Top > 【じげんりゅう】


【じげんりゅう】

Last-modified: 2019-09-29 (日) 13:00:33

概要 Edit

モンスターズシリーズに登場するモンスター。
名前通り次元間を自在に行き来できる巨大な龍で、空中に空いた穴から頭と手だけ出しているという外見をしている。
初出のGB版DQM2からして配信限定の超レアモンスターであり、以降のシリーズでも軒並みレアモンスターとして登場している。

キャラバンハートではデザインが似た【デッドマスカー】が登場したが、両者の関係は不明。

DQM2 Edit

通常の配合では生み出すことができず、ゲーム中に出現することもない隠しモンスター。
GB版では【ラーミア】【かくれんぼう】同様に大会イベントでのみ配布された。
????系で、【マダンテ】【ジゴスパーク】【ひのいき】を習得する。
全ての能力の上昇率が最高値(毎回11~20上昇する)で物凄い勢いで能力が上がっていく。
…が、入手時の+値は0でなんと成長限界がLv9。
つまりLv10まで上がらない仕様になっている為、決して配合することができない
よって新しい特技を覚えたり耐性を上昇させるといった事が完全に不可能な為、コレクション以外の用途がない。
あくまでLv10まで上がらないから配合できないのであって、配合そのものに規制がかかっているわけではないので、チート等でLv10以上にすれば配合すること自体は可能である。もちろん正規プレイではありえないので一発バレするが。配合済みのじげんりゅうがいればそれは改造行為によって生み出されたものだろう。
PS版ではルカ編でのみ他国マスターが連れている。入手するにはこれを奪うしかない。
仕様は殆どGB版と同じ(個体によっては成長限界がLv8だったりLv7だったりする)。配合素材にすら出来ないのでやはり用途がほとんどない。このせいでラーミア、およびかくれんぼうを入手できるテリー編、イル編と違って配合に????系を使用するモンスター(【ダークホーン】【ローズバトラー】など)を手軽に入手出来ないのだ。
GB、PS版ともに図鑑には載らないので、入手しなくとも図鑑の完成は可能。
ちなみに、PS版のグラフィックは公式イラストよりもヒゲ等のフサフサ感が増している。

DQMJ2P Edit

久々の再登場を果たす。こちらでも配信限定で、全国7か所の特定の店舗において配信されていた。
今作からはちゃんとLv10以上に上げられ、配合もできるので安心していい。
特殊配合先として、【グレイナル】と配合して【神竜】を生み出すパターンが用意された。
ドラゴン系のSSランクに属し、2枠かつAI2~3回行動を持つ唯一のモンスター。能力はMP・守備力を除いてはそこそこだが、マイナス特性が【強者のよゆう】【ちょうはつ】と二つあるのが難点。
所持スキルは固有の【じげんりゅう】
ちなみに待機モーションでは次元の穴に隠れており、ご尊顔を拝めるのは呪文以外の攻撃モーションだけ。
イラスト通りのポージングは体技モーションで手と顔を出した時に一瞬だけ見られる。

テリワン3D Edit

またしても配信限定で、現在は全国7か所の特定の店舗でのみ配信されている。
この内3か所が都内。地方民は諦めろということらしい。残酷である……と思っていた諸君に朗報が!
2013年2月4日に自宅などで受け取れるノーマルプレゼント配信のモンスターが大量に追加されたのだが、なんとこいつを含めた、かつてすれちがいデータで配信されていたモンスターが全て一斉に追加されたのである。
現在、こいつとラーミア、【勇車スラリンガル】【フォロボシータ】【エッグラ&チキーラ】【ゴールドマジンガ】【かみさま】【エリスグール】がノーマルプレゼント対戦でもらえるようになっている。これでようやく地域格差は無くなった。
 
前作同様ドラゴン系のSSランクに属し、2枠かつ2~3回行動を持っている(こちらも2枠では唯一)。
能力は前作と大きな変化はないが、マイナス特性を全てスキルで後天的に得る仕様になった関係上、「強者のよゆう」「ちょうはつ」共に削除されている。
しかし、固有の所持スキル「じげんりゅう」では、マイナス特性【ウトウト】を習得してしまう(眠りがむしろプラスに働く【ねがえり】持ちのモンスターになら採用の余地がある)。
前作同様【グレイナル】との配合で【神竜】が生み出せるが、神竜を生み出す配合には手に入れるのが比較的容易な【にじくじゃく】で事足りるので、【エグドラシル】同様こいつにお呼びがかかる事はほぼない。と言うか、むしろもったいない。
なお、上にもある通り現在ではノーマルプレゼントの配信で手に入れられるので、手に入れてすぐにこいつを使うのも良いだろう。使ってしまっても【めぐりあいの扉】での再入手も容易だ。
観賞用で使い道の無かったDQM2とは異なり、素材としても戦闘にしても、普通に使えるモンスターとなった。
 
余談だがプレゼント対戦で登場した際には【じげんのはざま】というふざけた性能の専用特技を使用してくる。
また、今作でデッドマスカーが復活したが、モーションがこいつの使い回しになっている。

イルルカ Edit

前作同様、ドラゴン系のSSランク。
今回は配信モンスターではなく、【夢見るタマゴ】から孵化させるか錬金カギの報酬として入手できる。
夢見るタマゴを孵化させるにはすれちがいが必須なのでかなり厳しい。
錬金カギで粘るにしても、こいつが報酬のカギを引き当てなければならず、ドラゴン系のSSランクは数が多いので、ドラゴン系オンリーのカギを作っても、粘るのに時間がかかる。
どちらにせよ非常に面倒な手段でしか入手できないモンスターである事には変わりがない。
とは言え通常プレイで入手可能なので頑張って手に入れよう。
ちなみにカギのキーワードに「ろうかいな」を設定すると候補を一気に3体に絞れるため狙い目。
 
配合での使い道や所持スキルなどは前作と同じ。スキルからは「ウトウト」が削除。
【新生配合】【秘めたるチカラ】【ギガボディ】化で【ショック攻撃】を習得。
デッドマスカーの豆知識には「次元を超えられる竜のもう一つの姿だとも言われている」と書かれている。
もしかすると本当にじげんりゅうと同一の存在なのかもしれない。

DQMJ3P Edit

無印版ではリストラされたがプロフェッショナル版で復帰したモンスターの1体。
ランク、系統は変わらず。
相変わらず配信限定モンスターとして登場。今回は7SPOTでDSによる配信でディスクを入手できる。
その後暫くは入手不可能な状況が続いたが、現在では自宅Wi-Fiで配信されるようになったため、キャンペーンで入手し損なった人はそちらで手に入れるといいだろう。
 
特性に関してはイルルカから特に変化なし。
超ギガ化すると【いてつくはどう(特性)】が解放される。
合体特技は【神の裁き】、合体特性は【雷神】
 
神竜、【バルボロス】、グレイナルとの4体配合で【マスタードラゴン】が出来る。
所持スキルは変わらず「じげんりゅう」。
 
なお本作、ライドシステムの関係からか待機モーション時でも頭と手を出している。
というかなんで今までそうしなかったのだろうか。