システム/環境生物/ネッカー

Last-modified: 2020-02-07 (金) 19:45:23

MHWorldにて初登場した環境生物(?)の一種。
大型アップデート第五弾における、『ウィッチャー3 ワイルドハント』コラボの中で、「ネッカー」が環境生物として追加された。

概要

  • 『ウィッチャー』の世界では「オーガ種」にカテゴライズされたモンスター。
    一番最初の方に出てくる小雑魚ポジションで、単独ではおとなしいが、
    群れると強気になって大きな相手にも襲いかかるようになる。
  • サボテンダーと同様に、ネッカーもモンスター図鑑の「未解明の生物」欄に記載される。
  • 『ウィッチャー3』とのコラボの一環として古代樹の森に新たに配置された環境生物。
    調査拠点に「研究基地のアイルー」たちが訪れてきて早速研究基地に行くと、
    この謎の生物ネッカーがいつのまにか紛れ込んでいたことからウィッチャーコラボは始まる。
  • 編纂者の説明によるとモンスターハンター世界の生物の概念に当てはまらないとのことで、
    それを聞いた総司令は「別世界の生物と考えたほうが理屈に合う」と一瞬で状況把握をする。
    前例があるとはいえなんという察しの良さ…。
    FFコラボを進めずに、先にこちらを進めることも出来るのだが
  • コラボクエストの出番はそこで終了し、その後ネッカー捕獲のバウンティが追加される。
    MHWの世界では食料が潤沢にあるためネッカーはおとなしくなっており、
    「闇夜に紛れて小型モンスターからのおこぼれをもらっているのでは?」という調査員からのヒントが出されるが、
    これだけでは見つけるのに少し分かりづらくなっている。
    見つけるにはドスジャグラスの習性を知っている必要がある。
    非戦闘時に時折ドスジャグラスはエリア1でアプトノスの捕食を行い、その後縄張りとしているエリア2に移動、
    捕食した肉を吐瀉して子分のジャグラスを呼び寄せ餌を与えることがある。
    そして、夜間にこの様子を観察していると、子分を呼び寄せた時にどさくさに紛れてネッカーが近づいてくるのである。
    夢中で食べているところを捕獲ネットで捕まえればバウンティはクリア。
    オトモ用のイベント武器防具と交換できるネッカーカードを報酬として受け取れる。
    • 尚、タフなサボテンダー達とは違い、勢い余って武器で攻撃してしまうと、
      悲痛な断末魔の叫びを挙げて死亡してしまう。
      その場合は当然捕獲は出来なくなるので、落ち着いた行動を心掛けよう。
      隠れ身の装衣を着れば、未発見状態なら装衣が剥げる要素は無いので
      捕獲に専念できる。
    • ちなみにオトモ用なりきり防具の性能はというと、守備力はラスボス防具と同値。
      属性耐性は使い手が少ない水が-8、それ以外が2と見た目を気にしなければ中々高性能。
    • 一部でだが、ウィッチャーのコラボクエストをクリアしても、このバウンティが追加されていない現象が確認されている。
      このネッカー捕獲バウンティの発生条件として「情熱の生物調査員から
      ネッカーにまつわる特定の会話を聞いた状態で」クエストクリアする必要があり、
      1回目のプレイでは聞いたがクエスト失敗し、
      2回目以降で会話を聞かずにクリアする等して、この現象に遭遇したと考えられる*1
      この特別任務は今までのものと違って常設されているので、
      バウンティが無かった時は落ち着いて特別任務をもう一度やろう。
      話だけ聞いてリタイアではなく、面倒でもクリアしよう。
  • マイハウスに配置することが可能。
    単独で配置してベッドで休むとなでたりも出来る。
    しかし、特等マイハウスで2匹以上配置すると一転攻勢とばかりにハンターに襲いかかってくるようになる。
    襲いかかるモーションだけなのでダメージを受けるといったことはないが、常に叫んでいるので結構うるさい。

余談

  • サボテンダーのときと変わらず、ウィッチャーが帰還しても放置されっぱなしである。
    まあ、あちらとは違いそこまで頻繁に見かけるわけではないのだが……
    • 又、ネッカーとサボテンダーはモンハン世界で見つかったそっくりさんではなく、
      両方共に異世界から転移してきた本物(?)である為、両者を共にマイハウスに置けば、
      密かにファイナルファンタジーシリーズの生物とウィッチャーシリーズの生物のコラボが拝める。誰得
  • レーシェン同様、今までのモンハンにはない中々グロテスクな見た目の人型生物であり、
    モンハンのモンスターを見慣れてきた人の中には、初見で苦手意識を覚えた人もいるだろう。
    • ウィッチャー3には「グウェント」と呼ばれるカードゲームが存在する。
      その中のカードにネッカーのものもあるのだが、
      カードに書かれた解説は「その凶暴性を脇に置いておけば、見た目は可愛い」。
      退治する側であるゲラルトも「にやけづら」と表現するように、
      よく見れば憎めない顔ではあるのだが、可愛いと言い切れるかと聞かれたら……
  • バウンティの報酬で貰えるネッカーカードだが、現在のところ他に入手手段が無い一品物のためか、
    売却できないというMHのアイテムとしては珍しい特徴を持っている。
    当然工房で使うと無くなるので、アイテムコレクターの方も一応注意。
    • その後MHW:Iで期間中いくらでも手に入るイベント素材「親友の証」が登場。
      マスターランクのオトモ用ネッカー武具をそれを使って作成できるようになった。
      ネッカーカードを使ってしまったコレクターには悲報である…。

関連項目

システム/環境生物
システム/環境生物/サボテンダー - ネッカーと同じく異世界から飛ばされて来た外来種(?)
モンスター/レーシェン


*1 前情報を仕入れて挑んだ場合は、1回目にプケプケのサブクエストの失敗でリタイアしたり、必要な会話だけ聞いてクリアした結果聞きそびれているなども考えられる。