メイガス

Last-modified: 2019-12-18 (水) 21:20:50

◆忍◆ ニンジャ名鑑#247 【メイガス】 ◆殺◆
ザイバツ・ニンジャ。己を熱と光に化身させるコロナ・ジツの使い手。化身した身体は空気中に拡散、集積、爆発と自由自在であるが、血中カラテを大量消費するため濫用は禁物だ。

登場エピソード Edit

 

「二つ。曲がる柳。そのあと三つ、それから北へ四、ハイ、そこに騎士を配置。グリフォンは?グリフォンはどこだ。エート」


人物 Edit

外見 Edit

  • 五芒星がレリーフされた仮面型メンポを身につける。

元ネタ・考察 Edit

  • メイガス(Magus)とは古代ペルシアにおける司祭階級の呼称であり、転じて古代ローマにおいては魔術師の呼称として用いられた。
    • また、黄金の夜明け団などの近代魔術結社においては「肉体を捨てなければ到達できない」最高位の位階とされている。
    • あの男生誕の伝説に登場する「東方の三博士」も"Magus"である。
  • 後述する強力なユニーク・ジツ持ちならばこのニンジャネームを付けられるのも納得である。名前だけはそれっぽいどっかの誰かさんとはえらい違いデスネー。

ワザ・ジツ Edit

コロナ・ジツ Edit

  • 己の肉体を丸ごと身体を光と熱に還元し、白熱するコロナ塊と化して焼き尽くす強力なジツ。
    • コロナ塊となったまま標的に突進、接触と共に爆発を起こすことでダメージを与えるのが基本的な運用法と思われる。
    • 破壊的な熱への変換だけではなく、光に重点した変換により周囲へ拡散することで、敵の攻撃を無効化しつつ予測不可能な奇襲を仕掛けることが出来る模様。
    • しかし強力な分血中カラテの消耗が激しく、使用の度に再充填が必要となるため多用は出来ないようだ。
       
  • 「血中カラテ」の存在を初めて読者に明らかにしたニンジャ。深く考えてはいけない。備えよう。
    • 彼の登場以前からカラテミサイルやら武器へのニンジャソウル付与を使うニンジャがいるので、不思議ではないといえばそうなのだが……。
    • ヤモト・コキが受けたインストラクションの中に「刀にカラテをこめる」といったものもあり、上記のニンジャソウル付与とどう違うのかなど疑問は多い。

ストーリー中での活躍 Edit

「おそらくはこのリージョンが最終のネタバレ門」

一言コメント

「最後の試練はすなわちそのコメント欄だ」