Top > カタナ・オブ・リバプール社


カタナ・オブ・リバプール社

Last-modified: 2019-05-25 (土) 17:27:29

◆忍◆ 組織名鑑#(未掲載) 【カタナ・オブ・リバプール社】 ◆殺◆


企業概要 Edit

イングランド島北西部のリバプールに本社要塞を持つ多国籍企業。もとよりネオン・プラズマ兵器のリーディングカンパニー。
磁気嵐が晴れたことによって各大陸の支社の勢力を結集させることが可能となり、第3部クライマックス後の混乱下にあったネオサイタマに私兵団を送り込んで日本で局地的に過剰発達していた重サイバネ技術を回収した。オナタカミ社をはじめとする暗黒メガコーポからメジャー・シャガイ級及び1ダース近いシャナイ級の極秘データフロッピーの奪取に成功したとされる。その成果をもとに十年後の第4部時点ではニンジャ用重サイバネティクスの独自開発が可能となっている。
現在でもロンドンやネオワラキアなど、リアルニンジャに支配された領域に対し企業ニンジャや企業戦士からなるリサーチ・タスクフォースを送り込んで技術サルベージや開発兵器の実地運用試験を行っている。

 

オムラ・エンパイアとは敵対しており、同社への攻撃や対立組織への支援行為を行っている。

 

社紋はネオン・プラズマ・カタナ紋、またはローブを着てネオンカタナを装備したアーサー王。
アーサー王はニンジャイギリスの神話的英雄なので、自社製品を装備した地元の英雄という構図になる。


構成員 Edit


取扱商品・社有兵器 Edit


モーターカタナ Edit

登場エピソード Edit

 

「カタナ・オブ・リバプール社はモーターカタナのオリジナルデザイン権利を有しています」
「ニンジャ聖戦機!」――「アンデスの虎」ゲリラ兵


反オムラリバースエンジニア機体概要 Edit

  • カタナ・オブ・リバプール社によって反オムラリバースエンジニアリングロボニンジャ。
  • 旗めいて輝くKOL(Katana of Liverpool)エンブレムを空中にホロ投射する機能や脚部ブースターを有する。
  • note版では自らのデザイン権利を主張しながら攻撃を行っている。
  • 武装としては、機銃やサスマタを装備している。
  • なお、登場エピソードの別シーンでは「カタナ社のリバースエンジニアされたモーターガシラ」が登場している。二つが同一個体ないし同型機なのか、別の機体なのかは不明。

他ロボニンジャ Edit

個人用装備 Edit

  • ネオン・プラズマ・カタナ
    同社の象徴というべき武器。この他にネオンクナイ・ダートやネオンブレード、ネオンダガーなどが存在し、いずれもネオン・プラズマ光の軌跡を刻む。
  • カラテ伝導マント
    その名の通りカラテを伝導するマント。この性質を活かして攻守両方に使用することが可能となっている。
  • プラズマネオン・メイス
    出力ダイヤルを操作することによって凄まじい熱を発散する、対吸血鬼ニンジャ用の試作兵器。
  • イサライト・アーマー
    試作品のニンジャ専用外骨格装束。カラテ伝導力が極めて高い企業秘密合金で作られており、着用者の攻撃力と防御力を格段に上昇させる。
  • 「マガ・ツメ」・「マガ・キバ」
    ナノテクノロジーを用いて成形されたワン・オフ・プロダクトのクナイ・ダガー。非現実的ですらあるカラテ伝導率を有し、中心にジャイロ回転機構を備えている。
  • ナノ装束
    正式名称は不明。先端テクノロジーが用いられており、着用者であるスノーマンアメナガレ・ジツを行使しながら人の輪郭を保つことを可能たらしめた。

施設設備 Edit

  • ジンカンセン・カタパルト
    弾丸状APC(装甲兵員輸送車)射出用電磁カタパルト。カタナ・オブ・リバプール社には現在1レーンしか無い。シンカンセンをも凌駕するその速度からその名が付けられた。
    オムラ社から盗みサルベージしたメジャー・シャナイ級機密によって実現した、重サイバネニンジャの最も効果的な遠距離運搬手段。「ジンカンセン・カタパルト」という名称もオムラ社側のものであるような説明もある。
  • 黒馬車
    ニンジャ射出用弾丸状APC。ジンカンセン・カタパルトによって高速射出し、目的地へ速やかに運搬する。ただし内部には強烈なGがかかるため、ニンジャ耐久力を持つ者にしか運用できない。

一言コメント

コメント欄な