防具/【金の髪飾り】

Last-modified: 2023-09-18 (月) 23:45:12

FF2から初登場の頭用防具。
FF6等、一部の作品では防具ではなくアクセサリ扱いになっている場合も。


アクセサリ扱いの方も含め、どの作品でも大抵の場合特殊効果がある等の理由で高性能な装備品として登場する。
魔法で強化されているのか、下手なよりも防御性能が上回る場合もある他、作品によっては兜どころかよりも頑丈な場合も。


関連項目:データ/【ゴールドシリーズ】アクセサリ/【金の髪飾り】


FF2

素早さが+10され、稲妻(雷属性)に耐性がある頭防具。
重さ魔法干渉ともに低くて、非常に使い勝手が良い(特に魔法干渉は0)。
ミシディアの洞窟地下1階の宝箱に入っている他、ラミアクィーンがドロップする。
FC版では素早さが装備品を含めると109(あ9)まで上がる為、最強装備候補と成り得る。


防具の詳細な性能は防御力11・魔法防御10・重量2・魔法干渉0、稲妻属性耐性、素早さ+10のボーナス付。
店では購入不可能な非売品で、売った際の値段は全バージョン共通で1個300ギル。

  • 頭防具で魔法干渉0なのはこの髪飾りとリボンのみ、全防具でも他には体防具のローブと腕防具の守りの指輪のみしかないため、かなり貴重。
  • 非売品かつ実用性の高い優秀な装備品のため、持ち物制限のとても厳しいFC版等でも不要になった後にしか処分してしまうことはなくあまり気にされることはないが、あくまで髪飾りでしかないためなのか貴重度と実用性の高さに反して売った際の値段はかなり安い。

この防具自体が非常に有用なのは確かなのだが、ラミアクィーンはこれよりもさらに有用な頭防具であるリボンも落とすためこれよりさらに低確率といえどもそちらのドロップを粘った方が良く、コレクション目的や偶然入手する以外であえてリボンではなくこちらの方のドロップを狙われるのは稀。

  • 固定でラミアクィーンと戦える機会である偽ヒルダ戦パラメキア城6Fのサンブレードの宝箱の両方でリボンの入手を優先した場合には、ラミアクィーンが通常エンカウントで出現するラストダンジョンまで待つことになってしまうが、幸いアイテムをきっちり全回収しているのならこの髪飾りはレイラの初期装備・ミシディアの洞窟・ポールの隠し部屋で計3個手に入るため全く問題なく、ゲーム攻略の面では固定戦闘のラミアクィーンは2戦共リボンの優先入手を狙った方が良い。

FF2の仕様上、全員が装備可能。
だが、ガイヨーゼフなどがこれを装備するのは非常にシュールである。
どのキャラに装備させてもステータス補正は同じ。

  • 攻略本の絵ではぶっとい串に飾りがついている。
    これを見る限り、ヨーゼフのように髪がない人は頭にブッ刺すしか装備法がないような…。
    • 眼鏡の弦みたいに耳の上に乗っけるとか?

FF2(GBA版以降)

GBA版以降から追加されたゲーム内の説明文は「いなずまにつよい きんせいの かみかざり」。
文章をよく読まない人を除き、稲妻耐性が付いていることがわかる親切な説明文になっている。


GBA版以降の追加シナリオSoRではラミアクィーンと同じドロップテーブルのモンスターであるオルカトが落とすが、当然のごとくラミアクィーンと同様にこいつもリボンも落とすため、やはり本編同様コレクション目的でもない限りあえてこちらが優先的に狙われることはない。

  • 本編から持ち込まない限り、SoRで入手する手段はオルカトからのドロップ入手のみ。
    一方、リボンの方はSoRではこいつだけでなくマザーラミアからもドロップ入手可能な他、謎の宮殿内の宝箱からも1個入手できる。
    コレクターの場合、むしろリボン4人分の方を先に集め終わり、こちらの方がなかなか拾えずに逆に粘る羽目になる場合も。

FF2(PSP版以降)

PSP版では追加ダンジョンの秘紋の迷宮の「鉄格子」のフロアにて宝箱から入手可能に。
今までと違い、ラスダンまで待たずとも早期に量産可能になっただけでなく、ラミアクィーンから狙わずとも良くなった。

  • ただし言葉の相性が悪い場合のみにしか入手できないため、早期入手を狙う場合には言葉の相性に気を配る必要あり。
    また、この「鉄格子」のフロアでは、言葉の相性が普通の場合には、この髪飾りの代わりに同じく有用な体防具であるダイヤの胸当てが入手できるため、合わせて入手しておくと良い。
    • 重装備だろうと気にせず使う&魔法を一切使わないプレイスタイルをとっている場合には、これらの代わりに言葉の相性が良い場合に手に入る4属性(炎・冷気・稲妻・毒)耐性付のドラゴンアーマーを入手する選択肢もある。

FF2(ピクセルリマスター版)

4人目のキャラは離脱した際に自分の装備していた装備品を全部外すようになった。
一度離脱したレイラがフィン城入り口で再加入した際に再び身につけているので、プレイヤーが売らない限りは手元に必ず2個金の髪飾りが残る事になる。

  • この仕様変更によりラミアクィーンから狙わずとも実用面で必要な4人全員分を集めることができるようになっている。

FF4

防御力7、回避率10%、魔法防御力10、魔法回避率9%。知性+10の補正がかかる。
雷半減の上にドラゴン種族からの攻撃を軽減してくれる。
これほどの強力な防具がトメラで20000ギルで買えたり、ミストの村のリディアの家隠し部屋で拾えるというのも嬉しい。
ついでに変化のロッドもあるので、拾っておくといい。
月の地下渓谷にはドラゴン系のモンスターが多いので、リボンを装備するよりもこちらを装備したほうがいいかも。


女性キャラしか装備できないので、リディア以外は知性+10の効果を活かしきれずちょっともったいない。
せめてテラエッジが装備できれば…というところ。

  • お母さんがリディアの為に残してくれたと考えるのが自然なので、リディア向きの設定になっているのだろうね。
    • リボンはローザとエッジに回し、リディアはこれを使い続けるのも良い。
      魔法威力上昇とドラゴン耐性で、ラストダンジョンでも大きな効果を見せてくれる。
  • 絵面的に、じいさんやいい歳した男性が装備できるのはちょっと…
    • ギルバートくらいは装備できても違和感なかったんじゃないかな?
      • ビジュアル的にローザ、ギルバート、カインの髪の色にはあまり映えないかもしれない。
    • 今作以外、特に後のタイトルでは年齢・性別問わずに多くのキャラが装備できることが多い。
      男性キャラに(FF9でのアビリティ習得後など)長く装備させたいとは思わないけど。
  • ローザは素のパラメータがどうしても低くなるので、知性+10により魔法防御回数を高められる効果がありがたい。

普通にプレイしていれば序盤と中盤の境目くらい、裏技を使えば物語の序盤も序盤で手に入る。
バランス良くかつ高水準な防御&回避、終盤で有効な竜耐性、知性+10という大きな補正と、ラストまで使っても何ら差し支えない程の性能。
男性のかぶる兜は魔法防御&魔法回避が低めでゼロムス戦が厳しくなるため、男性にためらいなくリボンを装備させてリディアとローザは髪飾りで済ませるのも手。

  • 裏技で早い段階で獲得した場合に子供リディアやポロムに装備させると、これ単体で通常の最強装備を凌駕、もしくは匹敵する防御と魔法防御を得られるため、事故死の確率が格段に下がる。
    ポロムに関しては、三角帽子の精神+3と秤にかけてどちらを選ぶか大いに悩むところであろう。
    • 幻獣の町で30000ギルで購入できる光のローブが「防12・魔防9・回避10%・魔法回避9%・雷半減・アンデッド耐性・知+5&精+5」と似た性能を持っている。
  • セシルは白のローブが装備可能なので、リボン装備はカインとエッジだろうか。

雷竜機械竜がスロット3で落とす場合がある。

FF4(DS版)

知性補正・竜耐性が無くなってしまった。


雷耐性はバルバリシア戦で助かるので、ローザが加入したら装備させると良い。

  • スカルジャーのサンダラ、暗黒魔道士のサンダガと、終盤まで出番がある。

リディアの再加入時の装備である。

  • 相変わらずリディアの家にも置いてあるので、買う必要は全くない。

雷竜は12%の確率で落とすので、あおのしっぽ狙いに戦ってるとよく溜まる。
1個10000ギルで売れるので、アラーム代にでも充てるのが吉。

  • 因みに、機械竜は5%で落とす。
    金のリンゴというレアアイテムを所持はしているが、いつでも会える金竜を狩る場合が殆ど。
    とは言え、撃破数稼ぎや経験値稼ぎ等で延々と狩るケースはあり得るので、副次的に幾つか入手している事もあるだろう。

FF4TA

リディア編チャレンジダンジョン最奥でレアとして手に入る。
また、カイン編チャレンジダンジョン内の宝箱にもある。終章でも機械竜が落とす。
知性+10という補正は中々大きく、リディアに装備させればこの時点での黒魔法の火力アップに大きく貢献してくれるはず。


高い知性補正に加えて幾らでも取れる装備品は終盤でも中々無い。
女性陣の場合はピンクアーマーがあればリボンは不用なため、最終的にこちらを装備させるのも悪くない。
リディアとレオノーラの最終装備候補となる。

FF5

バトル中の魔法の消費MPが半分になる』という、強力な装備効果がある。
防御力0、回避率0、魔法防御力2、魔法回避率5。重量2。売値は15000ギル。


防具としては期待できないが後衛に置けば平気。
FF5の魔道士系やものまね師の最終装備候補の一つ。
特にファイガ・サンダガ・ブリザガ・ケアルガ・召喚魔法などの強力な魔法が手軽に使用しやすくなるのはとてつもない大きなメリット。
ルーンブレイドルーンアクスルーンのベルといったルーン系武器によるMP消費に対しては、半減効果は適用されない。


金の髪飾りは、バリアの塔宝箱・ピラミッド宝箱・ゴゴレア枠からの盗み、の3つしか入手できない激レアアイテム。
対となる強力な頭装備「ラミアのティアラ」は防御+3、魔力+3、混乱耐性、剣の舞発動率2倍。
どちらを装備するかは状況次第。

  • サークレットも魔力+3で物理防御は上(+10)だが、魔法使い職は後列に下げる関係上、縛りプレイでもなければサークレットを選択する必要性は薄い。
    特に第三世界では防御力の誤差7程度では焼け石に水。

連続魔クイックの組み合わせを使うときには非常に重宝する。
クイックの消費MPが77とかなり高いため、消費半減効果ではMPの消費量が大きく変わる。


FF5は終盤になってくると金策が充実してくる。
その為、MPが枯渇したり回復アイテムが底をつくような心配自体はあまり無いだろう。
クイックおよび連続魔用としてやはり金の髪飾りは重要。


戦闘中ではない移動時には効果を発揮しないことは注意しておこう。
白魔法による回復はなるべく戦闘中に行いたい。

  • 移動中に回復したい際はむしろ魔力の上がるラミアのティアラorサークレットの方が有用。
    毎戦闘ごとに常にHPを回復できるとは限らないので、それらも常用はしなくとも持ち歩いておくといい。

『白黒の上位魔法や召喚魔法は消費MPが激しく燃費が悪い』という前作の問題点を見事に解決した逸品。

  • レベルが低く最大MPが少ない状態にあっても使用可能な魔法が拡がる、という意味でも重要。
    低レベル攻略時のフォークタワー(魔力側)では大いに活躍する。

FF9

帽子系の頭用防具として登場。
装備すると、魔力+1・魔法防御力+32・魔法回避率+2や水属性強化の効果がある。
使用及び修得可能なアビリティは、『いつでもリジェネ』『沈黙回避の術』。
装備可能なキャラクターは、「ジタン」「ビビ」「ガーネット」「クイナ」「エーコ」「サラマンダー」の6人。


ダゲレオ(DISC3・4)」「イプセンの古城(DISC3・4)」のショップで3700ギルを払うと購入できる。
また、グルグ火山で拾ったり、同地で戦うメルティジェミニから盗む(確率64/256)ことでも手に入る。


今作での生命線(あるいはバランスブレイカー)たる『いつでもリジェネ』を多くの男性キャラにとって最速で習得できる、非常に重要で有用な装備である。
魔力上昇や絵的なものからも、ガーネットやエーコの最終装備にしても良い。

  • 2、4のような雷半減耐性・5、6のような消費MP半減は備わっていない。
  • 水属性強化は何でこれについているんだ?と思うくらいおまけのような付加価値、初代金の髪飾りのレイラが海賊だから水属性強化なのだろうか?
    ウォータやリヴァイアサンを主力にするならどうぞ。

FF11

頭装備の1つで、HPが12減る代わりにMPが30増えるが、他に防御力や特殊効果は一切無い。
店売りはしておらず、彫金職人のプレイヤーが製作したものが流通している。
これまでのシリーズ同様ハゲキャラも装備できる事からネタにされる事もしばしば。


詳細はこちら→金の髪飾り

FF12

魔装備の一つ。
『魔装備8』のライセンスで装備可能。
魔法防御+47、魔力+7、活力+8。
港町バーフォンハイムで9300ギルで購入できる。


全頭防具中、活力補正が最大。
光のスティフォス黒帯ねこみみフードも合わせると、補助魔法の効果時間が20~30秒ほど伸びる。
魔法防御も魔力補正もそこそこあるので、補助魔法をいくつもかけて戦うときに装備しておくのもいい。

FFT

帽子扱い。HP+80、MP+50で沈黙無効化。
MP増加量が一番高い頭用防具。


高いMP、沈黙防御と魔導師にふさわしい装備だが、魔法AT、Speedとも上がる閃光魔帽の方が優秀。
こちらに沈黙をかけてくる相手もほとんどいない(召喚か陰陽術しかないし)。
むしろ敵が装備していて沈黙が効かずに困るケースが多い。

  • これの沈黙耐性はすぐ先に控えるウィーグラフ戦を見越したものだと思われる。
    ラムザが魔法職だと沈黙は致命的だからね。
    まぁ算術するなら関係ないんだが…
  • 縛りプレイでは、縛りの内容によっては使いたい魔法のMPがなかなか確保できず算術も使えない、という状況に陥る可能性もある。
    その際にはMP上昇量の高さからこの防具が陽の目を見る……かも知れない。

FFT(PSP版)

PSP版ではスタイルビットのMP増加量が一番高い。

FFTA

古代の魔女がさした金細工のかんざし。
沈黙無効の帽子
覚えられるアビリティなし。


防具の性能は物理防御+4・魔法防御+12・魔法攻撃+2・沈黙無効。


非売品だが、ランク3のサブクエストのランダム報酬で入手できるため、頑張れば量産可能。

FFTA2

防御+4、魔防+15、魔攻+2の帽子沈黙無効。
覚えられるアビリティなし。
ほりだしもの「金色の装飾品C」(タルコフの水晶クルセイド合金タマノモ)で手に入る。

  • 前作のものから魔法防御が3上がっている。

補正があるので黒の帽子が入手するまでは魔道士系はこれがいい。
一品物ではないので使いやすい所もある。

FFCC

アーティファクトとして登場。まほう+5。

DFF

髪飾り装備。
かんざしゴールドと6550ギルで交換できる。
装備レベル43、BRV+193、HP-167。


ゴールドシリーズ扱いらしく、揃えるとゴールドの魅力ができる。
そのためか装備レベルが低い「+」もある。
こちらは金の髪飾り、エメラルド変化の粉×3、5380ギルでトレード可能。

DDFF

髪飾り装備。
装備Lv30以上、BRV+177、HP-268、ゴールドの魅力(1/3)。
かんざしゴールド少女の想い×3、16460ギルでトレード可能。

DFFOO

レイラ

「金の髪飾り【II】」。☆5の防具。
レイラの専用装備かつ相性装備で、相性性能は「命と力の意思」。

パンネロ

「金の髪飾り【XII】」。☆5の防具。
パンネロの専用装備かつ相性装備で、相性性能は「勇気と守りの意志」。

レム

「金のかみかざり【零式】」。☆7の防具。
レムの専用装備かつ相性装備で、相性性能は「支援の要」。

FFL

魔道士系が装備できる魔法帽子系の頭装備で、雷属性に耐性がある。
赤魔ならこれとドラゴンシールドを組み合わせることで、属性攻撃に結構強くなる。
状態異常はシュシュあたりで防ごう。

FFRK

FF1、FF4、FF5、FF9、FF零式から帽子として登場。
(ただし、FF1は原作未登場。)

  • 「金の髪飾り【I】」
    レア5。FF1共鳴。セーラのレジェンドマテリア「はやての調べ」付き。修得ボーナスは精神+10。
    Lv20時のステータスは防御88、魔力28、魔防130、精神37、回避105。
    2019/2/15、FF1イベント「時の鎖を断ち切る光」装備召喚第1弾で追加された。
  • 「金の髪飾り【IV】」
    レア5。FF4共鳴。雷属性軽減【小】の効果を持つ。
  • 「金の髪飾り【V】」
    レア3。FF5共鳴。ステータスは下記。()は共鳴時。
    Lv防御魔力魔防精神回避
    112(24)7(14)22(45)5(10)99
    1019(41)11(24)36(82)8(18)
    1523(52)13(30)44(105)10(23)
    2026(63)15(37)51(128)11(27)
    2530(74)18(43)59(151)13(32)
  • 「金の髪飾り【IX】」
    レア5。FF9共鳴。水属性強化【小】の効果を持つ。
    クイナの超必殺技「カエルおとし」付き。修得ボーナスは攻撃力+10。
    Lv20のステータスは下記。()は共鳴時。
    Lv攻撃防御力魔力魔防精神回避
    2017(34)82(125)28(45)119(198)27(44)105
  • 「金のかみかざり【零式】」
    レア5。FF零式共鳴。レムのレジェンドマテリア「慈愛の乙女」付き。修得ボーナスは精神+10。
    2017/8/11、レム初登場のFF零式イベント「名を刻む印」で追加された。