Top > モンスター > ゼノ・ジーヴァ
HTML convert time to 0.031 sec.


モンスター/ゼノ・ジーヴァ

Last-modified: 2018-05-03 (木) 12:15:17
種族
古龍種
別名
冥灯龍(めいとうりゅう)
英語表記
Xeno'jiiva
登場作品
MHWorld
狩猟地
地脈の収束地

目次

生態・特徴 Edit

大地に浸透した養分や、古龍の生体エネルギーを運ぶ地脈。
その地脈が収束する地にて発見された、<<冥灯龍>>と称される新種の生物。
後述する経緯より、最近になってギルドに命名されたばかりの生物であり、その多くは謎に包まれている。
四肢に背部の翼という、多くの古龍種に見られる特徴と
一般的な生物とは比較にならない程の巨体、そして純白色の体を有し、
頭部、両前脚、尻尾先端にはヒレ、胸部には赤く光る体内器官の存在が認められる。
その姿勢と折りたたまれている翼は、黒蝕竜天廻龍等の生物と同じ骨格であることを示しているが、
翼は完全に飛行する為の形状に進化しており、天廻龍等と異なり、翼を腕として扱うことは一切ない。
頭部には黒色の2対の角を戴き、それぞれにあたかも3つの眼があるように思わせる発光器官が点在。
現在確認されている生物の中でも長い部類に属する首は、
頭部に高い可動性を与え、頭部を向ける範囲を大きく広げている。
四肢が生み出す運動能力は非常に高く、その気になれば巨体からは想像し難い速度で歩行する事が可能で、
立派で巨大な翼は、巨体を容易く浮上させて移動もできる、高い飛行能力を生み出している。
体組織は周囲の光に対する高い反射性と、内部からの光に対しての高い透過性を兼ね備え、
頭部、両前脚、翼端、尻尾先端から放たれる蒼い光と胸部から放たれる赤い光、
周囲の光や暗闇、その全てと混ざり合って様々な色彩を生み出す。
能力
その巨体だけでも十分脅威となり得る存在であるが、
本種もまた、他の多くの古龍種と同様に特異な力を有する。
本種が司る力は「蒼白色に輝く謎のエネルギー」であり、同時に本種の最大の特徴でもある。
このエネルギーは地面を赤熱化させる程の熱量を持ち、
また、これまでのどの属性にも属さない謎の性質を秘めている。
このエネルギーに対して耐性を持つ素材は見つかっておらず、
蛇王龍蛇帝龍が扱う正体不明のエネルギーとの類似が認められる。
なお、頭部、両前脚、翼端、尻尾先端が放つ蒼い光の正体もこれである。
このエネルギーは、胸部の体内器官と密接な関係にあると見られるが、詳細は不明である。
この謎のエネルギーは本種の主な攻撃手段にもなっている。
最初こそ単発のブレスや前脚、尻尾を用いた直接攻撃程度だが、
時間経過によって各部位の蒼光が強まるに連れて攻撃は強化され、
弾速の速いものや、レーザー状に放射されるものなど、ブレスのパターンも増えていく。
また、前述の物理攻撃にもエネルギーの爆発が伴うようになる。
特に、体内器官の輝きが最高潮に強まった際に解放されるエネルギーは凄まじく、
ボディプレスの後、両前脚を地面に突き刺してエネルギーを送り込む事で、
岩盤を容易く吹き飛ばす特大規模の爆発を引き起こす程。
発見、命名までの経緯
本種の存在が確認されたのは、新大陸古龍調査団の大団長、竜人族のハンター、
第5期団代表と扱われているハンターとその相棒であるオトモアイルー、
編纂者の4名1匹によって行われた秘密裏の調査による。
新大陸の古龍の活発化と、地脈を流れるエネルギーの異常な高まりの関連性に気づいた
竜人族のハンターは、大団長と共にエネルギーが集中する場所を調査し、特定する。
同時期に古龍達の調査を終えた5期団のハンター及びその相棒の編纂者は
大団長より召集を受け、その場所の調査に同行することとなった。
現地に到着した一行は、編纂者を待機させた上で河を渡り、幾多の龍結晶と、
幽き光を放つ大結晶が存在する空間に到達。調査を開始したが、
突然大結晶から無数の光線が放たれ、周囲の龍結晶を破壊、
その内の一本によって竜人族のハンターが負傷した事で調査は中断された。
その直後に外殻を失った大結晶の中から、
後に本種と認定される未確認の生物が生まれ落ちるという事態に遭遇。
大団長は「この生物を外に出すのは危険」と判断、戦闘の意思を示すが、
第5期団のハンターに竜人族ハンターを連れての脱出を促され、承諾。
この生物を食い止めるよう指示を下して撤退する。
こうして、残ったハンターとオトモによる緊急の討伐戦が展開されることとなった。
激戦の末、生まれ落ちた本種はそのハンターとオトモアイルーの手によって討伐され、
この生物が外に出る事によって招かれる危機を阻止することに成功。
崩落の中、ハンターが大団長に救出されてアステラに戻った頃には、
既にギルドに「古龍渡り」の謎と、本種の存在が報告されていた。
本種が「冥灯龍ゼノ・ジーヴァ」と名付けられた事が明らかになったのは、
「古龍渡り」の謎を解明した記念に行われた祝宴中に届いた、ギルドの返書の中からであった。
自らの手によって発見された新種が正式にギルドに認定された経緯故に、
調査団は本種を特別な存在として扱っており、率先して本種の調査を行う意向を示している。

概要 Edit

  • その一方で、長めの首と完全に翼として進化した形状に、
    直立でビームを放つ攻撃を行っているゼノ・ジーヴァの姿はミラボレアスと同じ骨格のようにも見える。
  • 「光を反射する白色の体、内部からの光に対する高い透過性」と言った要素はゲーム内でも実際に確認でき、
    地脈の収束地の環境もあり、非常に妖しくも眩しいビジュアルをしている。
    クリオネなどの海洋生物を思わせる半透明の身体が自身や周囲から放たれる光に照らされ、
    色彩を変える様は非常にリアルである。
    完全に翼として進化している関係上、初めて対峙した際の初期位置では解りづらいが、
    体長は約45m*1とゴグマジオスに匹敵するかなりの巨体であり、
    いざ近づけば前脚とハンターが同じぐらいの大きさであることや、
    胴体の真下を通過できると言った事を実感することが出来る。
  • 一方でその外見は、一見虫のようにも見える頭部の発光物体、
    長い首に巨大な翼と、神秘的でありながらも異形のようにも受け取れる外見をしている。
    ただ、その頭部の形状や、怯み時に発する特徴的な鳴き声から猫っぽさも感じさせる。
  • マガラ骨格特有の、翼を折りたたんだ状態で行動を行う。
    ネルギガンテと同様、完全オリジナルの行動や、ネルギガンテにも見られる行動が多々見られるが、
    あちらと比較してブレスを用いた行動が多く存在する関係上、
    他マガラ骨格古龍種と同じような動きも多く見られる。
  • ゼノ・ジーヴァと対峙するクエストとして、後述する任務クエスト「収束の地」と、
    それをクリアし、エンディングを迎えた後にクエストや探索を行い、
    拠点であるアステラに戻った際に出現する事がある、
    フリークエスト「冥き河にて灯火掲げん」の2つが存在する。
    任務クエストは(他人の救難信号を受けて参加する場合を除き)、
    1度クリアすると2度と同じクエストを受けることは出来ないため、
    実質、フリークエストのみで戦闘、素材集めを行うことが出来る。
    クエストは、先述のタイミングで抽選が行われ、当選することで出現する形式となっており、
    当選すると、システムメッセージにてクエストが出現したことが知らされ、
    アステラのBGMも変化、全クエストを2回行うまでの間残留し続ける
    残留カウントはクエスト名の横に表示され、これが0になると消滅して再抽選待ちとなるため、
    素材が欲しいのであれば、最優先で行くようにするといいだろう。
  • なお、この形式はゾラ・マグダラオスのクエストと同じ形式である。
    あちらのクエストとは同時に出現しないので、注意が必要である。
    なお、どちらもHRが上がる毎に当選確率はUPするようになっている。

MHWorldのストーリー上の扱いと、クエスト「収束の地」について Edit

MHWorldのストーリーのネタバレが含まれています。閲覧注意

戦闘概要 Edit

  • ゼノ・ジーヴァとの戦闘は、専用フィールドである「地脈の収束地」にて行う。
    地脈の収束地は2層構成となっており、最初は下層で戦闘を行う。
    初めて対峙する際は、大団長と会話した上で竜人族のハンターの元で向かって船に乗る形で、
    それ以降は、翼竜の止まり木から下層へ向かって対峙、戦闘の前半戦を繰り広げることになる。
  • 前半戦の舞台となる下層には、最初多くの龍結晶が生えているが、
    初めての対峙の際は孵化する際に放った無数のビームで、
    2回目以降の対峙時は自身が放ったビームでこれらの大半を吹き飛ばしているため、
    結果として下層は龍結晶が少ない、広々とした環境下での戦闘となる。
    吹き飛ばずに残っている龍結晶も存在するが、
    その内上壁に点在する物の大半は支えが脆くなっており、
    衝撃を与える事で落下させることが出来る。
    ゼノ・ジーヴァに当たればダメージを与えられるので、余裕があれば狙ってみると良いだろう。
  • 超大型モンスターということもあり、その一撃一撃は非常に重い。
    加えてアルバトリオン程ではないものの、それなりの速さで行動してくるため、
    今までのシリーズ作品をプレイしてきて、「超大型モンスターは動きが鈍い」と思い込んでいる程、
    痛い目にあう可能性が高くなるため注意したい所である。
    幸い、攻撃技毎に明確な範囲が決まっている他、
    特に高威力の攻撃は巨体故の鈍重さが目立つため、欲張り過ぎなければ対処は難しくないだろう。
    なお、後述する変化とは別に、
    多くのモンスターと同様怒り状態が存在するので、混同しないように注意したい。
  • とにかくデカいという点が特徴であり注意点。
    巨体ゆえにリーチがべらぼうに長く、中途半端な距離だと被弾率が上がる。
  • なおその巨体故足元がスカスカなので、
    ボディプレスなどいくつかの技にさえ気を付ければ貼りついていられる。
  • 体の位置が高いので、剣士だとまともに攻撃でき肉質が柔らかいのは実は前脚くらいなのだが、
    巨体からくる移動距離の多さで意外と攻撃していられない。
    またガンナーだとデカさゆえに距離感を間違えやすい。
  • 戦闘において最も注目したいのが、頭部と両前脚、翼端と尻尾先端の光である。
    生態の欄で述べられている通り、これら部位には謎のエネルギーが集中しており、
    時間経過と共にこれら部位が発する光が強まり、
    ヒレが伸びた状態になる「エネルギー強化状態」が存在する。
    これら部位は、最初は妖しい青色に光り輝いている「初期状態」となっているが、
    翼端を除いた4箇所がエネルギー強化状態に移行すると、
    その部位で繰り出す攻撃がより強烈なものになるという変化が発生する。*5
    これらエネルギー強化状態は部位単位で扱われており、
    頭と左右の前脚はダメージを与え、怯ませる事でその部位だけ初期状態に戻す事が可能、
    尻尾については切断することで、エネルギー強化状態自体を封じることが出来る。
  • なお、エネルギー強化状態への移行は全部位同時に発生するわけではない。
    頭部、両前脚に於いて、攻撃を加えて怯ませている場合、
    その部位がエネルギー強化形態へ移行するタイミングは他部位と比べて遅くなる傾向に見られる。
    光が強まると同時に、ヒレがエネルギーに包まれた後に伸びる変化があるため、
    光での判別がやり難いのであれば、
    ヒレの長さを見る事で「エネルギー強化状態」であるか判別しやすくなるだろう。
  • ちなみに龍封力は、公式ガイドブック上では有効と書かれている。
    しかし、先述の弱体化はダメージだけで起こすことができるため、
    実際にどういった効果があるのかは不明となっている。
  • 長い時間が経過すると、体内器官の赤い光が強まり、エネルギーの勢いが最高潮に達する。
    この状態に至ると、
    ゼノ・ジーヴァは必ず専用モーションでそのエネルギーを開放して「臨界状態」に移行、
    同時に頭部、両前脚、翼端と尻尾先端の5部位全てを同時に「エネルギー強化状態」にする。
    この状態になると、特定の行動毎に小規模の龍雷を伴うエネルギー噴出と、
    胴体直下の地面を赤熱化させ、火属性やられ+地形ダメージフィールドを形成するようになり、
    大技の1つである「ビッグバン」を行うようになる。
    こう言うと大きく変化しているように見えるが、
    エネルギー強化状態の部位は、改めて怯ませることでやはり初期状態に戻すことが可能であるため
    実質、形態変化による変化は行動毎に起こるエネルギー噴出と地形ダメージフィールド生成、
    大技の1つ「龍雷大噴出」ぐらいである。
    更に、この状態で一定時間経過すると必ず「臨界光線」を行い、
    勢いが最高潮に達したエネルギーの全てを消費して通常形態へ戻り、
    エネルギー強化状態にある部位も、この時強制的に初期状態に戻るため、
    ゼノ・ジーヴァ本体は通常形態と臨界状態が交互に入れ替わり、
    その合間に頭部、両前脚、翼端と尻尾先端がエネルギー強化状態になる、と考えて良い。
  • 一定ダメージを与えると咆哮の後にゼノ・ジーヴァが飛翔し、上層に移動する。
    その後もハンターも翼竜に捕まって追いかけるように移動、以後上層で後半戦を繰り広げる事になる。
    上層は下層と比べて若干フィールドが狭く、地面から生えた龍結晶が多く点在している。
    龍結晶は壊せたり、物によっては登ることが出来るものの、基本的には障害物と思って良いだろう。
    一方、上空に障害物がなくなったため、
    ゼノ・ジーヴァは滞空状態に移行し、攻撃してくるようにもなるのだが、それ以外の変化は無い
    よって、滞空状態という変化に対応できれば勝利は目前と言えるが、
    そこはやはりラスボスかつ超大型モンスターである。
    予想外の痛手を受けて一気に追い詰められる事もあるので、最後まで気を抜かないに越したことはないだろう。
  • 龍結晶の後ろに隠れると、なぎ払いブレスをやり過ごすことも出来るためうまく利用しよう。
  • 部位破壊は頭、両前脚、翼の3箇所で、尻尾は切断となる。
    ただしその体躯ゆえに剣士が武器攻撃のみで翼を破壊するのは難しい。
    上から見て体の大部分を覆っているため、下層で落石をうまく狙えれば翼に大ダメージを与えられるだろう。
    また、頻繁に落とすスリンガー弾で狙撃していくことでも(相応に手間はかかるが)十分に破壊は狙える。
    尻尾含め全て剥ぎ取りやクエスト報酬でも入手できるとはいえ、
    先述の通り、これら箇所のエネルギー強化状態を封じるメリットが存在するため、
    それと並行して部位破壊していくと良いだろう。
    尻尾についても、エネルギー強化状態自体を防げ、
    厄介な攻撃を減らす事に繋がる上にレア素材の幽玉が出るので是非切断しておきたいが、
    上層に到達するまで切断できないようになっているため、注意が必要である。
    • と言っても、上層に移動すると下層には2度と行けなくなるため、
      下層で切断してしまうと、隙を見つけて剥ぎ取る必要性が現れ、
      上層に移動すると二度と剥ぎ取れなくなってしまうので、
      それが絶対起こらないようになっている、と考えれば気にする必要は無いだろう。
      蓄積はするようで、上層に移動した直後に切り落とすことも可能。
    • 因みに、前脚は共に両方とも破壊しないと報酬が得られないので注意。
  • 乗ることができないため、乗りダウンでチャンスを作れない点は注意するべきだろう。
    乗りを忌避する人にとってはいくらジャンプ攻撃をしても乗り移行せず戦闘を行える、とも言える。
    ただしその所為で剣士が翼を狙うのは難しく、
    スロープのように突き出した龍結晶の上からのジャンプ攻撃か大ダウン時以外はほぼ攻撃が当たらない。
  • なぜかスリンガーによる攻撃に非常に貧弱で、滞空状態で2発ほど当てるとあっさり墜落する。
    他の滞空するモンスターには見られない特性であり、意図的に設定されている弱点のようだ。
    弾自体は頻繁に落とし物で手に入るが、すぐには撃たず滞空された時用にとっておくのも手だろう。
  • ダウンは2種類あり、前脚を攻撃してダウンさせた場合は翼の位置が大して下がらず、
    頭も微妙に浮かせた状態であるため、短リーチ武器だと空振りやすくさほど追撃はできない。
    もう一方の大ダウンとでも言うべき状態では翼・頭ともに地面に接する形となるため、
    両部位に攻撃する絶好のチャンスとなる。
    墜落やスタンなどで後者のダウン状態になるが、
    墜落に関しては武器種問わずスリンガー弾で狙っていけるため、ぜひともチャンスタイムとしたい。

攻撃パターン Edit

  • ゼノ・ジーヴァの攻撃の中から常用する物や、厄介な物のみを記載する。
    なお、通常状態かつ初期状態から用いる攻撃は、
    対応する部位のエネルギー強化状態が解除された際にも使用するため、
    ここでは共通行動として扱うものとする。
  • ゼノ・ジーヴァの攻撃の内、
    龍脈エネルギー噴出と最大技のビッグバンはMHWの数少ない龍属性攻撃である。*6
    そのため、龍耐性を上げるとダメージが軽減できる…のだが、大半が無属性であるため、
    無理して対策する程ではないのが実情だろう。
    • なお、前作で龍属性攻撃を会得したクシャルダオラに関しては、
      その攻撃がオミットされ、用いなくなっている。

共通行動

ブレス
ゼノ・ジーヴァの基本行動とも言うべき攻撃で、
頭部だけでハンターを狙い、ブレスを放つ。
射程はそこまで長くないが、前方にいる場合しっかり狙ってくるので注意が必要である他、
後退して無理矢理射程内に収めてから放つことも多々ある。
前脚付近から後方は届かないが、
これに慣れてかつエネルギー強化状態との見分けが出来ない場合、後述の強化ブレスに引っかかりやすい
3方向ブレス
顔を横に向けて打ち払う様に、ゼノ・ジーヴァから見て正面→左→右の順にブレスを放つ。
打ち出す方向は決まっており、形としてはMHFのゴア・マガラとシャガルマガラが行う、
サイドタックル→3WAYブレスからタックル部分を抜き取ったような感じである。
単発ブレスと違い、発射直前に顔を横に向け、
打ち払うように前方を向いて発射するので単発ブレスとの判別は可能であるが、
不馴れな内は、単発ブレスと勘違いして横方向に打ち出されるブレスに被弾しやすい。
突進
ティガレックスのように、四脚を用いて力強く突進する。
ゼノ・ジーヴァ本体にしか判定は無く、胴体と地面までの距離がある分当たりやすいわけではないが、
巨体故に範囲が広く、また速度も早いので注意が必要。
臨界状態では突進の軌道上に、
火属性やられ+地形ダメージフィールドである赤熱化した地面を残していく。
前腕なぎ払い
片前脚で薙ぎ払うように攻撃する。
尻尾叩きつけにも言えるが、この攻撃を行う際は移動などで位置を調整することが多いため、
動きを観察することで、一応予測することが可能である。
尻尾叩きつけ
若干溜めた後、尻尾を思いっきり叩き付けて後方を攻撃する。
尻尾先端がエネルギー強化状態になっている場合、
叩きつけた地点に地割れを起こし、尻尾先端側にて龍脈エネルギー噴出を発生させる。
ボディプレス
その場で直立した後、全身で押しつぶすように倒れ込む。
見た目と予備動作の長さに違わず、90と高い攻撃値を持っている他、
胴体に被弾すると一時的な拘束状態となり、動けなくなるので注意が必要。
また、範囲外にもそれなりの範囲に震動の影響が及ぶ。
臨界状態では、基本後述のビッグバンに置き換わるのだが、
連続で行う等で、稀に繰り出すことがある。
身震い
その場で身震いを行う。
ただの威嚇行動の1種であるが、
臨界状態では周囲に龍脈エネルギー噴出と、胴体直下の赤熱化が発生する。
エネルギー噴出は、前脚付近にも1回発生するので注意が必要。
赤熱化地帯は地形ダメージフィールドとなっており、加えて接触すると火属性やられになる。

エネルギー強化状態

  • 上述の通り、対応する部位がこの状態に至るとこれら攻撃を使用するようになる。
    そのため、攻撃名と共に対応する部位を記載している。
龍脈エネルギー噴出
エネルギー強化状態の前脚、尻尾の攻撃に付随し、
臨界状態の身震いで周囲に発生する他、ビッグバンの余波でも発生する、
地面から吹き出る謎のエネルギーの噴出。
他の、謎のエネルギーを用いた攻撃と違って龍雷を纏っており、龍属性攻撃となっている。
被弾するとかちあげられ、龍属性やられになる。
前方ビーム(頭部)
後退しながら軸を合わせ、直線長にビームを放つ。
ビームの射程は非常に長く、ビームの軌道上は若干赤熱化、地面と接触している場合は完全に赤熱化する。
攻撃値は110と高く、しかも常に当たり判定が持続する多段ヒット判定となっている。
被弾した場合は吹っ飛ぶが、直様横方向に回避して逃げないと起き上がりで再び被弾してしまう。
その性質上、吹っ飛びを無効化する不動の装衣は多段ヒットする事になってしまい、
基本的に、直撃すればそのまま消し炭になる。
なぎ払いビーム(頭部)
ゴア・マガラとシャガルマガラ、
ゴグマジオスのなぎ払いブレスと同じモーションで、
ゼノ・ジーヴァから見て右側からビームを発射し、左へ向けて前方を薙ぎ払う。
ビームのなぎ払い速度は非常に遅いので、
回避する際はギリギリまで待ってから回避した方が良い。
なお、ビームの判定は強く、頭部付近に密着すると当たる可能性がある。
強化ブレス(頭部)
単発ブレスを置き換える形で使用する。
頭部と首を用いてハンターを捉えつつ、大きく口を開けてビームに近い勢いでブレスを放つ。
射程が強化されている他、その長い首による可動性によって横範囲も強化されており、
前脚付近もギリギリ捉える程であるため、注意が必要である。
また、最大で4連射してくるのも脅威であろう。
歩行ブレス(頭部)
歩行しながら頭部でハンターを捉え、強化ブレスを最大2連射する。
この攻撃を行う前に後退することが多く、捕捉範囲内に収められることが多い。
また、発射の少し手前まで射角を調整してくるため、半端な対処では容易に狩られてしまう。
直立なぎ払いビーム(頭部)
若干後退しつつ直立姿勢を取り、
ゼノ・ジーヴァから見て右側近距離にビームを打ち込んだ後左になぎ払い、
その後は射角を変えて遠距離を薙ぎ払うように右側に向かって薙ぎ払う。
打ち付けらた箇所は赤熱化しているが、一時的なもので触れても影響はない。
寧ろ、体勢を戻してすぐ次の行動に移るまでの長時間直立したままであるために、
堅い後ろ脚とやや柔らかい尻尾ぐらいしか満足に狙えない事が一番気になる点であろう。
前脚突き刺し(前脚)
横方向の軸合わせをしつつ、
片前脚を地面に突き刺してエネルギーを送り込み、龍脈エネルギー噴出を周囲に発生させる。
突き刺しと噴出の2段構えの攻撃となっており、
突き刺し時に震動が発生するため、これを回避してもその後の龍脈エネルギー噴出に被弾する可能性がある。
尻尾なぎ払い(尻尾先端)
尻尾を叩きつけて地面にめり込ませた後、
アカムトルムウカムルバスの同攻撃のように片側を薙ぎ払い、
時間差で薙ぎ払った軌道上に時間差で龍脈エネルギー噴出を発生させる。

臨界状態

エネルギー解放
臨界状態移行時の確定行動。
龍風圧を伴う、体内で極限まで強まった謎のエネルギーの解放を行う。
この時、改めて頭部、両前脚、翼端と尻尾先端をエネルギー強化状態にし、
加えて胴体直下を赤熱化させる。
以後、後述のエネルギー放射直立ビームを行うまでこの形態のままとなり、
歩行等の行動にも、龍雷を伴うエネルギー噴出が発生したり、胴体直下の地面を赤熱化させるようになる。
赤熱化した地面は、火属性やられを伴う地形ダメージフィールドの性質を持ち、
龍雷を伴うエネルギー噴出に被弾すると、龍属性やられになる。
ビッグバン
ゼノ・ジーヴァの最大技
ボディプレスよりゆっくりとした速度で上半身を上げた後、
片前脚ずつ地面に付ける形でボディプレスを行う。
その後で両前脚を大きく突き刺してエネルギーを送り込み、
大規模な龍脈エネルギー噴出「ビッグバン」を起こして周囲を吹き飛ばす。
ボディプレス部分は攻撃値70と、普通のボディプレスより威力が落ちているが、
本命であるビッグバンは見た目に違わず、
攻撃値が130とゼノ・ジーヴァの攻撃の中では一番高いうえに龍属性であり、
更にボディプレスの段階で震動を起こして逃げ遅れたハンターを拘束する厄介な点も見られる。
また、ビッグバンに耐えることが出来ても龍属性やられになってしまう。
地面に両前脚を突き刺した時点で起こる地割れの範囲内に爆発の影響が及ぶため、
その外側にいれば当たらない。
なお、吹き飛んだ地面は時間差で周囲に落下、小規模の龍脈エネルギー噴出を発生させる。
最大技でもあるにも拘らず、
臨界状態に至ったゼノ・ジーヴァはこの攻撃をそれなりの頻度で繰り出してくるため、
上半身を起こしたら真っ先にこの攻撃が来ると警戒し、範囲外に逃げられるようにしたい。
臨界光線
臨界状態に至ってから一定時間後に必ず放つ、
ビッグバン程ではないが驚異となる攻撃技の1つ。
前方を向いたままビームの発射準備に入り、
放った反動で直立しながら左→右→左→右の順にビームを薙ぎ払う。
臨界極まったエネルギーをこのビームで全消費するかの如く放っており、
他のビームと異なり軌道上を長時間赤熱化させて、
火属性やられを伴う地形ダメージフィールドを形成する。
4回目のなぎ払い時に、地面がゼノ・ジーヴァの体重とビームの反動に耐えきれなくなったことで陥没、
ゼノ・ジーヴァの下半身が落とし穴に落ちたかのように埋まるため、絶好の攻撃チャンスとなる。
ただし、近くに居すぎると震動で攻撃チャンスを棒に振ってしまう可能性があるので注意が必要。
特に手を出す必要がなければ、この時に切断した尻尾を剥ぎ取ったり、
武器を研いだりして態勢を整えると良いだろう。
なお、埋まる際の本体には小ダメージの吹っ飛び判定がある。

滞空状態

  • 上述の通り、上層エリアでのみ行う。
    なお滞空状態からの攻撃はすべて真下が死角になっているため、ゼノ・ジーヴァの尻尾を追いかけていれば
    安全にやりすごすことができる。
滞空強化ブレス
滞空した状態で強化ブレスを放つ。
滞空しながら放つ事以外は通常の強化ブレスと同じであるが、
歩行で振り切れる程度にハンターを狙ってくるため、移動で回避するのであればしっかり移動し続けたい。
1回のターゲット合わせに対して最大2連射まで行う。
滞空ビーム
滞空した状態で、前方を薙ぎ払うビームを放つ。
綺麗に一直線に薙ぎ払うため、前方に突っ立ってなければ当たることはないだろう。
滞空ひっかき
空中で構える体勢を取った後、前進しながら片前脚で地面を抉るようにひっかく。
この時攻撃に用いた前脚が強化状態であれば、抉られた跡に時間差で龍脈エネルギー噴出が発生する。
滑空攻撃
滞空状態での最大技。
他の古龍種や、ゴア・マガラとシャガルマガラと同じように、後退してから大きく突進する。
巨体が勢い良く突っ込んでくるが故に威力が高く、壁際にいる場合は特に注意が必要である。
怒りキャンセル等がなければ、この攻撃で地上に着地する。
また、上層に移動した際のエリアインにも用いてくる。

武具 Edit

  • 武器はゼノの名を冠し、黒鋼武器から分岐派生強化を行うことで入手できる。
    その外見は、黒鋼武器に冥灯龍素材で装飾、強化したかのようである。
    何れもそれなりの攻撃力と龍属性値、龍封力は小で会心率15%を有している*7
    近接武器は匠で伸ばしてやれば斬れ味ゲージが白に到達することが可能である。
    ボウガンは全属性弾を扱うことが出来るが、LV2通常弾とLV1貫通弾には対応しておらず、
    加えてヘビィボウガンは斬裂弾も対応していない。
    その一方で、装飾品スロットが極めて優秀であるため、
    真価を発揮するには十分なやりこみによる強力な装飾品が必要になるだろう。
  • なお、派生に必要な素材は全武器種で共通しており、
    「冥灯龍の幽爪4、白殻6、尻尾2、幽玉1」となっている。
    武器退化には対応しておらず、強化すると巻き戻し不可能になるので注意が必要。
  • 匠で伸ばした分が丸々白ゲージになるが、一方素のゲージは青も緑もさして長くないため、
    高Lvの匠で伸ばしてやらないと火力の点でも斬れ味維持の点でも辛く、匠への依存度が非常に高い。
    手数武器などは匠で伸ばせず白ゲージもない代わりに、長大な青と緑で斬れ味管理が非常に楽な
    ネルギガンテ武器の需要も高い。
  • 防具はゼノラージシリーズ。見た目はオーソドックスにゼノ・ジーヴァをそのまま鎧にした、といった感じ。
    男性防具はフルフェイスの兜だが、女性防具はゼノ・ジーヴァの羽で作ったヴェールになっている。
    後述のオトモ装備と合わせると女性装備は花嫁衣裳がモチーフなのかもしれない。
    頭以外は普通に甲冑なので花嫁にしてはいささかゴツいが。
    男用は胴装備の背中から大きな青白い羽が生えており、女用は頭装備の青白いヴェールが腰まで垂れているので
    コレを活かした着こなしをしないと混合装備では浮いてしまうかもしれない。
  • 発動スキルは以下のようになっている。αは黒字のスキルに赤字のスキルが追加され、
    βは黒字のスキルに青字のスロット構成に変化する。
    • 頭…スキル:ひるみ軽減+1、特殊射撃強化+1 スロット:Lv1×1→Lv2×1 
    • 胴…スキル:強化持続+2、属性やられ耐性+1 スロット:Lv1×1→Lv1×2
    • 腕…スキル:ひるみ軽減+1、超会心+1 スロット:Lv1×1→Lv3×1  
    • 腰…スキル:属性やられ耐性+2、特殊射撃強化+1 スロット:Lv2×1→Lv2×1、Lv1×1 
    • 脚…スキル:ひるみ軽減+1、強化持続+1 スロット:Lv1×1→Lv1×2 
    また、3ヶ所装備すると発動するシリーズスキルの「冥灯龍の神秘」は、近接は業物、ガンナーは弾薬節約の効果を発動する。
    本作において当該スキルの装飾品と護石は確認されておらず、実質ゼノラージ専用スキルとなっている。
    発動スキルの攻守のバランスが良く、冥灯龍の神秘も相まって一部で話題になっている。
    特に、超会心を持つ腕部位は発動できる装備が数えるほどしかないため人気となっているようだ。
    • 双剣や操虫棍など、強化状態が存在し手数が多い武器種は、
      胴+脚+任意の1箇所*8を装備すれば強化持続+3と業物を両立できる。
      直接火力に直結するわけではないが、各種強化状態と斬れ味のケアの頻度が下がる分狩りが快適になり、
      モンスターへの攻撃にも集中しやすくなるので相性がいい。
    • また、怯み軽減や属性やられ耐性は、SA持ちの攻撃が少なく、
      抜刀中に転がって属性やられを消せないランスとの相性も悪くない。
      頭、腰、脚をβに変えて胴以外の4箇所を装備すれば胴体がフリーになった状態で、
      怯み軽減Lv3、属性やられ耐性Lv2、超会心Lv1、シリーズスキルの業物と多くのスロットを獲得できる*9
      ただ、ランスが優先すべきガード性能は全く発動してないので、
      空いたスロットと護石はこれらに費やされあまり残らないかもしれないが……
    • ガンナーの場合、とにかく弾薬節約が優秀。
      弓には微妙だが、ボウガンでは発動時に弾丸が装填されたまま消費されないという仕様から、
      装填数が少なかったり、持ち込み数が少ない弾丸をメインにする場合では是非とも発動させたい。
      しかし、もともとついてるスキルで相性がいいスキルが特殊射撃強化くらいしかなく、
      特殊射撃をあまり使わない場合はわざわざ着ていくのが難しいのがネック。
    • カスタム強化を含めて全防具中最高の防御力を誇る。
      ただし、カスタム強化後はポイント要求がとんでもなく多く、1部位ごとに200Pを6回分要求される。
  • オトモの武器・防具は意外にもウェディングドレスをモチーフとしているが青白く輝き、
    頭用装備はベールの間から紅く目が光っており中々不気味。
    また、風に靡くドレスはまるでアマツマガツチのようでもある。
    • 頭装備をキリン、胴をゼノにし、さらに励ましの楽器を装備させると、
      キャラメイクにもよるが心を部位破壊されそうな可愛さを発揮する。ぜひぜひ試してもらいたい。
    • 耐性面は火属性と龍属性がマイナスなので注意。

考察 Edit

  • 本種は生体エネルギーを受けて誕生、成長する存在であると考えられる。
    これは地脈の収束地に存在する、
    古龍の生体エネルギーが長い年月を掛けて生成した大結晶の中から誕生した姿が目撃されていることによる。
    故に、本種は他者の存在、特に他の古龍が自身の誕生、および成長に必要不可欠であると考えられるが、
    古龍の生体エネルギーは大地に浸透し、
    地脈を通して新大陸全土に行き渡って肥沃な養分となる存在であり、
    それが偏って1箇所に集中的に集まるという現象が自然に起こるとは、到底考えられない事である。
    また、新大陸全土に肥沃な養分として行き渡る程の量の生体エネルギーを持っているのは、
    悠久と言える程の時間を過ごした老齢の個体ぐらいであり、
    通常の個体が持つ生体エネルギーの量はそこまで多くないと考えられる。
  • 新大陸古龍調査団によって明かされた「古龍渡り」の周期の短期化、
    及び龍結晶の地ただ1箇所だけに生体エネルギーが集中している現象は、
    本種の何らかの干渉が原因であり、調査団でもフェロモンのようなもので呼び寄せたなどの考察がなされているが、その真相は不明である。
  • なおクリア後、三期団の期団長からこの件に関する(彼女個人と思われる)考察が聞ける。
    「ゼノ・ジーヴァは元々他者のエネルギーを利用する生き物で、
    偶々古龍のエネルギーの満ちた新大陸に巣食った事で強大なエネルギーを獲得し、
    それを更に求める為に寿命の古龍を呼び寄せる能力を会得したのではないか」という仮説である。
    つまり、劇中のゼノ・ジーヴァは言うなれば一種の特異個体で、
    本来はこのような生態、姿ではなかった可能性もあるという事である。
  • 冥灯龍の幽角の解説文には「未だ発達途中に見える」とある。
    誕生直後の個体であることや戦闘中の仕草、仕様などを総合すると、
    プレイヤーハンター達が遭遇した個体が幼体である可能性は高いと思われる。
    ゼノ・ジーヴァはこの段階で「外界に現れたら大変なことになる」と推測されるほどの力を持っているだけに、
    もし成長に伴ってより完璧な姿になるとすれば、最終的な影響力は計り知れないものがある。
    実際、初戦の最初では尻尾にヒレが生えていないが、途中で生えている。
    • 逆に言えば、ストーリーで登場した個体は誕生したての時点であれほどの巨体を誇っていることになる。
      ゾラ・マグダラオスの例から「成長に伴う巨大化」という概念は古龍種にも存在すると思われるが、
      完全に成長したゼノ・ジーヴァは一体どれほどの巨体になるのだろうか……
      今後のアップデートで、ゼノ・ジーヴァの成体個体と交戦したいハンター達の期待の声も強い。
      実際この個体とは別の個体が、どこかで成長して成体になっている可能性も考えられる。
      今回のような巨大な体躯を持っているかどうかはさておき*10
      ゼノ・ジーヴァの成体個体の登場の可能性は全く無い訳ではない。
      最終的にはカプコン次第であるが

余談 Edit

  • 名前に使われている「ゼノ(Xeno)」とは、「異質な」、「未知の」と言った意味の英単語。
    まさに未知のモンスターそのものであり、既存のどの属性にも属さないエネルギーを操る、
    本種にふさわしい言葉と言える。
    また、ジーヴァ(jīva)もジャイナ宇宙論においての霊魂、魂を意味する単語である。
    • 確かに成り立ちも存在も未知かつ異質と言えるだろう。
  • 専用BGMを2つ保有しており、
    前半戦の下層が「冥河の向こうで灯火掲げ」、
    後半戦の上層が「それは生命の胎動たらん」となっている。
    どちらも「冥河」「灯火」「生命」と言った、ゼノ・ジーヴァに関連するワードが曲名に混ざっている。
  • マイセットに名前を付ける時などに「ぜ」と入力すると、
    なんと1文字しか入力していない段階で「ゼノ・ジーヴァ」が予測変換の候補に表示される。
  • MHWでは、未確認の古龍を発見するどころか、
    まさに産まれた瞬間を目撃するという前代未聞の事態に遭遇することとなるのだが、
    MHSTではクシャルダオラやテオ・テスカトルのタマゴを孵化させ、
    ライダーを親として刷り込むことにより従わせることができる。
    一方、同じ古龍でもゼノ・ジーヴァは初めて見たハンターを、
    ではなくと認識しているが理由は不明。
    ライダーたちは孵化の際に絆石に秘められた力も使うため、そのあたりに通常の孵化との違いがあるのかもしれない。
    • ただ、MHSTはそもそもメインシリーズと設定を共有しない派生作品であり、
      またRPGに落とし込む過程でシステム的に調整されている部分が見受けられる*11ため、
      派生作品における一つの解釈程度に捉えておいたほうがよいだろう。
  • フリークエスト「冥き河にて灯火掲げん」における、
    ゼノ・ジーヴァの登場ムービーのタイトルは「それは古龍の王たらん」であり、
    その説明文にも「この世の王たらん者」という記述がある。
    やはり新大陸の膨大なエネルギーを一身に受けて生まれただけあって、古龍の中でも特別な存在のようだ。
    • また、新大陸古龍調査団からも特別な存在として扱われており、
      エンディング内の、ギルドからゼノ・ジーヴァの正式認定を受けた報告を聞いて喜ぶ調査団一同の姿と、
      同クエストの依頼文にてそれを伺うことが出来る。
    • また、ゾラ・マグダラオスと異なり、
      フリー、イベントクエストの両者とも「調査のため」に調査団からクエストが依頼されていること、
      最初回と違い、最初から尻尾のヒレが存在している(=誕生してからある程度時間が経過している)事から、
      追想のような形式のあちらと違い、頻度は低いもののしっかり別の個体が現れているようだ。

素材 Edit

  • 初回入手時は「???の○○」表記となっている。
    なお、本作のモンスター素材の説明文は
    「どういった手段で入手でき、どういった用途があるか」の説明に終始するものが殆どで、
    旧来のモンハンテイスト溢れる説明文は本種の素材でしか読めない。
冥灯龍の幽鱗
ゼノ・ジーヴァの上位素材。
幽界の火に焼かれた鱗は今も淡い輝きを放っている。
冥灯龍の白殻
ゼノ・ジーヴァの上位素材。
高い光反射性と内部からの光に対する高い透過性を持つ、白色の甲殻。
幽界の火を身に留めるために鍛えられた外殻。
冥灯龍の幽角
ゼノ・ジーヴァの上位素材。
幽界の火と称される、謎のエネルギーを制御するための黒色器官。
しかし一方で、発達途上のようにも見える。
冥灯龍の幽爪
ゼノ・ジーヴァの上位素材。
肉体と魂の繋がりすら、断ってしまいそうな圧力を放っている。
冥灯龍の幽翼
ゼノ・ジーヴァの上位素材。
背部に戴く、2対の巨翼。内部に流れる幽界の火が、端の翼膜を蒼白く輝かせる。
あふれ出る力の奔流は、神々しさすら感じさせる。
冥灯龍の幽幕
ゼノ・ジーヴァの上位素材。
頭部、前脚、尻尾に存在し、翼端の翼膜を形成している、
身に蓄えられた力の奔流を解き放つためのヒレのような幕器官。
その部位に集中した幽界の火を解き放ち、肥大化と共に自身の攻撃を強化する。
  • 剥ぎ取りでは入手することが出来ず、落とし物か頭もしくは翼の部位破壊で入手可能。
    頭はともかく翼の破壊はガンナーでなければ難しく、
    ガンナーでも翼へのダメージはあまり期待出来ないため、ストッパー素材になりやすい。
    一部防具と武器強化、及び人気の高いオトモ防具と幅広く使用するのも困り所。
冥灯龍の尻尾
ゼノ・ジーヴァの上位素材。
あらゆる干渉を拒むかのような尾撃を放つ、強靭な尾。
冥灯龍の幽玉
ゼノ・ジーヴァの上位素材。
体内で生成されると言われる、幻の宝玉。もたらす力は計り知れない。

関連項目 Edit

シリーズ/モンスターハンター:ワールド - 同作のラスボス。
モンスター/古龍種
ゲーム用語/ラスボス
世界観/幼体
武器/ゼノ・ジーヴァ武器






*1 4509.10cmで固定
*2 大蟻塚の荒地で交わした会話の最後に言った「もし君も導かれたのなら、すべてを超えた先でまた会おう。」の事。
*3 この時、受付嬢はキャンプ地で待機し、船を漕いで収束点を目指す3名1匹を見送っている。
*4 補足として、古龍渡りは「自身の死期を悟った老齢の古龍が、死に場所を求めて行う死出の旅」である。
*5 例として、頭部がエネルギー強化状態に至るとブレスの弾速が上がり、ビーム攻撃が解禁される。
*6 V2.0現在、龍属性攻撃を用いるのは本種とイビルジョーのみ。
*7 尚、何故か一部の武器は妙に属性値が低くなっており、高火力低属性のネルギガンテ武器よりも低い場合がある
*8 特殊射撃強化が死にスキルになるので実質腕
*9 胴の強化持続だけはランスでは活かせないので完全一式装備は無駄になる
*10 少し上に本来の生態ではないのではないかという考察があるが、体の大きさも膨大な古龍のエネルギーを取り込んだ結果かもしれないし
*11 グラビモスやザボアザギルがバサルモス・スクアギルをすっ飛ばして孵化するなど。