Top > シースラッグ


シースラッグ

Last-modified: 2019-10-18 (金) 20:38:42

◆忍◆ ニンジャ名鑑#255 【シースラッグ】 ◆殺◆
ザイバツニンジャ。不可思議なニンジャ能力により、装束を含む全身をゲル化。敵を包んで呼吸を奪い、全身の圧迫により短時間で圧殺する。
イヴォーカーの顧問・監視役として派遣されたが、彼の組織内で完全に教化され、忠実な飼い犬となった。

登場エピソード Edit

 

「ギルドは第九層の闇勢力統一を歓迎している。だが足りぬ。神聖皇帝の尊き教えを浸透させねば。当初、監視者として遣わされた事はまさに運命……まさに使命」


人物 Edit

外見 Edit

  • 青黄マダラ模様のニンジャ装束に身を包む。
    • もはや忍んでないとかそういう次元ではない。

元ネタ・考察 Edit

  • シースラッグ(Sea slug)は「ウミウシ」の意味。
    • ウミウシは海に住む貝の一種でナメクジに近いが、黄色や青など鮮やかな色をしているものが多い。
    • 前述の毒々しい色合いのニンジャ装束もこのニンジャネームにちなんだものだろう。

ワザ・ジツ Edit

  • 自身の身体を丸ごと半透明のゲル体に変化させるという、メイガス並みに無茶なユニーク・ジツの使い手。コワイ!
    • ゲル化した身体で敵の全身を包み込んで拘束し、窒息させる攻撃を得意とする。尚、本人がゲル化を解くと一滴残らず固体化するので、拘束されていた方が濡れていることはない。
    • 不定形のゲル体故に通常では入り込めないような狭所にも容易に忍び込むことが可能。曰く、「排気口は私のファストパスよ」とのこと。
    • なお、ゲル化しても装束の青黄マダラ模様はそのままである。
      • ただし、詳細は不明だがステルス能力も備えているかのような記述が本文中にみられ、特にカラフルさがデメリットになることはない模様。
  • また、貴重なクナイ・ダート派ニンジャの一人でもある。

ストーリー中での活躍 Edit

「なに、死ぬまでにしっかりと神聖なネタバレを浸透させ、ジゴクでリージョンと闘争する神聖戦士に仕立て上げてやるから安心せよ」

一言コメント

「コメント欄は私のファストパスよ。ファファファ……」