Top > 武器 > アイアンバヨネット


武器/アイアンバヨネット

Last-modified: 2019-11-12 (火) 21:55:44

概要 Edit

  • MHXで初登場となった鉄製の操虫棍。
    シンプルながら必要十分の性能を備えている。
  • 「バヨネット」とは「銃剣」のことで、
    ライフルの銃口に小型の剣を取り付けたもの、あるいはその剣自体を指す。
    あまりにも棍らしからぬ見た目に、他の武器種と見間違えかねない。
  • 操虫棍なので銃口からは印弾しか出ないが、軽やかに銃を構えて発砲するモーションは
    なかなか様になっており、非常にカッコイイ。
    ただし猟虫を放った方が遥かに威力が高いのは言うまでもない。

性能 Edit

MHX Edit

  • 初期操虫棍3種の中では攻撃力は中間の70で斬れ味黄色が一番長い。
    安定性は高いので、「とりあえず」担ぐにはオススメの一振り。
  • 本作では基本的にどの武器でも最初の姿のまま最終強化を迎えることができるが、
    当武器もレベル8まで強化することができる。
    気の長い強化の果てたどり着くのは「銃剣【飛天】」。
    攻撃力は230とそれなりにあるが、会心率は0%。
    斬れ味は緑止まり、匠でも青延長のみ、スロットなしと全体にイマイチな性能。
    鈍器込の緑ゲージ運用なら…と思いきや、
    それなら上記の派生先である銃剣【青大将】とサンドヘルアンカーが立ちふさがる。
    どちらもこの武器と同じ攻撃力、斬れ味に、
    【青大将】は本作では希少なスロ3、サンドヘルアンカーは鈍器武器にしては珍しい水属性を持つ。
    青大将とは形状も名前も似ている。
    強化難易度にしても【飛天】は強豪であるゲネル・セルタスのレア素材である重甲エキスや
    集会所★7の大連続狩猟でしか入手できない勇気の証Gを2枚も要求するのに対し、
    【青大将】は鳥竜種の汎用レア素材である鳥竜玉と獰猛化狩猟の証IIが1枚、
    サンドヘルアンカーに至っては千刃竜の尖翼爪と獰猛な体液があればOKなのでとても敵わない。
    他のアイアン系の武器は鈍器武器としてそこそこ需要があるが、
    こちらは他の武器への踏み台と言う位置で落ち着いている。
    尤も、この立ち位置こそが初期武器のあるべき姿なのだが…

MHXX Edit

  • 限界突破によりLV11まで強化できるようになった。
    LV9から素の斬れ味ゲージに青が出始め、
    最終的にはそこそこの長さになるため鈍器向きではなくなってしまう。
  • LV11の究極強化「鋼銃剣【飛天改】」の性能は、
    • 攻撃力350
    • 斬れ味は素で青60、匠+2で白40
    • 無属性
    • スロット2
    といった具合。
    攻撃力は高いが斬れ味に紫が出ず、プラスの会心率もないため、
    白ゲージ時の期待値は攻撃力330の紫ゲージよりも僅かに高い程度である。
    護符爪を含めるとその差はたったの2。もはや誤差である。
    攻撃力330に素で紫ゲージ、そしてスロット3と防御力+60を持つ「真名メトイエル」に対抗するのはやや厳しいか。
    まあ初期武器ゆえにラスボス武器の前では致し方ないだろう。
    だがボロ負けという訳でもないので、スタイリッシュな見た目が好きな人や、金ピカの板を担ぎたくない人は使ってみてもいいだろう。

関連項目 Edit

武器/鉱石武器
武器/ベルダーロッド - 初期武器仲間。ベルダー武器。
武器/ボーンロッド - 初期武器仲間。こっちは骨武器。
武器/62式突撃銃槍 - 銃剣型武器仲間。名前の通りガンランス。
武器/断罪の銃棍J - MH4Gで先に登場していた銃剣型操虫棍の先駆者。
武器/青の銃剣 - アイアンバヨネットから派生する銃剣型操虫棍その1と2(派生の紅の銃斧含む)。
武器/アノカソードダクト - アイアンバヨネットから派生する銃剣型操虫棍その3。鉱石操虫棍の亜流。
武器/アイアンブレード - MHWでの操虫棍の鉱石武器の初期武器ポジション。