「ガントレット・ウィズ・フューリー」

Last-modified: 2021-12-24 (金) 18:46:13

Twitter連載ログ

◆note版(Twitter連載版公式アーカイブ)&設定資料(要ニンジャスレイヤープラス購読)◆全セクション&N-FILES
◆Togetterまとめ◆#1#2#3#4#5&エピローグ
◆実況付◆#1#2#3#4#5&エピローグ
◆note版実況付◆全セクション&N-FILES

登場人物


あらすじ

ドーモ、スミスです。俺の活躍、みんな覚えていてくれたかな?
赤黒のスゴイコワイ・ニンジャに二度もインタラプトされて、順風満帆だった俺のヤクザ人生はもう台無しさ。
で、心が折れた俺は、キョート・リパブリック随一のバトルテンプル「ボンジャン・テンプル」へ入信したんだ。
ここの生活は今までとまるっきり違ったね。厳しい修行、奥深い禅問答。お陰でこんな俺にもようやくブディズムってのがどういうものか掴めてきた。
ここから俺の奥ゆかしい第2の人生が始まるのさ……。

 

……そう思ってたのに、またしてもニンジャが俺の目の前に現れやがった!
ハイ・ボンズのグノーケ=サンが突然ニンジャになって、テンプルの宝物だっていう打擲棒を持ち逃げしちまったんだ。
他のボンズはあらかた殺され、生き残ったのは俺やレッサーボンズのカンツァイ=サンを含めてわずかという有様。
しかもカンツァイ=サンときたらブッダデーモン像から出てきたっていう奇妙なガントレットを手にして、グノーケ=サンを追うと言い出した。
アコライト」なんて名乗ってもうまるっきりニンジャだぜ、おいおい……。
まったく、俺のボンズ生活はいったいどうなっちまうんだ?俺も戦わなきゃ駄目ですか、ブッダ殿?

 

破戒した仇を捜し求めて三万里、キョート上層・下層を股にかけ繰り広げられるブディズム・カラテ・アクション!
唸れ伝説のガントレット!決断的に突き進めアコライト!キエーッ!ハイ!ボンジャン!ハイ!

 

いつもの奴がエントリーしてくるかもしれないが、恒例行事だからそっとしておいてあげてくれ!


解説

第2回エピソード人気投票26位タイの、アジアン・カラテ映画のオマージュ盛りだくさんなボンズ・バトル・ストーリー。
「コイツは本当に忍殺の登場人物なのか」と思わせるほどの清廉ボンズ、アコライト=サンが初登場だ。「憤怒の籠手」をまとったボンジャン・カラテに刮目せよ!

 

物理書籍版では「キョート殺伐都市#5:ピストルカラテ決死拳」に収録。その際、エピローグが大幅に加筆修正され、「ガントレット・ウィズ・ミスフォーチュン」のサブタイトルを与えられ独立したエピソードめいて扱われている。



コメント欄な

  • 書籍版の加筆部分は、フジオもずいぶん丸くなったもんだと実感した。第一部の頃は「任務中の目撃者は皆殺し」じゃなかったっけ? -- 2014-06-03 (火) 07:20:23
  • 丸くなったというか、1部の頃は文字通りカタナめいた状態で感情も死んだでいたのを、2部の「カース~」以降わずかでも取り戻していったような気がする。怨念による復讐ではあるけど「己の手で成し遂げたいこと」を久方ぶりに見つけたわけで。ここの加筆部分のフジオ=サンはカース以降めいたキャラクターになってる印象を受けた -- 2014-06-03 (火) 07:47:45
  • 朝の修練風景で出てくる「何と答えても殴られる禅問答」はちゃんと実在していて、何と答えても殴られる状況から脱する方法を自分で考えないといけないという意味合いらしい。ボンモーのたしかなブディズム知識が光る。 -- 2014-07-06 (日) 08:50:51
  • スミス=サンの「欲望者達は、日頃、ブッダの事をまるで便利な…」と獣=サンの「救いだ。皆、救いが欲しい。 ブッダ!救ってください。」の対比が実際奥ゆかしく哀しい ワザマエな -- 2014-08-08 (金) 09:51:14
  • イヴォーカー=サンの最期は連載版のこちらの方が好きだな。何とも物悲しい -- 2014-08-08 (金) 10:25:26
  • ↑② 対比か、あるいはスミス=サンやアコライト=サンの行く末をサジェストしているのか? 今はただ備えよう -- 2014-08-08 (金) 10:58:16
  • 死にゆく娘に遺す言葉は無いか尋ねるフジオの心中やいかに。 -- 2014-11-02 (日) 10:37:53
  • 普段はブッダ=キリストの置き換えにしたうえでいろいろ神を皮肉ってるだけにこの作者実はほんとはガチのブディストなんじゃないかと思えてしまうお話だった -- 2015-05-11 (月) 08:33:22
  • 普段はブッダ=キリストの置き換えにしたうえでいろいろ神を皮肉ってるだけにこの作者実はほんとはガチのブディストなんじゃないかと思えてしまうお話だった -- 2015-05-11 (月) 12:50:42
  • 実際ブディズムの修業は様々で奥深い、絶対にそうなってしまうものを如何にしてそうさせないかを考えるのだ。 -- 2015-05-12 (火) 18:44:06
  • ダークなんちゃら=サンのブレーザーの入手経路が実際オハギ・イン・ロッカーめいていtアバーッ! -- 2017-05-10 (水) 14:11:35
  • 唐突なHRS(ホンコンムービーリアリティショック)に耐えられない。終盤の雷シーンは実際安い特撮が目に浮かぶ -- 2021-04-13 (火) 15:49:29
  • コライトは言った。「オイランを見ましょう」 -- 2021-12-24 (金) 18:46:13