武器/巨獣槍

Last-modified: 2020-09-26 (土) 19:24:10

MHXに登場する四天王の一角、巨獣ガムートの素材を用いて作られるランス。
本項では二つ名持ちモンスターである銀嶺ガムートの武器も扱う。

目次

概要

  • 今は昔、山神の巫者が用いた杖を模したランス。
    真っ先に目に飛び込む外見の特徴は、彫刻を施した甲殻製のガムート武器らしい巨大な槍頭と石突である。
    特に槍頭は分厚いうえに横幅が広く、獲物を叩き割る豪快な作りとなっている。
    その一方で、槍頭根元の赤いポンポンをはじめとする獣毛での装飾や、細身で邪魔にならない柄などから
    巫者の宝具らしい繊細な雰囲気を感じることもできる。
  • 巨突・怒守度守ド度狩の名称は、贄を装い、禍つ神を待ち伏せた巫者が決死で突いた刺衝音が由来となっている。

性能

MHX

  • 生産段階では前述の通り「巨獣槍」。その性能はというと
    • 下位の時点では圧倒的な攻撃力140
    • ガムート武器標準搭載の氷属性12
    • 高い攻撃力に歯止めをかけてしまう会心率-20%
    • 他の四天王武器より少々短めの緑ゲージ
    • こっそりついてるスロット1
  • 他の四天王武器の生産時点よりも攻撃力は高いが、
    会心率ー20%のせいで攻撃力期待値は133と突出していない。
    斬れ味緑も常時突進などの無茶な行為をしなければすぐには消費しない。扱いにくくはないだろう。
  • 作成には巨獣の鼻棘3本、下位最後の強化であるLV3ではレア素材巨獣の頭殻を要求される。
    ガムートにランスで挑むのであれば、正面にガードで張り付きながら鼻や頭を突けば破壊は難しくない。
    だがLV2で何故か天廻龍の尻尾を2本要求される。忘れずシャガルマガラにも挑もう。
    序中盤ではその他に入手が面倒な素材はないが、なにかと巨獣の赤毛の指定が目に付く。
    最終強化までに合計11束必要な赤毛はあの赤いポンポンの強化に使われているのだろうか……。
  • 獰猛化素材や巨獣の氷玉を用意すれば、いよいよ最終強化の銘を拝むことができる。
    その名も「巨突・怒守度守ド度狩」。読み方は「きょとつ・どしゅどしゅどどしゅ」
    ものの見事な三連突きの擬音である。MHXからの新モーション強突きまで体現している
    強突きがカス当たりしているのは文字数制限に引っかかるからであろう。
    10文字に収まりきらなかった迫力の名前だが、その性能はというと
    • 無属性武器並の攻撃力230
    • 高くも低くもない氷属性24
    • スキルや狩技で補いたい会心率-20%
    • 長めのと少しの。斬れ味レベル+2で短めの
    • 引き続きスロット1
    補正無しでの攻撃力期待値は218.5。
    攻撃力220以上の他属性ランスに比べて問題点が少なく、使いやすい部類。
  • 気になるのは恒例のMHXにおける氷属性ライバルランスとの比較であるが、
    他の通常属性ランスと比べて明らかに氷属性ランスは種類が少ない
    MHXにおける氷属性のモンスターは通常種6種+二つ名1種であるが、
    ランスが存在するのはそのうち通常種4種のみ。二つ名武器まで空席である
    非モンスター系統の氷ランスもブルークレーター系列のみなので、氷ランスの最終強化形態は5系統6種。
    追い打ちをかけるように、氷属性のランスのほとんどは と、登場時期に何かしらの問題を抱えている。
    下位時点から使える氷属性ランスが一癖ある巨獣槍のみという状況すら発生し得るのだ。
    巨獣槍は特別な運用が必要なほど癖があるわけではないので、
    HR解放前は氷ランスはこれ一本だけで十分やっていけるのだが。
  • 最終強化6本の比較は次の通り。

    武器名攻撃力属性値防御力会心率スロット斬れ味
    巨突・怒守度守ド度狩23024無し-20%○--青中→白短
    ドゥームクラウン20010無し0%○○○青長→白短
    テリオス=ダオラ19030+100%○--青長→白中
    ルカーニアントリュー22015無し0%---緑極長→白短
    オルカントルペイダー20028無し0%○○-青短→白極短
    崩天槍ケルケオンカム25015+15-20%---緑極長→青短


    崩天槍は攻撃力こそ高いが斬れ味が鈍いため、
    匠を捨てて鈍器運用するなど特別なスキル構成や戦法が必要となる。
    対して巨突は、スキル補正無しの状態なら斬れ味補正を含めた物理攻撃力は氷属性ランス中一番である。
    さらにこちらは斬れ味レベル+2によって白ゲージが出るので、
    斬れ味補正を生かした更なる高攻撃力を叩きだすこともできる。
    さすがに属性値はテリオス=ダオラやオルカントルペイダーに劣るので、
    巨突は汎用的な物理偏重型氷属性ランスとして扱うのがよいだろう。

MHXX

  • ド度狩の究極強化後は怒守度守ド度狩MAXという名称になる。
    MAXは決して冗談ではない。
    性能は攻撃力340、白30、斬れ味レベル+2で紫20、氷27、会心率-20%、スロット1。
    今作でも物理型のランスとして十分な性能を持つ。
    しかし今作ではベリオロスの復活によりトゥースランス系列も復活。
    その究極強化形であるゾルべ=ゾルビンスに、物理期待値、属性値、斬れ味の長さ、スロットの数と、
    あらゆる面で敗北するという事態となった。
  • ただし、期待値の差はごくごく僅かなもの(属性値の差は僅か1、物理期待値も僅か1の差)であり、
    あちらは素の攻撃力が低いために見切りなどの会心率を上げる火力スキルと相性が悪いため、
    素の高い攻撃力を活かして会心率を上げてやれば期待値であちらを上回り、
    匠非使用時の氷ランスではトップの期待値となる。
    • が、ゾルビンスがこちらと同じやり方で会心率を上げた上で超会心を採用すると力関係は再び逆転する。
      超会心の採用を検討した場合、ゾルビンスのような元から会心が高い武器との相性は言わずもがな。
      単純な会心率だけでなく挑戦者の採用の余地もあるため、ぼーっしてると本当に追いつけなくなってしまう。
      しかし、こちらのスロットは1つ。発動スキルは思いのほか手狭になりがちなのが悩ましい。
  • 手数の多いランスにとって斬れ味の長さの差は大きく、モンスターによって両者の使い分けの検討を求められる。
    • 匠使用時については紫が20と短いため、少し扱い辛くなる。
      とはいえあちらも紫の長さは30とそれ程差が出る訳ではないので、状況次第でなんとか使い分けたいところ。

銀嶺槍

MHXX

  • MHXXにて追加された二つ名モンスター、銀嶺ガムートの素材で作られるランス。
    銀嶺槍から銀嶺槍ドシュドを経て、究極強化で怒守度王の全力突という名称になる。
    その性能は
    • 凄まじく高い攻撃力380
    • 流石に下がった氷属性14
    • 通常種と違ってプラスに転じた会心率5%
    • 素ではとても長い緑ゲージだが斬れ味レベル+2で白20を得る
    • あって損は無い防御力+10
    • 二つ名武器共通のスロット0&狩技ゲージボーナス
    超物理特化ともいうべき物になっている。
    攻撃力は氷ランスどころか全ランス中トップタイと非常に高いが、
    氷属性値14は氷ランスの中で最下位、素の斬れ味は緑止まりとかなり尖っている。
  • 素の斬れ味のまま扱う場合は、当然鈍器使いのスキルが必須となる。
    ただしその場合の期待値でもゾルべ=ゾルビンスに負けてしまっている。
    が、元の非常に高い攻撃力を鈍器使いでさらに増やせるため見切りなどの会心率アップスキルと相性抜群。
    上手くサポートしてやれば相手次第ではあるがこのランスが最適解になる場面もある。
  • 匠使用時は短いが白まで伸びる。
    今作では紫ゲージの斬れ味補正が減少したため、氷ランスどころか全ランス中最高の物理期待値を誇る。
    それに加えて僅かだが氷属性値も入り、二つ名武器特有の狩技ゲージが溜まりやすくなる仕様と合わせ、
    まさに今作最強のランスと呼ぶにふさわしい一本となる。
    斬れ味が20と短いので、使用の際にはそれを上手くカバーしたい。
    溜まりやすくなった狩技ゲージを活かして絶対回避【臨戦】を多用するか、
    業物・砥石使用高速化などのスキルでフォローしてあげよう。
  • TA運用におけるこの武器の主流となっているのが、
    ストライカースタイルのガードレイジIII/絶対回避【臨戦】/絶対回避(SP狩技)の3点セット。
    SP状態と狩技ゲージボーナス、業物の相乗によってこの武器のかなり低い斬れ味ですら、
    超特殊許可級の相手ですら一回も研がずに最後まで白ゲージで戦える
    後はガードレイジで攻撃力を上げ、ひたすら突進フィニッシュを決め続ける、
    まさしく全力突の名に相応しい運用法であろう。
    他にも、短期決戦の場合は絶対回避をスクリュースラストIIIに置き換えることも。
  • 唯一のネックはやはり二つ名武器故の製作難易度の高さ。
    タフな銀嶺との最低でも5連戦させられる上に貴重な天殻を2つ、部位破壊限定の銀嶺の鼻棘を5つも要求される。
    しかしそれを乗り越えて完成すればあらゆる敵を相手に担ぐことができる最上級の一本となるだろう。
    特に宝纏ウラガンキンには最適解になりうる。

関連記事

モンスター/ガムート
モンスター/銀嶺ガムート
武器/ガムート武器