【リンリン】

Last-modified: 2020-01-08 (水) 10:50:48

概要

黄金色のベルに強烈な顔がついているモンスター。
系統の最下級種で、上位種に【マージリンリン】【アイスチャイム】が存在する。
ベルそのものの体を揺すって仲間を呼びだすのが系統共通の特技。
どう考えてもベルの音色が名前の由来だろう。

DQ8

【マイエラ地方】に生息。
西部の平地と森林、南部の平地に出現し、平地では昼間しか出ないが遭遇率は高い。
森林では低確率ながら夜間も現れる。
終盤は西部の平地しか出現しなくなり、出現率や出現範囲が大きく下がる事態に。
 
ヘラヘラ笑ったり【スクルト】を唱えたりするくらいでこいつ自体はあまり強くない。
問題は【デンデン竜】と仲が良いようで、ベルを鳴らして呼んでくること。
デンデン竜はこの時点で出会えるモンスターの中では頭一つ抜きんでた攻撃力を誇る上に【もえさかるかえん】まで吐いてくる強敵。
よってうっかり出くわした結果、壊滅的な損害を被ることも珍しくない。
しかも呼び出す数に制限はなく、運が悪いと延々とデンデン竜を召喚し続けられてしまう。怖すぎる。
この「自分より遥かに強い敵を呼ぶ」というのは、3のマドハンドに通ずるものがある。
よほど腕に自信がある場合でもない限り、真っ先にこいつを倒して脅威を未然に防ごう。
といってもこの時点ではこれといった攻め手もなく、【ハイブーメラン】【ヘビ皮のムチ】で叩くくらいのことしかできないが。
【物質系】なので覚えているのなら【ドラムクラッシュ】も有効だが、【打撃スキル】を伸ばしているという人は少ないだろう。
あとは精々高守備力対策に【かぶとわり】を放つくらいか。
しかも属性攻撃にもやたら強く、【イオ系】【デイン系】以外は軒並み強耐性持ち。おまけにこの二つは初めて会う時点では間違いなく覚えていないだろう。補助系にも強いが【ルカニ系】は無耐性なので上述の通りかぶとわりを使うか、弱耐性の【ラリホー】をかけるかして手早く倒そう。
 
ドロップアイテムは通常枠が【ヘアバンド】(1/64)で、レア枠が【金のブレスレット】(1/128)。
 
ちなみに、バトルロードにはリンリン2匹とデンデン竜の組み合わせのリンリンデンデン団というチームが登場する。
【モリー】もさぞかし名付けやすかっただろうと思われる。

DQMJ

物質系のランクC。
モルボンバ島で登場するのだが、何と移動するときにリンリンと音が鳴るのだ!まさにベルそのもの。
特性は持たず、本編みたいに仲間を呼ぶわけでもないのでそれ以外は地味。
ステータスは守備力が高めだが、限界値は760とランク相応。
悪魔系と配合すると【さつじんイカリ】が誕生する。
所持スキルはいしあたま。これは後発の作品でもずっと同様。
まめちしき曰く、名前はかわいいがツラ構えは憎たらしいとの事。

DQMJ2

ランクはEに下がったが、ベタンブレイク、混乱攻撃の特性を持ち、自身もベタンと混乱を無効化する。
ベタンブレイクを生かした岩石落としが最大の武器。
世界選手権のビギナー級で活躍する姿が見られた。
なお、こいつ自身は野生化していないため、配合限定で入手できる。
悪魔系との配合でさつじんイカリになる他、プークプックと配合することでコサックシープが誕生する。

DQMJ2P

雪山に生息するようになったが、移動するときに音は鳴らない…。
特性は混乱攻撃とギャンブルボディになり、低ランク大会での活躍は難しくなった。
強配合でベタンブレイクが、最強化でラッキーの特性を身に着ける。
前作で無効化出来た混乱が弱点になり、コサックシープの特殊配合も取り上げられてしまった。

テリワン3D

おおぞらの扉に生息。
移動するときに再び音が鳴るようになった。
それ以外のことは驚くほど前作と変わっていない。
能力は上がっているが、それは他のモンスターも同じ事である。
一応、守備力は1100に達するためそれなり。

イルルカ

野生では出現しないため位階配合で生み出す事になるだろう。
【ドロヌーバ】×【ビーバーン】などで作ろう。
前作と大きな違いはない。やはり移動するときにはリンリンと音がする。
【新生配合】でこんらんブレイク、メガ・ギガボディ化でAI1~3回行動、ギガボディ化でまれにまもりの霧を得る。

少年ヤンガス

登場するのは【しゃくねつのほら穴】のみ。
トルネコシリーズで仲間呼び能力を持っていた【エビルポット】に代わって登場。
仲間を一度にたくさん呼んでくるので急いで倒そう。コイツ自体の強さは相変わらず。
同ダンジョンにはデンデン竜もいるのだが、残念ながら(?)出現フロアが入れ違いで共演は見られない。
 
成長限界はレベル10。
デフォルトネームは♂が「スズリン」、♀が「リリンダ」。
レベル8で【スカラ】を覚える。
また、+値を上げると運の良さがかなり伸びるようになる。
配合パターンは【ひとくいばこ】系統×スライム系。
こいつとドラゴン系で【フレイム】【闇の司祭】相手でマージリンリンが生み出せる。
さらに【ブリザード】を相手にして【魔法の石】を贈ればアイスチャイムとなる。
 
ちなみに♂♀共になかなか濃いキャラをしている。

不思議のダンジョンMOBILE

DQ8の影響か、デンデン竜と同じフロアに登場することが多い。
スカラで自分や周囲のモンスターを強化する他、隣接すると恒例の仲間呼びを使ってくる。
常にプレイヤーから1マス開けて行動する為、ヤリ系武器なら一方的に攻撃することができるし、
こちらから近づかない限り無害なので、ヤリがなければスルーしても問題ない。
ただしヤリがなく隣接せざるを得ない時は、ケチらずマホトーンなどで仲間呼びを封じてから戦うこと。

DQR

第4弾カードパック「モンスターもりもり物語」にて実装。僧侶専用のレア。

2/1/3 
死亡時:ランダムなコスト1のドラゴン系ユニット1体をこのマスに出す
スキルブースト:ユニットのコスト+1

デンデン竜と縁深かったからか、本作でもドラゴン系と縁あるユニットになった。死亡時に体を鳴らしてドラゴン系ユニットを呼ぶ。
肝心のデンデン竜をコイツで呼ぶためには5回ものスキルブーストが必要だが。
高コストの強力なドラゴン系が出れば強いが、グレイナルの復活プールに不純物が混ざったり、【ドラゴン】のような問題児が出たりもするので採用、使用タイミングは慎重に考えたい。
 
余談だが、イラストではあの強烈な顔が激しい揺れで3つに分身しているかのように見え、とても憎たらしい・・・かもしれない。