Top > イベント・メディア展開 > カプコンフィギュアビルダー


イベント・メディア展開/カプコンフィギュアビルダー

Last-modified: 2019-08-06 (火) 23:49:08

カプコンが制作しているフィギュアシリーズの総称。略称はCFB。
カプコン製ゲームのキャラクターのフィギュアが多く制作されており、モンハンも例外ではない。

クリエイターズモデル Edit

  • ハイクオリティをコンセプトとしたフィギュアシリーズ。
    コンセプト通りにクオリティとサイズが最も高く、値段も最も高い。
  • リオレウス、ラギアクルス等の人気モンスターがフィギュア化している。
    ハンターズショップ限定版のものも存在する。

フィギュア化されたモンスター Edit

  • リオレウス 2010/11/29発売 復刻版2018/3/22発売
  • リオレウス亜種(ハンターズショップ限定) 2010/11/29発売
  • リオレウス希少種(モンハン部限定) 2010/11/29発売
  • ジンオウガ 2011/8/18発売 復刻版2018/7/19発売
  • ジンオウガ亜種(イベント、モンハン部限定) 2011/12/22発売
  • ラギアクルス2012/6/21発売 復刻版2018/9/27発売
  • ラギアクルス亜種(ハンターズショップ限定) 2012/6/21発売
  • ラギアクルス希少種(イベント、モンハン部限定) 2012/6/21発売
  • ブラキディオス 2012/9/27発売
  • ブラキディオス(怒り状態)(イベント、モンハン部限定) 2012/9/27発売
  • リオレイア 2013/3/29発売 復刻版2018/3/22発売
  • リオレイア亜種(ハンターズショップ限定) 2013/3/29発売
  • リオレイア希少種(イベント、モンハン部限定) 2013/3/29発売
  • ティガレックス 2014/3/27発売
  • ティガレックス亜種 2014/5/29発売
  • ティガレックス希少種(イーカプコン、イベント物販、ハンターズショップ限定) 2014/6/26発売
  • ゴア・マガラ 2014/9/25発売
  • 激昂したラージャン 2014/12/18発売
  • クシャルダオラ 2015/11/26発売
  • 錆びたクシャルダオラ 2015/12/24発売
  • クシャルダオラ(脱皮直後)(イーカプコン、イベント物販、ハンターズショップ限定) 2016/1/7発売
  • キリン 2016/2/18発売
  • キリン亜種 2016/2/18発売
  • ディノバルド 2016/12/22発売
  • 燼滅刃ディノバルド(イーカプコン、イベント物販、ハンターズショップ限定) 2016/12/22発売
  • タマミツネ 2017/5/25発売
  • タマミツネ(怒り状態) 2017/5/25発売
  • バルファルク 2017/12/21発売
  • バルファルク(怒り状態) 2017/12/21発売
  • テオ・テスカトル 2018/12/13発売

第1回スタンダード限定コンテスト優勝トロフィー Edit

  • CFB公式サイト上で開催された第1回スタンダード限定コンテストの優勝者に送られたクリエイターズモデル。
    リオレウスのクリアverがベースとなっており、トロフィーと言うだけあって優勝者の名前が刻まれる。
    コンテストの優勝者はJohn氏で、『凍土決戦!!2』という素晴らしい作品で見事トロフィーを勝ち取った。
    このクリエイターズモデルは今のところ世界で一つだけであり、至宝のCFBである。

スタンダードモデル Edit

  • コレクション性をコンセプトとしたシリーズで、主に量販店等の食玩コーナーに並べられている*1
    多くの種類のモンスターがフィギュア化されており、手頃な値段の割にクオリティも結構高い。
    高いコレクション性とシークレットフィギュアの相乗効果により、大量購入する人もいる。
  • このシリーズは買って開けてみるまで中身が分からないタイプであるため、ダブりが発生することもある。
    まさかここで物欲センサーが発動するとは……。
    なお、1ボックス買えば全種類コンプリートが出来るようになっている。
    • もちろん、購買時に中身が分からないからといってサーチなどの行為は厳禁である
      ちなみにボックスに入った初期状態の配列は全て同一であるため、
      開封直後のボックスであれば目当てのモンスターを狙い撃ちすることが可能。
      ただし、商品保護用のセロハンテープを貼る過程や上記の対策として、配列がシャッフルされている事もある。

各シリーズとフィギュア化されたモンスター Edit

モンスターハンターVol.1
2011年1月18日発売
3rd発売間近だった為、主に2nd(G)と3rdのモンスターで構成されている。
  • リオレウス
  • リオレウス亜種
  • リオレウス希少種
  • イャンガルルガ
  • 傷ついたイャンガルルガ
  • シェンガオレン
  • シェンガオレン(赤脚状態)
  • ジンオウガ
  • アオアシラ
モンスターハンターVol.2
2011年6月14日発売
主に砂漠や凍土に生息するモンスターを中心にラインナップされている。
  • ウルクスス
  • ボルボロス
  • ボルボロス亜種
  • ハプルボッカ
  • ディアブロス
  • ディアブロス亜種
  • ジンオウガ(超帯電状態)
  • ティガレックス
  • ティガレックス亜種
モンスターハンターVol.3
2011年11月22日発売
初めてシークレットが封入されたパッケージ。
シークレット対象モンスターはアマツマガツチ。パッケージ絵でバレバレであるが。
また、何気にラスボスがフィギュア化した最初のシリーズでもある。
イビルジョーは非常に重量感ある造形となっており、明らかに中身バレバレ迫力満点。
  • クルペッコ
  • クルペッコ亜種
  • ロアルドロス
  • ロアルドロス亜種
  • ギギネブラ
  • ギギネブラ亜種
  • ラングロトラ
  • イビルジョー
  • アマツマガツチ ※シークレット
モンスターハンターVol.4
2012年4月24日発売
3G発売後である為、パッケージモンスターのブラキディオスが登場。
満を持して亜種と共にラギアクルスもスタンダードモデルでフィギュア化。
シークレット対象モンスターはナルガクルガ希少種。
ただし原種との違いが微妙であり、見比べてみないと分からない。
  • ブラキディオス
  • ナルガクルガ
  • ナルガクルガ亜種
  • ラギアクルス
  • ラギアクルス亜種
  • チャナガブル
  • ドボルベルク
  • ドボルベルク亜種
  • ナルガクルガ希少種 ※シークレット
モンスターハンター怒りVer
名前の通り怒り状態のモンスターが封入されたパッケージ。
ティガレックスやギギネブラ等、怒り状態で見た目が変わるモンスターがチョイスされており、
またパッケージモンスター数はトップ。
セブンイレブン限定であり現在は販売が終了している為、何気に超レア。
シークレット対象モンスターはナルガクルガ希少種(怒り状態)。
  • ブラキディオス(怒り状態)
  • ジンオウガ亜種(怒り状態)
  • ナルガクルガ(怒り状態)
  • ナルガクルガ亜種(怒り状態)
  • ティガレックス(怒り状態)
  • ティガレックス亜種(怒り状態)
  • ギギネブラ(怒り状態)
  • ギギネブラ亜種(怒り状態)
  • ナルガクルガ希少種(怒り状態) ※シークレット
モンスターハンターVol.5
2012年8月7日発売
このパッケージからシークレットが廃止された。
アグナコトルには、クリア素材が使用されているため
シリーズ最高クラスのクオリティーになっている。
  • リオレウス
  • リオレウス亜種
  • リオレウス希少種
  • ガノトトス
  • ガノトトス亜種
  • ベリオロス
  • ベリオロス亜種
  • アグナコトル
  • アグナコトル亜種
モンスターハンターVol.6
2012年12月11日発売
何とジンオウガが再び登場。原種だけで数えればバリエーションはリオレウスを超えている。
そしてリオレイアも登場。これでリオ夫妻を飾る事ができるようになった。
ラギアクルス希少種は剛角と雷電殻、そして冥雷がクリア素材で出来ている為、とてもキレイでかっこいい。
  • リオレイア
  • リオレイア亜種
  • リオレイア希少種
  • ジンオウガ
  • ジンオウガ亜種
  • ラギアクルス
  • ラギアクルス希少種
  • ウラガンキン
  • ウラガンキン亜種
モンスターハンターベスト
怒りverと同じくセブンイレブン限定で発売されたもので、現在は販売は終了しておりレア。
多くは前弾からの再録・マイナーチェンジであるが、ブラキディオスは新規造形、クシャルダオラは初登場となる。
クシャルダオラに関しては、MH4にて復帰登場することの伏線であったとも取れる。
  • リオレウス
  • リオレウス亜種
  • クシャルダオラ
  • ティガレックス(怒り状態)
  • ナルガクルガ(怒り状態)
  • ラギアクルス(怒り状態)
  • ジンオウガ(超帯電状態)
  • ブラキディオス
  • ゴア・マガラ
モンスターハンターVol.7
2013年3月26日発売
MH4登場のモンスターをフィギュア化している。そのため懐かしい面々も数多く見られる。
このパッケージの登場で、ティガレックスがジンオウガを超えるバリエーションを持つことになった。
何気にモンスター以外のキャラがフィギュア化されている他、イャンクックに捕食される形でだがクンチュウの姿も見られる。
なお、MH4の発売は当分先にも関わらずこれが発売されたのは、
元々の発売日に合わせているからだと思われる。同じことは一番くじ等にも言える。
ティガレックス2頭はともかくケチャワチャ2頭はどうかと思う気もするが
  • ゴア・マガラ
  • ケチャワチャ
  • ケチャワチャ(怒り状態)
  • イャンクック
  • ババコンガ
  • ティガレックス
  • ティガレックス(狂竜化状態)
  • ドスランポス&ランポス
  • ネコ式火竜車
モンスターハンターVol.8
2013年7月23日発売
Vol.7に引き続き、MH4の新登場モンスターと復帰モンスターがラインナップされている。
さらに、水中戦の廃止や同型モンスターの登場で参戦の見込みがなくなった、
ナバルデウスとジエン・モーランが滑り込む形で収録されることになった。
ジエン・モーラン亜種はクリアカラーである。
ネルスキュラは変形を防ぐためか、プラスチックの保護パックの中にいれられている。
ちなみにこのネルスキュラ、背中の皮を剥がせるギミック付き。
  • ドスゲネポス&ゲネポス
  • ゲリョス
  • テツカブラ
  • ネルスキュラ
  • フルフル
  • ナバルデウス
  • ナバルデウス亜種
  • ジエン・モーラン
  • ジエン・モーラン亜種
モンスターハンター怒りVer.2
2013年9月10日発売。
セブンイレブン限定で発売された怒りVerの続編となるが、今回は一般販売。
ジンオウガは躍動感のある新規造形となっている。
  • ナルガクルガ亜種(怒り状態)
  • ラギアクルス亜種(帯電状態)
  • イビルジョー(怒り状態)
  • ジンオウガ(超帯電状態)
  • ジンオウガ亜種(龍光まとい)
  • ブラキディオス(怒り状態)
  • ババコンガ(怒り状態)
  • ナバルデウス(怒り状態)
  • ナバルデウス亜種(怒り状態)
モンスターハンターVol.9
2013年12月10日発売
Vol.7、8に続き、MH4の新登場モンスターと復帰モンスターがラインナップ。
ゴア・マガラは翼脚を展開した大ボリュームの狂竜化状態であるほか、
甲虫種の2匹はアルセルタス側に付属のパーツを用いて合体できたり、
ジャギィ一家は土台の穴が共通のため組み替えて配置できたりと、ギミックにも凝っている。
このシリーズで、MH4発売前に公式で紹介された大型新モンスターが全て網羅された。
  • ゴア・マガラ(狂竜化状態)
  • アルセルタス(合体パーツ付)
  • ゲネル・セルタス
  • バサルモス
  • グラビモス
  • ガララアジャラ
  • ザボアザギル
  • ドスジャギィ・ジャギィ(2体セット)
  • ジャギィノス・ジャギィ(3体セット)
モンスターハンターVol.10
2014年3月25日発売
前弾で新登場モンスターが出きってしまったため、復活モンスターとその亜種がラインナップされている。
キリンも片方は亜種にしてくれればいいのに、と思うところだが、
やはりHR解放後に出会える以上はまだまだシークレットなのだろう。
また、クシャルダオラはベスト版でも登場しているが、そちらとは造形が大きく異なっている。
  • ドスイーオス・イーオス(2体セット)
  • イャンクック亜種
  • ゲリョス亜種
  • フルフル亜種
  • ババコンガ亜種
  • クシャルダオラ
  • テオ・テスカトル
  • キリン
  • キリン(クリアバージョン)
モンスターハンターTHE BEST~Vol.1・2・3
2014年7月29日発売
過去に発売されたものから、特に人気のモンスターを集めたベスト版。
新造形はないものの、人気フィギュアを集めただけあっていずれも涎垂の一品。
ラインナップはMH4ないしMH4Gでの登場が明らかなモンスターばかり
(傷ついたガルルガを含めるところかは微妙なところだが)。
以前のベスト版では、クシャルダオラのラインナップが復活の伏線となっていたが、
今回のラインナップにアマツマガツチが入ったことは何かを意図しているのだろうか?
  • リオレウス
  • ディアブロス
  • ディアブロス亜種
  • 傷ついたイャンガルルガ
  • ティガレックス
  • ティガレックス亜種
  • ジンオウガ(超帯電状態)
  • イビルジョー
  • アマツマガツチ
モンスターハンターTHE BEST~Vol.4・5・6
2015年2月24日発売
主にパッケージモンスターや人気のモンスターを集めたベスト版。
塗装の方針が変わっており、若干従来の物より黒っぽい。
  • リオレウス
  • リオレウス亜種
  • リオレイア
  • リオレイア亜種
  • ナルガクルガ
  • ラギアクルス
  • ジンオウガ
  • ジンオウガ亜種
  • ブラキディオス
モンスターハンターTHE BEST~Vol.7・8・9・10
2015年10月27日発売
  • ゴア・マガラ(狂竜化状態)
  • クシャルダオラ
  • テオ・テスカトル
  • キリン(クリアver)
  • グラビモス
  • ババコンガ
  • イャンクック
  • フルフル
  • ゲリョス
モンスターハンター怒りVer.SELECTION
2016年3月8日発売
  • リオレウス亜種(怒り状態)
  • リオレイア亜種(怒り状態)
  • ティガレックス(怒り状態)
  • ブラキディオス(怒り状態)
  • ジンオウガ亜種(龍光まとい)
  • ナルガクルガ(怒り状態)
  • ジンオウガ(超帯電状態)
  • ラギアクルス亜種(帯電状態)
  • ナルガクルガ亜種(怒り状態)

スタンダードモデルPlus Edit

  • これまでのスタンダードモデルに、ボーナスパーツや連結可能な台座などの要素をプラスした新しいCFBのカテゴリーである。

各シリーズとフィギュア化されたモンスター Edit

モンスターハンター スタンダードモデル Plus 怒りVer.
2014年9月下旬発売。
ボーナスパーツが付属しており全て集めるとアカムトルム(クリアVer)になる。
しかし、アカムトルム(クリアVer)は塗装されてなく、全身赤である。
どうしてもこれを集めたい場合はBOX丸ごと買うべきである。
ちなみに激昂したラージャンとアカムトルムは新規造形となっている。
  • リオレウス希少種(怒り状態)
  • リオレイア希少種(怒り状態)
  • ティガレックス希少種(怒り状態)
  • 激昂したラージャン
  • 怒り喰らうイビルジョー
  • アカムトルム(怒り状態)
  • アカムトルムクリアver ※ボーナスパーツ6種で完成
モンスターハンター Plus Vol.1
2014年12月中旬発売
ボーナスパーツが付属しており全て集めるとセルレギオス(イエロークリアVer.)になる。
セルレギオス、モノブロス、イャンガルルガはどれも新規造形となっており非常にかっこよい。
  • セルレギオス
  • モノブロス
  • イャンガルルガ
  • ティガレックス亜種
  • ザボアザギル亜種
  • ガララアジャラ亜種
  • セルレギオス(クリアVer.) ※ボーナスパーツ6種で完成
モンスターハンター Plus Vol.2
2015年3月下旬発売
シャガルマガラ、オオナズチ、ダイミョウザザミ亜種が新規。ザザミいきなり亜種。
バサルモス亜種も立体化されたが、なぜかクリアパーツが使われてない
ボーナスパーツが付属しており、全て集めるとクシャルダオラ(ブラッククリアVer.)になる。
なぜナズチクリアVerにしなかったのだ。
  • シャガルマガラ
  • オオナズチ
  • ダイミョウザザミ亜種
  • バサルモス亜種
  • ケチャワチャ亜種
  • テツカブラ亜種
  • クシャルダオラ(クリアver.) ※ボーナスパーツ6種で完成
モンスターハンター Plus Vol.3
キリン亜種や猛り爆ぜるブラキディオス、そしてラスボスであるゴグマジオスなど
隠し要素的なモンスターがラインナップされている。
ボーナスパーツが付属しており、全て集めるとジンオウガクリアVer.が完成する。
  • ゴグマジオス
  • 猛り爆ぜるブラキディオス
  • グラビモス亜種
  • モノブロス亜種
  • キリン亜種
  • 錆びたクシャルダオラ
  • ジンオウガ(クリアver.) ※ボーナスパーツ6種で完成
モンスターハンター Plus Vol.4
『モンスターハンタークロス』に登場する4大メインモンスターのうち
獣竜種ディノバルドと牙獣種ガムートの2体を収録。
ボーナスパーツが付属しており、全て集めるとディノバルドVer.が完成する。
  • ディノバルド
  • ガムート
  • リオレウス(怒りVer.)
  • リオレイア(怒りVer.)
  • ナルガクルガ
  • ラギアクルス
  • ディノバルド(クリアver.) ※ボーナスパーツ6種で完成
モンスターハンター Plus Vol.5
2016年1月26日発売
  • タマミツネ
  • ライゼクス
  • アグナコトル
  • イャンガルルガ
  • オオナズチ
  • 燼滅刃ディノバルド※シークレット
  • タマミツネ(クリアver.)※ボーナスパーツ6種で完成
モンスターハンター Plus THE BEST~Vol.1・2・3
2016年6月28日発売
  • セルレギオス
  • モノブロス
  • シャガルマガラ
  • ダイミョウザザミ亜種
  • ゴグマジオス
  • 猛り爆ぜるブラキディオス
  • グラビモス亜種
  • キリン亜種
  • 錆びたクシャルダオラ
  • ガムート(クリアver.) ※ボーナスパーツ9種で完成
  • ライゼクス(クリアver.) ※ボーナスパーツ9種で完成
モンスターハンター Plus Vol.6
2016年10月4日発売
  • 黒炎王リオレウス
  • 紫毒姫リオレイア
  • 白疾風ナルガクルガ
  • 金雷公ジンオウガ
  • 荒鉤爪ティガレックス
  • 紅兜アオアシラ
  • 黒炎王リオレウス(クリアver.) ※ボーナスパーツ6種で完成
モンスターハンター Plus 怒りVer.改
2016年12月13日発売
  • リオレウス希少種(怒り状態)
  • リオレイア希少種(怒り状態)
  • べリオロス(怒り状態)
  • 怒り喰らうイビルジョー
  • 激昂したラージャン
  • アカムトルム(怒り状態)
  • 怒り喰らうイビルジョー(ゴールドver.)※ボーナスパーツ6種で完成
モンスターハンター Plus Vol.7
2017年3月14日発売
  • アマツマガツチ
  • ホロロホルル
  • ウカムルバス
  • アカムトルム
  • ナルガクルガ
  • ダイミョウザザミ
  • アマツマガツチ(クリアver.)※ボーナスパーツ6種で完成
モンスターハンター Plus Vol.8
2017年7月25日発売
  • バルファルク
  • 鏖魔ディアブロス
  • 銀嶺ガムート
  • 天眼タマミツネ
  • ラオシャンロン
  • 鏖魔ディアブロス(狂暴走状態)
  • バルファルク(クリアver.)※ボーナスパーツ6種で完成
モンスターハンター Plus 怒りVer.改.2
2017年9月26日発売
  • バルファルク(怒り状態)
  • 激昂したラージャン
  • ジンオウガ(超帯電状態)
  • 黒炎王リオレウス(怒り状態)
  • 紫毒姫リオレイア(怒り状態)
  • テオ・テスカトル(怒り状態)
  • ラージャン(ゴールドver.)※ボーナスパーツ6種で完成
モンスターハンター Plus Vol.9
2018年1月23日発売
  • リオレウス
  • アンジャナフ
  • ドスジャグラス
  • クルルヤック
  • プケプケ
  • ゾラ・マグダラオス
  • アンジャナフ(クリアver.)※ボーナスパーツ6種で完成
モンスターハンター Plus Vol.10
2018年3月20日発売
  • ネルギガンテ
  • パオウルムー
  • レイギエナ
  • リオレイア
  • ディアブロス
  • ドドガマル
  • ネルギガンテ(クリアver.)※ボーナスパーツ6種で完成
モンスターハンター Plus THE BESU~Vol.4・5・6
2018年6月26日発売
  • ディノバルド
  • ガムート
  • ライゼクス
  • タマツミネ
  • 黒炎王リオレウス
  • 紫毒姫リオレイア
  • 白疾風ナルガクルガ
  • ラギアクルス
  • アグナコトル
  • テオ・テスカトル(クリアver.) ※ボーナスパーツ9種で完成
  • キリン(クリアver.) ※ボーナスパーツ9種で完成
モンスターハンター Plus Vol.11
2018年7月31日発売
  • トビカガチ
  • オドガロン
  • ヴァルハザク
  • リオレウス亜種
  • リオレイア亜種
  • ディアブロス亜種
  • オドガロン(クリアver.) ※ボーナスパーツ6種で完成
モンスターハンター Plus Vol.12
2018年12月18日発売
  • ゼノ・ジーヴァ
  • バゼルギウス
  • ツィツィヤック
  • キリン
  • ウラガンキン
  • イビルジョー
  • ゼノ・ジーヴァ(クリアver.) ※ボーナスパーツ6種で完成
モンスターハンター Plus Vol.13
2019年2月12日発売
  • マム・タロト
  • クシャルダオラ
  • テオ・テスカトル
  • ナナ・テスカトリ
  • ネルギガンテ
  • ゼノ・ジーヴァ(臨界状態)
  • ナナ・テスカトリ(クリアver.) ※ボーナスパーツ6種で完成
モンスターハンター Plus Vol.14
2019年9月3日発売予定
MHW:Iメインモンスターのイヴェルカーナと同作での復活組であるティガレックスが登場。
更に通常とは色味が異なるバゼルギウスとネルギガンテが収録されている。
  • イヴェルカーナ
  • ティガレックス
  • ラドバルキン
  • ヴォルガノス
  • バゼルギウス(赤熱状態)
  • 歴戦王ネルギガンテ
  • イヴェルカーナ(クリアver.)※ボーナスパーツ6種で完成
モンスターハンター Plus Vol.15
2019年12月10日発売予定
MHW:Iで復活もしくは新登場する目玉モンスターが4種登場。
ディノバルドとナルガクルガはMHW:I仕様の新規造形となっている。
また、未収録であったジュラトドスとMHW仕様のボルボロスが登場、
更にこの2体は組み合わせることで縄張り争いを再現することが可能となっている。
  • ディノバルド
  • ナルガクルガ
  • バフバロ
  • ボルボロス
  • ジュラトドス
  • アンジャナフ亜種
  • ディノバルド(クリアver.)※ボーナスパーツ6種で完成

サッポロ一番コラボ Edit

  • スタンダードモデル怒りver(第一弾)と同時期にセブンイレブン限定で発売された。
    狩(ガ)ーリック味のサッポロ一番に付属しており、リオレウス、ティガレックス、ジンオウガ(超帯電状態)のラインナップである。
    型は前者からvol.1、vol.2、vol.2となっている。
  • 原型との違いは土台のみであり、三体集めると闘技場を模した形になる。
    違いは土台だけだが、一部が違えばもはや異なる作品であるため、コレクターならば是非とも揃えたいCFBの一つであろう。

抽選形式のスタンダードモデル Edit

  • スタンダードモデルで抽選限定のもの。
    現在確認されているのは、ジンオウガ、ゴア・マガラ、ティガレックス、セルレギオスの四体。
    これらはそれぞれ、後述のイベントの抽選で入手できる。
    抽選なので、スタンダードモデル屈指の入手難易度をほこり、これらが揃って真に全種類揃えたこととなる。
    これら全てを集めるのは、天文学的な数字となるだろう。
ジンオウガ
  • 2011年1月下旬開催の一番くじMHP3のトリプルチャンスで入手できた。
    当選数は1000名、スタンダードモデルvol.1を原型とし、クリアの色は青である。
    くじを箱買いしたとしても、必ず当たるわけでもないので、レアリティがとても高い。
ゴア・マガラ&ティガレックス
  • 2013年8月26日から2014年6月30日まで発売のモンスターハンター4 アーモンドチョコバーで
    当たりのスティックと交換できる。
    A賞はゴア・マガラ、B賞はティガレックスとなっており、それぞれ500名に当たる。
    原型はスタンダードモデルvol.7で、クリアの色は黒、黄である。
    2種類あるので、仮に一方が当たったとしても、もう一方も当てるのは困難を極める。
セルレギオス
  • 2014年10月11日から11月10日の間にモンハン部内で応募でき100名に当たる。
    原型はスタンダードモデルpuls Vol.1で、モンハン部限定カラーのパール色となっている。
    抽選限定スタンダードモデルの中で一番個数が少ない。

スタンダードモデル オトモアイルー Edit

  • CFBスタンダードモデルのオトモアイルーver.。
    オトモ装備を忠実に再現しており、
    ゲーム内では小さく見えづらいところ(模様、材質など)が作り込まれている素晴らしい作品である。

各シリーズとフィギュア化したオトモアイルー Edit

スタンダードモデル オトモアイルーvol.1
  • ブレイブネコシリーズ
  • クックネコシリーズ
  • フルフルネコシリーズ
  • キリンネコシリーズ
  • マフモフネコシリーズ
  • レウスネコシリーズ
  • インナー オトモアイルー
  • MHBネコシリーズ
  • MHBネコシリーズ マニャver
スタンダードモデル オトモアイルーvol.2
  • ジンオウネコシリーズ
  • ウルクネコシリーズ
  • ユクモノネコシリーズ
  • ズワロネコシリーズ
  • ガララネコシリーズ
  • ケチャネコシリーズ
スタンダードモデル オトモアイルーvol.3
  • ラギアネコシリーズ
  • ザボアネコシリーズ
  • アシラネコシリーズ
  • セルタスネコシリーズ
  • カブラネコシリーズ
  • アロイネコシリーズ
スタンダードモデル オトモアイルーSELECTION
  • マリオネコシリーズ
  • ルイージネコシリーズ
  • ロックマンシリーズ
  • レウスネコシリーズ
  • クックネコシリーズ
  • キリンネコシリーズ
  • フルフルネコシリーズ
  • ウルクネコシリーズ
  • ザボアネコシリーズ

ハイスタンダードモデル Edit

  • スタンダードモデルから、派生したCFBの一種。
    スタンダードモデルより大きく、クリエイターズモデルのように
    土台がゲーム内のフィールドを模しているのが特徴のフィギュア。

リオレウス Edit

  • 2013年3月15日から4月14日までの一ヶ月間セブンイレブン春のキャンペーンで入手できた。
    今では入手できないのでとても貴重である。
    フィギュアについては、土台が遺跡平原で柱状になっており、リオレウスの迫力がとても感じられるものである。
    なお、未だにリオレウス以外のハイスタンダードモデルは発売されていない。

ライトモデル Edit

  • アクセサリーとして楽しむことをコンセプトに作られたシリーズ。
    そのためサイズは小さめであり、キーチェーンが付いていたりする。
    敵モンスターはフィギュア化されておらず、主にオトモアイルーがフィギュア化されている。

各シリーズとフィギュア化されたオトモアイルー Edit

オトモアイルーVol.1
一つの装備につき、アイルーバージョンとメラルーバージョンがある。
  • ユクモ装備
  • ハンター装備
  • ジャギィ装備
  • レウス装備
  • レイア装備
  • ガンキン装備
オトモアイルーVol.2
  • アシラ装備
  • リノプロ装備
  • ズワロ装備
  • ペッコ装備
  • ロアル装備
  • ウルク装備
プーギーVol.1
  • はだかの王様
  • 思い出ストライプ
  • マフモフウォーマー
  • 緑と黒の衝撃
  • さすらい道中
  • 純真クレナイ
オトモアイルーVol.3
  • ジンオウ装備
  • レックス装備
  • バギィ装備
  • アロイ装備
  • ハプル装備
  • ラングロ装備

アクションモデル Edit

  • CFB初の可動式フィギュアで、ゲームのポーズを再現して、鑑賞することができる。

ゴアシリーズ男剣士&キリンシリーズ女剣士 Edit

  • モンスターハンター4のメインモンスターの装備であるゴアシリーズと、
    女性装備としてトップクラスの人気を誇るキリンシリーズのラインナップである。
    ゴアシリーズ男剣士の武器は大剣のプライドofシャドウ
    キリンシリーズ女剣士の武器は双剣の迅雷となっている。
    発表当時、キリンシリーズの顔の造形で一部話題となった。
  • このアクションモデル、始めは2月中旬発売とされていたが、
    突如変更され春発売と曖昧になってしまい、発売未定とまでなっていたが、
    諸事情により販売中止と公式アナウンスされた。
    が、その後大幅改修され、各装備のオトモアイルーが付属したものが、
    イーカプコン限定で販売されることとなった。
  • キリンシリーズ女剣士の顔パーツの目の虹彩は、通常状態は茶色であるが、鬼人化状態になると赤色に成っている。
    このことから、鬼人化状態時は虹彩までもが赤く染まってしてしまうという設定が読み取れる。

関連項目 Edit

イベント・メディア展開/超造形魂 モンスターハンター






*1 ただし、お菓子は付かない為、厳密な意味の食玩ではない。