【魔王】

Last-modified: 2020-02-12 (水) 09:23:24

概要 Edit

ドラクエシリーズで度々登場している、魔物たちの王たる存在。他作品での魔王は【魔王】を参照。
DQ10中にも登場しており、【不死の魔王】【いにしえの四魔王】などと語られていたが、この用語自体はVer.4までそれほど明確に定義されているわけではなかった。
本格的に作中で扱われるのは【魔界】が舞台となるVer.5からである。
 
なお、本作の世界観においては魔王と【大魔王】は明確に扱いが区別されている。詳細は当該記事を参照。

DQ10における「魔王」 Edit

魔王とは、魔界に存在する国家の統治者のこと。つまり魔界にある国の数だけ魔王がいることになる。
アストルティアの各国家の王たちと同様に、王になった経緯も統治の方法も権力の大きさもそれぞれ異なっている。
 
Ver.5の時点で魔界には3大国があり、計3人の王がいる。
これら以外の国や魔王がいるのかは定かではないが、少なくとも小国の大半はファラザードに統一された模様。

過去に存在した上記3国以外の魔王(大魔王となった者を除く)としては、バルディスタに侵攻し返り討ちに遭ったジャムール王国のゴル・ジャムール、愚劣な統治で反乱を招いた海運都市ザードのグジャラード(【大魔王ヴァルザード】の息子)などの名前が書物に登場する。
かつて賢女の都レジャンナの統治者であった【ジルガモット】も元魔王と言える。
Ver.5.1では200年前に滅びた【ネクロデア王国】【魔王モルゼヌ】が亡霊として登場する。
 
また、【ドラゴンクエストX アストルティア創世記】によると【冥王ネルゲル】も「大魔王の侵略に呼応して【勇者】が誕生し拮抗すると言う現象に対抗するため、アストルティアで誕生した魔王」との記述が見られる。

蒼天のソウラ Edit

【魔公王イシュラース】は辺境の一部族(【太陰の一族】)の長であったため、規模の問題で魔王ではなく魔公王であった。
息子の【魔公子イシュマリク】もアストルティアで領地を切り取ってから「魔王」を名乗るつもりでいる。

余談 Edit

Ver.4.5後期に【はぐレモン】に魔王だと勘違いされた【マオオミ】という人物もいるが、こちらは魔王とは名前の響き以外全く関係ない。