Top > クエスト > 岩穿狩猟依頼9


クエスト/岩穿狩猟依頼9

Last-modified: 2019-12-17 (火) 04:29:29

MHXの新要素「二つ名持ちモンスター」を相手にする特殊許可クエスト

 
作品クエストレベルクエスト種別目的地報酬金契約金条件
MHX特殊許可LV9特殊許可クエスト地底火山メイン23700z
サブ:2400z
2400z受注・参加HR8以上

※サブターゲットは「ブラキディオスの頭部破壊と尻尾切断」

 

概要 Edit

  • どちらも一撃の威力が高いのは当然として、特殊許可クエストのレベル補正によって更に強化されており、
    岩穿に関しては他の作品でいう所のG級並みの強化を受けている
    合流なんてされたら岩やら粘菌やら土下座やらが飛んだり置かれたりしてロクな事にならない。
    幸い分断自体は難しくないフィールドなので、こやし玉の効果は活きやすいのが救いか。
  • とはいえ、こうした条件は二つ名持ちモンスターの狩猟依頼に共通するもので、
    岩穿テツカブラに限らず、二つ名持ちモンスターは例外なくLV9以降の補正と同時狩猟の条件は付きまとう。
  • これだけなら二つ名持ちモンスターの狩猟依頼の一つとして片付いてしまうが、
    実際にクエストを進めると「ある違和感」に気付くはず。

違和感の「実態」 Edit

  • それぞれの初期配置のエリアは以下の通り。
    • 岩穿テツカブラ:エリア2
    • ブラキディオス:エリア8
    自動マーキングを発動させているか、ニャンターであるか、
    或いは予めブラキディオスにペイントボールを投げて様子を見ていると、妙な違和感に気がつく筈である。
  • その違和感とは、ブラキが居る筈のエリア8のモンスターアイコンがそのエリアから移動しないこと。
    ブラキディオスはどれだけ戦闘が長引こうが、疲れていようが
    細菌研究家や“ネコのこやし玉名人”を発動させている状態でいくらこやし玉をぶつけようが
    とにかく何があろうともエリア8から頑なに移動しないのである。
    スキルで強化されたこやし玉をもってすれば、本来はブラキディオスなら“100%”移動するはずだが…。
    どうやら、このクエストに限って移動周期のバグが起きている模様
  • こうした事情もあり、ブラキとは起伏の激しいエリア8での戦闘を強いられる。
    何しろ立ち回りの感覚が狂いやすいエリアなので、回避にしろ反撃にしろ他のエリア以上に気力が削がれる。
    ブラキが坂の上に陣取られると微妙に近接武器のリーチが届かない場合がある事もさる事ながら、
    ガンナーやニャンターだと弾道の調整が煩わしい点が重く圧し掛かる。
    段差付近を歩き、不意にぶつかってジャンピング土下座が直撃する事もよくある話である。
  • とはいえ、ブラキディオスがどんな状況でも一切エリアチェンジを試みないというのは、
    考え方を変えれば半ば自動的に隔離した状況を生み出しているようにも見えなくもない。
    岩穿は通常のテツカブラと同様にエリア8にも向かうが、こやし玉の効果は受け付ける。
    どちらと先に戦うかはさておき、合流されても岩穿にこやし玉をぶつければ充分時間稼ぎは出来るだろう。
    • この関係で、各モンスターの分断が簡単なぶん難易度は(二つ名関連としては)多少低め。
      立地やモンスター達との相性もあるので一様に「簡単」とは言い切れないが、
      ここまで二つ名持ちモンスターの狩猟依頼を進めてきたプレイヤーであれば、どうという事はない筈である。
  • ちなみに、移動しない方ばかりに目が行ってしまうが、慣れた人は別のことにも気付くかもしれない。
    実は、初期位置そのものも本来あるべきそれとは逆だったのである。
    おそらくは、この設定ミスが招いた不具合だったのだろう。
    • XXでは、初期位置がきちんと修正されている。
      これによりバグが修正され、ブラキディオスも普通にエリア移動するようになった。

関連項目 Edit

モンスター/岩穿テツカブラ
モンスター/ブラキディオス