Top > 【巫女ヒメア】


【巫女ヒメア】

Last-modified: 2017-07-07 (金) 12:32:04

概要 Edit

【ツスクルの村】を治める巫女。学び舎の校長でもある。
【ラーの鏡】無しで主人公の正体を見抜く、風の声を聞いて魔物の襲来を察知するなど登場人物の中でも有数の実力を持つ人物。
本人曰く【世界樹】を守る役目を背負い生きているらしい。
 
実は500年前のエルフの集落にて、母【ヤクル】に付き従う幼い彼女と会うことが出来る。レイダメテス事件時にヤクルの世界樹が甚大な被害を受けたため、次なる巫女としてヤクルから不老の秘術を受け、同時に死別する。以後何百年もの間天涯孤独に生きてきたが、300年前ある悲恋を経験する(【遠い約束】)。

いにしえの竜の伝承 Edit

新たなる世界樹誕生の知らせを風の声で察知し、世界樹の花を誕生させ1度は散華する。しかし【エルドナ】からやがて世界を覆う闇から世界樹の花を守って欲しいという神託を受けたこと、そして【フウラ】が誘拐されたこともあり、世界樹の花を身に宿すことで再び生を得る。
ただ、やはり彼女の願いは【コハク】の元へ逝くことのようである。

【美の競演! 第5回アストルティア・クイーン総選挙!】 Edit

予選をエレガント部門で突破し、本選出場。
ごほうびのヒメアソファはヒメアが正座をしているため、10キャラで唯一背もたれなしの特別仕様。
このような晴れがましい舞台に戸惑いもあったようだが、結果は僅差512票及ばずの6位。
5位が推薦枠で新鋭キャラの【ラピス】であったことを鑑みれば、大健闘だったと言えるだろう。