Webの二つだけです。
よって、爪にはIAS+ResistのJewelなどを埋めると効果的に戦力を補強できます。


究極に罠にこだわる場合、爪の中でベース速度(�罠設置速度)の速いFeral ClawsやRunic Talons (場合によりその下のExceptional爪) のCunning (Trap+3)またはWitch-hunter's (Assassin+2) Mod付きMagic品のうち、+1~3 Lightning Sentryが個別に追加された物を手に入れる事になる。この武器は敵のドロップを期待する以外に、Act5のAnyaを何度も尋ねてみる手段や、Runic Talonsを3-Chipped Gem合成してみる事で。


トラップ用の爪で価値があるものは、爪ベース、穴数、接頭辞、接尾辞、AutoModの組合せで複雑なため下の簡易表を参照

ベース穴数接頭辞接尾辞AutoMod
PvM用比較的なんでもできれば2穴+2asaか+3trap不問レベル+2か+3ls(接頭辞と合わせて+5か+6)、他は不問レベル
PvP用GreaterTalons必須2穴必須+2asa必須できればias付+3ls、他は価格変動要因

補足説明ですが、PvP用爪は通称2(asa)/3(ls)/2(socket)GTと呼ばれており、右手爪とヘルムにIASジュエルを計3個入れることで罠最速設置(平均ベース速度-30のときias42以上が必要)を確保し、さらにBoSが不要になるためFadeでレジとDRが稼げてしまいます。右手爪にof QuicknessなどのIASが付いていればその分ソケットがフリーになるので価値は高まります。


爪をTraps+3だけで計算すると、直接装備では武器*2(+6), 頭(+3), 胴(+2), ベルト(+1), 護符(+3), リング*2(+2)の合計17、チャームでSC(+1), LC(+3), GC*9(+9)の合計13、裏装備RW Call to ArmsBattle Command使用でさらに+1と合計31ポイントのブーストが期待できます。
爪の出来次第ではさらに最大で両手計+6まで上乗せが可能です。

  • PvP用装備例
    以下の装備で174%FCR最速9フレームは可能。9フレMind BlastTeleport、罠設置速度最速のうえ
    移動速度高速なため、自由自在に操れて、相手がスローに思えるので、面白い。
    もし、FCR19以上の護符を用意できるのであれば、Griffon's Eyeの代わりに2/20/20xxサークレット系兜、または3/20/2サークレット系兜を装備させてみるのもいいでしょう。
  • Burst of Speedレベル5以上で罠設置速度最速
  • FCR174%(9フレーム)
  • FHR86%(4フレーム)
  • DR8%

その他 Edit

育成 Edit

基本的に最序盤がつらい事とは思います。スキル振りの方針を決めているのならば、後々のスキルのシナジーとなる初期スキル(Shock WebCharged Bolt Sentry)にでもポイントを割くようにすると良いでしょう。

傭兵 Edit

基本は自分よりも前に出て、壁となってくれるAct2傭兵Act5傭兵が良いでしょう。

Death Sentryを究極に有効に活用するために、死体を破壊してしまう氷スキルを使用するキャラクター(Act2 : Mare雇用 : DefenseオーラHoly Freezeを使用する)を敢えて外す場合もあります。

そもそも傭兵を使わなくとも、デコイとなるスキルShadow WarriorShadow Masterがあるので、Iron Maiden対策が不要なAct1傭兵などを使用するのも良いかもしれません。


ラダー専用ルーンワード追加以降は、Act2傭兵が断然有利になりました。
育成段階から使えてベース次第では最終装備にもなるマナ無限補給機関のRW Insight、そしてConvictionオーラによりほとんどのLIを剥がすことができるRW Infinityの恩恵を最大級に享受できるのはジャベ姐御雷魔女とこのビルドです。
人によっては両方を同時に使うため、傭兵にはRW Insightを常時持たせておき、自身はTraps極限ブースト装備で罠設置後、裏装備のRW Infinityにスワップしてオーラを出すといった欲張りな装備構成にすることもあるようです。

注意点 Edit

アサシンは1+boostでもかなり強力に働くスキルが多いため、HELLでもこれらのスキルを使いこなせば非常に
有利に進められる。以下にそれらのスキルについてまとめる。

  • Trap全般
    設置型罠の最大設置数は、本体・Shadowを合わせて合計5個です。この数を越えて設置すると、一番古い設置罠が替わりに消滅します。これを嫌うために、Shadow Master召喚を避けるパターンもあります。

  • Blade Fury
    手裏剣。とりあえず手持ち無沙汰なら裏武器持ってこれをぶつけてもいいんじゃない?
    倉庫で眠っているアレな武器が思わぬ戦力になることも。詳しくは手裏剣総本舗へ。


    傭兵の項目に書かれている、「裏にRW Infinityを装備して罠設置後にスワップ」という方法を取る場合、1+ブーストでも非常に有用なスキル。
    元々手裏剣アサシンの武器としても優秀であり、高ED、高CB回復阻止の手裏剣がConvictionのDef低下によりバシバシ当たる。
    万が一LIが剥がれなかった時の対策になる他、ユニークモンスターやアクトボス等の固い敵に有効である。設置した罠と並行して攻撃可能な点もgood。
    ただし、両手が塞がるために防御が脆くなる点と、スワップ前提となるので操作が若干複雑になる点に注意。

  • Fade
    呪い短縮、レジスト強化、DR強化。1+Boostでも十分機能。ただし祭壇の効果時間も短くなる…

  • Cloak of Shadows
    範囲内(ほぼ画面全域)の敵に盲目効果+αを与える。飛び道具が五月蝿い場合はこれを使えばOK。
    ただしCurse扱いで他のCurseを上書きしてしまうことと、ディレイがかなり長いため、連発出来ないことに注意。

  • Mind Blast
    クリックした部分の小範囲に居る敵集団にノックバック・スタン・改宗効果を与える。
    vMでもvPでも猛威をふるうサブスキル。後ろからこれを連射して何体か改宗してやると、兄貴は安全に一体目の死体を作れるだろう。
    敵を一定時間転向させるため、思わぬ所からいきなり敵が攻撃してくる要因ともなります。
    pplのバール戦でよくゲームがクラッシュする原因になるのでピンチの時以外は控えよう。
  • Shadow Master
    直接の火力はイマイチだが、Mind BlastDeath Sentryを配置できる。基本的なspecもShadow Warriorより高い。
    もちろんMind Blastを使うということはpplバール戦では以下略。


    一人でもどうにかできてしまうビルドのために、パーティープレイを行うと、ワンマンぶりが目だってしまうかもしれません。


    特に効率を大事にするのなら、自分がそのスキルを使わない事により、他のキャラがさらに活かす事ができるのではないか、を考えてプレイするのも良いでしょう。


    牧場ではTOPクラスの威力を発揮するTrapアサシンなのですが、Death Sentryの設置のし過ぎだけは十分に注意して欲しい。調子に乗っていると8pplで牛王を殺してしまうタブーを犯してしまいます。
    牛王は雷無効なのでその点は心配ないのですが、Death SentryCorpse Explosionは半分物理&半分炎なので、大量の牛の死体が牛王の周りにあった場合、いかに牛王でも大量の死体の爆発には耐えられないことが多い。
    本家ネクロのCorpse Explosionと違ってオートで爆発させるので、本人すら気づかず牛王を殺してしまうことすらあります。
    事故を避ける為に、CowRunに走るときはLightning Sentryのみで行くのが無難です。


PVP Edit

RW Enigmaがぜひとも欲しいです。これがあると回避力が段違いです。
基本的にLightning Sentryを数個設置して、その範囲内で相手の攻撃をかわして、チャンスがあったらMind Blastを打ち込みます。Shadow Masterも自動Mind Blast役兼盾役として切らさないようにしましょう。
盾を持つより爪2本のほうがWeapon Blockが効く分かなり硬くなります。
スキルブーストが十分ならばレジ75の相手は非常にもろく感じると思います。相手がTgods(場合によってはWispも)を装備することを前提にして考えた方がいいでしょう。本体は回避に集中すればいいので、Shadowとの見分けが付きにくいこともあってなかなかしぶとく生き残ると思います。
また、戦場選びも大切です。Bloody Moorには通行不可能な窪みのような場所が点在しているので、それが集中している場所で戦うと有利です。
裏にRW Infinityを装備して、チャンスがあったらConvictionを掛けてやるとほどんとの相手は即死です。
天敵はShocker系のPaladin(MaxLresi+10)がTgodsを装備したとき(MaxLresi95)で、ほどんとダメージを与えられません。というか、スキルブーストが不十分な場合は回復させてしまいます。
Team戦では主にサポート役として戦うことになるでしょう。守るときは罠で敵を遠ざけ、攻めるときはMind Blastで動きを封じ、その間に味方が攻撃するのが常等戦術です。特にMind BlastBone Prisonのコンボは身動き不可能なレベル。罠でペットを消すことも容易なので風エレドル相手に大きな力を発揮します。Mind Blastとantiドル性能のおかげで属性ダメージキャラにありがちな「吸収されれば終わり」ということがなく強キャラのひとつに数えられます。
もちろんPaladinConvictionNecromancerLower Resistなどのサポートを受けて罠で勝負することもできます。

スワップバグ使用での最速罠設置の考え方 Edit

爪2本装備時の特殊事例です。

まず罠設置速度を決める要素

IAS=普通の武器速度上昇
WSM=Weapon Speed Modifiler、ベース速度(正負逆に扱います)
EIAS=内部システム上使われる、IASを元に再計算された数値
SIAS=スキルIAS。FanaticismBurst of Speedの速度上昇

この4つのうち、IAS以外の3つは等価です。IASだけはEIASに変換した数値が使われます。WSMが5落ちたとき、SIASを5上げれば同じ状態になりますが、IASを5上げてもダメです。
IASとEIASの変換はこちら→https://www.theamazonbasin.com/wiki/index.php/Attack_rate
計算方法はEIAS=120*IAS/(IAS+120)

さて、最速罠設置には

WSM+EIAS+SIAS≧61

が条件です。61って数字の出所は、あちこちの計算サイトからの逆算です。
まずWSMは左右武器の平均値。Greater Talon2本なら30です。
BoSなしならあとEIASが31必要。上の変換表見るとEIAS31に当たるIASは42。なのであと42IAS必要。こういう計算をします。
これだけなら計算サイトがやってくれますが、スワップバグを使う場合は計算サイトが役に立ちません。
そのための解説です。

スワップバグをおさらい。

小手上の武器欄をA、ブーツ上の武器欄をBとします。AにWSMの遅い武器、Bに速い武器を置きます。

1.Aの武器についてHelか-15%reqのJewelを埋めて、
  低下後の要求値<キャラ全体のSTRorDEX<低下前の本来の要求値、にする
2.Bの武器のステータスブースト込みでAの要求値を満たす

このどちらかの状態でスワップを2回行う。

すると

平均WSM:B+(B-A)/2 
武器IAS:B

このようになります。AとBのWSM差が大きいほどWSMの平均値が大きくなり、武器IASはB武器が適用される状態です。
平均WSMが通常得られる数字と異なるため計算サイトが使えないのです。

爪に当てはめると、AにはWSM-10のWar FistかWSMゼロのSuwayyah,Scissors Suwayyahが適し、BにはWSM30のGreater Talonが適します。
War FistとGreater Talonの場合では

平均WSM=30+{30-(-10)}/2=50

となります。
ということは残りEIAS11を稼ぐと最速になるということです。変換表を見るとIAS13で足ります。BのGreater Talonにジュエル1個で済むというわけです。
AにSuwayyahなら平均WSMは45、残りEIASは16なのでIAS19で足ります。Greater TalonにShaelでokです。
このようにスワップバグを利用すると必要IASを大きく減らすことができます。

最後にスワップバグを起こす場合の注意点ですが、BにRunic Talonはかなり使いづらいです。Reqが爪の中で2番目に高いため、Aに使える爪はScissors Suwayyahしかありません。
またBにRW Chaosを使ってのSTRブーストに頼るのもなかなか難しいです。爪は要求STRが低いため、RW Enigmaを使うと簡単に要求値を突破してしまいます。(BにRW Chaosを使うことは何ら問題ありません。バグを起こす方法としては使いにくいです。)
やはりAにHelを埋めてDEXの要求値で調節するのが簡単です。

ちなみに罠だけでなく、IAS依存のほぼすべての攻撃速度はこのEIAS,SIAS,WSMの合計値を元に計算されています。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • vPなんて(おなにー)記事が事細かく乗ってる割にLI対策optionがほとんど紹介されていないのはなんでなんでしょ? -- 2011-04-09 (土) 20:00:14
    • なぜそんな煽るような言い方すんだよw vPでフルボッコにされて涙目なのか?w 記事に書かれてあるよう、Infinity持てばいいだろ。無きゃFire Blastだって十分強いじゃないか。Mind Blastも活用していこうな。Talonや手裏剣を使うのもアリだと思うが(俺はやったことないけど)、そうすると別ビルドのような気もしなくもない。 -- 2011-04-09 (土) 21:51:34
  • ↑おすすめの対策があれば教えてくれってことじゃ? -- 2011-04-09 (土) 21:25:57
  • マジレスすると↑にもあるがMind BlastDeath Sentryでほとんどの局面は対処可能。そしてFB以外のサブスキル選択ビルドは別ページ -- 2011-04-10 (日) 02:36:58
  • アーニャがT+3爪売ってくれなくてイライラしてたwごめんなさい。さておき、Talonや手裏剣は私も考えたのですがBossは有利になるもののARの問題が残る。Talonは近接を意識した装備構成の考慮が必要。手裏剣は裏が埋まる。火罠系統は恐らくスキルポイントがきつめ且CBが兄貴頼み。MBで逃げるは便利ではあったけれど倒すのは(その必要は無いけれど)慣れが必要かなと感じた。と言った考察無くvPの記事がつらつらとあったのではて?と思った次第。まぁ全てを書かないと言うのもあるとは思いますが。長い駄文失礼しました。(私はアサでHELLクリアしたことが無いので編集は控えさせて頂きます) -- 200014? 2011-04-10 (日) 17:28:17
  • SM20振っとけば+ブーストで高い攻撃力による物理+ベノムによる毒 でLI対策&壁になって良いんじゃない? MBとかで支援しつつ死体が出来ればDS連鎖 パーティならLI対策も壁も不要 -- 2011-04-11 (月) 16:43:45
  • 編集を控えるんだったらもっと謙虚に要望を出せよ…と思った次第。 -- 2011-04-12 (火) 20:55:42
  • 初心者向けビルドと銘打った筆頭ビルドなのに初心者記事としては不親切なのは若干否めないな。 -- 2011-04-13 (水) 13:51:22
  • 追記されたやたら輩口調+全く整形されてない文章は初心者記事としてはえらく不適当な気が…特に新しいスキル振りの例は純粋に初心者から見たら意味不明だと思います -- 2012-02-29 (水) 07:47:03
  • 『よけいなもんいらん系』が一番よけいなもんに見える件。 -- 2012-02-29 (水) 09:01:17
  • ん、IAS45は両手で45じゃダメっしょ。罠設置は右手攻撃扱いだから左爪IASは無関係だよ -- w8? 2012-03-08 (木) 13:32:20
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 FASと早足はFade掛けない意味あります
*2 400位あるとめったに死にましぇん
*3 両手爪の場合は右手IAS+防具IAS。左手はベース速度のみ影響
*4 RW Spirit ダブルはDef vs Missile250*2なのでうっかり外すと弓が痛い
*5 手はLava GoutがIAS稼げます
*6 GoldwrapMFだけと思われがちなのになにげにIASついてます
*7 盾とは違い魔法攻撃も防げる。