Top > バトル > 【先制攻撃】


バトル/【先制攻撃】

Last-modified: 2019-03-20 (水) 22:31:35

通常でも起こりうるが、アビリティやアクセサリで任意に出やすくできる。
アビリティ/【先制攻撃】【先制】【さきがけ】【警戒】、など)

敵が1ターン(もしくはATBゲージが溜まってなくて)全く攻撃してこなかったり、
作品によっては背をみせていたりする。
しかし、敵からバックアタックされた時ほど優位な印象は無い、一瞬で体制が戻ってしまうからだろうか。
一番最初に行動するキャラが分かっていれば動きやすい。


敵の先制攻撃を「ふいうち(不意打ち)」や「きしゅう(奇襲)」と表記する作品もある。
関連:
特技/【不意打ち】
アビリティ/【不意打ち】
アイテム/【ふいうち】
バトル/【奇襲攻撃】






FF1・2 Edit

FC版1や2では、全員のコマンド入力が終了した瞬間に「先制攻撃のチャンス!」と表示される。
先制攻撃できるかどうかは始まるまでわからないという、緊迫した戦闘だった。
リメイク版では戦闘開始時に表示される。

  • 俺の持ってるFC版FF1・2のFF1では先制攻撃が表示されてからコマンドだったぞ。
    FF2は最初に言ってくれないから回避とかを上げるのに都合が悪い…

モンスターの先制攻撃(不意打ち)もあった。
1ターンの間、一方的に攻撃を受けることになる。


FF1ではボスなどの逃げられない敵の場合は先制攻撃や不意打ちは発生しない。
FF2ではボスにも先制攻撃や不意打ちが発生する。

  • ちなみにこの仕様はGBA版以降のリメイクでも同様。
    FF1では今までのモンスター・追加モンスター問わず逃走できる敵パーティなのかどうか判断する基準として地味に役に立つので、覚えておいて損はない。
    FF2ではボス戦前にセーブ→先制が出るまでリセットという戦法に利用できる。

リメイク版2では、画面右端から走ってくる演出がある。

  • FC版FF2:先制か否かにかかわらず画面右からキャラクターがフレームINしてくる。
    リメイク版(WSC版以降)FF2:味方側先制時はFC版同様に画面右からキャラクターがフレームIN。そうでない通常エンカウント及び敵側先制(不意打ち)時は、キャラクターが最初から画面内の定位置にいる(いわゆる「板付き」)。

FF3(FC版) Edit

今までと同様に、先制攻撃できるかどうかは始まるまでわからない。
ボス敵には発生しなくなった。(宝箱の敵はボス格の敵でも発生する)
またモンスターの場合、バックアタックという更に凶悪なものも登場した。

  • モンスターの先制攻撃も引き続き存在。

FF3(DS版以降) Edit

モンスターの先制攻撃が削除されたことにより、
通常バトル、味方の先制攻撃、バックアタックの3パターンになった。

FF4 Edit

本作からはATBシステムが採用されたため、「バトル開始直後に味方のATBが満タン、かつ敵のATBが空の状態」となった。
パーティーによっては敵が行動する前に再行動できるなど大きな恩恵を受けることが出来、初登場したATBシステムの特徴を存分に生かした仕様だったと言える。


モンスターの先制攻撃では「ふいうちだ!」と表示される。


特定の相手との戦闘では、
「必ず先制攻撃できる」「必ず不意打ちされる」「必ずバックアタックされる」
というものがある。逆に、絶対にこれらが発生しないケースもある。

FF4TA Edit

仕掛けられたほう(不利な側)は、一瞬だけ背後を向いている。
いかにも「急に襲われた」ことがわかる図式。
PSP版ではFF4にも採用された構図。

FF5 Edit

忍者先制攻撃のアビリティで発生率を上げられるようになった。
基本的にボス戦では発生しないが、イフリートビブロスギルガメオメガなど特定のボスでは発生する。


発生率は1/8=12.5%。
アビリティ先制攻撃で発生率が倍の3/8=37.5%となる。全機種この仕様は同じ。
先制攻撃が発生した場合、敵モンスター全員の行動待ち時間を90加算する(上限255)。


内部処理的には、バックアタックの判定後0~255の乱数を取得し、32未満であれば先制攻撃になり、「せんせいこうげき」のアビリティ所有時は倍の64との比較になる。

  • GBA版で200回アビリティ「せんせいこうげき」「けいかい」なしで戦闘すると22/200回発生。
  • GBA版で200回アビリティ「せんせいこうげき」あり、「けいかい」なしで戦闘すると68/200回発生。
    • 1/16(6.25%)→3/16(18.75%)では実測値と合致しない。
  • SFC版で100回アビリティ「せんせいこうげき」あり「けいかい」なしで戦闘すると36/100回。
    スマホ版同条件でも36/100。

先制攻撃が発生する戦闘では、バックアタックも発生する可能性がある。
リターン後は内部処理的にバックアタックは絶対に発生しないが、先制攻撃は発生する場合がある。


モンスター側の不意打ちはなくなり、バックアタックだけが残った。


ジョブのバーサーカーは専用のタイマー初期値60を消化して初めて動ける。
先制攻撃時もバーサーカーがすぐ動いてくれないのは、この「待ち時間を消化して初めて動く」仕様が原因。

  • アビリティ版「バーサク」装着者はATBゲージが満タンになると動くため、先制攻撃時は他のジョブと同じく素早く攻撃してくれる。

FF5(iOS/Android版) Edit

隠しダンジョンで出現する追加モンスター戦で、先制攻撃・バックアタックが一切発生しなくなっている


ボス戦で先制攻撃およびバックアタックが発生しなくなった。


リターン後も先制攻撃が発生しなくなっている。

  • アビリティ「先制攻撃」付きで先制攻撃が発生した雑魚戦にてAUTOでリターン50回、AUTOなしの手動リターン50回で0回先制発生。
    AUTOで戦闘に突入しても先制攻撃は発生する。

バーサーカーもATBゲージによって管理されるようになったため、先制攻撃時は他のジョブと同じく速攻してくれるようになった。

FF6 Edit

バトル開始直後に味方のATBゲージが満タン、かつ敵のATBゲージが空の状態。
火力インフレ気味のFF6においては無傷で勝利したも同然の状態なのだが、
アラームピアスを装備しても特に発生率が上がらないため「成功したらラッキー」くらいにしか意識しない。

  • 先制攻撃発生率をアップさせるのは「疾風のかんざし」だからね。
    でもこの疾風のかんざし、通常戦闘発生枠から削った分を先制攻撃に置き換えているだけで、
    敵の不意打ち発生率は通常時とまったく変わらないんだよね…。
    アラームピアスと一緒に着けろ、ということか…。アクセサリ枠を2つもなんて、そんな御無体な…。
  • 1人にまとめて付けずに、1人が疾風のかんざし・他1人がアラームピアスにすればよい。

FF8 Edit

味方のATBゲージが満タン、敵のATBゲージが空になる。
敵に対してバックアタックを仕掛けた状態と単なる先制攻撃との2種類ある。
バックアタックに成功すれば敵が後ろ向きの状態でバトルが開始される。
後ろを向いた敵に対しては物理攻撃のダメージが2倍となるので、初手では一斉に通常攻撃を仕掛けたいところ。
アビリティ「けいかい」によって成功率が上昇する。

FF9 Edit

味方のATBゲージ満タン、敵は後ろ向き(たぶんATBゲージも空っぽ)と、とっても有利な状態でバトルが開始される。
先制攻撃率アップのサポートアビリティを装備することで、3割程度の確率で先制攻撃となる。

FF10 Edit

敵味方どちらかが先制をかけることがあり、かけた側全員にターンが回っている状態となる。
従来のバックアタックは廃止され、背後からのダメージ増などはなくなった。
普段は敵味方それぞれ1/8の確率で発生するが、先制つきの武器を持ったキャラが
開始メンバーにいると味方側は1/4の確率になり、敵側は発生しなくなる(一部を除く)。
味方側が先制した場合、すばやさの高い順にターンが回る。
また、敵側に先制された場合でも、さきがけつきの武器を持ったキャラは敵より先に行動することができる。

FFUSA Edit

バトル開始時に、味方が先制した場合は「せんせいこうげき!」、敵の場合は「きしゅうだ!!」と表示される。
発生するかどうかは敵味方それぞれのパーティの人数や素早さの平均値が関係するらしい。


敵の先制攻撃を「きしゅう」と表現するのは同じ開発スタッフのGBサガ3が由来。
ちなみにサガ1では「まちぶせ」、サガ2(リメイクでは3も)は「ふいうち」になっていた。

FFL Edit

アーリマン死の宣告は、こちらの先制攻撃すら無視するような形で戦闘開始直後に使ってくる。

FF零式 Edit

表記は「襲撃成功」と出る。
フィールドマップでしか起きない(作戦中・ダンジョンはシームレスのためか)
エンカウント時に赤い炎の爆発みたいなエフェクトが出るので分かりやすい。
発生すると、消費MP0オーラトランスプロテスリジェネクイック・(敵全員に)キルサイトのどれか一つが掛かる。
ちなみに恩恵を受けれるのは操作キャラクターのみ。
他のパーティキャラは呼び出し直後、無敵になるためだと思われる。

WOFF Edit

味方の先制時は「おさきにチャンス!」、敵の先制時は「いきなりピンチ!」と出る。
【警戒】を持っていれば敵の先制を防げ、【先制攻撃】を持っていると味方の先制攻撃確率が増加する。


宝箱からミミックミミックゴールド?が出現した場合、警戒を持っていない限り必ず敵の先制攻撃になる。

PFF Edit

ターン開始時に、敵より先に攻撃すること。
スキルやアビリティにより発動順番が決まっている。
具体的には以下の順に発動順番がある。
(敵の状態変化)→うたう→戦闘開始→ほめるみやぶる居合い抜き分身ためる→(敵の先制攻撃)→算術砲撃誘雷スロット調合敵の技ファストブースト→ターン開始
敵の先制攻撃は順序がかわることもあるが、居合い抜き・分身・ためる以前は必ず敵より先に発動する。
ただしカウンター(形態変化も含める)がある場合は、先制攻撃関係なく直後にしてくる。
居合い抜き以外は、全て別個に通常攻撃がある。


なおプレミアムスキルは戦闘開始前のパズルを解く前・魔法を使う前にしか使えないため、そういう意味では最速の先制攻撃となる。


ノクティス(コスモス)ファントムソードなどのプレミアムスキルによる先制攻撃技は、居合い抜きなどの後・算術の前に攻撃する。