Top > 【スライムダーク】


【スライムダーク】

Last-modified: 2019-07-04 (木) 22:51:31

概要 Edit

DQ8で初登場した黒い【スライム】
外見はただの真っ黒いスライムだが、普通のスライムとは段違いの強さを誇る。
スライム、【スライムベス】【メタルスライム】に続き、ついに現れた4色目のスライムである。
スキャンバトラーズでは同色の【ブラックスライム】がいる。
 
名前が「ダークスライム」ではないのは、【ダークスライム】はキャラバンハートで既に登場しているからだろう。
もっとも、【じごくのもんばん】など名前が同じでも姿が違うモンスターもいるのだが。

DQ7(リメイク版) Edit

【トクベツなモンスター】No.098。
配信の【すれちがい石版】【スライム王者決定戦!?】に登場する。
【スラ・ストライク】は削られたが、【メラミ】は唱えてくる。
すれちがい石版をダウンロードできるようになってすぐに挑戦すると結構な強敵だが、
所詮はメラミしかしないので、石版めぐりをするようになる頃には相手ではないだろう。
DQ8と同じメラ・ヒャド・眠りの耐性の他、DQ7では岩石系、火炎、吹雪にも耐性が少しある。 
ドロップはマジカルハット…はDQ7には無いので、代わりなのか【マジカルスカート】を落とす。

DQ8 Edit

【闇の世界】や闇の【神鳥の巣】(5Fを除く全域)に生息する、DQ8名物真っ黒モンスターの一種。
メラミを唱えるほか、スライム族の奥義スラ・ストライクを使う。
スラ・ストライクはスラもりシリーズと違いただの【強化攻撃】なので別にそんなに強くないが、【メラミ】がなかなか厄介。
出現数も多く、メラミを連発されるとかなり危険な状態になりかねない。
また、暗闇モンスターの例に漏れず【ラリホー系】が効かないのには注意。それ以外なら大体効くけど。
同じく、DQ8のメラミ使いに共通する【メラ系】【ヒャド系】呪文への若干の耐性もある。
それ以外には耐性がないので、【イオラ】【ベギラゴン】などで一掃したいところ。
また【ザキ系】呪文もよく効くので、面倒臭いなら【ザラキ】で一掃してしまおう。所詮はスライムである。
ちなみに、こちらが強いと逃げる場合もある。
 
落とすアイテムは通常枠が【やくそう】(1/16)、レア枠が【マジカルハット】(1/256)。
やくそうはスライム譲りなので普通に納得だが、マジカルハットはメラミを習得した証という事なのか…?
マジカルハットは落とす確率的には最低ランクだが、高出現率+集団で現れる分相対的に落とし易い。
 
【暗黒魔城都市】が崩壊すると、他の【ラプソーン】の配下と同様表のフィールドにも出現する。
具体的には【トラペッタ地方】(中央部の平地[夜間])、【マイエラ地方】(南部の平地[昼間])、【パルミド地方】(東部全域[平地は昼間のみ],西部の平地)、【ベルガラック地方】(中央部の平地[夜間])、サザンビーク国領(東部の平地[昼間],北部の森、海岸部北[夜間])、【リブルアーチ地方】(北部の森)、【人跡未踏の森】(西部全域)、パルミド西の島(平地)、【風鳴りの山】に分布。
強さも少し上がっているが、報酬は変わらず。また、この手のモンスターにしては珍しくHPとMPは変化しない。
まあ、これは出現時期補正といえば仕方ない面もある。
しかし、その出現範囲・出現数たるやシリーズトップクラス。鬱陶しいことこの上ない。
風鳴りの山でも【バブルスライム】とスライムベスを排除してまで乱入している。
この図太さはラプソーン譲りだろうか。
 
スライムダークにならぬよう、耐えるスライムがいることから、普通のスライムから変化するようだ。

シアトリズムDQ Edit

チャレンジモードの「特別な挑戦」でのみ登場する特殊なモンスター。
このモードでのみ5匹セット固定で出現し、1曲中に何匹のこいつを倒せるかに挑む。