Top > システム > グーク鍋


システム/グーク鍋

Last-modified: 2019-03-08 (金) 16:51:24

フォワード.5で登場した、マイガーデンの新しいコンテンツ。
いらなくなったアイテムをグークと一緒に煮込むだけで、新しいアイテムを作ることができる。
…勘違いする人もいるかもしれないが、『グークと一緒に(協力して)』素材を煮込むのであって、
間違ってもグークを素材と一緒に煮込むわけではない。

概要 Edit

  • 簡単に言うと、鍋というより錬金術に近いものである。
    各種素材を指定数入れると、ランクが上の汎用素材や各種アイテムに加え、
    鍋の煮汁と思われるエキスが手に入る。エキスに関しては後述。
  • 下位素材や上位素材は鍋に放り込むと、
    下位は50%で、上位は必ず「ミズキの紹介状」が1枚手に入る。
    このアイテムはクエストに持ち込むとパートナーパートニャーの育成に使うポイントが追加で入手できるが、
    たったの800Pしか貰えないためあまり意味がない(以前から存在していたギルドへの推薦状は4000)。
    そのため本領を発揮するのはHR5以降となる。
  • HR5以上のクエストで手に入る汎用素材を鍋に規定数放り込むと、
    I系統かII系統の場合、一つ上の素材にグレードアップさせることができる。
    つまり、従来のMHシリーズでは不可能であった、
    鱗を上鱗にグレードアップさせるといったことが可能になった。
    一方、最上位の汎用素材III系統を入れた場合は、
    剛猫武器をゼニーのみで生産できる「親方ネコの大好物」ができあがる。
    現在では剛猫武器自体作成のメリットは皆無となっているが、
    汎用素材のI系統やII系統を入れたときも追加のアイテムとして出ることがあるため、
    余ったら試しに剛猫武器をこれで作ってみるのも一興だろう。
    • ちなみにXbox 360版ではシーズン10で剛猫武器生産数の実績が追加されており、
      PS3/Vita/PS4版もXbox 360版と同様のトロフィーとなっているため、
      これらのハードにおいては実績制覇を考慮すると
      (大好物の入手方法自体はいくつかあるが)避けられない道である。
  • また、HR5からはHC素材を煮込む事も可能。
    煮込むと、秘伝書装備中の武器種の武器魂か武具職人魂に変換できる
    HC素材はG級でも用途があるため易々と投入してしまうのは考え物だが、
    大量に余った場合の使い道としてはそれなり。
    • 変換レートは、HC化前のモンスターの強さを元に決定しているようで、
      元々強力だったものが倒しやすくなったヴォルガノスやグレンゼブル等のHC素材は、
      それぞれのランクの武器魂5個との変換なのに対し、
      イャンクックやドスランポス、ショウグンギザミ、フルフル亜種等の、
      HC化によって恐ろしい能力を得たモンスター達のHC素材は、
      その強さに反して1~3個(システム実装後に追加されたフルフル奇種のみ4個)と、あまりに釣り合っていない。
    • 秘伝防具EXのガチャを引いた際に出ることがある「魂の素」も、
      このグーク鍋を用いて武器魂に変換することになる。
  • G級昇級後はG級素材も煮込めるようになるが、
    HR5素材と異なり上位グレードの素材には変換できない。
    その為、なぞの輝く塊を入手する以外で通常素材を投じるメリットは小さい。
    G級HC素材はG級秘伝書装備中の武器種の武器綬に変換可能だが、
    1~3個とレートは非常に悪い(武器綬の必要数は武器魂の約64%なのである意味では妥当)。
    GR500以降は、極限征伐戦で入手できる武玉(黄武玉以外)を煮込んで
    「武器勲」を取り出せる(レートは1:1)。
    • ちなみにこれらのG級素材を煮込むと、一定確率で強走薬グレートも手に入る。
      かつては「シジル用触媒」というシジルの取り外しに使うアイテムであったが、
      シジルが無償で取り外せるようになってからは強走薬グレートに置き換わった。
  • 素材を煮込むときの音楽は、肉焼きの音楽をアレンジしたもの。
    しかしベストタイミングは肉焼きと違って曲が終わってからすぐなので注意したい。
    ちなみにグークとの友好度が高いと、
    グークが「ひらめき」のアイコンを出してベストタイミングを教えてくれる。
    なお、タイミングを逃して煮込み過ぎると、鍋が爆発しグークが燃える
    生産予定の素材は得られなくなるが、グークのお洒落にアフロヘアが追加される。
    ちょっとカワイイので、どうでもいい素材で燃やし、一回鍋を焦がして入手してもいいだろう。
    ついでを言うと、Xbox 360版及びPS3/Vita/PS4版ではこれも実績の対象にもなっている。
    • このタイミング次第で副産物の○○グークエキスの種類が変わる。
      タイミングが早い順に薄味、旨味、濃厚と濃くなっていく。
      ちなみに服用すると、薄味と濃厚はスタミナ+15、旨味は+25される。
      また、地味に旨味は売却値も高い(500ゼニー)なので、
      要らない場合はついでに売って金策にするのも良いだろう。
  • MHF-G7より、素材を複数個まとめて煮込むことが可能になった。
    流石に複数種類の素材を煮込むことはできないが、1つの素材をまとめて煮込みたいときに重宝する。
    ただし失敗するとまとめた素材が全て失われるので慎重に。
    • なお、グークエキスや強走薬グレートといった確率で入手できるアイテムは、
      まとめて煮込むと一度に判定される。
      たとえば、ある素材を10セットまとめて煮込むと、これらのアイテムの入手数は0個か10個となる。
  • MHF-Zより辿異種のコモン素材も対応した。
    これにより1つ下のランクのコモン素材に変換可能である。

余談 Edit

  • 当時、お世辞にも狩猟には役に立つとはいえなかったグーク関連のコンテンツということで、
    発表当時は「ついに糞鳥を食べることができるようになるのか」と馬鹿にされていたものの、
    フォワード.5の先行テスト中に、
    先行プレイヤーにより、プレイ動画がアップロードされてから期待する人が増え、
    さらにVS大会では「古龍種の剛翼が手に入るかも…」と発表されたことにより、
    アイテムボックスに溜まっている汎用素材をリサイクルできる神コンテンツと呼ばれるまでにいたった。
  • このコンテンツによりグークの価値は大きく見直され、
    グークをヒプノックのように扱っていたネ実民たちもアプデ後にグークを飼い始める者が急増した。
    本スレでは着替えまでさせていた画像があげられていたため、彼らもグークの意外な魅力に気づいたようだ。
  • ネ実などで用いられる「鍋秘伝」という用語があるが、
    これは秘伝防具(正確には秘伝防具精錬装飾品5個)に必要な武器魂・武器綬・武器勲を、
    全て(もしくは大半を)グーク鍋の煮込みで入手するというプレイスタイルを指す。
  • PS3版MHF-Gのアップデート画面は、グーク鍋をひたすら炊き続けるというものである。
    失敗と成功の2種類のパターンがあり、失敗は本編と同じくグークがアフロになりハンターが落ち込む。
    そして、成功はなぜかグークがお洒落になり、ハンターと抱擁しあうというものである。
    また、アップデートが終了すると鍋からCDを取り出す。
    • なお、初回インストール時は1時間近くこの光景を見せ付けられる。
  • サービス開始10周年記念のグッズとして、
    このグーク鍋をモチーフにしたTシャツが発売されることになった(参考)。
    実際のグーク鍋と異なり、どう見てもグークが鍋に押し込まれている(しかも暑そう)。

関連項目 Edit

登場人物/グーク
世界観/料理