Top > 武器 > 毒奏笛ゲリョス


武器/毒奏笛ゲリョス

Last-modified: 2016-01-25 (月) 15:19:06

MHF-Gより実装のG級武器で、ゲリョス素材を用いた狩猟笛。
ユニークな外見が大きな印象を残すが、一方で性能は確か。

概要・性能 Edit

  • ゲリョスの頭
    これですべてを説明できるであろう外見である。
    水色の眼には心なしか睫毛があるようにも見え、若干かわいい。
    要するに、明らかに雌を意識している。
    さらによく見ると、睫毛の後ろにはハートマークっぽい模様まである。
    気のせいだと思いたいが、睫毛は明らかについているため、狙っているとしか考えられない。
  • ゲリョス武器の例にもれず、毒属性武器なのだが…
    • LV10時点で攻撃力1424、LV20で弩岩獄笛【激楽打】を軽く超える攻撃力1539
    • LV10時点で毒属性570、LV20時点で全ての毒笛を過去にする毒属性620
    • LV9までは緑ゲージだが、LV11よりデフォルトで青ゲージが現れる
    毒属性笛としてぶっ飛びすぎている
    攻撃力が既存のすべての狩猟笛を超え、毒属性も既存のすべての狩猟笛を超える
    音色もしっかり実用性があり、
    • +++()
      • 自分強化
      • 攻撃力強化【大】
      • 防御力強化【大】
      • 体力回復【小】or【微】
      • 回復速度【大】
      • (麻痺無効)
      • (火耐性強化【小】)
    しっかり赤系統旋律も備えている。
    G級クエストでは根本的なダメージ計算式変更、
    および世紀末も超えた超威力により、防御力の重要度が跳ね上がっているため、
    G級クエスト補正で上昇値は固定となるものの、防御力強化【大】も心強いことだろう。
  • 心もとないのは斬れ味ゲージ。
    これはLv20でかつ斬れ味レベル+1発動時でも白が僅かにあるだけ、と非常に微妙である。
    そのためG1時代は攻撃力をあまり重視しない支援特化として使うしかない、と言われたぐらいである。
  • G2からLv21以上の強化が解禁され、この笛も本気を出すことになる。
    斬れ味ゲージはLv25・Lv35で段階的に白ゲージが伸び、Lv35ではデフォルトで20、
    斬れ味レベル+1発動時には70まで伸び、万全といえる状態になる。
    攻撃力と毒属性に関しても、
    • シジルが3つ装着可能になるLv30では攻撃力1851毒670
    • 最終段階のLv50では攻撃力2314毒720
    になる。ぶっ飛びすぎである。
    惜しむらくは白ゲージ止まりであるということだが、それ以外は特に欠点らしい欠点もない。
  • G2初期は紫緑赤の音符を持つ笛はこの武器しかなかったが、
    G2終盤にイャンガルルガの「ガラグレアル」とミ・ルの「ダードアンカー」が
    追加された。
    どちらも非常に高い殴り性能を持つ無属性笛であり、純粋な殴りでは両者にはかなわない。
    毒属性を活かしたいものである。
    • G級モンスターはいずれも体力が高いため毒を活かしにくいのだが、全体防御率も低いため
      デュラガウア・グレンゼブル・ミドガロンなど毒ダメージが大きい相手には有効である。
      また、Lv上昇で全体防御率がどんどん下がっていく=毒のダメージが相対的に上がるシャンティエンや
      ディスフィロアにも有効である。
      特にシャンティエンは、麻痺剣スキルを発動させて挑むことが多い関係上
      猛毒剣にまでスキルが回せないことが多く、そういった場合にやろうと思えば単騎でも毒を取れる
      この武器の存在は大きいものとなる。

余談 Edit

  • MHF-G1・G2で実装された既存モンスターのG級武器は、何かしら従来登場した武器のデザインが
    そのまま割り当てられているのだが、この武器だけは唯一完全新規書き下ろしデザインとなっている。
    G1時点で開発の余裕が無かったという事が後に明らかになっているが、この武器だけは
    早い段階(余裕がある時)にデザインがなされたのであろうか・・・
    ちなみにMHF-G3では同じく新規デザインであるグラビモス亜種の太刀が登場している。
  • 読み方は不明だが、素直に音読みすれば「どくそうてき」である。
    「独創的」と二重の意味をかけているのだろうか。

関連項目 Edit

モンスター/ゲリョス
武器/ゲリョス武器
武器/毒笛カプリ - 本家シリーズにおけるゲリョスの狩猟笛