【マジックアロー】

Last-modified: 2019-11-16 (土) 11:16:43

【弓スキル】

【マジックアロー】-【バードシュート】-【サンダーボルト】-【さみだれうち】-【天使の矢】-【シャイニングボウ】-【弓聖の守り星】-【ダークネスショット】-【ロストスナイプ】-【サンライトアロー】

概要

弓スキル7ポイントで覚えられる特技。消費MPは3。最大射程は15m。
くるりと弓を一回転させて不思議な光の灯った矢を放ち、敵1体に通常攻撃の1.2倍のダメージを与えると共に呪文耐性を二段階下げる。追加効果の成功率はきようさ依存。
 
初期はとても使えた技ではなかったが、現在では度重なる強化によって一線級の性能を持つようになった。
技巧宝珠も含めればかなり基本成功率が高く、遠距離から一気に2段階下げられるため、全職業共通特技の【ぶきみなひかり】の上位互換的な存在となっている。
弓使いと呪文アタッカーが組む場面では積極的に仕込んでおきたい。特に、【魔法戦士】【フォースブレイク】と合わせて【魔法使い】を支援するのに有用である。

Ver.1.1

かつては倍率1.0倍、1/2の確率で呪文耐性を一段階下げる効果だった。
その発動率はお世辞にも高いとは言えずそんなことをしている暇があるなら攻撃スキルを使い、攻撃を加えたほうが良いと言われたほど。消費MPも効果の割には高めであり、そのための連発も好ましくないとされていた。
構成的に呪文耐性を下げたい場合でも、ぶきみなひかりや後に追加されたディバインスペルを使う方が確実性が高い事が多く、利点は遠距離から行使出来ることぐらい。

Ver.3.0

【達人のオーブ】導入により、「マジックアローの極意」でダメージを最大10%伸ばせる。
…正直ダメージを伸ばしたところで使いどころはない。ダメージよりも呪文耐性ダウンの発動率を上げることができれば良いのだが…

Ver.3.0後期

【達人のオーブ】の拡充、および既存の宝珠の性能の見直しが行われた。
「マジックアローの極意」は威力+2%→+8%(最大値が10%→40%)と大きな強化を行われた。
しかし火力に関しては弓技に他に欲しい極意がたくさんあり、且つそちらの方が強力なので付ける余裕はあまりない。
 
そしてそれよりも何よりも遂に念願の「マジックアローの技巧」が追加された。性能は成功率アップ。しかもLv1あたり+10%、最大50%とかなり高い。なぜ最初からこっちを出さなかった
弓を装備しながらもぶきみなひかりで妥協していた弓使いにはかなり嬉しい追加と言える。
 
「マジックアローの技巧」の宝珠は【死のカラステング】【たんすミミック】がドロップする。
カラステングは転生の割に出やすい反面逃げやすい、たんすミミックは痛恨が痛いのでお好みの方をどうぞ。
ただし、いずれも出にくい宝珠である。

Ver.3.4前期

ついに上方修正が入った。
威力が通常ダメージの1.2倍になったほか、呪文耐性低下の成功率が上がり、きようさに依存するようになった。
更になんと、告知にはなかったが呪文耐性低下が二段階になるようになり、きようさの高い職業で撃てばぶきみなひかりの上位互換として使っていけるまでになった。
修正後も「マジックアローの技巧」は高い性能のままなので利用すれば鬼に金棒、更に高い確率で呪文耐性低下を狙えるようになる。

Ver.4.0

成功率に更に上方修正が入った。
宝珠も併用すれば非常に高い成功率を誇るようになった。