【プチヒーロー】

Last-modified: 2020-03-19 (木) 15:06:10

概要 Edit

リメイク版5、DQ7などに登場するモンスター。初出はDQ7。
【プチット族】の勇者で、【プチファイター】【プチプリースト】【プチマージ】と共にパーティを組み、
勇者達に勝負を仕掛けるが、他のメンバー共々まだまだ未熟者。おしりに小さなブチがありブチヒーローと呼ばれたらどうしようと悩んでいるらしい。そして剣はボロボロで戦闘中にたまに折れてしまう。
色違いの【コロヒーロー】とはライバル関係にある。
リメイク版のDQ7にはこれが大きくなって武装した【メガヒーロー】が登場している。
DQMシリーズではDQMJ2以降、他の連中と一緒くたにされてしまったので、単体では登場しなかったが、
イルルカではこいつがそのまま巨大化した【ギガヒーロー】と言うモンスターが登場している。

DQ5(リメイク版) Edit

  • 【天空への塔】周辺では、ヒーロー・ファイター・プリースト・マージの王道パーティーで出現。
  • 【迷いの森】周辺では、ヒーロー・プリースト・マージ2匹の魔法パーティーで出現。
  • 迷いの森内部では、ヒーロー・ファイター・ファイターの肉弾戦パーティーで出現。

ステータスや行動はDQ7とほぼ同じ。この時点なら別に怖くないはず。
落とすアイテムは【せかいじゅのしずく】。ドロップ率は1/64と低いが【ベホマズン】使いがいないパーティーにとっては複数入手できれば【エスターク】戦などで貴重な全体回復手段となる。
やっぱり仲間にも出来る。仲間モンスターとしての詳細は【プチヒロ】を参照。

DQ7 Edit

DQ7では【コスタール地方】【ホビット族の洞窟】などに出現する。
しぶとく現代でも生き残り、風の塔などに出現する。
コロボックル達と同じで、4人のうち必ずファイター以外の誰かが欠けている。
攻撃のミスが多いのは相変わらずで、MP不足のため【アルテマソード】も必ず失敗する。
ちゃんと効果がある【ホイミ】【バギ】を使ってくるが、この時点では大して怖くない。
焦らなければどうにでもなるモンスター。先に他の仲間を倒そう。
落とすアイテムはせかいじゅのしずく。
なお、グラフィックが同じ敵に【さんぞくのカシラ】がいる。

リメイク版 Edit

【すれちがい石版】の一つである【勇者の集う洞くつ】で、コロヒーローともども大量に出会える。
コロとの共演で初めて気付いた人もいるかと思われるが、リメイク版ではコロより一回りサイズが大きい。
 
PS版では効果音までついてプレーヤーの心を和ませてくれた剣が折れるアクションは、残念ながら無くなってしまった(もちろんコロも同様)。

DQM1(PS版)、DQM2 Edit

この系統の代表選手として登場する。系統は植物系。
配合では植物系×【スライムナイト】の組み合わせで誕生する。
習得する特技は【デイン】【ホイミ】【ギガスラッシュ】と、勇者らしい。野生のものは【アストロン】を覚えている(ふしぎな鍵を除く)。
序盤からデインが使えるのは頼もしい。ステータスの伸びは低いので根気強く育てる事。
なお、前作の【わたぼう】とのお見合いを繰り返して歴代最強の勇者にする事も可能。

DQMCH  Edit

自然系のAランク。重さは2とランクの割に非常に軽い。
【テパ】周辺などに出現する。
【マロンマン】【ガーゴイル】の心や【リーファ】の心などを与えると転身できる。
習得する特技はデイン、ホイミ、【いなずまぎり】
DQMCHではデインがかなり強力なのでありがたい。
成長が早く、前作よりステータスもよくなっているので意外に使えるかもしれない。
これをベースに、【ドロル】の心と【あくま神官】の心などを与えると、
自然系最強クラスモンスターである【ドロルリウム】が誕生する。
オーブのダンジョンでは集団で現れて【ギガデイン】を連発してくる鬼畜野郎。本編と比べて扱いが嘘のようである。

トルネコ3 Edit

【密林の墓場】【化石のほら穴】に出現する。
特徴としては、コロヒーローのギガデインがアルテマソードになっただけ。無論、失敗する。
HPが10以上の相手に攻撃が当たらないのも変わってない。
成長タイプは【防御・晩成】で、仲間になった時のデフォルトネームは「プチた」。
仲間にしても相変わらずの役立たず。こいつらって…。

少年ヤンガス Edit

配合限定。
コロヒーロー×プチマージで作れる。
攻撃のミスが多いのは相変わらずだが、【カンダタこぶん】【オルテカ】を作るのに必要なので作ったなら大切に育てよう。
レベル15で【インパス】、30で【ミナデイン】を覚える。
視界内の敵全員にファイター以外のコロ・プチ系の仲間の数×100のダメージを与える。
凄まじい威力なので一度は使ってみよう。使った後は封印状態になってしまうが。
また、成長限界は20なのでミナデインの習得には+値が10以上必要。
カンダタ子分との配合に【オルテカの魔石】を贈ればオルテカが作れる他、【ギガンテス】相手で【ごろつき】も作れる。

モンパレ Edit

ランクBの悪魔系モンスター。炎の大陸近海に出現する。
初期とくぎは【いなずまぎり】。ステータスは残念ながら高いとは言えず戦力としてはやや力不足。
特にヒーローは他3種と比べてもバランス重視の能力のせいで、器用貧乏なステータスになっていることも厳しい。
身体が小さくパレードの隊列を崩しにくいことが唯一といってもいい長所だった。

DQR Edit

第6弾カードパック「小さな希望のシンフォニー」にて実装。共通のスーパーレア。
この弾でプチット族が一気に4体とも実装されたが、コイツだけレアリティが上(ついでに言うとコイツだけ下方修正を受けた)。

2/2/2
シンクロ:①HP+1
     ②攻撃力+1
     ③HP+1

序盤に出しても標準的な軽量ユニットとして扱えるが、終盤には2/3/4という、軽さの割に高いスタッツになる。
かつてはシンクロLv3で攻撃力も1上がったのだが、下方修正され現在の仕様になった。
それでも強いことには変わりないので、(シンクロ持ち全般に言えることだが)【レックス】のようなシンクロが早く進む英雄と合わせて使うといいだろう。