武器/シルバーウインド

Last-modified: 2021-04-18 (日) 00:05:50

MHFのシーズン3.0にて登場した、リオレウス希少種の素材を用いた狩猟笛。
銀火竜の気高さをそのまま形にしたかのような、熱き魂がこもっている。

概要・性能

  • シリーズ初となるリオレウス素材の狩猟笛。
    リオスの素材を使用した狩猟笛ではリオレイアのサクラノリコーダー系列があるが、
    こちらは希少種の素材を贅沢につぎ込んだ銀色の笛となっている。
    リオレイアがリコーダーなら、こちらはさながらサックスか。
    白銀のサックスに銀火竜の甲殻があしらわれている。
    生産の段階で既に銀火竜素材が基調となっており、強化に原種や亜種の素材は使用しない。
  • つがいであるサクラノリコーダー系統を意識しているのか、
    このシルバーウインド系統も龍属性の狩猟笛となっている。
    上位リオレウス希少種の銀火竜の堅殻や尻尾のほかに、
    飛竜種の重殻や飛竜種の剛翼などの素材も使用するため、生産可能になるのはHR100への昇格後。
  • 当初はシルバーウインドの次は「シルバーソウル」で止まっていたが、
    フォワード.2で「シルバースピリッツ」へ強化が可能となり、
    さらにHR300以降の秘伝書関連の素材で「シルバーマインド」というHC武器へ派生可能。
  • シルバーウインドの時点で斬れ味レベル+1を発動させると白ゲージを獲得する。
    白ゲージは長くはないが、短くはないのでそれなりに扱いやすく、
    シルバーマインドまでずっとこの斬れ味ゲージでいくことになる。
    攻撃力も高く、最終的には龍属性440も得るうえ、
    さらにシルバースピリッツ以降はスロットが2に増えるなど、隙が無い。
  • …と、このように強力な武器、なのだが、
    残念ながら音色がの3色で、がないので実質的な攻撃力では他の狩猟笛に負けてしまう。
    これは狩猟笛の特性上、もはやどうしようもないことなのだが、
    攻撃力強化【大】を演奏できないことからまともに担いでくれるプレイヤーは少ないのが実情である。
    • 一応、フォローを入れるとすれば、
      この音色で演奏できる最大の旋律効果が「女神の赦し」である。
      8回に1回という確率だが、発動すると受けたダメージを完全に無効化するため保険にもなる。
      氷耐性強化【大】や龍耐性強化【大】も吹けるので、使うならこういった旋律も活用したい。
  • また、生産素材は前述したが、強化素材がなかなかに厄介。
    まず、シルバーソウルへの強化に黒龍の眼を1個使用する
    初っ端から手加減なしの高ハードル素材である。
    MHFでは黒龍の眼はミラボレアスの眼を破壊する以外の入手方法が一切存在しないため、
    もうこの時点でやる気をなくすハンターが続出。
    さらにシルバースピリッツへの強化でフェルミメモを1枚と、銀火竜の尻尾を2本。
    こちらに関してはさほど問題はないであろうが、
    狩猟笛一本で進んできたハンターにとってはやや難あり。
    狩猟笛が好きだからこそ、この武器を担ぐモチベーションがあるというのに…
    • ちなみに、以前は銀火竜の尻尾を8本も要求されていた
      さすがにあんまりである。
    HC武器のシルバーマインドへの強化には、
    狩猟笛魂・中を3枚と、上位ドドブランゴ特異個体から剥ぎ取れる雪獅子の穿牙を1個。
    しかし、ただでさえ防御寄りの音色や旋律なので、本当にHC素材を使ってまで担ぐかはその人次第。

ゴールドソイルSP

  • SP武器では「ゴールドソイルSP」というものも存在する。
    金色の大地を模した狩猟笛。その音色は大地の安らぎ。
    形状はシルバーウインドだが、配色は明らかに金火竜リオレイア希少種を彷彿とさせる。
    ただし、属性は氷と睡眠の双属性の狩猟笛であり、
    シルバーウインドと同様、赤旋律を持たないという弱点もあるため、イマイチ普及していない。
    金色のサックスは非常にカッコいいのだが…

リフォルフィーネ

  • G級では、シルバーウインドが通常種カラーになったG級武器リフォルフィーネ」が登場。
    こちらは龍属性に加え、毒属性も仕込んだ双属性の狩猟笛となっている。
    攻撃力も強化を重ねると実用的なレベルになり、実力は申し分ない。
    しかしながら武器が変わってもがないが、
    音色の関係で麻痺無効と地ノ型の音爆演奏を両立できるのが強みである。

銀火竜大笛【鎮魂】

  • シルバーウインドがとうとうG級武器になって再臨。
    最終強化ではなんと攻撃力2527と非常に高く、低いが火属性380も併せ持つ。
    しかしながらどこまでもを持たないため、火力では結局他の笛に劣ってしまう。
  • しかし上記のリフォルフィーネも同様であるが、これはG級武器であるためシジルを焼き付けることが可能。
    つまり、音色変換のシジルを焼き付けることで、赤旋律を付与出来るのだ
    デフォルトで赤旋律を持つ狩猟笛と比べると、
    その分のシジルスロットを1つ消費してしまうというデメリットはあるが、
    攻撃力はトップクラスなので赤旋律を付与できれば、長い紫ゲージと相まって驚異的なダメージを叩き出すだろう。

余談

  • 開発側も「リオレウス希少種の狩猟笛」というロマン溢れるデザインを気に入っているのか、
    シーズン9.0から毎アップデートごとに更新している『MHF 紹介ムービー』では、
    狩猟笛のカットで必ずといっていいほどこのシルバーウインドを使用している。
    MHF-G対応バージョンにまで登場しているところを見ると、よほどお気に入りなのだろう。

関連項目

モンスター/リオレウス希少種
武器/火竜武器
武器/ルナーリコーダー
武器/グロードフラップ - MHXにてようやく登場した二つ名リオレウス素材の狩猟笛
武器/フレイムフラップ - MHRiseにてやっとこさ登場した通常種素材の狩猟笛