Top > 世界観 > 新大陸古龍調査団


世界観/新大陸古龍調査団

Last-modified: 2018-10-30 (火) 20:59:39

モンスターハンターの世界に存在する組織。
MHWorldにて初登場し、作中では「調査団」という略称でも呼ばれる。

目次





概要 Edit

  • 新大陸の調査を担当する組織。新大陸の海辺に「調査拠点アステラ」を築き、そこを中心に活動している。
    古龍渡り」と呼ばれる現象の謎を解明するため、ギルド*1により結成された。
    MHWorld作中時点から40年ほど前に新大陸での調査活動が開始され、数度の増派を経て現在に至る。
    • 新大陸には長い航海を経て渡らねばならず、しかも周辺海域及び空域が安定していないため、
      船や気球を頻繁に行き来させることができない(酷い時は数年間渡航不可となることも)。
      そのため、基本的に調査員は現地での生活を余儀なくされることから、
      アステラは調査拠点であると同時に生活拠点ともなっており、かなりの規模を誇る。
    • 古龍の生態を探る組織というとドンドルマの古龍観測所を思い浮かべる人もいるだろうが、
      調査団はMHWorld主人公と様々な面で密接に関わり合っており、作中では重要な役割を担っている。
      各分野のプロを集めた精鋭集団であるが、同時に超強力な個性の集まりでもあり、
      拠点にいる5期団の一人によれば「天才と変人と問題児の集まり」と現大陸では評判らしい。
  • 現在判明している主な活動内容は下記の通り。
「古龍渡り」の調査
新大陸古龍調査団が結成された原因であり、最も重視される活動目的。
「古龍がどこかへと向かう」ことは昔から知られていたが、近年ではその事象のサイクルが短くなり、
およそ10年に1度の間隔で、新大陸を目指して古龍が海を渡る法則性が判明した。
この「古龍渡り」現象の真相を究明し、謎多き古龍たちの生態を解き明かそうという試みである。
新大陸の調査
「古龍渡り」の研究過程で発見された、古龍たちが目指す場所である新大陸。
その未知なる大地に根付いた自然や生態系の調査も重要な課題となっている。
任務の発令
調査団所属ハンターに対して討伐指令などの任務を発令する。
旧作では「ギルドが第三者である依頼人のクエストを斡旋する」形態が主流であったが、
新大陸ではそもそも依頼人足りうる調査団以外の人というのが少ない*2ことから、
調査団関係者から指示されたクエストなどを受注することが主流となる。
調査団所属者の活動支援
実地調査を行う調査員や、調査団所属ハンターの活動をサポートする。
既存作品において「ハンターズギルドが行っていたこと」を新大陸では調査団が担当しており、
各種加工、支給品などの準備、有償での物資の融通、マイハウスの提供など多岐に渡る。
現大陸への報告・交易
調査活動の経過や成果などは主に船を出す形で現大陸のギルドへと行われている。
調査活動の継続・打ち切りなどの判断はギルド側でも成されている様子が窺える。
また、作中では船長が頑丈な船を入手したことで物資のやり取りを密に行えるようになり、
新大陸産の物品と現大陸産の物品の交易が行われるようになった。
  • ゲーム開始時のムービー内では「新大陸に渡る船に乗ると後戻りはできない」と説明される。
    調査団の拠点であるアステラは、彼ら自身が乗ってきた船を建材として再利用しており、
    新大陸に渡った後にそのまま滞在し続ける人員が多いことが確認できる。
    ただ、船長の発言によれば帰還用と保険用に最低でも二隻の船は解体、資材化せず残す方針であり、
    天候さえ安定すれば子供が生まれた場合も帰還便が出るなど、
    二度と帰れぬ片道切符というわけではない。初期の派遣団のうち体力面も重要なハンターは、
    多くが年齢を理由に帰還したことが工房親方の口から語られ、
    逆に技術者や研究者は長期間に渡って残る傾向があるようだ。
    帰還の可否が年単位で天候に左右されるため、最悪新大陸に骨を埋める覚悟があるか、という事を求められる一幕と言えよう。
  • 調査団所属ハンターには標準装備とされるものが幾つか存在する。
    • 導蟲」は特定の物質や匂いに反応し、その場所に集る性質を持つ蟲。
      その特性を活用することで、広大な自然環境の中でも迷わず調査活動を行うことができる。
      普段は「虫かご」の中で飼っており、それを腰などに吊り下げる形でフィールドに携帯する。
    • スリンガー」は左腕に装着する小さな弩。普段は邪魔にならないよう折り畳んでいる。
      攻撃能力を重視した装備ではなく、さまざまな物を装填・射出できる汎用性に長けており、
      対象を捕獲するためのネット、移動を補助するワイヤーなども利用できる。
      調査団が飼い慣らす翼竜にワイヤーを絡めることで、素早い移動も可能としている。
    また、本作では剣士ガンナーの防具が共有化されているが、
    これはメタ的なもの*3のみならず、第2期調査団が「(新大陸で)生き残るため」に、
    従来の常識を壊して開発したものである事が2期団の親方から語られる。

各期団紹介 Edit

  • 約10年おきに古龍渡りが発生する度、その古龍を追跡する形で追加人員が新大陸へと渡航している。
    最初に新大陸へと送り込まれた選りすぐりの「1期団」が活動拠点アステラの基礎を築き、
    以後得意分野の異なる「2期団」「3期団」「4期団」「5期団」が順次派遣されている。
    • MHWorldの主人公は作中時点で最も新しい5期団に"推薦組"として所属しているほか、
      ハンターとバディを組む受付嬢(編纂者)やオトモアイルーも全員が調査団所属者として扱われている。
    • また、長い調査活動期間ゆえに「新大陸生まれ・新大陸育ちのメンバー」も登場する。
  • 各期団は期数によってそれぞれが掲げる旗の色、及びエンブレムが異なっている。
    各期団のエンブレムはロード画面に表示される他、各種グッズ類にも描かれている
    (リオレウスエディションPS4Pro本体前面には、左側から1期団から5期団まで順番に描かれている)。
    また、新大陸古龍調査団自体のエンブレムも存在しており、こちらはゲーム内でもよく見かける。

第1期調査団(1期団) Edit

  • MHWorld時点から約40年前、最初に新大陸へと派遣された調査団
    未踏の地を目指すため、不測の事態に対応できる選りすぐりのエキスパートで構成されており、
    基礎能力の極めて高い人材が揃い、その様相は個性的過ぎると言えるほど。
    新大陸到達後、「古代樹の森」近くの海辺に調査拠点アステラの基礎を築き上げた。
    • 現在では大半のメンバーが国へと帰還し、新大陸に残っているメンバーは数が少ない。
      残ったメンバーも調査にふらっと出ることが多く、アステラに滞在する人数は限られる。
  • 1期団のエンブレムは「星*4」を模ったもの。
    下が長い十字のような星の形と、後光が差したような形が目を引く。
    旗の色は赤地に黄色い縦のラインが入っている。公式の期団色は「」。
大団長
調査団の本当の団長。非常に大柄な体躯をしており、豪快な性格。
その体格と鬣のような金髪から、彼の姿を目にした「マイペースな5期団」からラージャンかと思ったと言われる程。
ゲーム開始前から既に調査団を総司令に任せて行方不明になっているが、
ゾラ・マグダラオスを撃退した後、不思議な鉱石を持って一時的にアステラに帰ってくる。
単身でネルギガンテを調査しており、その過程でマグダラオスが迷い込んでいた地脈の奥地に龍結晶の地を発見した。
総司令
調査団の総指揮を執る老練な白髪男性。
やや強面だが、実際は頭脳派な人物であり、導蟲の特性も彼が発見したとのこと。
冷静な指示、時に大胆な策で調査団を導く人物であり、調査員達からは全幅の信頼を得ている。
数少ない1期団の一員であり、新大陸生まれの孫もいる。
彼に限らず、1期団は40年前の時点で凄腕(=どんなに若くても一人前と呼べる年齢以上)であり、60歳前後かそれ以上と言える。
かつてはハンターだったが、左半身が不自由になり武器を扱うことができなくなったようだ。
調査班リーダー曰く「じいちゃんは走れない」とのことであり、よく見ると左足が義足の様子。
現大陸に戻った調査班リーダーの両親の事を「娘夫婦」と呼んでいる為、総司令の子供は女性である事が窺える。
彼の装備は男性ならシーカー装備で着用することが出来る他、調査班リーダーや大団長も同装備の改造品と思しきものを着用している。
ソードマスター
1期団紋章が入った布を正面に垂らした剣士。近接武器の扱いに関しては1期団中随一の腕を持つ。
総司令の片腕とでも言うべき存在であり、総司令の依頼で活動しているようだ。
寡黙な性格で、話しかけても「うむ。」「どうだ。」など最低限の台詞しか喋らない。
MHWorldでは剣士・ガンナー共に装備できる新機構の防具が主流となっているが、
そのような状況の調査団で唯一、現在も剣士用装備を愛用するオールドハンターである。
劇中で使用している武器は太刀の飛竜刀【翠】系列のみだが、設定上はあらゆる武器に精通しているとされる。
装備している防具はリオレイア系の装備で、かつてのレイアSの頭などいくつかの種類の特徴を持つ。*5
いまだに旧式装備なのは「新しきものはよう分からん故」とのこと。彼は左腕にスリンガーも付けておらず、
導蟲も使用しない。*6
ヘルムの右側にはえぐれたような傷が刻まれているが、これはかつてテオ・テスカトルと交戦した際に付けられたものとのこと。
調査班リーダーなど、他のハンターからは「先生」と呼ばれている。
調査班リーダーはハンターとしての指導を受け、逆にソードマスターにスリンガーの運用方法を
指導しているようだが、中々覚えてくれないようだ。
総司令の近くの椅子に座りながら「寝ていた」と発言したり、2等マイハウスでは稀にあのガッツポーズ
体勢で寝ている姿を見れたり、もう歳だから平時ではしばしば寝ている模様。
  • 総司令の依頼で独自に動く事が多く、その活躍を目にする機会は少ない。
    しかし、捕獲作戦では突如乱入したネルギガンテに主人公達ハンターが圧倒される中、
    独自にマグダラオスを追っていたソードマスターが加勢し、ほぼ初見に等しい*7ネルギガンテの攻撃をかわし、
    一太刀浴びせる*8など互角の立ち回りを見せる。
    ゾラ・マグダラオスが拘束を解いた事で勝負は流れるが、1期団の古強者の強さを感じさせる一幕である。
    マグダラオスが拘束を解いて振り落とされた時に着地失敗して伸びていたのは内緒だ。
    後、おばさまの華麗なスリンガー捌きの方がインパクト強いのも内緒だ。
フィールドマスター
編纂者兼ハンターの白髪女性。ハンターと編纂者のバディ制を取り入れた。
自然科学全般の知識を有し、現在は瘴気の谷を単身で調査している。
詳細は編纂者の項を参照されたし。
料理長
アステラ3Fにある食事場「武器と山猫亭」を取り仕切る巨大なアイルー。
頭に1期団紋章入りの布を巻いており、右目に傷を負った隻眼が特徴的。
元々は1期団、大団長のオトモだったが、オトモとしての引退を機に料理を始め、現在に至っている。
彼が使う包丁はオトモ当時に武器として使っていたと思しき折れたアイアンネコソードを転用した物。
腹を空かせた調査員たちに、豪快かつボリュームたっぷりな料理を提供する。
肉料理とチキンチャップの差し方や香草の位置に強いこだわりがあるようで、肉料理が中心となる上位の料理の際には自ら調理する。下位では大体見ているだけ
竜人族のハンター
調査団に唯一存在する世にも稀なる竜人のハンター
竜人ならではの感性とハンターならではの経験値を併せ持ち、調査の要として頼られているが、
ゾラ・マグダラオスの古龍渡りよりも以前に"とある調査"に出て以来、現在は行方不明である。
相当勘の鋭い切れ者で、MHWorldストーリーにおけるキーマンの一人。
PV第3弾・第5弾において主人公と邂逅していた4本指・長い耳のハンターは彼である。
なお、操虫棍を持っているが何故か猟虫がどこにも見当たらない
まさかエキス強化無しの状態で新大陸を放浪しているのだろうか
日本語版CVは川端快彰氏が担当している。
技術班リーダー
主に調査資源管理所に滞在している「リーダーズ」3人組の一人。
ゲーム内では所属を明示する情報がなく、服装が二期団っぽいと言われたり、
台詞の内容から恐らく一期団であろうと考えられていた。
後に、狩王決定戦2018の仙台大会で行われた世界観講座にて1期団メンバーだと明言された。
小柄、4本指、尖り耳と竜人族らしき外観の老人男性で、白い口髭が特徴的。
調査資源管理所にてアステラの全機材を管理しており、時折機器を操作している。
建築にも明るく、アステラを一から設計し、組み建てた張本人であり、
自称「新大陸の発明家」かつ「大物、小物なんでもござれ」の多才な技術者。
もともと有名な発明家で、超一流だが突飛な人物として知られていたらしい。
2期団の親方などには親しみを込めて「おやっさん」と呼ばれている。
「最初の10年は土台を築くことに精一杯でな」や
「最初に新大陸に来た技術者は、ワシを含めて、たったの2人でな」
など、アステラ作りに一から関わって来た話を聞かせてくれるが
「物事の成功は準備が決める」「ワシは準備が好きなんじゃ!」と開拓の労も苦にしないパワフルなお爺ちゃん。
武具屋のおば…お姉さんによると、剣士ガンナーの防具共有化は2期団の最初の仕事だったが、
その基礎を「おやっさんが作っていた」とのことで、建築に限らず武具作りにも大きな影響を残している。

第2期調査団(2期団) Edit

  • 第1期調査団からおよそ10年後、新たな古龍渡りに合わせて送り込まれた調査団員。
    技術向上の促進を狙い、鍛冶職人などの技術者中心に構成された期団となっている。
    ここには既存の常識を破ることを恐れない、チャレンジ精神に溢れた人材が集められ、
    2期団が多く集まる工房エリアは、彼ら自身が乗ってきた船を素材に転用している。
    現在は主に武具加工、機材開発、建築を担っており、彼らの到来でアステラは大きく発展した。
    また、スリンガーを開発し、剣士ガンナーの防具共用化を実現したのも彼ら2期団の功績である。
    2期団所属のハンターたちは年齢を理由に帰郷したが、技術者たちの多くは現在も残っているようだ。
  • 2期団のエンブレムは工房の机、および「2期団の親方」の両肩に描かれている。
    渦を思わせる意匠で、遠目だと"Z"字が大小2つ重なっているようにも見える。
    この紋章は「渦巻く炎」を模ったもので、「炎の印」と呼ばれている。
    旗は十字に分割されて塗り分けられ、左上と右下が琥珀色、右上と左下が黒色になっている。
    公的な期団色は「」。
2期団の親方
加工屋を担当する、眼帯を付けた腕っ節の良い壮年男性。
いかにも古強者といった外見だが、片目を失った理由はモンスターとの戦闘…などではなく、
竜人の技術に追いつかんと火を覗き込み続けた研鑽の結果らしい*9
ツルツルの頭頂部に比べて側頭部の毛が豊富なせいで落武者に見えなくもない
従来品の改良・改造をもいとわない柔軟な思考の持ち主であり、
頑固なこだわりと確かな技術で、ハンターたちの装備を作り上げていく。
武具を加工する際は彼の号令で職人たちが鍛冶を行う場面が描写される。
左腕にスリンガーらしきものを装着しているが、これはスリンガーのプロトタイプとも呼べるもの。
腰の痛さから動かずに作業できるよう開発した品で、これを狩猟用に改良したものがスリンガーとなった。
気球開発員
工房の隣で図面と向き合っている男性。ストーリーが進むと研究基地に移る。
かつて3期団の船を飛行船へと改造したものの、大峡谷を超えた先で船は墜落。
このことに責任を感じており、以降は彼なりに3期団の救出方法を模索している。
研究基地へと移動できるようになった後、頑丈な気球の材料としてパオウルムーの狩猟を依頼してくる。

第3期調査団(3期団) Edit

  • 新大陸に関するあらゆる研究を行うため、研究者を中心に構成された期団。
    調査の促進を担い、構成メンバーの9割を学者が占めている
    アステラには新大陸の生態系を探る「生態研究所」「植生研究所」などが設置されており、
    その研究成果は調査団所属ハンターにも大きな恩恵をもたらす。
    3期団所属者の多くは普段アステラにはおらず、「研究基地」を拠点にしている。
  • 3期団のエンブレムは「水が溢れる杯」のように見えるもの。期団色は「
    旗の色は二色で縦に塗り分けられ、左半分が桔梗色左半分が藤色となっている。
  • 3期団には酒好きの者が多いのか、酒系食材関連の依頼をよく出される。
3期団の期団長
若い竜人族の特徴が見られる女性。額に鮮やかな赤いペイントを入れている。
学者集団である3期団のリーダーで、奇人変人と呼ばれる天才学者のひとり。
強い研究意欲があり、新大陸に到着して早々乗ってきた船を気球に改造して大峡谷超えを強行し、
その際カプコン製航空機の宿命で風漂竜の襲撃を受けて船が大破、そのまま墜落するという不運な事態が発生。
超大型古龍の熔山龍に持ち上げられた5期団の船は無傷だったのに。
「無事は確認できている」との事で、アステラとはフィールドマスターを通じての連絡手段はあったものの、
大峡谷の険しさゆえ、ゾラ・マグダラオスによる地形の変化が起こるまでは並の調査団員では向かうことはできず、
遭難した地での研究続行を余儀なくされた。
生物学の中でも「匂い」を主とした脳科学を専門としている。
香を焚いた容器を持ち歩く、浮世離れした印象の人物。
なお、日本語版CVはきそひろこ氏が担当している。
マカ錬金研究員
マカ錬金についての研究をしている老齢の竜人族の女性。
最初は研究基地にいるが、ストーリーが進むとアステラに移り、
その際アイテムや装飾品の錬金をしてもらえるようになる。詳細はこちら
常にハンターの身長ほどもあろうかという巨大な壺の上から、長い棒を使って中身をかき混ぜている。
かき混ぜていると眠くなる、といった趣旨の発言から、かなりおっとりした性格であることが窺える。
ラスボス討伐後は主人公を青い星になぞらえて「お星様」と呼んだりする。なんだか死人扱いみたいだ。
研究班リーダー
主に調査資源管理所に滞在している「リーダーズ」3人組の一人。
髪を後ろで束ね、丸い眼鏡を掛けた若い竜人族男性。
普段は手元の本を読んでいる。
奇人変人と呼ばれる天才学者の一人であり、人員管理の能力も高く、本人の弁によれば、
物流とメカニック以外の後方業務から各種研究、ギルドへの報告まで、殆ど彼一人が統括しているようだ。
説明文が「3期団の期団長」とそっくりだが、それは彼女の兄だからである。
「1期団が到着した時は波が高かったそうで、船が高い場所にひっかかったらしい」、「新大陸に来たはいいが、
あまりの忙しさに妹を呼んだ」などの発言から2期団らしい旨が伺えるが、狩王決定戦で公開された
期団ごとのイラストで、生態研究所の所長共々3期団であることが判明した。
研究基地のほがらかな学者によれば、気球での峡谷越えはこの兄妹が言い出したとのこと。
兄は置いてけぼりにされたのだろうか…?
研究基地の高齢竜人からも「あの兄妹は発想からして違う」と一目置かれる程なのだが、
話しかけた際の雑談が長ったらしく、冗談もスベりがちな上、妹から「居たわね、そんなの」呼ばわりされたり、
周囲からも「彼の学者ジョークは笑えない」「挙動不審の」と言われてしまうなど、ちょっと冴えない印象を持たれがち。
ちなみに妹の方も研究基地の学者から「期団長の冗談はすごく微妙」と言われている。兄妹揃って否定しているが、やはり似た者兄妹か。
妹との再会は叶ったが、その際に「メガネが割れた」らしい。
割れたメガネは受付嬢も目撃しているが「喧嘩をした」とは一言も言っておらず「会ったら割れました」。一体何があったのか…
アステラ祭では花火の火薬を調合してくれ、いろんな色を出すために怪しげな実験を繰り返していたらしい。
生態研究所の所長
モンスターの研究をしている、老齢の竜人男性。
生態研究所のうず高く積み上げられた本の中に埋もれるようにして座っている。
会話しても本に目を落としたままだったり、ボイスがちょっとぶっきらぼうでとっつきにくそうにも見えるが、
怪我をしないように注意を促すなど現地に行く調査員の事を気にかけているようだ。
「~~や」「怪我はあかんで」等、関西弁(を穏やかにしたもの)に近い喋り方をする他、一部の単語がひらがなになるなど、どことなく朴訥さを感じさせる面もある。
また、ハンターとモンスターの調和を説くなど研究ばかりの人物でもないようだ。
モンスターの研究レベルは彼に報告しに行かないと次の段階へ進めない。
リザルト画面でLvアップしたのを確認したら忘れず彼に話しかけよう。
三爺
3期団としてやってきた竜人族の研究者達。
フードとガスマスクのようなものを被った「快活な学者」、ターバンとヒゲがトレードマークの「明朗な学者」、
菅笠を被った「陽気な学者」の三人組であるが、調査団の人間からは専ら三人セットで三爺と呼ばれている。
調査団内でも「あの」三爺と呼ばれるほど研究対象に対しての行動力が凄まじく、危険を顧みず行動するきらいがあり、
その行動力は上記クエストにて大蟻塚の荒地で発見されたゾラ・マグダラオスの痕跡を回収するために
自らと編纂者が大八車を押して現地へ向かうほど。運搬にアプトノスすら用意しないとは余程の行動力のようだ…
  • 尚、主人公は彼らの護衛をすることになるが、このクエストでは三爺様が痕跡へと向かう様子が
    しっかり描写され、今まで依頼文だけで表現されていた「依頼人の護衛」の様子が表現されている。
  • また、「生態調査それいけ捕獲班」*10を組織している。捕獲したモンスターを放した後の生態調査にも尽力しており、
    主人公は下記の知的な生物学者から度々、調査対象となるモンスター捕獲の協力を依頼されることとなる。
    尚、モンスターを捕獲するとアステラの一角に捕獲したモンスターが運び込まれているが、
    よく見るとハンターの行けない足場に三爺らしき竜人族学者達とその護衛らしきハンターが見える。
  • ver2.00から追加されたイビルジョーの特別任務に関わっており、この際会話が出来る期間がある。
    探索やクエストでイビルジョーの痕跡を取得して帰還すると、生態研究所の前に現れる。
    その後総司令と協議した後、三爺の主導で五期団が痕跡集めに乗り出す事になり、
    一定の値まで溜めて三爺に話しかけるとイビルジョーの特別任務が発生する。
    • ちなみに、この特別任務でイビルジョーを捕獲し、アステラから帰ってすぐに捕獲スペースを見ると、
      生態研究所の前にしか三爺が存在しないが、
      その後三爺に報告して特別任務を終わらせると、生態研究所前の三爺の他に
      捕獲モンスターの傍に全く同じ背格好をした三人がモンスターの観察をしている。
      あの個性的な服装は1期団の研究員の標準衣装なのだろう。
      決して手抜きにより起きた不具合ではない
知的な生物学者
捕獲したモンスターをすぐ側で観察している若い竜人族の学者。
話しかけると捕獲したモンスターについての豆知識や裏設定と呼べるような情報を教えてくれる。
また、調査クエストの依頼者は全て彼が出している形になるため、ある意味一番世話になるキャラかもしれない。
  • 本人曰く、元々は現大陸の古龍の調査機関に所属していたものの、実地調査を重ねる内に古龍より環境生物の方に夢中になってしまい、
    「それならうってつけの仕事がある」として三期団の船に乗せられた…という経緯があるそうだ。

第4期調査団(4期団) Edit

  • 調査の拡大を狙い構成された期団
    3度の派遣により調査拠点の人員が大幅に増え、資材の分配に不便が生じていたため、
    マネージメント能力に優れた人材が集められており、ハンターも多い。
    全体的に若さと経験値のバランスがよく、実地調査と物資の物流管理を行なっている。
    彼らの管轄する「物資補給所」では物資を融通してもらう際にしっかりお金を徴収されるほか、
    ベースキャンプ設営の際にも「調査資源管理所」を経る形で納品依頼が発生する。
    これは調査団の活動は現地調達を基本としているためである。
  • 4期団のエンブレムは「車輪」。歯車が描かれているようにも見える。
    旗の色は濃淡二色の緑色で塗り分けられ、X字に分けた上下に緑色左右に濃い緑色が配されている。
    公的な期団色も「」と定められている。
    • 調査資源管理所は丁度歯車のような施設となっており、類似点が見られる他、
      開発側も「物資を扱うということで歯車」との言がなされている。
物資班リーダー
主に調査資源管理所に滞在している「リーダーズ」3人組の一人。
左側はセミロング、右側は額を出すように束ねた特徴的な髪型をした女性。
おおらかだが抜け目ない性格の人物で、全ての物流を彼女が管理している形になる。
物資の分配を締める時は締め、振る舞う時は振る舞う手腕に、調査班一同頭が上がらない。
  • 調査団に参加した経緯については「闇市場を牛耳るより面白そうだった」
    「家族もいなかったので迷い無く参加した」という、
    なんだか複雑そうな事情を口にした後「冗談よ!」と否定するのだが…
    同じく4期団の物資補給所の青年いわく、
    • 「キャラバンの無法市場を次々と仕切って回る若い変人がいた」、
    • 「無法市場でグダグダしていた自分はその人物の押しかけ弟子になった」、
    • 「その人物が調査団に引っこ抜かれたので押しかけ右腕として一緒にきた」
    といった話が聞ける。彼が押しかけた師匠が物資班リーダーなのだろう。
    ちなみに何故彼女が無法市場を牛耳って回っていたのかは現在のところ不明。
    なかなか底の見えない人である。
  • 彼女の発言としては他にも、
    • 「いいじゃない、目的を達成できるなら手段はなーんでも」と嘯きつつも
      「後は、おてんとうさまに顔向けできるかどうか。それが結構大事だと思うけど」と語る。
    • 「手段は何でもいいと思うけど、手段を選ばなくなったら何かが終わる」と語り、
      「アナタはそうならないでね」と諭す。
    などがある。これは、アンダーグラウンドな世界を見てきたが故の悟りか、
    はたまた自身の経験を含んだ戒めなのか……
植生研究所の所長
古代樹の研究をしている、若い竜人の男性。
主人公は半ば無理矢理言わされたような形だが、通称は若所長で、
丸眼鏡をかけ、まるでパジャマの様なキャップをかぶった独特の格好をしている。
1期団の竜人族ハンターを「植物みたいだ」と評するユニークな感性の持ち主で、
植物の成長周期から古龍渡りに関する仮説を立てて実践してみせるなど、行動的な研究者でもある。
  • 悪人と言う訳ではないのだが、自分の興味や研究が思考の優先なタイプらしく妙に自分勝手マイペースで、
    植物の研究に直接関係無いからか古龍がいつ渡ってきたか覚えていない
    過去にアステラ爆発騒ぎを起こして総司令に怒られた、
    「隣にある生態研究所の本の山がいつ崩れるか気が気じゃない」と言って何故か自分で言わず
    主人公に「片付けるよう言ってくれ」と愚痴る*11
    その割に自分が管理する研究用の古代樹が急成長して屋根を壊した際には
    「まあ、いいや」の一言で済ますなど。
    その言動について、同僚のおっとりした植物学者からは、
    「若所長はいつもあんなんだけど、たまーにいいこと言うんよ。たまーにやけど。」*12
    と言われてしまっている。
    ある意味「天才と変人と問題児の集まり」アステラを一人で体現する人物
    • ストーリー当初はフィールドワークに出ていて、植生研究所の他の研究者も居場所は知らない。
      任務クエスト「不穏の影」の後にひょっこり帰還し、その時彼から特殊装具「隠れ身の装衣」を渡される。
      その後、彼からの依頼で任務クエスト「電影走るはトビカガチ」をクリアすると、
      フィールドワークで入手していた古龍の痕跡物を肥料にした研究用古代樹が急成長、
      一部のアイテムを養殖できるようになる。
      主人公達はまだゾラ・マグダラオスの渡りの謎に迫る前であるが、
      この時点で古龍の持つ膨大な生命エネルギーが新大陸の環境に作用している可能性が仄めかされている。
      時々「勉強するよ?」なるボイスが聞けるが、これは商売人が「おまけするよ」と言う意味で使う慣用句。
      ジョークのつもりなのだろうが、やはりどこか学者らしくない人である。
    • 一部のイベントクエストにも彼が依頼を出しているものがある。
      基本的に現地調査を邪魔するモンスターの狩猟依頼だが、依頼者の欄がどう見ても自己紹介だったり
      単なる愚痴だったりと一風変わった依頼文となっている。
      その割にクエスト名のセンスはかなり良い
現地調査員
各フィールドの現地調査を行っているNPC。3人存在し、探索でその姿が見られる。
若所長曰く「凸凹三人組」
  • 情熱の生物調査員
    環境生物に関する情報の編纂などを行っている女性。
    釣り以外で得られる環境生物は彼女が図鑑に記載しているが、情熱があらぬ方向に向いている。
    なお、魚類調査員が魚の記事に釣り情報ばかり書いていることに不満を抱いているらしく、
    彼のことを釣りバカ呼ばわりすることもある。
  • 孤高の魚類調査員
    釣りを生き甲斐とする生粋の釣り人。口癖は「釣りはいいですね」。
    現大陸の魚をほぼ制覇してしまい、更なるアタリを探していたところ調査団に誘われた。
    現在は魚類の調査を一任されており、また釣り仲間として主人公を誘ってくる。
    彼がフィールド上で実際に魚を釣り上げる姿も見られるが、ドス黄金魚クラスを難なく上げる腕前であり、
    手早く針を外しリリースすると言う専用モーションまで披露してくれる。
    時折、上記の生物調査員が捕獲用ネットで魚を捕まえようとすることにため息を漏らす。
  • 老練の獣人族学者
    竜人族の老人。
    獣人族(テトルー)の言語に精通しているが、高齢ゆえに体力が追い付かず主人公に協力を求めてくる。
    彼が持っている杖は、調査中に行き倒れていた所を助けてくれたテトルーのものであり、
    いつかその部族を特定して、直接お礼を言うのが夢とのこと。
    • 孤高の魚類調査員と老練の獣人族学者の発言に時折「お嬢」という人物が出てくる。
      これは情熱の生物調査員の事で、元々は二人とも彼女に仕える立場だったようだ。
      また、孤高の魚類調査員は老練の獣人族学者と思しき人物を「(うちの)じい様」と呼んでいるのが
      確認出来る他、とあるクエストの依頼文では情熱的な生物調査員が他の2人の事を「共の者」
      と称しているのも分かる。
  • 他に以下の人物がモブとして確認できる。
    特定の人物を除き、昼は流通エリアを中心にアステラ中を歩き回っている。
    夜になると食事場に座っている者もいる。
    装備を身につけているものはアステラから出立するところや帰還するところが見られる場合がある。
    彼らからは狩りの基本情報や豆知識、調査団の話などが聞ける。
姉御肌の4期団
アステラ内を歩いているポニーテールの女性。装備は付けず軽装。
ゾラ・マグダラオス誘導作戦の際に、自身を編纂者だと明言している。
調査熱心な4期団
アステラ内を歩いている男性ハンター。
マルチプレイに関する話題が多い。「ギルドから新大陸渡航を進められてね*13」とのことで当時の推薦組だったのかもしれない。
「調査団入りを渋る相棒を誘って」とのことだが、「ハンターの相棒に誘われて」と似たような発言を
ノリのいい4期団が語っており、もしかしたら彼とコンビを組んでいるのかもしれない。
熱血漢な4期団
アステラ内を歩いている男性ハンター。ストーリーが進むとジャグラス装備になる。
稽古をつけてもらっていたソードマスターなど1期団のメンバーについての話題が多い。
「よぅ、5期団!」のボイスの印象がちょっと強い。
ノリのいい4期団
アステラ内を歩いている男性。装備は付けず軽装。編纂者としての発言が多い。
優しげな4期団
アステラ内を歩いている女性ハンター。ストーリーが進むとプケプケ装備になる。
家族が多かったせいかもったいない根性が働いて使わない素材を売り払えないらしい。ハンターあるある
冷静な4期団
常に生態研究所の近くに立っている男性ハンター。ストーリーが進むとプケプケ装備になる。
傍にいるせっかちな学者と共にモンスターの基本的な生態についての話題を多く話してくる。
故郷では古龍調査の経験があり、報告書をギルドに提出したら調査団のメンバーに選出されたらしい。

第5期調査団(5期団) Edit

  • 1期団派遣からおよそ40年後、熔山龍ゾラ・マグダラオスの古龍渡りに合わせて派遣された。
    その規模は過去最大で、特に優秀な人材が集められていた「調査終了の希望の星」。
    長きに渡る調査活動に終止符を打つべく、5期団はハンターを中心として構成されている。
  • 5期団のエンブレムは「追い風」を模ったもので、鳥の翼のようにも見える。
    込められた意味は調査活動を後押しする5期団の役割そのものである。
    旗の色は白銀の下地に金色のラインが縦に入ったもの。意匠としては1期団の旗に近い。
    期団色は「」であり、作中では「白き風」とも称される。
    • この呼称は、最終的にすべての調査を終えた主人公に対する異名として、
      「新大陸の白き風」の形で総司令より1回だけ呼ばれることになる。
      この異名は、総司令から呼ばれる為のクエストの名称にもなっている。
  • 尚、調査団内では1期団の凄さが語り口に昇る事が多いが、4期、5期団のハンター達も
    「(頻繁にではないものの)亜種を狩猟した事がある」、
    「古龍を実際に見た事がある(=討伐したか、討伐作戦に協力していた)」など、
    モンハン世界の一般のハンターとしてはかなりの修羅場を潜り抜けてきている。
    古龍が出現したとの報が入った時も誰一人として動じず対策に動いていた*14
  • 推薦組
    推薦組は志願でなく、ギルド側から推薦を受けたとされているハンター。
    とはいえ、推薦枠に志願したハンター(兄貴肌の5期団の話から)もいるようだ。
    確認できる推薦組は主人公ペア、後述の陽気勝気、兄貴肌の5期団。
陽気な推薦組&勝気な推薦組
MHWorldゲーム開始直後に主人公に話しかけてくる二人組。
「陽気な推薦組」はムードメーカーなハンター。橙色の髪を前頭部だけ伸ばし、それ以外を短く刈り込んでいる。
一見お調子者だが、洞察力と応用力に優れている。国ではさまざまな特殊任務に就いていたらしい。
「勝気な推薦組」は陽気な推薦組とバディを組む、気が強く聡明な編纂者。
さまざまな学術書を読破しており、多方面に知識が広い。
日本語版CVは、陽気な推薦組役を井上(たから)氏が、
勝気な推薦組役を川崎芽衣子氏がそれぞれ担当している。
  • ちなみに「陽気な推薦組」は過去シリーズに登場した筆頭ルーキー同一人物である。
    公式には、狩王決定戦2018仙台大会で行われた世界観講座にて発表されたが、
    それ以前からも髪型や口調、素材を集めるのが得意、方向音痴、
    全武器種をそれなりに扱える、とある古龍との因縁を口にするなど、
    筆頭ルーキーに酷似する要素を多数備えている事が話題になっていた。
MHWorld主人公&受付嬢
推薦組として新大陸へと渡った主人公。
ゲーム開始時点で現大陸の各地を調査団の説明会に出られないほど
忙しく飛び回っていた凄腕ハンターである事が示唆されており、
船の出港を主人公一人の為に遅らせるほど大きな期待がかけられている。
バディとなる受付嬢は元1期団の祖父を持つ編纂者で、熱意を持って調査団に加わった。
ギルドから予めバディとして定められていたが、主人公の遅参により顔合わせは済んでいなかった。
新大陸へ向かう船で初対面となるが、自己紹介直前にトラブルに遭い、二人とも船から落下。
主人公は彼女が相棒だとは(恐らく)知らないまま協力して空から新大陸へと渡った
前述の現大陸での来歴、アステラまで辿りつくまでの経緯などを総司令に見込まれ、
推薦組の中でも特に5期団の代表のような扱いで調査団で活動することとなる。
その後この二人は「空を飛んで新大陸へ来た」事や、その後も空から落ちたり崖から落ちたりした事で
いつも飛んだり落ちたりしてるイメージが誇張されて
調査団の一部の人間から「空から来た5期団」などと呼ばれたりする。
まつ毛バサバサかつパンツ一丁でダレン・モーランを倒したと言われるよりはマシなあだ名かもしれない
冥灯龍ゼノ・ジーヴァを下し、新大陸の古龍渡りの謎を解明した後は
アステラの人々からは調査団を導くシンボルに準えて青い星と呼ばれるようになる。
  • 他に以下の人物がモブとして確認できる。
    特定の人物を除き、昼は流通エリアを中心にアステラ中を歩き回っている。
    夜になると食事場に座っている者もいる。
    装備を身につけているものはアステラから出立するところや帰還するところが見られる場合がある。
    彼らからは狩りの基本情報や豆知識、調査団の話などが聞ける。
兄貴肌の5期団
常に食事場で料理を食べている男性ハンター。ストーリーが進むとハイメタ装備になる。
主に料理長の食材探しクエストをこなしているらしく、発言にも料理や食材採集の話題が多い。
「調査団入りの推薦を喜んで受けた」と語るが、陽気な推薦組コンビのように「推薦組」と付いておらず、
また扱いとしても他のモブの5期団より大きいという事もない。
主人公が高難度調査を成功させたことを羨むが、多数の食材を発見した功績で
ギルドからお食事券をたっぷり贈呈されるなど、調査の面では結構有能なようだ。
あれ、でもその食材クエスト、主人公にもいくらか丸投げしてたような
威勢のいい5期団
アステラ内を歩いている男性ハンター。ストーリーが進むとジャナフ装備になる*15
気の強い5期団
アステラ内を歩いている褐色肌の女性。装備は着けず軽装。
クールな5期団
アステラ内を歩いている女性。ストーリーが進むとジャナフ装備になる。
マイペースな5期団
アステラ内を歩いているピンクの髪の女性ハンター。
ストーリーが進むとカガチ、ジャグラス、プケプケの混合装備になる。
「(大団長を見て)ラージャンかと思いましたよ」
「(新大陸古龍調査団全体を指して)天才と変人と問題児の集まり」など飛び出す単語が割とキャッチー。
なぜか話しかけた際のボイスがかわいい声と凛々しい声の2種類ある。
物腰柔らかな5期団
アステラ内を歩いている銀髪の男性。装備は着けず軽装。
難関クエストをクリアすると、クリアした時の装備構成や食べた料理などを聞いてくる。
他にも装備に関する話題が多い。

無期数 Edit

調査班リーダー
調査団総司令の孫にあたり、調査団唯一の新大陸生まれ・新大陸育ち。
○期団として海を渡ってきた訳ではないが、4期団のエンブレムを着用している。*16
  • フィールドで実地調査を行う"調査班"を手際よく纏めている、頼れる青年ハンター。
    新大陸に生まれ育った先輩ハンターとして5期団の「指南役」を務め、様々な知識を授けてくれる。
    ハンターとしての腕は老練の古強者ソードマスターの指導によって磨かれたものであり、
    勉学の方も、竜人で学者の生態研究所長が直々に教鞭を取っていたと言う
    なにげにサラブレッド&スーパーエリートみたいな凄い人なのだが、人当たりのいい好青年。
    所長いわく「あれはできの悪い、でも、できの良い生徒やったわ」とのこと。
    続く台詞で「勉強をさぼったときなんか、げんこや」
    と言われてしまっているので、
    実技で張り切るが座学は苦手なタイプだったり、飲み込みは早いがサボりがちな、
    「できる悪ガキ」だったのかもしれない。
  • 新大陸生まれである以上両親も新大陸に渡っている、もしくはそこで生まれていることになるが、
    時期は不明だが両親は現大陸へ帰った事が彼の口から語られている。
    その際彼も戻るかと誘われたが、総司令を守る為に新大陸に残ったとのこと*17
船長
現大陸と新大陸の往来には欠かせない船の船長。新米の船乗りの頃から前任の船長の下で
働いており、調査団とは長い付き合いになる。長年新大陸の不安定な海を見続けてきた。
MHWorld主人公が乗船した船の責任者であり、開始直後のイベントでは疲労困憊の姿が見られる。
発言を要約すると「快適な船旅だったろ?」「(最後のトラブルについて)ありゃナシだ」とのこと。
ストーリー中では、船を出せないほど荒れた海を渡り現大陸へと向かうという困難な船旅を達成しており*18
大規模作戦に投入できる様々な物資、最新式の撃龍槍、頑丈な船などを新大陸に運び込んだ。
これ以降は新大陸と現大陸の間で物資をやりとりする交易を始めている。

余談 Edit

  • 新大陸古龍調査団のエンブレムは『MHWorld』という作品自体のロゴマークも兼ねており、
    世界観上でも大いに意味のある物となっている。
    • 調査団のエンブレムは紋章学でいうエスカッシャン*19のような形をしており、
      中央上部には大きな一番星、紋様の周りを取り囲むように5頭の竜が描かれている。
      エスカッシャンには一番星を隔てて左右で異なる紋様が描かれており、右側はギルド紋章と思しい。
      左側は上部に描かれた一番星を目指して進む星々が描かれているものであり、
      「一つのものを目指して進む」という新大陸古龍調査団自体を示している。
    • このエンブレムに描かれている5頭の竜には世界観的な元ネタがある。
      おとぎ話「五匹の竜の話を指し、メンバーが口にする「導きの青い星」の出典も同じ。
      このおとぎ話はアステラの集会所にある「五匹の竜の間」にてプレイヤーも見ることが出来る。
  • MHWorld構想段階では「キャラクター個々に名前を設定する」案が検討されていた。
    しかし、最終的には従来作品と同じく役割を主とした名称でゲーム内に表記されている。
  • 「ソードマスターはMHP2GのOPに出てきた大剣使いのハンターではないか」という考察がされたことがあるが、
    現時点では装備の形状以外に一致点がなく、その根拠は薄い。
    同様に過去作とのつながりを考察されていた陽気な推薦組は筆頭ルーキー本人である事が後に発表されたが、
    こちらについては特に言及はされておらず、シリーズ中の時間経過を考慮してもやや無理のある考察といえる。

関連項目 Edit

シリーズ/モンスターハンター:ワールド
世界観/新大陸
世界観/アステラ - 調査拠点
世界観/古龍渡り - 最重要調査対象
世界観/五匹の竜の話
システム/導蟲 - 調査団所属ハンター標準装備。
システム/スリンガー - 同じく調査団所属ハンター標準装備。
登場人物/編纂者 - 調査団所属ハンターと基本的に2人1組のバディ制で行動する。






*1 調査団エンブレムに「ギルド紋章」らしきものが描かれており、ハンターズギルドを指していると見られる。
*2 コラボクエスト以外では、現大陸の人物による依頼は納品依頼くらいしかない。
*3 本作ではBCで武器種の変更が可能だが、剣士ガンナーが別々になっていると円滑な変更が難しくなる
*4 開発陣からは"一番星"とも言及されている。
*5 防具の統合が済んでいる調査団において彼の防具は実質彼専用の物となっているため、DLCが来ない限りはプレイヤーは着ることができないようになっている。
*6 テオ・テスカトル狩猟時は「己の目と耳で探す」と意気込んでいたが、主人公が狩猟した直後のセリフで「某も導蟲を使ってみるか?」と新しい技術の利用に若干前向きになったような発言をする
*7 ネルギガンテは10年前にも現れたが、その際も詳細な調査は出来なかったようだ
*8 この直後太刀で斬った部分の棘が再生し、ネルギガンテの再生能力が判明する
*9 現実世界でも昔の鍛冶師は常に炉の火を見つめているため片目の視力を失いやすかったそうだ。
*10 ちなみに三爺様直々の命名である事が知的な生物学者から語られる
*11 あちらの所長も所長で「そうじならせんで」と伝言させようとしてくる
*12 実際、主人公が全ての収束の地へ、総司令にすら極秘で赴く際、他の調査員はいつも通り接したのに対し、彼だけが漠然とした不安を感じて主人公の身を案じていた
*13 原文ママ。勧められての誤変換か?
*14 むしろ「後処理が面倒くさい」など暢気なセリフも聞ける
*15 ただし彼は腕がアロイ、脚がボロスのキメラ装備である
*16 とあるムービーでは大団長、総司令、3期団の期団長、2期団の親方と共に壇上に上がっているため、実質的な4期団のリーダーである可能性もある。
*17 その判断が下せた時期である事から、現大陸に帰ったのはそう昔の事ではないと思われる。
*18 普段は比較的穏やかな時期を選んで新大陸を往来する。
*19 大まかなシルエットが盾に近い形に見える意匠。