サロウ

Last-modified: 2021-09-28 (火) 17:02:41

◆連載中エピソードに登場中な◆実況行為は◆wiki電脳IRC空間(雑談・実況・議論)◆にて◆完結するまでは無闇に更新するのはよくない◆

◆忍◆ ニンジャ名鑑#0356 【サロウ】 ◆殺◆
狩人。ト・キコ或いはオモイ・ニンジャの代理戦士。ユメミル・ジツに覚醒している。彼の力は犠牲者の「ピープル・ツリー」を辿り、被害を拡大する。彼が身を置くサンズ・オブ・ケオスは「サツガイ」召喚を志し邪悪儀式を試行錯誤する電子カルトである。

登場エピソード

 

「ニンジャスレイヤーかァ。しっかりやれるかなあ。ボスに怒られるし……他の狩人たちも怖いし……仲良くやれる自信がないしなァ……」
「俺だよ。悪いけど全力で行くからな……」


人物

  • ダークカラテエンパイアのニンジャ。ニンジャスレイヤーを狩りの獲物とする儀式「ストラグル・オブ・カリュドーン」に参加したオモイ・ニンジャの代理戦士。
  • 元はベルリンのハッカーであり、現地で最も腕の立つハッカーの「ゲルハルト・ゲルハルト・ゲルハルト」のニューロンを焼いたことで、ベルリンのハッカー・コミュニティにて恐れられる存在となった。しかし、ゲルハルト³がカタナ・オブ・リバプール社の紐付きであったために捕えられ、殺されかけた際にニンジャと化し、脱走した。
  • その後、サンズ・オブ・ケオスに加入。自身のニンジャソウルはサツガイに授けられたものだと解釈し、サツガイの降臨を目的とした探求の末にオモイ・ニンジャに出会い、実力を見込まれたことで彼女の配下となった。
  • ゲルハルト³を殺害するまでは、生まれてから一度も部屋から出たことがなかったため、非常に世間知らず。ニンジャスレイヤーに狩りの印を打つための代理戦士全員での襲撃にビデオゲームのパーティープレイめいた感覚を覚えたり、明らかに自身を疎んでいたメイヘムに好感を抱いたり、ネオサイタマでは詐欺グループの露骨な詐欺に引っかかったりと、どこかズレた思考をしている。
    • しかし、騙されたことに気付いた直後にはジツを用いて詐欺グループを全員惨殺するなど、確かな凶暴性も秘めている。

外見

  • 斑模様のブルゾンとスキニーパンツを着用している。髪型は極端なツーブロック・ヘアで、髪色はリアルタイムに七色のグラデーションで変色し続けている。右眉は生えておらず、代わりにその位置にリングピアスを付けている。
    • 髪のネオン遷移処理などのファッションは、ネオサイタマに来てから誂えたものである。

元ネタ・考察

  • サロウ(sorrow)は「悲しみ」の意味。

ワザ・ジツ

ユメミル・ジツ

  • IRCめいたテレパス。シルバーキーが使うジツと同じ物であり、サロウは彼に続く二人目の使い手である。使用時にはシルバーキーと同じようにこめかみに指をあてており、敵の抵抗を受けた際には鼻血を流す描写もある。
    • 元が強力なハッカーであったためか、シルバーキーのそれよりも攻撃的なものとなっている。自分を騙した詐欺グループを皆殺しにした際には、捕らえた一人のニューロンからヒューマン・ツリーを辿り、2スクエア離れた雑居ビルにいたニンジャを含む他のメンバーのニューロンを次々に遠隔破壊するという離れ業も見せた。
  • サロウはこのジツを得ると同時に、代償としてLAN直結の力を失っている。

ストーリー中での活躍

「まあ、友達じゃなさそうだったし、いいよな。ネタバレっぽかったしさ」

  • 「プレリュード・オブ・カリュドーン」にて本編に登場。デルフィニアが仕切る詐欺グループにカモにされかかるも直前で気付き、デルフィニア達を殺して金庫のカネを奪った。
     
  • 「ザ・シェイプ・オブ・ニンジャ・トゥ・カム」では、他の六人の狩人と共にニンジャスレイヤーを襲撃し、当初の予定通り彼に印を付けることに成功した。この時は自身の役割を後方支援と定め、コンヴァージやメイヘムの攻撃に合わせてニンジャスレイヤーにニューロンアタックを仕掛けていた。
    • しかし、ニンジャスレイヤーの強固な精神防御の前に幾度かジツを破られており、そのカラテの片鱗を目にしたからか胸騒ぎを覚え、最初の狩人に選ばれることに忌避感を抱いていた。

一言コメント

「コメントしてあげる」「エ」オモイ・ニンジャはコメントしてくれた。三度目の絶頂。

  • イサオシ重点で堂々とカラテを振るう新生ザイバツや現行ソウカイヤのニンジャに比べると弱々しく臆病にも見えるが…寧ろ獣を恐れ、臆病になるくらいが狩人に必要な素質なのかも知れない。今後の活躍に備えよう -- 2021-02-10 (水) 08:33:53
  • 作中の描写的に悪のカタオキとして描かれてる気がするな。項目冒頭の、俺だよ、のセリフもそうだし表面的には小市民とも言える性格もカタオキの鏡映しっぽい。 -- 2021-02-10 (水) 09:34:24
  • じゃあくなカタオキことサロウの行く末がどうなるか気になる ユメミルジツ同士の対決とか正直めちゃくちゃ見てみたい -- 2021-02-10 (水) 17:11:35
  • 今のカタオキでも正面からオスモウしたら勝てないんじゃないだろうか。色々とブレーキがないのもコワイ。実際に戦えば人生経験とそれに基づく応用力、精神力の差で勝負が付きそうではあるが。しかし「銀鍵が敵だったらヤバイ」が現実になった感あることだなあ -- 2021-02-11 (木) 04:53:00
  • 旧名鑑にあったインキュバス=サンのリメイクキャラかなとも思ったり -- 2021-02-11 (木) 23:53:41
  • こんな危ない獣の相手なんてしてられるか!俺はこの街から去ろう! -- 2021-02-12 (金) 10:53:45
  • ボンモー的には、他の代理戦士が殺る気満々だから一人場違いなニンジャを参加させたという趣だろうな。マスラダとのイクサもそうだが、特殊環境で育ったゆえにフワフワとした彼がネオサイタマで何を知り、何を学ぶのかが楽しみだ。 -- 2021-02-13 (土) 13:08:24
  • ↑2 伝統的死亡ノボリな…… -- 2021-02-13 (土) 16:33:12
  • サロウ=サンのおかげで攻撃転用したユメミル・ジツの厄介さが明らかになるにつれ、実際それを完全防御しつつニンジャスレイヤー=サンやデスドレイン=サンと戦っていたロードは凄かったと実感できる。やはりコトダマ系ニンジャの元締めである六騎士のジツは伊達ではない -- 2021-02-14 (日) 10:03:21
  • 1人だけ内面描写が多いし代理戦士組の狂言回し役になるのだろうか -- 2021-02-14 (日) 16:26:35
  • 詐欺に引っかかったのも、被害者だから仕方ないんだっていう体で殺戮を楽しむ為にわざと引っかかった様な気がする。狩人の中で一番狡猾で残忍なアトモスフィアを感じる。 -- 2021-02-16 (火) 00:26:23
  • むしろ色々騙されてるのは素という印象。困っても全員ニューロン破壊でいいやで生きてきたから学習する必要もなかっただろうし。倫理観が絶無のカタオキというか。自分の行為が残虐か否かという尺度すらないヤバイやつ感がある -- 2021-02-16 (火) 04:17:09
  • サロウは去ろう! -- 2021-02-16 (火) 10:29:26
  • 闇堕ち版「ネオサイタマいい加減にしろよ」な…。 -- 2021-02-16 (火) 10:48:58
  • 仮にこのニンジャ狩りの夜を生き延びたらどうなるのかも気になるな… -- 2021-02-17 (水) 17:17:46
  • かなしみ… -- 2021-02-28 (日) 13:05:42
  • このSOC全体の倫理観のネジが外れた感じはやっぱサツガイの因子なんかねえ。メイレインに対してサツガイの汚染なんて言い方もされてたし -- 2021-03-03 (水) 12:35:53
  • 「敵幹部だけど、そこそこ良いヤツで、生き残る枠」は、マークスリー=サンに取られてしまった。ジツが強いがカラテが今一な「邪悪カタオキ」の明日はどっちだ? -- 2021-07-22 (木) 20:25:10
  • どう考えても改心していい邪悪さではない…この能力持ったまま解き放つのはちょっと危険すぎる -- 2021-07-25 (日) 20:26:27
  • サロウ=サンは生き残ってちょくちょくニンジャとトラブル起こしつつ全部返り討ちにしたり身包み剝がされたりして「ネオサイタマ怖すぎだろ・・・」と呟くだけの役になってほしい -- 2021-07-27 (火) 00:10:17
  • レアなジツだからアヴァリスに抜き取られる可能性もゼロじゃない。なんか普通に戦う事になるとは思えない。 -- 2021-07-27 (火) 14:12:23
  • ↑2 ネオサイタマ鉄道の上にスマキにされ放置されたニンジャの姿が‥ -- 2021-07-27 (火) 19:16:11
  • ↑2 その可能性はありそう。メタ視点になってしまうが、7人全員を1話で倒すと、かなりの時間がかかってしまうし、カラテが不安だし。良心とか無さそうだから、他の狩人に利用される形で、2vs1のチームプレーで来る可能性もありそう。 -- 2021-07-27 (火) 20:32:29
  • 狩人がこうもあっさり爆発四散するんですか?おかしいと思いませんか? -- 2021-09-28 (火) 17:02:41

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White