Top > 中戦車
HTML convert time to 0.660 sec.


中戦車

Last-modified: 2017-02-21 (火) 18:09:32

中戦車(Medium Tank) Edit

概要 Edit

程々の装甲と程々の火砲を備えてある程度の機動力を持っている戦車。MediumTankでMTと略される。
戦場では強力な火砲と重装甲を持つ重戦車や駆逐戦車、圧倒的な長距離火力の自走砲や機動性の軽戦車と対峙する事になるが、安定した機動力で強力な火砲を何処へでも迅速に持っていける柔軟さは、運用次第で戦局を左右する能力を十分に秘めている。
当然、中戦車の戦術はその特徴を生かした臨機応変な立ち回りになってくる。
カテゴリー内での個性はあるものの基本的にバランスが良く、何でもこなせ、何でもそれなりにできるオールラウンダーなのだが、やはり何かに特化した戦車との真っ向勝負は分が悪い。

 

低Tierの中戦車は軽戦車とあまり性能差が無いが、Tier4を超えたあたりから軽戦車を超える火力・装甲を持つようになるため主力として扱われることが多くなる。Tierが上がり偵察枠以外の軽戦車が退場し、重戦車が前線の主役になって来ると軽戦車的な機動力を活かした役割を一部担う事にもなる。
高Tier戦でも射撃戦以外に重戦車や駆逐戦車の側面を固めて味方が火力と防御力を発揮できる状況を御膳立てしたり、機動力を発揮して味方の布陣の穴を埋めたり、と攻防両面で出来る事は非常に多い。
その場の状況と自分と相手をよく比較して最適な戦術をとっていこう。ただしほとんどの場合狙撃は勧められない。

 
国籍別ツリー分岐の特徴

基本は軽戦車と重戦車の中間程度であるが、ごく少数の例外として、アメリカのM3 LeeやイギリスのGrant、ソ連のObject 416など限界砲塔や高い隠蔽率や同格の中では火力が強いなど、駆逐戦車に近い車両も存在する。
中には機動性が鈍いが重戦車を凌ぐほど重装甲なイギリスのMatildaや装甲が薄いが軽戦車をも凌ぐほど俊敏なイギリスのCromwellやアメリカのM7などが存在する。
重装甲タイプは、戦力値が重戦車扱いされる場合もある(軽戦車は偵察枠があるので、軽戦車の戦力値にされる車両形式は存在しない)

ラインナップ Edit

  • 車両の名称が太字の橙色となっているものは、プレミアム車両である事を示している。
  • 車体装甲厚、砲塔装甲厚 (表記は『前面/側面/後面』、傾斜装甲の採用の有無)
    色は赤が最も厚い場所青が最も薄い場所緑がそれらの中間である事を示している。
  • エンジンの状態、地面の条件、拡張パーツによる重量増加などにより、必ずしも最高速度を出せるとは限らないため、速度は目安としてほしい。
  • 最上位の砲塔、履帯、無線機装備での性能を表示しているため、初期状態はこれより低いことが多い。

ソ連 Edit

Tier名称耐久値車体装甲厚
(mm)
砲塔装甲厚
(mm)
最高
速度
(km/h)
砲塔/車体
旋回速度
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
無線
範囲
(m)
4T-2835030/20/2020/20/204544/40340360
A-3236035/30/16(傾)35/35/357040/40320440
T-28E with F-3038050/30/5050/40/403540/36350300
5T-3445045/45/40(傾)52/52/455649/40350525
Matilda IV61075/70/5575/75/752534/35350570
6T-34-8572045/45/40(傾)90/75/525446/38360525
A-4373060/45/40(傾)75/75/755548/44360525
T-34-85M72075/45/40(傾)90/75/525346/40350525
T-34-85 Rudy72045/45/40(傾)90/75/525446/42365525
7T-431,10075/75/75(傾)90/90/905146/38370525
A-441,100150/60/60(傾)90/90/905938/44370525
KV-131,120120/85/85100/90/905048/40360625
8T-441,30090/75/45(傾)120/100/1005148/44380730
Object 4161,20075/45/45(傾)110/75/455040/52380760
T-54 first prototype1,300120/90/45(傾)180/120/754445.9/42360700
9T-541,650120/80/45(傾)200/160/655644/48390730
Object 430 II1,700120/80/40(傾)248/185/635540/48390760
10T-62A1,950102/75/45(傾)240/161/655048/56400850
Object 1401,900100/80/55(傾)240/187/655540/54400730
Object 4302,000120/80/40(傾)248/185/635540/52400730
Object 9072,000100/85/45(傾)228/180/465548/54400850

ドイツ Edit

Tier名称耐久値車体装甲厚
(mm)
砲塔装甲厚
(mm)
最高
速度
(km/h)
砲塔/車体
旋回速度
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
無線
範囲
(m)
3Pz.Kpfw. IV Ausf. A27014/14/1430/14/144244/40330415
Pz.Kpfw. S35 739 (f)26036/35/35(傾)56/46/463741/40330525
Großtraktor - Krupp32014/8/814/8/84441/36330345
4Pz.Kpfw. III Ausf. J35070/30/5057/30/306444/45330710
VK 20.01 (D)35050/40/3057/30/305044/42330710
Pz.Kpfw. IV Ausf. D35030/20/2030/20/204244/40340415
5Pz.Kpfw. III/IV44080/30/20(傾)50/30/305553/36320710
Pz.Kpfw. IV Ausf. H48080/30/2050/30/304044/32350710
T-2561050/45/20(傾)60/60/356022/30320710
Pz.Kpfw. IV hydrostat.55050/30/2050/30/304844/40330620
Turán III prototípus57050/25/2575/35/354028/34330620
Pz.Kpfw. III Ausf. K60050/30/3050/30/504032/38350620
6VK 30.02 (M)84060/40/40(傾)100/45/455530/30370710
VK 30.01 (D)77060/40/50(傾)80/45/455632/38370710
VK 30.01 (P)71075/62/40100/80/806028/28370710
Pz.Kpfw. IV Schmalturm73080/30/20120/60/604824/36370620
Pz.Kpfw. V/IV82085/40/40(傾)50/30/305530/38350710
Pz.Kpfw. V/IV Alpha
7Pz.Kpfw. V Panther1,30085/50/40(傾)120/60/605530/32380710
VK 30.02 (D)1,25080/45/50(傾)120/60/605624/42380710
Panther/M101,30085/50/40(傾)100/45/454638/38350710
8Panther II1,500100/60/40(傾)120/60/605530/36390710
Indien-Panzer1,30090/90/45(傾)90/90/455036/38380720
Panther mit 8,8 cm L/711,50085/50/40(傾)120/60/604632/38390550
Panzer 58 Mutz1,30090/30/40(傾)120/65/405036/45380570
9E 501,750150/80/80(傾)185/80/806030/32400710
Leopard prototyp A1,70070/35/25(傾)52/60/606536/42400750
T 55A1,700100/80/45(傾)200/160/655046/50395730
10E 50 Ausf. M2,050150/80/80(傾)185/80/806030/44400720
Leopard 11,95070/35/25(傾)52/60/606536/54410750

アメリカ Edit

Tier名称耐久値車体装甲厚
(mm)
砲塔装甲厚
(mm)
最高
速度
(km/h)
砲塔/車体
旋回速度
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
無線
範囲
(m)
2T2 Medium Tank17022/22/2225/25/254035/40320615
3M2 Medium Tank21032/18/1338/25/254339/40370615
4M3 Lee31051/38/38-3842/43320615
5M4 Sherman46050/38/38(傾)63/63/634837/37370615
M745038/32/25(傾)51/38/386046/48380745
Ram II61076/63/38(傾)76/76/513838/37330570
M4A2E4 Sherman48064/38/38(傾)76/50/505239/37370570
6M4A3E8 Sherman75063/38/38(傾)76/51/514839/40370615
M4A3E2 Sherman Jumbo760101/76/38(傾)76/50/503539/32370615
M4A3E8 Fury75064/38/38(傾)63/63/6341.838/44370570
7T201,10063/50/38(傾)88/63/635642/37390615
T23E31,05076/50/38(傾)76/63/635636/40380745
8M26 Pershing1,440101/76/50(傾)127/76/634838/38400745
T691,350101/76/38(傾)152/76/1145138/42400750
T26E4 Super Pershing1,500177/76/50(傾)101/76/764024/32390745
M46 Patton KR1,450101/76/50(傾)101/76/7648.338/38390745
T95E21,50095/76/25(傾)177/76/505632/36390745
9M46 Patton1,700101/76/50(傾)101/76/914840/38410745
T54E11,750152/76/38(傾)127/69/504336/46400745
10M48A1 Patton2,000152/76/38(傾)177/76/504540/50420745
M602,00093/73/25(傾)177/76/504842/52420750
T95E62,000114/50/19(傾)342/76/5056.336/46410745

フランス Edit

Tier名称耐久値車体装甲厚
(mm)
砲塔装甲厚
(mm)
最高
速度
(km/h)
砲塔/車体
旋回速度
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
無線
範囲
(m)
3D225040/40/4046/46/462332/38320360
Somua S3523047/40/3540/40/604540/38330710
4SARL 4231040/30/3040/30/304032/28330710
5Renault G146060/60/6060/60/604028/30350710
8AMX Chasseur de Chars1,40030/20/20(傾)30/20/205738/40390750
M4A1 Revalorisé1,40050/38/38(傾)63/63/634042/40390750
9Bat.-Chatillon 25 t AP1,60030/25/20(傾)25/25/206532/44380750
AMX 30 1er prototype1,65080/30/30(傾)80/40/306544/36390750
10Bat.-Chatillon 25 t1,80060/40/30(傾)50/30/156538/42400750
AMX 30 B1,90080/35/30(傾)80/40/306538/48410750

イギリス Edit

Tier名称耐久値車体装甲厚
(mm)
砲塔装甲厚
(mm)
最高
速度
(km/h)
砲塔/車体
旋回速度
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
無線
範囲
(m)
1Vickers Medium Mk. I1406/6/66/6/62432/28280250
2Vickers Medium Mk. II1908/8/88/8/84032/28300375
3Vickers Medium Mk. III28014/9/914/14/144840/32330375
4Matilda37075/70/5575/75/752434/36340450
Grant32050/38/38-3942/42325450
AC 1 Sentinel37065/45/45(傾)65/65/656044/40350450
5Sherman III46550/38/38(傾)63/63/634837/37370550
Matilda Black Prince61075/70/5576/63/572234/35350570
6Cromwell75064/42/3176/63/576448/36360550
Sherman Firefly75050/38/38(傾)76/50/503642/40360550
Cromwell B75063/42/3176/63/576448/50360570
AC 4 Experimental75065/45/45(傾)65/65/656044/40360450
7Comet1,15076/43/32111/63/575146/36380700
8Centurion Mk. I1,45076/50/38(傾)152/88/884036/36400750
FV4202 (P)1,40050/50/31(傾)170/90/904036/40390750
Chieftain/T951,40085/50/25(傾)254/88/904236/40380782
9Centurion Mk. 7/11,720120/50/31(傾)152/88/884036/32410750
10Centurion Action X1,950121/51/32(傾)196/196/355348/50410750

中国 Edit

Tier名称耐久値車体装甲厚
(mm)
砲塔装甲厚
(mm)
最高
速度
(km/h)
砲塔/車体
旋回速度
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
無線
範囲
(m)
5Type T-3445045/45/40(傾)52/52/455548/42350525
6Type 5875045/45/40(傾)90/75/525548/42370525
7T-34-11,05060/45/40(傾)170/120/605044/42370750
8T-34-21,30070/45/45(傾)180/120/605046/46380750
T-34-31,30090/50/50(傾)190/120/605046/46380600
Type 591,300100/80/45(傾)200/130/605646/46380525
59-Patton1,400100/80/45(傾)177/76/505046/44400525
9WZ-1201,650100/80/45(傾)220/160/655642/46390750
101211,950120/80/60(傾)240/130/605640/50400750

日本 Edit

Tier名称耐久値車体装甲厚
(mm)
砲塔装甲厚
(mm)
最高
速度
(km/h)
砲塔/車体
旋回速度
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
無線
範囲
(m)
2Type 97 Chi-Ni19025/12/1030/20/203030/38300425
Type 89 I-Go/Chi-Ro20017/15/1515/15/152536/38320425
3Type 97 Chi-Ha24025/25/2035/25/254030/32330550
4Type 1 Chi-He35050/25/2050/35/254430/36340550
5Type 3 Chi-Nu48050/25/2050/35/253836/34350550
Type 3 Chi-Nu Kai48050/25/2075/50/503830/38350400
6Type 4 Chi-To82075/35/3575/50/504536/30360750
7Type 5 Chi-Ri1,25075/35/3575/50/504236/34370750
8STA-11,45045/35/25(傾)70/60/354542/44390750
STA-21,42045/35/25(傾)70/60/355544/44380720
9Type 611,70055/35/25(傾)70/60/354742/48400750
10STB-11,950110/35/25(傾)132/132/375342/52410750

チェコスロバキア Edit

Tier名称耐久値車体装甲厚
(mm)
砲塔装甲厚
(mm)
最高
速度
(km/h)
砲塔/車体
旋回速度
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
無線
範囲
(m)
4ST vz. 3935032/25/2060/40/304530/33340345
5Skoda T 2445050/30/30(傾)50/30/305840/40350710
6Skoda T 2573050/35/35(傾)50/35/356036/30360710
Skoda T 4070060/40/3065/40/405032/38370710
7Konstrukta T-34/1001,10045/45/4590/75/525440/38370850
8TVP VTU Koncept1,45065/40/3065/40/405042/44380850
9Skoda T 501,65065/40/40(傾)120/80/605042/42400850
10TVP T 50/511,80065/40/30(傾)120/80/606036/54410850

スウェーデン Edit

Tier名称耐久値車体装甲厚
(mm)
砲塔装甲厚
(mm)
最高
速度
(km/h)
砲塔/車体
旋回速度
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
無線
範囲
(m)
4Lago35034/34/2434/28/204530/38330345
5Strv m/4245055/30/2055/30/204540/45350400
6Strv 7475055/30/2020/20/204536/34360710
Strv m/42-57 Alt A.270055/30/2040/20/204532/38350710
7Leo110070/30/2070/30/206034/38370710
 

各国の特徴 Edit

  • ソ連
    傾斜装甲による良好な避弾経始を持ち、機動力も良好で高Tierになると低い車高により隠蔽率も高めである。
    特に装甲に関しては格下重戦車・駆逐戦車の砲を正面から弾き返すほどの性能を持つものもあり、Tierトップでマッチングした際には強気の攻めが可能となる。
    だが、全体的に同格MTと比べて貫通に劣り単発火力も高くなく、DPM型の砲性能となっているものが多い。
    また、高Tierになると車高の代償に俯角に大きな制限を受ける。
    T-34-85ルートは車両特性が一貫しており、戦い方を早くに確立しやすいといえる。
    もう片方のA-43ルートは、車高や隠蔽の面でT-34-85ルートよりも大きなアドバンテージを有するが、火力(俯角、限定旋回、照準時間etc)の面や砲塔が車体後部に配置されているものが多い都合で、使い勝手にかなりクセのあるものとなっている。
  • ドイツ
    Tier6までの一部の車両を除き傾斜装甲を採用している。高HPもあって防御力は悪くない。
    全般に砲の精度が高く、低Tierから高性能な無線機が搭載できることもあって遠距離戦に優れる。
    反面、砲塔(Panther以降では車体も)の旋回速度が遅く機動戦は不得意である。
    Pantherルートではそこそこの防御力と引き換えに隠蔽率が低く発見されやすい。
    Leopard 1ルートではそれなりの隠蔽率と高い機動性にやや低めの火力と、敵の側面に回っての攻撃が主体となるだろう。
  • アメリカ
    大きく分けて二つの系統に分かれる。
    M4 Shermanルートはスペック値は並レベルだが、バランスのとれた車両が多い。
    T54E1ルートは自動装填装置に重きを置いたルートで車両タイプが変遷する。瞬間火力に優れるが、同じ自動装填装置を持つフランスやチェコに比べ砲精度が悪くやや近接戦向き。
    特に砲の俯仰角が広く、地形の起伏を利用した戦術を得意とする。
    また最も早く砲垂直安定装置(Vertical Stabilizer)を搭載でき、機動戦にも向いている。
    傾斜装甲は多用されているものの砲塔正面の防盾部分以外はおおむね装甲が薄く、防御力は低い方である。
  • フランス
    重戦車と軽戦車が多いフランスツリーにおいて中戦車は特殊な存在であり、重戦車ツリーに1つだけ挟まれたD2・重戦車ツリーに合流する騎兵戦車ルート・軽戦車ツリーがTier9以降MTとなる2つの高Tier中戦車ルートの計4つが存在する。
    低Tierの2つのルートの内、重戦車ツリーのD2は全周にわたって厚い装甲と並の火力、低い機動性が特徴。
    Tier3-5の間MTとなりTier6で重戦車ツリーに合流する騎兵戦車ルートはD2よりは高速で攻・防・走いずれにも特化しない、よく言えばバランス型で、悪く言えば器用貧乏な車両が並ぶ。
    一方の高Tier中戦車は軽戦車ツリーからの派生で、低TierのMTとはツリー的な繋がりを持たない。
    Bat.-Chatillon 25 tに達する自動装填砲ルートは軽戦車並の高い機動性と自動装填装置による大口径砲の高速連射を特徴とする。
    AMX 30 Bへの通常砲ルートはドイツ第二MTルート(Leopard 1ルート)に非常に近い特性を持つが、若干の装甲厚や弾速などの強みと引き換えに機動力は劣っている。
    2つのルートともに砲性能は他国と同等だが照準時間やDPMなどは微妙に劣り、高機動力で火力を発揮させるようになっている。傾斜装甲は採用されているが厚みは非常に薄く、HPも各国の同Tier中で最低ランクと防御面は極めて貧弱。
  • イギリス
    史実においては大戦間期に試作され、初の巡航戦車であるCruiser Mk. Iの開発に繋がるTier1-3の中戦車(Medium)と、巡航戦車(Cruiser)として軽戦車ルートから車種チェンジしてくるTier6-7のCromwellComet、戦後世代で後の主力戦車(Main Battle Tank)の嚆矢となるTier8のCenturion Mk. I以降でも特性が大きく変わる。
    第一の中戦車は、砲性能は高いが大きなシルエットと無いに等しい薄い装甲を持つ。
    第二の巡航戦車は、Tier5軽戦車並の強力なフットワークが最大の持ち味である。
    第三の戦後戦車は、砲俯角と貫通力、精度に優れ地形を生かした遠距離砲戦に向く戦車となる。
    それぞれの車両特性をきちんと把握し、車両にあった運用をしてこそ紳士というものである。
    またアメリカ程ではないが、イギリス中戦車もやや他国より早く砲垂直安定装置(Vertical Stabilizer)を搭載でき、機動戦にも向いている。
    Sherman Fireflyルートは基本的にアメリカのM4 Shermanルートと同様だが、イギリスの持つ6pdr砲や17pdr砲を使用可能で貫通力に優れる。
    歩兵戦車(Infantry Tank)であるTier4のMatildaは中戦車に分類されているが鈍足重装甲であり性質は重戦車に近い。
  • 中国
    低Tierが全て軽戦車であるため、中戦車はTier5のType T-34が最初となる。ソ連製中戦車をベースに、Tierを重ねるごとに中国独自のテイストが盛り込まれてくる。
    ソ連系戦車の特長である、高い機動性、隠蔽率を獲得しているが、欠点である俯角が殆ど取れない点や、HPが低めな点も引き継いでいる。
    しかし、Tier7以上の車両になると、本家とも言えるソ連中戦車と比較して単発火力が大きく高められて行く。
    各国では90-105mm程度の口径が主流となる中、中国だけはより強力な100mm以上の大口径砲を主力に据えており、一撃の重さについては他国の中戦車と比較して頭一つ抜きん出ている。
    その分手数や精度では一歩見劣りしてしまうが、高Tierの戦場では手数より単発火力が重視される場面も増える為、優れたパンチ力を最大限に活用して行きたい。
  • 日本
    どの車両も非常に広い俯角を持ち、APの貫通力、口径に比しての単発威力、DPM、精度とどれも他国中戦車と比べて同等以上のものを持っているため射撃の快適さはトップクラス。
    反面、車体性能は微妙な戦車が多い。装甲が他国の快速中戦車並みに貧弱にも関わらず、最高速度と出力重量比が平均以下で(履帯性能が良いのか、低出力のわりにはスムーズに動くが)機動力も心もとない。車体正面や防楯を使っての防御には期待できないうえ、速度や瞬発力を利用しての回避も難しいため狙われると打たれ弱い。
    中戦車の基本と言える装甲に頼らない戦い方を徹底する事を求められる。無理押しをする際はHPだけが頼みとなるので、勝負どころは間違えないようにしたい。
    真っ向からの撃ち合いや前線維持、機動戦は不得手だが、その砲性能を活かし障害物や稜線を使った中距離戦や装填の遅い戦車のサポートを行えば大戦果が期待できる。
    スタンドプレーに走らず、味方と協調して戦う事が重要である。
  • チェコスロバキア
    形式数自体が少ない一本道。
    全体的に砲性能が若干良い代わりに装甲が犠牲となっている。
    低いTierから自動装填装置を持つ車両がおり、瞬間火力は高い。逆に自動装填装置を持たない車両は平凡。
    同じ自動装填装置を持つフランスやアメリカと比較すると、1マガジンの装弾数が少なく瞬発力に劣るが、オートローダ―特有のリロード中の隙の多さや弾種交換の難しさが緩和されている。
  • スウェーデン
    軽戦車で始まり中戦車を経由して重戦車で終わるので、途中にしか中戦車が存在しない。
    ただし主力のクレジット稼ぎと乗員育成を行うtier帯は中戦車で占められる。
    アメリカや日本を超える程の非常に広い俯角を持ち、地形を利用した戦術に非常に適している。
    しかし、傾斜装甲こそ採用しているものの、非常に装甲厚が薄く、ハルダウンをしても命中すれば
    貫通はほぼ確実。DPMもLeoの初期、中期砲以外は大体が平均かそれより下なので、ドックファイトには弱い。
    他国を凌駕する圧倒的な俯角を有効活用した、地形を使った堅実的な運用が
    スウェーデンのMTで活躍する鍵となるだろう。機動性もTier6以外は良好なので、
    その為に必要な足も十分兼ね備えている筈だ。
     

戦場での役割 Edit

  • 1:主力到着までの拠点確保
    地形や障害物の関係で、拠点を築きやすい場所は、MAPによって大体決まっている。
    火力や防御力が高く主力になる重戦車や駆逐戦車は機動力が低く、交戦地点に到着まで時間がかかるケースが多い。そこで、火力と機動力を両立した中戦車が急行し味方到着まで拠点確保や敵侵攻を阻止する。
    特に、両陣地から等距離にある場所は高確率で争奪戦になる(例えば、MINESの中央にある高台のように)。
    このとき、火力と足の速さのつり合いがとれた中戦車が一番有利になる。火力があっても遅い車両ではそこに着くまでに時間がかかりすぎるし、軽戦車ではせっかく場所をとっても火力と耐久力負けで奪われる危険が高い。
    味方主力が到着する頃には敵も主力が到着している可能性が高いので、味方主力に場所を譲り別の役目へ移ろう。

  • 2:敵軽戦車の迎撃
    軽戦車の機動力にある程度合わせることができるため、敵軽戦車による奇襲を防ぐ役目ももつ。
    特に狭いMAPの開幕は車両展開の遅延や撹乱を狙って特攻LTが来る可能性が高いため注意を要する。うまく迎撃できないと後方にいる自走砲や駆逐戦車がなぶり殺しにされ、戦線が崩壊してしまう危険がある。
    逆に、味方軽戦車が敵陣に奇襲攻撃を仕掛けた際の援護射撃を行って突撃を支援することも中戦車の大きな役目である。軽戦車が偵察してくれた敵を被弾を極力避けて各個撃破していくのが良いだろう。
     
    高速軽戦車の迎撃には偏差射撃を多用する事になるため、
    発射速度、照準時間とダメージのバランスが良く砲塔旋回の出来る車両が適任。
    高所からの撃ち下ろしならより当てやすいため、俯角の広く取れる車両ならばなお良い。
     
    最前線を自陣方向に突破された場合は軽戦車の後ろにぴったりと着いてひたすら撃つのも良い。
    速度が必要だが、この場合大きく引き離されない程度に出せれば充分。

  • 3:重戦車、駆逐戦車の支援
    重戦車は車体や砲塔の回転が遅く、機動性は鈍い
    駆逐戦車はほとんどの車種で固定砲塔であり(旋回砲塔であっても回転速度がとても遅い)、多くは装甲が薄いため接近戦に弱く側背面を狙われやすい。
    それをカバーするのも中戦車の役目。彼らを狙える位置へ移動しようとする敵へ射撃を行えるならば必ずしも側面に居る必要は無い。
    ※「側面のカバー」というとこういう陣形を想像しやすい
     (敵が,愴瑤喀个靴峠邸Χ鄰狎鐚屬梁μ未鯀世場面) 
    
     ■    ■
     ■    ■敵
     ■重    
     ■駆      ■          
     ■      中■■■
    
    
    ※中戦車がこの位置に居た場合も敵は,愴瑤喀个靴瞳發弔里難しくなる。
     (,愴瑤喀个靴峠填遒鯀世Δ繁づ秣μ未鮹罎悗気蕕噂个校になる)
     また敵は2方向へ注意を向けなければいけないため負担を増やす事ができる。
     とにかく「味方の側背面を撃とうとしたらブチ抜くぞ」という圧力を敵にかけるのが重要。 
    
     ■    ■
     ■    ■敵
     ■重    
     ■駆      ■中          
     ■         ■■■
    
    
    なお前者の場合は味方のHPが残り少ない時に体を張って被弾を防ぐ事ができるのでどちらが優れているとかいう事ではない。
    ※動きの鈍い車両が1対多の状況になってしまうと、
    包囲殲滅を狙われた場合対処する事は難しい。 
    このような状況では何にも増して「味方が複数居る」点が重要になるため、
    無理にダメージを取りに行く必要は無い。
    強引に攻めようとする敵が居た場合に出鼻をくじく事で重戦車を守ろう。
    履帯を切って足止めできればなお良い。
    
      敵
      敵敵
     ■■■ 
     ■■ 重
     ■■ 中          
     ■■ 
    
    味方の主力が撃破されたら包囲される前に逃げよう
    
    最後の手段として、味方重戦車がいわゆる「石頭」(T29T32IS-7など、防盾・砲塔正面が敵の貫通に比して圧倒的に硬く、車体さえ隠せば正面戦闘が圧倒的に有利)の場合は、上手い位置で撃破されて残骸を盾に残す事も強力な援護となる。逆に敵に利用される場合もあるので使いどころは慎重に見極めよう。
     
    Tier6あたりまでの重戦車や重装甲の駆逐戦車は視界も狭い。
    そういった車両の視界を補う事で、一方的に待ち伏せ狙撃されるのを防ぐ事も出来る。
    拡張パーツの双眼鏡(Binocular Telescope)レンズ皮膜(Coated Optics)で視界を補強している場合に有効。
    ※茂み(□)の後ろに敵の待ち伏せが予想できる見通しの良い場所での進軍。
     敵からの砲撃が来なければ、
     ある程度重戦車が前進して視界差が埋まった段階で後を追う形になる。
     残HPや地形によっては中戦車が先行するパターンや同時に侵攻するパターンも。 
    
     ■
     ■敵?
     ■□□
     ■
     ■
     ■
     ■
     ■↑
     ■重                    
     ■  □□■                    
     ■    中
    
    

  • 4:重戦車の先駆け行動(前進、突破しやすくさせる)
    中戦車は、重戦車に比べれば待ち伏せに合ったときも、すぐに対処しやすい。中盤以降、戦力が敵軍を上回ってきたら、重戦車も敵陣近くに進むことになるが、このとき待ち伏せされると対処しきれずに、撃破される危険がある。主力を失うのは致命的になることも多いため、重戦車が敵陣近くに侵攻するときは、少し前を進んで前もって敵を探したり、状況を判断するのも中戦車の役目になる。


    ※ただし、地形によっては必ずしも中戦車が先行するのが正解とは限らない。
    防御的対処(隠れる、逃げる)がしづらい場所、例えば長い一本道では装甲に優れる重戦車が先行した方が無難。
    味方の残HPや予想される待ち伏せのタイプも含めて総合的に判断を。

  • 5:前線の構築と維持(重戦車の代役)
    味方の重戦車が自分よりも低Tierである、視界が極端に狭い(KV-1等)、展開速度が遅い(Churchill VIITOG II*Maus等)、貫通力や火力が不十分(B1Churchill VIIBlack PrinceMaus等)、正面装甲が同格中戦車以下(Tiger I、Tier7以上のフランス車両)などの理由で最前線向きではないことも少なくない。
    こうした場合は、代わりに前線の要になる必要がある(防御力が高くても、火力で押されるため)。このときは味方の重戦車には、自分よりも少し後ろから火力支援と囮をしてもらおう。
    中戦車は重戦車に比べ、
    的が小さく小さな障害物や起伏に隠れる事が可能であり、
    危険な時はすぐ後退できるので、やや前に出て戦う事が理想。 
    
          敵
          ■■   
    
       ■
       中
          ■■       
          重
    
    基本は、敵が重戦車を狙った隙に飛び出して攻撃
    敵が中を優先的に狙ってくるようなら、無駄撃ちを誘って重に隙を突いてもらう。
    前方に遮蔽物が乏しかったり減った場合は、重戦車(+遮蔽物)の陰に隠れて
    支援する手もある。敵が味方重戦車へ容易に近づけないように、重戦車の
    射撃の隙をカバーするように動くと良い。ただ味方重戦車に張り付きすぎて
    動きを阻害するようだと本末転倒。誤射にも厳に注意しよう。 
    
          敵
         ■■■   
    
       
       
         ■       
        ←重
         ←中→
    

  • 6:機動力を使った迂回戦術
    「3:重・駆逐戦車の支援」にかかわる事でも有るが、中戦車は重戦車や駆逐戦車に比べて機動力に優れているため相手の側面や後ろを狙いやすい。味方が前線で耐えている間に地形を利用して迂回し敵車両の側背面をとったり、敵の陣地へ直行してCAP勝ちを狙ったりする。CAP狙いの場合は戦力差や敵の機動力や居場所も考えに入れないと単なる特攻爆死になる。

  • 7:機動力を使った劣勢な戦線への援護
    機動力が高いため劣勢になっている場所に、重戦車よりも早く駆けつけることができる。ミニマップを良く見て戦況をしっかり確認しよう。

  • 8:偵察(軽戦車の代役)
    基本的に偵察は軽戦車の役割ではあるが、軽戦車がいない場合や試合序盤で撃破されてしまう場合もある。この代役として重戦車や駆逐戦車、自走砲では隠蔽率や機動力の問題で偵察には向かない車両が多い。そのため、偵察において最低限の能力を持つ中戦車が軽戦車の代役として目となる必要がある。ver9.2以前ではフランスと中国ツリーにしか高Tier軽戦車が存在せず、高Tierにおいてこの軽戦車の代役を求められる機会が多かったが、ver9.3からアメリカ・ドイツ・ソ連などにも高Tier軽戦車が登場したため、偵察に出る必要性は相対的には低下した。それでも状況によっては偵察としての役割が求められる事に変わりはない。

  • 9:急所の確保
    主に敵の前線近くの斜面の下など、「比較的安全にチラ見偵察ができ、かつ敵が排除しようとしてもリスクが高い」場所の確保には一部の中戦車(砲塔が硬い、もしくは足が速い)が最も適している。
    敵が強引に相打ち覚悟で排除しに来た場合、HPの少ない低Tier軽戦車では中戦車に比べて粘りづらく、かといってHPの多い高Tier軽戦車を投入するのは撃破された際の損失が大きいためである。
    また、マップによっては視界が広く狙撃に絶好な高所があるため、そこを確保すれば、広範囲に脅威を与えて、偵察も兼ねることができる。斜面の上から体当たりや奇襲を狙っても良い。

例外

編集情報提供 Edit

編集用の情報提供フォームです。
ここでの雑談・質問はおやめください。 国籍別の雑談・質問はこちらへ→雑談用


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 今更だけどTier5課金のPz.Kpfw. III Ausf. Kが抜けてるから誰か追加お願いします。 -- 2016-12-01 (木) 15:15:30
    • はいよ -- 2016-12-01 (木) 15:52:30
  • 誰かスウェーデンの -- 2016-12-23 (金) 17:09:11
  • ー一覧作ってくれ・・・ -- 2016-12-23 (金) 17:09:48
    • 中戦車のStrv74とLeo追加してみた。 -- 2016-12-30 (金) 19:28:19
  • ここにも軽戦車みたいな控えるべき行為を設けた方がいいと思う。駆逐ポジで狙撃するとかそういうやつ。 -- 2016-12-26 (月) 02:01:53
    • 中戦車で控える行動なんて時と場合によることがほとんどだから無理だと思うんだが -- 2016-12-26 (月) 07:02:14
      • 「このような状況の時に、このような行動は控えましょう」とか書けば有用になるだろうね。できれば、全車種に設置すれば良いと思うが。 -- 2016-12-30 (金) 20:23:56
      • 枝主に同意。中戦車は基本的になんでも屋だから状況に応じて求められてることをやれってのに尽きるから中戦車全体としてこれは控えるべきみたいなのは無い気がする。 -- 2016-12-30 (金) 20:28:29
      • 結局どんなに立ち回りを書いたところで出来る人は出来る出来ない人は出来ないだからな… 書いてあることを守るよりも自分でいちばん可能性の高い選択肢を素早く判断でき、その判断が正しい方が可能性高い。それを高めるためには、描いてあることを読むのではなく自分で経験するしかないし…だが正しい道に誘導することは必要だから、わかりやすい事を中心に、描くなら条件が軽いものだけ書けばいいと思う。条件が複雑なものは覚えきれんし読む気にならんしで書かなくてもいいのでは。まあこのコメントも長文で読む気にならんかもだが。 -- 2016-12-30 (金) 22:20:45
    • でも今の軽戦車の動き方ってMTと近いからなぁ。というか必要な時に必要な動きが求められるのがMTだ、あんまり縛るのは良くない。 -- 2016-12-30 (金) 22:28:36
  • 初心者ですけどtier3お中戦車って辛いですね ジオン公国に栄光あれ -- 2017-01-16 (月) 23:47:29
    • 初心者ページをひと通り目を通しておくと、自分に合った車種や車両・きっかけがつかめるかもしれないね。 -- 2017-01-17 (火) 00:00:19
      • すぐ上のここでの雑談・質問はおやめください。にまずは目を通してほしいところだが。 -- 2017-01-17 (火) 11:11:07
  • マッチングで相手は重戦車いて味方が重戦車いないときはマジで中戦車がこもると試合に負ける。正面から撃ちあうんじゃなくて自走の合間に履帯切りすれば勝てなくもないのに籠ってHTルートがら空きとか辞めてくれ。tire4の俺がtire6M4の固い奴一個倒したのに籠るだけ籠って死ぬtire6MTには殺意しかわかない。 -- 2017-01-22 (日) 00:23:36
    • 重戦車が少ないチームが負けるってのは当たり前じゃない?運営はそこを改善すべき -- 2017-01-22 (日) 01:04:56
      • HTが少ないチームが負けるからってのはもう改善されるって記事をお前は見てないのか? それはともかく、運営はわざと勝ち負けのハッキリしたマッチングを作っているらしいね。実際拮抗する実力同士のマッチばかりではつまらんのだとか。  MTばっかりの編成になって勝てないってのは実際チームとVCもしてないのに連携とって勝つなんてのは辛いな。プラ組んでないなら勝ちを諦めてパーソナルミッションや経験値を優先したほうがいいぞ、見込みの少ない勝ちを目指し過ぎるとストレスになるし、どうせ信用できないんだから格下なのにーとか考えててもしょうがないぞ。そのTierでは特にね。(でもTier8と10でも殆ど同じことだけどね。) -- 2017-01-22 (日) 01:55:29
      • 重戦車が少ないチームが負けるのは当たり前ではないですよ。へたくそが多いチームが負けるってのが当たり前だと思います。そもそもこのゲームは市街地マップが少ない為、明らかに重戦車が一番不遇となっていると思います。軽戦車、駆逐、自走が強いと思います。エンスクとかのマップが極端に狭いマップで重戦車が明らかに多いチームが一斉にビビらず速度合わせてラッシュかけてきたら、かなりきついと思いますけどね -- 2017-01-22 (日) 04:59:54
      • 基本、その「へたくそ」ばかりだからなこのゲーム。芋は論外として、セオリー通りに動いてくれれば良い方で、敵味方の編成見て動き変える奴なんて殆ど居ない。 ルインベルクやピルゼンで、「うわ、格上MT一杯いるし。味方HTの1両でも来てくれないと速攻溶けて負けるぞ・・・」→「当然HTはセオリー通り街に向かうし、MTはセオリー通りに格上MTとかち合って溶ける。」なんてパターンも非常によく見るのでMTだけの問題でも無い。 てか芋る奴はHTだろうがLTだろうが芋るし。 -- 2017-01-22 (日) 07:07:09
      • 芋るのは一概に悪い手ではないです。芋って駄目なのは、軽戦車位です。マリノフカで、味方重戦車が風車の丘に特攻して敵の軽戦車に視界取られて、駆逐と自走と芋っている重戦車にあっという間に殺されてましたから。要は、マップや状況によって動き方変えようぜって事です。芋った方がいい場合もあるし、一気に前に出ないといけない事もあるってことです。 -- 2017-01-22 (日) 18:09:12
      • 芋は例外なくダメだろう。芋ってのは戦闘に寄与しない場所でじっとしてる連中のことだぞ -- 2017-01-22 (日) 21:57:31
      • ↑2が言ってる芋は、「格上HT多くて正面からやりあったら負けるから、味方の射線に引き込んで・・・」とか考えてる人の事で、↑3が言ってるのは「何も考えてない」人の事。 前者は芋とは違うと思う。 -- 2017-01-22 (日) 22:26:00
      • それは芋って言わないんだよ本来・・・何もしないチキン野郎を馬鹿にした言葉なんだからあんま拡大して使わないほうがいいと思うんだよな -- 2017-01-23 (月) 00:48:11
      • しつこいようですが、戦闘に寄与しない所でじっと待つ=芋 としましょう。それでも、自分は前に出て -- 2017-01-23 (月) 02:51:05
      • 0ダメージの重戦車よりか、自分がへたくそなのを理解して、不毛な打ち合いをさけ ヘルスを温存している重戦車の方を評価します -- 2017-01-23 (月) 02:53:37
      • じっと待った結果として、「後に戦闘に寄与できるorできる可能性がある」場所で「待ち伏せ」するのと、「何をどう転んでも肉壁にもなれないし射線も通らないし視界も提供できないような場所でただ何もせずに突っ立っている」芋とは・・・水掛け論かこれは -- 2017-01-23 (月) 06:12:44
      • IS33両小隊だと暖色でも6割以上は勝てるぞ。HTがいないと前線が構築できないから、中戦車の側面を撃つ中戦車運用が難しくなる。 -- 2017-01-23 (月) 13:28:22
      • まぁとにかくHTが0でtire7上限だったら勝てないけど、まだtire5のkv1sとかkv2なら充分戦える。なのにもぞもぞして突破されSPG狩りが始まった前後から迂回しようとするようなMTは勘弁してくれ。 -- 2017-01-25 (水) 12:25:24
    • 湿地の南スタートでのH6で芋ったんだよw 日MTはともかくtire6T34-85とかA43のスコアがtire4ヘッツァーの俺以下。敵HTもKV2 kv1S オイ試だし勝てなくもなかったのにさ。 -- 2017-01-22 (日) 19:11:42
      • HTに難があるときは廃墟に行かず出てくるのをスポットしてTDに撃たせるのは普通だぜ?ましてヘッツァーなら視界さえあればTop並みの働きはできて当たり前だからな。というか1s以外のHTが前に出るには致命的過ぎるしジャンボも居たらまず廃墟に行ったら確実に溶ける。見たわけじゃないからあれだがMTよりむしろ抜ける車両が遊んでたんじゃないか? -- 2017-01-22 (日) 22:04:47
      • なのかなぁ… まぁ確かにちょっと言い過ぎたかも。とりあえず覚えているのはT67が業を煮やして廃墟に突っ込んで見つけたけどジャンボ2両に食われたこととH6で敵LTが来たからってMTが団子になってたこと、最後は一応ABライン目指すも遅すぎてとけちゃったことかな。自走とLTがソ連HTは始末仕掛けててMTはなにやってんだ!って印象が強すぎたw -- 2017-01-22 (日) 22:20:28
      • スコアはあんまり関係ないよ、腕と運でダメージもキルも変わってくるしさ、それに経験値なら格上ボーナスも入る。 -- 2017-01-22 (日) 23:27:33
      • 団子は良くないけどジャンボ2両いたのか・・・T67が突っ込んだ時点でどっちにしろあまり打つ手はなかったかもな -- 2017-01-23 (月) 00:45:00
  • コメント欄の主旨から外れるが、負けたのを味方のせいにすんなよ。勝てる試合では確実に勝ちを拾い、負け試合ではできるかぎりダメージを稼ぐ。芋が多い負け試合の時はそいつらを餌にして如何に稼ぐか考えないとユニカムにはなれないぞ. -- 2017-01-23 (月) 13:37:56
    • 負けたのを味方のせいにするかどうかと、負け試合で味方犠牲にして稼ぐってのはなんの繋がりもないけどね -- 2017-01-23 (月) 14:51:59
      • 揚げ足を取る技術はユニカムだな -- 2017-01-23 (月) 15:30:36
      • 基本的に揚げ足は取られるほうが悪いんだゾ -- 2017-01-23 (月) 21:00:08
    • 負けるのは味方のせいだぞ -- 2017-01-23 (月) 16:16:35
      • そう思っても自分の動き次第で変わってた可能性がある試合のほうが多いけどな。どうにもならない試合なんかほとんどない・・・が味方が上手ければそんな苦労もしなくていいんだが -- 2017-01-23 (月) 19:36:27
      • わかるわー。俺もちゃんとthe[MTの運用 -- 2017-01-25 (水) 12:30:53
      • ミス『the 中戦車の運用』をできて味方MT勢も上手い人とか頑張ってるのに味方のHTとかが見事なまでにSPGとHTにぼっこぼこにされて突破されて負けたこと何度もあるよ。 -- 2017-01-25 (水) 12:36:26
      • 溶け始める前に気付けるかが勝負だな。兆候はあるからよくマップ見てるといい。たとえば相手だけ数が減って押してるはずなのに後退し始めた時とか。敵に元気な強車両がいて味方が全員瀕死になってたりする。他にもいろいろ兆候はあるけどこの段階だと近場ならまだ間に合うので腕の見せ所 -- 2017-01-26 (木) 02:16:30
    • いや固定砲塔tire4の俺よりtire6MTが0キルで芋ったのみって言ってるじゃん。 -- 2017-01-24 (火) 22:40:59
      • 上の木か?固定砲塔とはいえぶっ壊れのヘッツァーだからな。正直居た敵が同格MTじゃ辛いのばっかだからダメはTDの仕事で、視界の短いヘッツァーに敵を見せてたんなら仕事はしてるよ。スコア低いんならアシスト分け合ってたんだろう。まぁ1両でいいんだが -- 2017-01-25 (水) 03:39:31
      • 違うよ。普通に突破されてもうSPG狩り始まってるから近距離で側面に突っ込んで撃ちまくった。当然スコアはMTは最低限もらえる経験値のみだったよ。 -- 2017-01-25 (水) 12:19:57
  • tー34ー3がいまセール中だから購入を検討してるのだが、こいつって59式みたいな感じ? -- 2017-01-23 (月) 16:09:47
    • お金稼げないから乗らない方がいいよ -- 2017-01-23 (月) 17:24:53
  • どうして鍬犬某靴靴書きこめないんだ? 容量一杯? -- 2017-01-26 (木) 14:35:47
    • ほい更新したでー -- 2017-01-26 (木) 16:16:53
    • ありがとう! -- 2017-01-26 (木) 18:24:15
  • 「戦場での役割」の「3:重戦車、駆逐戦車の支援」の図3の中戦車が、重戦車をケツブロしてるようにしか見えないんだけど、なにかしら手を加える場合にどの位置が適切だろうか? -- 2017-01-31 (火) 21:35:08
    • このままでいいだろ、この場合重戦車と中戦車はナナメ右上を向いていると思われるからケツブロじゃないし、中戦車は味方重戦車の邪魔にならない様にちゃんと考えて動けば問題ない、基本的に中戦車の方が早いから、どくのはその方が早いからな。 …ただ、ナナメを向いているように見えるような表記を追加する分にはいいと思うぞ。 -- 2017-02-01 (水) 01:57:11
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

アーカイブ1