【フォレスドン】

Last-modified: 2020-05-15 (金) 20:28:13

概要

DQ10が初登場の【鳥系】モンスター。
下位種に【ランドンクイナ】【デザートランナー】【アサシンエミュー】がおり、鮮やかな緑色の身体が特徴。
よく間違われるがフォレストドンではない。
 
各大陸の強敵エリアにいるモンスターの一匹で低レベル時にはなかなか手ごわい。メタル系がお供で出た時以外は必ず二匹で現れるので適当なパーティ構成だと普通に死ねる。
しかし強敵エリアのモンスターの中では攻撃力も守備力も低いほうなので、プレイヤーたちの間ではあまり強いモンスターとしては扱われていないようだ。なお守備力が低い関係上、バイキルトで火力を上げれる物理職の方が相性がいい。
 
戦闘では【おたけび】【ベホイミ】【ザオリク】を使用する為、火力が低いパーティーで2体組を相手にすると、互いにザオリクを使われ続けて苦戦することが多い。
なおフォレスドンは怒り状態にならないため、HP半分で行動を怒りキャンセルさせることが出来ない。
三悪魔本によればMPは107、ザオリクにして7発分もあるので、マホトラ等で吸わない限りはMP切れにも期待できない。
たいあたりやキャンセルショットがあるなら確実にとめたい。
ない場合はおたけびを使えば低確率ではあるが止められるので、あきらめずに狙いたい。
 
宝珠ドロップはおたけびの極意(光)、鉄壁のおびえガード(炎)と何と言うか、コイツの特徴であるおたけびに関する物ばかり。コイツ自身を狩る時に役立つかもしれない。
しかし、始まりのチャージタイム短縮(水)は水系の宝珠の中でちょっと魅力的な品。
日常的に狩ってる人は水が出ることを祈りつつ狩ろう。
この宝珠を落とす敵でレベルが上なのはエモノ呼びで狩るには強すぎる【リザードファッツ】しかいないので、コイツから狙うのが無難。

Ver.1.1

初のレベル解放クエスト、いわゆる【ロックフェス】(メガザルロックフェスティバル)で【ザグバン丘陵】に向かう途中にコイツの群生帯を通ることになる。多くのプレイヤーはここが初対面になっただろう。
下位種と異なり、こちらとのレベルに大きな差がある場合は発見後も悠然と近づいてくる特性がある。そのため、方角さえ間違わなければ徒歩でも逃げ切ることは可能だろう。

Ver.1.4

レベル70キャップ解放クエスト【人の域を超えた強者】で戦う相手となる。
ひとつ前の相手が【ダークパンサー】だったので、多くのプレイヤーが70解放はもっと強いモンスターが相手だと思っていたが、アップデート直後にこいつがターゲットだということが分かると安堵したとか(予想はヘルシーサーやれんごくちょうなどが多かった)。
 
同時期に転生モンスターの【アスタロト】が実装され、転生元であるセルゲイナスが生息しているサーマリ高原は多くのプレイヤーでごった返した。この転生狩りのときフォレスドンたちにしつこく粘着された経験がある人も多いだろう。こちらを発見しても一直線に突撃するだけであるため避けること自体は楽なのだが、数が多すぎるため別のシンボルに当ってしまい時間を潰されてしまうことが頻繁に起り、また肝心のセルゲイナスとの戦闘時に一緒に戦う羽目になってしまうこともあったため、プレイヤーたちからは蛇蝎のごとく嫌われていたようだ。

Ver.2.0

【日替わり討伐クエスト】の対象として加わった。
解放クエで戦ってわかる通り、高レベルの割にはあまり手強いモンスターではなく、2体同時に出て沸きもそれなりなので、高額討伐としては結構おいしい。解放クエの場所もオルフェアなので、借り物クエのついでにでもリプレイしておけば金貨ももらえる。1.4のセルゲイナス狩りのお邪魔虫扱いから一転。こぞって狩られるようになった。
 
【サーマリ高原】【ギルザッド地方】【落陽の草原】にいる個体が選ばれる事がある。
サーマリが一番生息数が多いため人気があり、落陽の草原はやや数が少なめとされているが、シンボルを割り込ませると3体を相手にしないといけなくなる事がある。が、この状況はフォレスドン以外の敵シンボルを割り込ませたフォレスドンから逃げ、1匹しか出なくなったフォレスドンを他のフォレスドンに割り込ませると言う極めて稀な状況でしか起こりえないため、大抵は2匹だと思っていい。
基本的に落陽の草原は数が少ないので、あまり購入者はおらず売れ行きも良くない。数が多いサーマリが一番人気で次点がギルザットとなっている。
 
討伐依頼の売買の過程で【丼】という略称が使われるようになる。
 
【エモノ呼び】の仕様上からエモノ呼びで倒す方法は非効率なので流行っていない。
それゆえ【サウルスロード】などより討伐を終わらせるまで時間がかかってしまうが、こちらは画面を見ないでも適当に討伐できるので、アニメなどをみながら【ながらプレイ】で出来る気軽さがあるといえる。
また、サポートオンリーでまもの使い以外に経験値を振りたい時にもこちらの方が便利。
 
レンダーシアの【レビュール街道南】【レビュール街道北】にも生息。

Ver.2.1前期

通常ドロップが【へびのぬけがら】から【やわらかい肉】に変更。
また、日替わり討伐の落陽の草原の依頼だけ何故か報酬が減らされてしまった。
結果、元々沸きが少なくて人気の無かった落陽の依頼がますます人気が落ちてしまった。

Ver.2.1後期

ひっそりと通常ドロップが下位の【アサシンエミュー】と同じ【しんせんたまご】に差し替わる。
このため、しんせんたまごの価格が破壊されてしまった。

Ver.2.2後期

鳥系の雑魚のうち図鑑の一番最後であったが、新登場の【ゲルバトロス】に譲ることとなる。

Ver.2.3前期

そんな有益モンスターフォレスドンも週替わり討伐で【バッファロン】or【モヒカント】を狩るときには邪魔な存在に。
日替わりで思う存分狩っているプレイヤーにとってはメダルの肥やしにもならないし、先に倒さないとバッファロンorモヒカントを復活させてしまう嫌なやつ。
状況によって全く価値が違ってしまうやつである。

Ver.2.3後期

日替わり討伐の討伐数が半減し、更にギルザッドの報酬が約20%増しになった。これにより、今まで妥協としか見られなかったギルザドンが一転して長蛇の列を成すようになった。
また、出やすくなったのかあちこちでギルザ丼が売られるようになった。
 
一方で討伐対象が増えたのに場所が変わっただけで相変わらずフォレスドンが報酬額トップだった事に若干不満も出ている。
しかし、ギルザッドは狭い上に人が急増した為にリスクを覚悟してでもエモノ呼びを使わないと効率が悪い所為か、サーマリではちらほら見られる程度だったエモノ呼びで狩る姿も大勢見られる。(討伐数が多くても25匹なので、5匹まで呼んで範囲攻撃で戦うのを5回繰り返すだけで達成できる、という考えもある)
…と言うより、大流行したおかげでもはやエモノ呼びで狩らないとまともにタゲが取れないほどの混雑ぶりで、エモノ呼び以外で狩るなと言う声もあるほど殺伐としている。
エモノ呼びをもってない、あるいはまもの使い以外の経験値を稼ぎたい場合、サーマリが見つからないor混んでいるからと下手に行ってもかかる時間は大して変わらなかったりするので、エモノ以外でやりたい場合は並んででもサーマリに行くか、他のを選んだ方がいい。サーマリは報酬据え置きだが、ギルザッドが混雑してるのでそれを嫌がってこっちを選ぶ人も多く、未だ人気。
 
修正直後はギルザッドに客を取られた感があったが、ギルザッドの長蛇か、あるいは上記のような現地の殺伐とした取り合い合戦に嫌気がさしてギルザッドから戻ってきてるのか全盛期の客入りを若干取り戻しつつある。サーマリは出現率が極端に低い事もあって売り主が少なく、なおの事行列が長くなる。

Ver.2.4前期

ギルザッドがあまりに殺伐としていた為かシンボルが増やされた。
エモノ呼びも、レベルが85になればほぼ失敗しなくなる為(100%?)効率自体もかなり良くなった。エモノ狩りなら入口付近、それ以外なら滝付近で大体住み分けがされているようだ。
また、近くに85レベル解放クエストの対象になる【ブルサベージ】がいる事、人の域を超えた強者と同時に受けられる事から【勇気を奮い立たせて】も同時に受ける人もいる。
これを受ければ20匹でもサマドンと同額かそれ以上の手取りになるので、20匹でも結構混みあうようになった。といっても、その辺に2~3人はほぼいるので、買う分には困らないが。

Ver.2.4後期

日替わり討伐でサーマリ高原もギルザッドと報酬が同じになった。
シスターも配置されて交通も良くなったことで再びサマドンも混みあうようになった。ザグバン丘陵の入り口にいるので多少生息域からは離れているが、それでもガタラやモガリムからドルボードを飛ばすよりははるかにマシだろう。

Ver.3.0

討伐買いの方も出やすくなった影響か、長蛇の列を成していた25匹もそれほど並ばず、しかも安く買えるようになった。その為、これまで空いていると言う点でそれなりの需要があった20匹の討伐売りは全く需要がなくなった。

Ver.3.1後期

日替わり討伐が同じフォレスドンでも報酬Pがプレイヤーによって異なるようになり、最高額とは限らなくなった。
同時に上位プレイヤーにとってはもっと簡単で、早く終わる強ボスの依頼が来るようになり、他の依頼もこれまでの丼と同等かそれ以上になる事もある為、おたけびとザオリクがウザいフォレスドンは不人気になりつつある。
日替わり討伐は丼一択と言う時代はとうとう終わりを告げたのである…。

Ver.4.2

白宝箱から【プロセルピナ】【ブルームシールド】をドロップするようになり、白宝箱狙いでVer.3.0以来再び狩りの対象となっていた。

Ver.5.0

白宝箱の中身がブルームシールドと【雷竜の大盾】に変更された。

使用特技・呪文

出現場所

関連クエスト

関連項目