BGM/イブシマキヒコ戦闘BGM

Last-modified: 2021-10-16 (土) 19:55:42

MHRiseに登場するモンスター、風神龍イブシマキヒコの有するBGM群。

概要

  • 風神龍イブシマキヒコとの戦闘で流れるBGMに加え、
    ストーリー上でイブシマキヒコが登場する際にも専用のBGMが流れる。
    • クエスト「青いヌシ」クリア後にイブシマキヒコが登場する際に流れる『謎の龍
    • 通常は琵琶と語りが入る登場ムービーにおいても専用のbgmとヒノエによる詩が入る風神龍降臨
    • 百竜夜行クエスト及び対の古龍討伐クエストで流れる『禍群の息吹
    の三つの専用BGMを持っている他、『禍群の息吹』には日本語 ver・ダンス verの二つのアレンジBGMと、
    ボーカルがオフになった『禍群の息吹:Instrumental』も配信されている為、
    イブシマキヒコを取り巻くBGMはかなり充実している。
    ラスボスやメインモンスターに相当しないモンスターとしては珍しいが、
    彼がストーリーに大きく関わっている事、そしてラスボスと対になる存在であると言う事から違和感は無いだろう。
  • また、彼一体のみではなく百竜の淵源たる対の古龍としての出演も数えるなら、 もある意味では該当すると言えるだろうか。

禍群の息吹

使用作品
MHRise
作曲:堀諭史
作詞:山下宏
歌:加藤 いづみ*1
  • イブシマキヒコとの戦闘で流れるBGM。
    MHRise全体が和風を全面に押し出した作風であることから、
    作中における重要な存在の片割れであるイブシマキヒコの楽曲も和風を意識した曲風となっている。
    強大な相手に立ち向かう英雄の背を押すような勇壮な曲調なのにも関わらず、
    メロディはイブシマキヒコの持つ神秘的な雰囲気を漂わせており、プレイヤー達からの評価も非常に高い。
  • 劇中でイブシマキヒコと共鳴が発生した、本作の受付嬢の一人であるヒノエの歌う曲となっており、
    百竜夜行で登場する際には「荒ぶる龍神を鎮める巫女の歌」の様相を呈する、
    歴代でも非常にアツく士気が上がる展開となる。
    歌ってないで戦いに参加しろと言われるのはお約束
  • 最初に本BGMを耳にするのは集会所の緊急クエスト「風神」の最終ウェーブ。
    百竜夜行で襲い掛かるモンスター達を退けている中で突然巨大な咆哮が翡葉の砦内に響き、
    イブシマキヒコが上空より姿を現しながらこの曲が流れ始める。
    砦を破壊しながら里に近付くイブシマキヒコ、古龍との共鳴により苦しむヒノエとそれを励ますミノト、
    里を護るために必死の抵抗を続ける里守達とハンターというライズ劇中でも
    クライマックスと言えるシーンの1つで、プレイヤーの印象にも強く残る一曲である。
    • ハンター側がモンスターの根城に攻め込むのではなく、逆に人里へモンスターから攻め込まれるという
      モンハンシリーズの中でもあまり例がないシチュエーションだった事もあり、
      本BGMの曲調も相まってラスボスよりもラスボス戦っぽいと感じたハンターも多かった模様。
  • Ver.2.0以前ではイブシマキヒコの現れる百竜夜行でのみ聞くことができる曲だったが、
    Ver.3.0にて追加された百竜ノ淵源にて龍宮砦跡を舞台に
    イブシマキヒコと前哨戦を繰り広げる際にもこのBGMを聞くことができる。
    尤もあくまで前哨戦なのでイブシマキヒコとの戦闘はかなりの早さで終了し、百竜夜行の方はハンター側が慣れていると
    あっという間にいつもの曲に変わってしまうため、人によってはこの曲の流れている時間は結構少なくなりがちである。
    • イベントクエストで単体クエストが配信されたことでこの曲をじっくり聞きながら戦えるようになった。
  • また、今作では拠点で流れる曲をゲーム中に登場する様々な曲に変える事が出来るのだが、
    この曲のレパートリーの中にはこの『禍群の息吹』も含まれている。
    その為里や集会所などでこの曲を流すことも可能なのである。
    イブシマキヒコと戦う機会が減ってしまった人でもこの機能を用いればいつでも
    アツい気持ちになれること請け合いなので是非試してみるといいだろう。
    • 因みに百竜夜行では反撃の狼煙の効果が切れている間、
      拠点では準備エリアなどに入るとボーカルがオフになったこの曲を聴くことも可能。

禍群の息吹:日本語 ver.

  • ゲーム内で流れるのはモンハン言語での歌唱だが、
    サウンドトラックにはなんと日本語Verのものも収録されている。
    イブシマキヒコと共鳴したヒノエの感情が推し量れる内容……なのだが、公式で歌詞が付いていないので
    下記の歌詞・意味についてはあくまで推測であり非公式なものであることには留意されたし。
  • 和風を押し出しているMHRise初出のBGMのためか、日本語詞には古語が用いられており、
    現代では見慣れない語彙や用法も多く見られる。
    これまでにも日本語の歌詞や訳詞があるモンハン語の楽曲は存在しているが、
    古文で書かれた日本語詞は対の楽曲共々シリーズ初である。
    古文の素養のあるハンターは、自らの手で歌詞の解釈を試みてみるのもよいだろう。

()みじ 風巻(しま)き (恐ろしき 吹き荒れる風)

うれたきかや (嘆かずにはいられない)

いざ出会(いであ)え (さあ立ち向かえ)

ああさながら (ああ、あれはまるで)

(こぼ)禍群(かむら) (全てを薙ぎ破壊する天災)

疾風(はやて) (あら)まし (疾風は荒れ狂う)

掃滅(そうめつ)(ぬし)よ (滅びを呼ぶ者よ)

()()わす (お前に対面する)

(われ)(おも)()まぬ (我々は決して諦めない)

灯火(ともしび)よ (気焔を上げろ)

  • 内容としては、イブシマキヒコの脅威と襲来、そして立ち向かうカムラの里の人々を歌ったものだろうか。

禍群の息吹:ダンス ver.

  • 5月27日からDLCとして発売された、『禍群の息吹』のダンスリミックスver
    エレクトロニックな音楽に乗せてモンハン語の歌詞が流れる、
    非常に軽快だが『禍群の息吹』の持つ神秘的なメロディは失われていない一曲となっている。
  • DLCゆえに百竜夜行など狩猟の場では流れないが、拠点のBGMとして設定する事が可能。
    集会所などで流して同じくDLCのジェスチャー「ダンス」と合わせると雰囲気が出るかもしれない。
  • ファンがこうしたbgmのカバーを製作することは珍しくないが、
    公式がまさかの『ダンスver』を製作するのはかなりハンター達にも衝撃だった様だ。
    完成度は非常に高く、シリーズファンからも好評を得ている。

余談

  • 曲名の『禍群』は「かぐん」ではなく「かむら」と読む。
    この単語自体はおそらく禍々しき群れ、つまり百竜夜行に関連するものだと思われるが、
    それよりも読みの方が気になったハンターも多いだろう。
    つまり我々が拠点としているの意味は……。
    • イブシマキヒコの異名も『禍群の息吹』であり、BGM名と全く同じ。
      マガイマガドやナルハタタヒメについてもBGM名は異名と共通している。
      それぞれのクエスト名も同じく異名に合わせた名称になっていることが多い*2ので、
      思いの外モンスターの異名を目にする機会は多い。
      そして実に覚えやすい。
  • Ver.3.0で追加されたクエスト『百竜ノ淵源』の前哨戦で流れるのは上述の通りだが、
    実はその本戦でのBGMである『百竜ノ淵源』には『禍群の息吹』のメロディが使用されていると思しきパートがある。
    クエスト名とBGM名が一緒なので若干ややこしい
    百竜の淵源たる対の古龍が合わさり、ともにハンターに挑んでいる……
    と考えると非常に込み上げるものがある。

関連項目

モンスター/イブシマキヒコ
モンスター/ナルハタタヒメ
モンスター/百竜ノ淵源ナルハタタヒメ
BGM/ナルハタタヒメ戦闘BGM


*1 ヒノエの歌唱時と兼任
*2 イブシマキヒコは百竜夜行での登場と百竜ノ淵源のみなので該当しないが