Top > 【魔瘴石】


【魔瘴石】

Last-modified: 2019-08-20 (火) 07:33:41

概要 Edit

【魔瘴】を固形化した紫色の宝石。

【グレン城(ストーリー)】 Edit

【バグド王】がガートラントより献上されたとされるネックレスをしていたため頭痛に悩まされるが、【賢者マリーン】が誰も外せなかったネックレスを外す。
しかし、その後も悪影響は残り、バグド王はガートラント城へ戦争を仕掛けかけるが、主人公が取ってきたグロリスのしずくにより正気を取り戻して事なきを得る。

【ガートラント城(ストーリー)】 Edit

【海賊のアジト跡】にいた白いヴェールの女が件のネックレスの力で【妖魔ジュリアンテ】へと姿を変える。
勝利後、ネックレスは【スピンドル兵士長】により城にもたらされるが、賢者マリーンが奪い取り、正体(【呪術師マリーン】)を現してスピンドルとグロスナー王をさらっていく。
【古代オルセコ闘技場】でマリーンを倒すが、ネックレスは【旅芸人ピュージュ】によって持ち去られてしまう。

【ドルワーム王国(ストーリー)】 Edit

【ドゥラ院長】により魔瘴石を【太陽の石】に変える技術がもたらされたため、冒険者に対して【カルサドラ火山】での魔瘴石発掘のお触れが出る。
主人公たちも配布された【魔瘴石の包み】を手に火山に向かい、お札の貼られた巨大な魔瘴石を見つけるが、【ルナナ】たちに持って行かれ、小振りなかけらしか手に入らなった。
 
ドルワーム水晶宮で巨大な石を太陽の石に変えようとすると、魔瘴石の中には【天魔クァバルナ】の魂が封印されていたようで、クァバルナの魂が解放されてしまう。太陽の石に変える術もクァバルナがドゥラの夢の中に介入して伝えたもので、すべてはクァバルナの術中であった。
その後、主人公たちの活躍によってクァバルナは無事に再封印される。
 
クァバルナはその後も未遂も含めて)復活を遂げようとしてきたが、それらの事件に関しては魔瘴石は特に関係は無い。
それ以外に関してもこれと言って問題は起こっていない現状を見るに、魔瘴石を太陽の石に変える技術そのものは本物だったようだ。